文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年2月23日

2月22日 第147回放送

「イスラム国」を名乗る過激派組織が人質にしていた2人の日本人を殺害。1人は世界
各地の紛争地帯や貧困地域を取材して伝えていたジャーナリストの後藤健二さんです。
後藤さんの遺した言葉などを通して、今回は「平和を願うことばと平和」を考えます。

鎌田さんが代表を務めるJIM-NET(ジムネット)のスタッフは、10年前のイラク
で後藤さんとの交流が始まりました。教師をしていたイブラヒム先生の奥さんが白血病
になり、イラクでは治療ができず、ヨルダンの首都アンマンに逃れ、病院で治療を受け
ていました。夫妻の面倒見ていた日本人スタッフが帰国せざるを得なくなり、その時に
ヨルダンにいた後藤さんにイブラヒム夫妻の支援継続を依頼したら、二つ返事で了承。
奥さんは亡くなりましたが、先生のイラク帰国を金銭面でも応援したのが後藤さんです
これがきっかけでイブラヒム先生は日本好きになり、小児病院の院内学級の先生として
イラクの戦争で傷ついた子どもや、白血病の子どもを助ける活動をずっと続けています
後藤さんが2010年9月7日に発した言葉。「目を閉じてじっと我慢。怒ったら怒鳴
ったら終わり。それは祈りに近い。憎むは人の業にあらず、裁きは神の領域。そう教え
てくれたのはアラブの兄弟たちだった」。この「アラブの兄弟たちだった」に同意した
鎌田さんは、16億人とされるイスラム教徒の99%は優しい人と体験から言います。
村上さんが紹介した作家の佐藤優さんの言葉。「世界の紛争が収まらないのは、やられ
たらそれ以上にやり返さないと気が済まないという負のスパイラルに陥っているから」
「やり返さない」という選択が出来るかどうかが大切。ハンムラビ法典「目には目を、
歯には歯を」は、やられた分しかやり返さないのが本来の教義という。なるほど!!

放送分を聴く
放送日:2015年2月22日

« 2月15日 第146回放送 | メインに戻る | 3月1日 第148回放送 »