文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年2月16日

2月15日 第146回放送

「人生楽あり苦あり」といいますが、人生には様々な難題が降りかかるものです。家族
も長い間には、家庭円満、順風満帆といかないこともあります。今回は家族の間に再三
降りかかった難題を乗りこえてきたワークライフバランスの達人佐々木常夫さんです。

佐々木さんは、ロングセラーの『働く君に贈る25の言葉』(WAVE出版)をはじめ
ビジネス書を何冊も上梓され、新刊は『それでもなお生きる』(河出書房新社)です。
佐々木家に降りかかった難題は、自閉症の長男に続いて年子の次男、長女が誕生するも
奥さんが肝臓病とうつ病を患い40数回の入退院を繰り返し、自殺未遂の追い打ちも。
育児・家事・看病をすべてこなすために、毎日6時に退社する必要に迫られて、家庭と
仕事の両立を図るために、最短距離で最大の成果を生み出す仕事術を極めながら、部下
を統率するマネジメント能力を磨き上げたので佐々木さんは同期でトップの役員就任。
入社当時の目立たぬ社員は、30歳過ぎて上司からの叱責が切っ掛けで上昇志向に転じ
大阪と東京を6度も転勤しながら破綻会社の再建や幾多の事業改革に取り組みました。
佐々木さんの人生観を変えた本は、強制収容所から奇跡的な生還を果たしたユダヤ人の
精神科医ヴィクトール・フランクルの書いた『夜と霧』(みすず書房)。「どんな状況
でも人間は生きていける」「人生から問われていることに全力で応えていく」との教え
から「自分に与えられた意味と使命を見出し、すべての運命を引き受けた」と。これは
若くして未亡人となり、苦労して4人の息子を育てた母親に重なるという。どんなに辛
い時も「運命を引き受けて、その中で頑張ろう」と笑顔の母親だったとか。佐々木さん
は「いつの時代でも、幸せはその人の考え方や生き方によってもたらされる」という。

放送分を聴く
放送日:2015年2月15日

« 2月8日 第145回放送 | メインに戻る | 2月22日 第147回放送 »