文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2021年7月 7日

7月4日 第469回放送 

ウォーキングをしながら「引き算」をする。ステップしながら「しり取り」をするなど
運動しながら脳を刺激することを「コグニサイズ」といいます。認知症の予防に役立つ
プログラムとして番組で取り上げたらリスナーさんから「実践して仲間と楽しんだ!」
という反響を頂きました。今回は『ボクたちが薦める大人の映画』を特集いたします。

◆イタリア映画『わたしはダフネ』を鎌田さんが紹介。スーパーで働くダフネは快活で
社交的なダウン症の女性。両親と平穏に暮らしていましたが、母親の突然の死によって
一家の生活は一変します。喪失感を紛らわすため父親と娘は母親の故郷トスカーナ地方
に旅に出ます。悲観論者の父親と娘は衝突しますが、旅の途中でお互いに徐々に理解し
あい、父親は娘から「人を信じること」など生きていく上で大事な事を教えられます。
◆村上さんが紹介するのは江戸の天才絵師・葛飾北斎を描いた『HOKUSAI』です
北斎の青年・壮年期を柳楽優弥さんが演じ、老年期の北斎を田中泯さんが演じますが、
映画後半に田中泯さんが現れてからは、もう彼の独壇場という印象で、ダンサー田中泯
の真骨頂。演じる面白さに夢中の役者たちがスクリーン上にいて、細部の表現に職人技
を発揮する美術、音楽、カメラなどのスタッフがいる。互いの意見を本音で交わし合い
いい作品を作り上げようとの気概が感じられて、余韻がいつまでも消えない映画です。
◆続いて鎌田さんが紹介したのはイギリス映画『スーパーノヴァ』です。ピアニストの
サムと作家のタスカーは男同士で20年来のパートナー。かけがえのない2人の思い出
と、添い遂げるはずの未来を「ある病気」が消し去ろうとする。相手を支えようとする
者と迷惑をかけたくないと思う者。加齢の意味を問いつつ、優しさの中で物語が進む。

放送分を聴く
放送日:2021年7月04日

« 6月27日 第468回放送  | メインに戻る | 7月11日 第470回放送  »