文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年1月26日

1月25日 第143回放送

18日に開催したJIM-NET主催のチョコ募金イベント『いのちの花~朗読と音楽
のつどい』には関係者を含め280名が集まりました。骨折した左肩を固定して登壇の
鎌田さんに対して、村上さんは「人の為に骨を折るのも惜しまない人」と紹介し開幕。
その反響メールを読んで始まった今回のテーマは『ぼくたちの好きな日本人②』です。

まずは村上さん。大学の卒業論文に吉田松陰や弟子たちの見聞を纏めた『飛耳長目録』
のことも書き、学生時代には松陰の面影を求めて萩を訪ね、黒船密航を企てた伊豆下田
では年越し、もちろん世田谷の松陰神社には何度も足を運んだという大の松陰ファン。
松陰は「二十一回猛士」と号し、虚弱体質で気が弱い性格の自分を「虎」のように勇猛
にならなければならないと戒めていた様です。実際は脱藩・藩主に意見具申・黒船密航
と3回猛を奮ったところで絶命。ここまで聞いた鎌田さんは「ボクも3回猛を奮った」
として、都会を捨て地方医療に邁進・チェリノブイリの子ども支援・イラクの難民支援
「もう1回、猛を奮ってみたい!」という。鎌田さんが挙げた名前は、北大路魯山人。
6度の結婚とか傲岸不遜な態度をとるなど友達にはなりたくないが、豊富な見識や天衣
無縫を愛するところは魅力。特に魯山人の残した言葉で「牛肉が上等で、大根が安物と
思うことが間違い!」値段で物を見ないという教えと「大根は牛肉になろうと思うな」
という戒め。納豆、鰹節、鯛についても鎌田さんが解説。その他、名女優沢村貞子さん
の最晩年のエピソードや、二宮尊徳(幼名・金次郎)の功績を紹介。読書をするための
油代を稼ぐために荒地に菜種を植えた体験から得た、小さな努力の積み重ねが大切だと
学んでこれを「積小為大」として、後の行いや考え方の基になった逸話を紹介します。

放送分を聴く
放送日:2015年1月25日

« 1月18日 第142回放送 | メインに戻る | 2月1日 第144回放送 »