文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2016年1月25日

1月24日 第192回放送

参議院議員の川田龍平さんとジャーナリストの堤未果さん夫妻を迎えて「尊いいのち」
や「人間としての尊厳」をテーマに、番組初のWゲストと4人で粛々と語り合います。

2008年に結婚した川田さんと堤さん。もともと母親同士が知り合いの縁で堤さん著
『グラウンド・ゼロがくれた希望』を読んだ川田さんが会いに行き初対面で意気投合。
価値観や笑いのツボが共通し「この人しかいない」、一方の堤さんも心惹かれました。
川田さんは、生後6か月で血友病と判明。治療のために非加熱輸入血液製剤を使用した
ことが原因でHIVに感染。93年「薬害HIV訴訟」の原告となり、95年に19歳
で未成年として初めて実名を公表し被害をアピールし一連の象徴的存在となりました。
厚労省に損害賠償を求める「薬害HIV訴訟」の和解成立から20年が経ちましたが、
当時の被告企業の1社「化血研(化学及血清療法研究所)」が、国の承認と違う方法で
医薬品を製造していた問題で「業務停止命令」が出ました。この件に関して川田さんは
「安全な医薬品を消費者に供給する義務を深く自覚し、同じことを繰り返さぬよう最善
で最大の努力を約束する」と誓ったにもかかわらず、国と国民を欺いたのは許せない!
堤さんはジャーナリストの父親を反面教師に、この職業には絶対に就くまいと思ったが
アメリカの同時多発テロを契機にジャーナリストの道に進むことになりました。亡き父
の「一番弱い人の側に立つこと」と「スクープではなく人間を書け」の戒めを守りつつ
著書『ルポ貧困大国アメリカ』や『沈みゆく大国アメリカ』で弱者視点から「いのち」
を描き続けていますが、鎌田さんも対岸の火事ではなく「日本も土俵際だぞ」と同意。
■進呈■鎌田實『人は一瞬で変われる』(集英社文庫)5名に。1月29日必着です。

放送分を聴く
放送日:2016年1月24日

« 1月17日 第191回放送 | メインに戻る | 1月31日 第193回放送 »