文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2022年5月13日

5月8日 第513回放送 

中高年になってから「習い事」を始めたい!再開したい!と考える人が増えているそう
です。子育てがひと段落し、セカンドライフを考えはじめる頃で、自分のために使える
時間が増えたうえに、通信環境の発達でコロナ禍でも独学が可能になりました。今回は
皆さんからお寄せいただいた『習い事やお稽古のエピソードや体験談』を特集します。

【さいたま市:女性リスナー】中学生の時「さだまさしさんのコンサート」に行き
ドラムに魅了されいつかこの楽器を私も叩いてみたいと思い続け、50歳でドラム教室
に通い出し、私は「お笑い演芸会」レベルですが、憧れのさださんとの共演を妄想して
レッスンに励んでいます。こんな私に根気よく教えて下さる先生や、級友に感謝です。
【東久留米市:男性リスナー】妻から贈られたウクレレで好きな歌を歌っています。
【さいたま市:男性リスナー】中学1年から続けているギターの弾き語り。今はソロで
活動中ですが、かつてはオヤジバンドで「老人ホーム」で演奏会に出演してきました。
【板橋区:女性リスナー】8歳からピアノを習い、15歳から祖母と一緒に
三味線を習い始めて師範の資格を取りました。32歳からはバイオリンを始め55歳に
なった今も続いています。好奇心、ワクワク、ドキドキの気持ちを大切にしたいです。
【都内在住:女性リスナー】私が今のめりこんでいるのは「長唄の三味線」で出会いは
65歳で始めた絵本の読み聞かせボランティアに活かせたらと思い立ち、ネットで先生
を探し出して66歳の6月6日に始めました。苦手な弾き歌いの暗譜の宿題でもがいて
おりますが、苦労しながら、頭のどこかが活性化しているような実感。幸せ時間です。
【板橋区:男性リスナー】小学生で「習字教室」に通い、また書道に挑戦したいです。

放送分を聴く
放送日:2022年5月8日

« 5月1日 第512回放送  | メインに戻る | 5月15日 第514回放送  »