文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2012年10月23日

10月21日 第29回放送

講演会などで各地を巡り、行く先々の「ご当地B級グルメ」を楽しんでいる鎌田さんと村上
さんが、食欲の秋に語り合う『忘れられない味』『とっておきの味』が今回のテーマです。

まずは、鎌田さんが「忘れられない味」として挙げた「もやし炒め」。子どもの頃、父親の
岩次郎さんに連れて行かれた近所の定食屋。「何、食べたい?」と聞かれると、鎌田少年は
(トンカツが食べたい時もあったが、家計を考えて)いつも「もやし炒め」と答えていた。
ただ、岩次郎さんと二人で一皿の「もやし炒め」を半物ずつ分け合いながら食べたことが
いまでは楽しい思い出として残っている。「何、食べたい?」といつも聞いてくれるのが
オヤジなりの優しさなんだと気づいたのは、大人になってしばらくしてからのことだった。
「B級グルメ」については、近々福島の南相馬に出掛ける村上さんに是非立ち寄って欲しい
と「双葉食堂のラーメン」を薦める鎌田さん。シンプルで何度食べても飽きない美味しさ。
一方の村上さんから「いただきます」「ごちそうさま」を言わなくなっている風潮に一言。
食卓に並んだ食材の一つ一つは命の源。人間のために命を投げ出してくれた命があるから
私たちは生きていられる。「あなたの命を私が代わっていただきます」、「いただきます」 にはそういう思いが込められている。だから、あだやおろそかには出来ないといいます。
そして、医師の立場から鎌田さんが一言。最近、一日一食を説く「飢餓ダイエット」が話題 になっているが、食べることによって「美味しい」と感じると幸せホルモンのセロトニンが 腸の周りで増えて、免疫力を高まる。食べる楽しみを我慢してストレスをためるくらいなら
食べた方がいい。もちろん、食べ過ぎはよくないけど!

放送分を聴く
放送日:2012年10月21日

« 10月14日 第28回放送 | メインに戻る | 10月28日 第30回放送 »