文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2021年4月12日

4月11日 第457回放送 

「1%でいい、誰かのために生きてみる」は鎌田さんの口癖です。競争社会では相手の
ことを考えていたら損すると思い込んでいる人がいますが、人の脳には「相手を幸せに
すると自分も幸せになる仕組み」があり、更に相手の身になるということは自分の視点
からだけではわからなかったことを理解できるようになるというメリットもあります。
今回は「相手の身になって考える」ことが希薄になっている若者に広めたい話題満載。

『相手の身になる練習』は、相手の身になる力が育ちにくい環境にある若者を意識して
鎌田さんが書いた新刊です。野球好きの鎌田さんはボールをどこに投げれば取り易い?
打者はどこのボールを狙っているのか?相手の身になり考えるとはそういう事と指摘。
プロ野球の逸話。1979年の広島対巨人戦。巨人西本投手の一投が連続試合出場記録
を狙う衣笠選手の左肩甲骨を直撃し骨折。全治2週間と診断されたが翌日も出場。3球
三振に倒れたが「ファンのため、自分のため、3球目は西本君のため」と名言を残し、
自責の念に駆られることのないよう気遣った衣笠選手を西本選手は讃え続けています。
相手の身になって考えることは、多様な人多様な生き方があることに気づくことです。
後半は、村上さんの年に1度の恒例行事『日本競輪選手養成所』で競輪選手候補生達へ
の卒業前特別講義を紹介。修善寺の山あいにある施設で1年間の規律生活と厳しい練習
をこなし3月に卒業した選手候補生は男子70名、女子21名。村上さんは自己肯定感
を高めるきっかけ作りに「自分の好きな所」を事前アンケートで書いて貰い講義進行。
自身の身体の特徴や精神面をアピールする人さまざま。笑い声と納得の頷きが続くなか
講義後の感想で女子が「良いこと探しを習慣にする」に瀧澤所長も笑みを浮かべ得心。

放送分を聴く
放送日:2021年4月11日

« 4月4日 第456回放送  | メインに戻る | 4月18日 第458回放送  »