文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2012年6月 5日

6月3日 第9回放送

医者なのに歯医者に行く勇気がない鎌田さんと、暗がりで寝る勇気がない村上さんが選んだ
今回のキーワードは「勇気」。
まずは近日公開のフランス映画『キリマンジャロの雪』を紹介。善良で仲の良い夫婦が予期
せぬ出来事に遭遇しながらも、一歩前へ踏み出す勇気で乗り越えていく姿を描く感動作。
舞台はフランスの港町・マルセイユ。長年、誠実に働いてきた男と、ホームヘルパーとして
働く妻。子どもはすでに独立し、二人だけのつつましく穏やかに暮らしが続いていた。
しかし、不況からリストラで仕事を失い、あげく強盗事件に遭い、暮らしに波風が立つ。
強盗犯人に幼い子どもが2人いたことを知ると、期せずして、夫婦は同じ行動を取る。
その行動とは? (以下は、結末を明かすことになるので省略します)
この映画のモチーフになったのは、フランス社会党創設者ジャン・ジョレスの言葉「勇気」。
「勇気とは、普通に生活をしながらも、自身の人生を理解し、正確に受け止め、成長し、
深みをあたえ、確立することである」。その他にジョレスの「勇気」を二人で数編紹介します。
後半は、村上さんが"戦場カメラマン"渡部陽一さんにまつわるエピソードを紹介します。
【プレゼント】東京「岩波ホール」で6月9日公開(~9月14日)『キリマンジャロの雪』の
チケットとパンフレットを抽選で5名にプレゼント! 締め切りは、6月10日必着とします。

放送分を聴く
放送日:2012年6月3日

« 5月27日 第8回放送 | メインに戻る | 6月10日 第10回放送 »