文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

過去の記事

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2022年7月15日

7月10日 第521回放送 

100年以上の歴史がある映画。数多の監督が映画を作り、多くの人に影響を与えつつ
新たな作品が誕生し映画文化の継承は続きます。今回は『おススメの映画特集』です。

『アウシュヴィッツのチャンピオン』は第2次世界大戦中ドイツ占領下のポーランド。
アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所に実在したボクシングチャンピオンの物語で
「絶滅収容所」の絶望的な状況の中で生き抜こうとする姿がとても感動的な作品です。
ナチスという絶対的権者による力の支配に抗いながら収容者に希望を与え続けました。
『大河への道』は立川志の輔さんの創作落語を映画化。市役所職員たちが「伊能忠敬の
大河ドラマ」実現を目指して四苦八苦するさまをコミカルに観せる「令和の現代劇」と
伊能忠敬の日本地図完成に隠された驚くべき感動秘話を描く「江戸の時代劇」を対比し
日本史の常識を覆す「歴史発見エンタテインメント」を主演の中井貴一さんらが好演。
『PLAN75』は75歳以上の高齢者が安楽死を選択できる制度が施行された日本の
近未来が舞台。独居の高齢者は、自ら死を選び、それを国が支援するというこの制度に
大きく翻弄される人々の姿を描いた衝撃作で、倍賞千恵子さんの抑制した演技が見物。
『峠 最後のサムライ』は司馬遼太郎原作の映画化。幕末の越後長岡藩に河井継之助と
いう気骨のあるサムライがいた。人はどう行動すれば美しいか。どう思考し行動すれば
公益のためになるかを常に考えた家老の継之助。彼は義を貫き、人の道を教えました。
★募集中のテーマ★【絵本と私】思い出の絵本、おススメの絵本。絵本とかかわりなど
エピソードを添えてお寄せください。その2【嫉妬】私が抱いている兄弟や友人、上司
部下に対する嫉妬。ソネミ/ネタミ体験談を添えてお寄せください。匿名でOKです。

放送分を聴く
放送日:2022年7月10日

« 7月3日 第520回放送  | メインに戻る | 7月17日 第522回放送  »