文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2013年12月31日

12月29日 第89回放送

今年も残り62時間。そこできょうは、がんばらない流で2013年を振り返ります。
まずは、お互いに個人的なトピックスを3つ。鎌田さんは、東アフリカの「大地溝帯」
旅行。新刊と文庫本で今年12冊も上梓。去年の骨折にもめげずにスキーの板を新調。
村上さんは、還暦を迎えて「遺言」を書いた。「ことば磨き塾」で東奔西走。講演先の
奄美島で出待ちファン現る。続いては、二人が選んだ「2013年を象徴する言葉」は
「あいまい」。大きな話題になりながらも結末を「あいまい」にした点に触れて、鎌田
さんは「もっと減り張りをつけるべき!もっと透明性を高めるべき!」といいます。
今年鬼籍に入る著名人が多い中で、二人ともに共通して挙げたのは『アンパンマン』の
生みの親・漫画家やなせたかしさん。やなせさんが作詞した『アンパンマンのマーチ』
を村上さんが得意の朗読で披露。この歌はもともと特攻兵士として亡くなった弟さんを
想って書いたもので、東日本大震災直後から被災地でこの曲が流れよく歌われた作品。
やなせさんは腎臓がんから膀胱がんに転移し、10回も再発を繰り返す度に内視鏡手術
を受け、放射線治療も受けているのに明るく元気に振舞う姿に鎌田さんは大いに感服。
恬淡としているのは「周りの人に支えられているから!」という意識が強くあるからで
アンパンマンが自らの頬っぺを千切って差し出すのも、宿敵のバイキンマンを徹頭徹尾
排除するのではなく、イタズラを諌めたらあとは仲直りする行動によく現れています。
その他に、鎌田さんと同い年の作家・戸井十月さんや、亡くなる3日前に自宅録音した
『からたちの小径』に最後の想いを託した島倉千代子さん等の名前と話題で偲びます。
番組本『これで生きるのが楽になる』の出版や公開録音など、実りの多い1年でした。

放送分を聴く
放送日:2013年12月29日

« 12月22日 第88回放送 | メインに戻る | 1月5日 第90回放送 »