文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年3月 2日

3月1日 第148回放送

太平洋戦争が終った1945年(昭和20年)から70年です。終戦の年の3月10日
米軍爆撃機による「東京大空襲」で、罹災者は100万人を超え、一晩で推定10万人
の尊い命が失われました。「戦争の惨禍を再び繰り返すまじ!」の決意で活動を続ける
エッセイストであり、落語家一門を取り仕切る"おかみさん"海老名香葉子さんです。

昭和20年3月10日の「東京大空襲」を疎開先の沼津の山から見た当時小学5年生の
香葉子さんは、「青白く見えた東京の空」がいまでも瞼に焼き付いているといいます。
両親と兄弟4人を亡くし、唯一生き残った3番目の兄・喜三郎さんと会えたのは6日後
で、壊滅した惨状を伝え聞いた名香葉子さんは、一晩中抱き合って泣き明かしたとか。   
実家の家業は、代々続く釣竿職人(竿師)で初代の曽祖父は「パリ万博」で最高賞を受
賞し、その名人芸を受け継いだ祖父や父の仕事ぶりを見て育ちました。父・音吉さんの
竿は、劇作家や歌舞伎俳優など著名人のファンも多く、匠の技が断たれたことを惜しむ
声が多かったそうです。疎開先の香葉子さんに届いた父からの手紙に「淋しくなったら
東京の空に向かって、父ちゃん、父ちゃん、父ちゃんと三回叫んでみなさい!」とあり
70年経った現在でも香葉子さんは、淋しくなったり難題に直面すると唱えています。
平和の尊さを伝えるエッセイや絵本を書き、講演を続けている海老名香葉子さんですが
寄付を募り私財を投じて、2005年に東京・上野公園の一角に慰霊碑『哀しみの東京
大空襲』と平和の母子像『時忘れじの塔』を建て、毎年3月9日に『慰霊のつどい』を
実施し、翌10日は子や孫と共に空襲の跡地周辺を歩いて「東京大空襲」の体験を伝え
ていますが「この活動を続けるためにも百歳までは生きたい」と話す香葉子さんです。

放送分を聴く
放送日:2015年3月1日

« 2月22日 第147回放送 | メインに戻る | 3月8日 第149回放送 »