文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2016年2月 1日

1月31日 第193回放送

「余命告知」については賛否両論あります。「医療の不確実性」からすると明確に言え
ないのですが、患者は自分の状況を知り覚悟を決めて闘病することも、ベストな治療を
選ぶこともできます。今回は「希少がんで余命2年」と告知されながらも期限を過ぎて
なお活躍中の発明家「ドクター・中松」中松義郎さんの命を懸けた発明談を聴きます。

発明家として知られる中松さんですが、一方で国政選挙や都知事選のたびに立候補して
人目に立つことが好きな人との印象があります。「選挙」に立候補する理由を尋ねると
藤村義朗海軍中佐との約束を守っているからと返答。終戦間際にスイスで日米和平工作
をした藤村中佐とは住まいが近所で、生前は家族ぐるみの付き合いをしていたそうです
が「折に触れて日本を立て直してくれ」と託されたので弔い合戦で出馬してきたとか。
2014年6月「86歳の誕生日」に「導管がんで2015年末までの命」と公表しな
がらその期間をクリア。86歳で「希少がん」に罹ったことを中松さんは、命を懸けた
発明の機会をもらえたので神様に感謝!と実にポジティブです。著書も100冊を数え
近著『ドクター・中松の最終講義 打ち破る力』(世界文化社)の中で「座右の銘」の
「撰難楽(せんなんらく)」という造語を披露。「凡人は安易な道を選び、天才は困難
な道を選びその過程を楽しみながら発明を生みだす」とその意味を紹介。また100歳
の母親が古希の中松さん言った「あなたはまだまだ伸びる、超並です。並を超えている
のです。ガンガンやりなさい」と発破を掛けたそうです。中松さんの創造の根幹にある
のは「母の慈愛」であり、いかに世の中の人を楽しませ、幸せにするかだといいます。
無限の伸びしろがあるのだから、諦めぬこと。どんな壁をも打ち破れ、新道は拓ける。

放送分を聴く
放送日:2016年1月31日

« 1月24日 第192回放送 | メインに戻る | 2月7日 第194回放送 »