文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2016年1月18日

1月17日 第191回放送

鎌田代表の「日本イラク医療支援ネットワーク」通称JIM-NET(ジムネット)は
イラクの「がんの子ども達」への医療支援を目的に設立されたが、近年のイラク国内の
情勢悪化と、隣国シリアの内戦で難民が激増して「難民キャンプ支援」を開始。今回は
薬やミルクなどを持参して「難民キャンプ」を訪問した鎌田さん渾身のリポートです。

支援の原資となるのが「チョコ募金」で、チョコ缶にかわいい花の絵を描いた少女達は
いずれも現地でがん闘病中です。「ポインセチア」を描いたナブラスはユーイング肉腫
を患うクルド人ヤジディ教徒。イラク北部の要衝シンジャール出身で過激派組織のIS
「イスラム国」に襲われ住民5000人が殺害され、多くの人が山に逃げ込んだという
地域。街は奪還したが、難民キャンプで闘病生活が続く彼女は学校に行きたいという。
もう一人は、金宝樹を描いたシリア出身のローリン。ダマスカスで白血病の治療を受け
ていたが、内戦が激しくなり国境を超えて、イラクのシリア人難民キャンプに収容され
父親のファーテルさんがJIM-NETの門をたたき、治療を再開することができた。
電気技師の父親は難民キャンプ周辺で仕事がなく、薬を買うお金もない状態だったので
ローリンの医療支援と共に、父親の仕事探しが急務と考え、鎌田さん達は屋台を準備。
キャンプ内では「茹でたソラマメ」を無料で配り、キャンプの外ではソラマメを販売。
病床の少女を抱える現状は厳しいが、働くことが父親の希望につながるとの考えです。
そして難民達は仕事がないから運動不足が著しい。「元気で故郷に帰ろう」そのために
糖尿病や高血圧など慢性疾患予防の「健康づくり運動講演会」を難民キャンプで開催。
■「チョコ募金」の申し込み電話03-3209-0051「JIM-NET」です。

放送分を聴く
放送日:2016年1月17日

« 1月10日 第190回放送 | メインに戻る | 1月24日 第192回放送 »