文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2021年7月14日

7月11日 第470回放送 

京都出身の村上さんが最近「納豆」を少し食べられるようになりました。それを聞いた
ドクター鎌田は「脱感作療法だね」と応答。これはアレルギー疾患の治療法のひとつで
苦手な物(アレルゲン)を少しずつ受け入れ、しだいにその量を増して苦手と折り合い
をつける方法ですが、本当に苦手なのかどうか判断する時にも使えそうな脱感作です。
今回のテーマは、鎌田さん自身が48歳で陥った「中年危機と脱却法」を紹介します。

鎌田さんは「諏訪中央病院」の院長時代にパニック障害に陥りました。あたたかな医療
を提供しながら病院の経営も黒字にするという目標を立て、院長自ら外来を診て、往診
もして、若い医師を教育しつつ所管担当者と折衝する日々。そうした綱渡り状態が続き
過重なストレスから発症し、脱却するまでに数年間かかりました。その経験を踏まえて
働き盛りの中年層に「中年危機と脱却法」を記した本『ミッドライフ・クライシス』を
「青春出版社」から出しました。40歳~60歳の成人後期の8割の人々が男女ともに
精神的、肉体的に大なり小なりの不安や不調を感じているとされます。そのきっかけは
更年期障害、人生の頂が見える、空の巣症候群に陥る、死を意識する等々が原因です。
著名な文豪や映画スター、有名人も中年の危機を経験しています。それを脱却するため
には、いかに自分を再定義していくかが課題になります。大切なのは、行動変容です。
今までと違う自分に変身するのではなくて、自分も気づいていない「自分の中にある自
分に変わっていくこと」が行動変容です。そうした自分の中にある「自分」に気づいて
生き方を変えることで危機を乗り越えていく。そのきっかけには読書も映画鑑賞、ある
いは心を癒してくれる絵本もその一助となるとしています。まずは目標を設定し行動!

放送分を聴く
放送日:2021年7月11日

« 7月4日 第469回放送  | メインに戻る | 7月18日 第471回放送  »