文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2021年4月19日

4月18日 第458回放送 

コロナ対策でマスク生活が続く中、マスクに口紅が付くのを嫌う女性や肌荒れの予防に
内側にガーゼを挟んで使う人もいます。リスナーさんから「不織布マスクにガーゼを
挟むのはどうか?」と問い合わせをいただきました。ドクター鎌田の回答は、ガーゼを
挟むと隙間が出来てしまうので、ウイルスなどが侵入する可能性が高まり感染予防効果
は下がるというデータがあります。「ガーゼは挟まない方がいい」ということでした。

今回の電話ゲストは作家のジョン・キムさん。1973年、韓国生まれの48歳。幼く
して両親を亡くし、10歳から独りで生きてきた希少な体験を持つキムさん。格差に悩
む韓国社会でどのように生き抜いたのか?小学校の教員をしていた父親が遺した幾多の
本と、その本に記された書き込みを貪り読んで過ごす事によって救われていたという。
19歳で日本に留学。その後にアメリカやヨーロッパで学んだ経験から来る独自の哲学
や生き方論に多くの人が共鳴しています。2012年に上梓した『媚びない人生』では
将来に対する漠然とした不安を感じる若者たちに対して、内面的な革命を起こし、人生
を支える真の自由を手に入れるための考え方や行動指針を示した内容が共感を呼び話題
の本になりました。キムさんは19歳で来日する際に「自分の嫌なところは消そう」と
誓ったそうです。自分の人生を作る力は自分の中に内在していると信じることが大切。
自分の意思と自分の決断と自分の行動で自分の人生は変えることができるので韓国時代
に周囲を気にし過ぎていたことを改め、本当に大切な人だけに会うと切り替えました。
また、その時に困ったと思うことも人生を俯瞰でみると大したことないと思えるといい
毎朝の無事目覚めることに感謝し、向き合う人には一期一会の想いで接するキムさん。

放送分を聴く
放送日:2021年4月18日

« 4月11日 第457回放送  | メインに戻る | 4月25日 第459回放送  »