たいあん吉日!おかしら付き♪ メールアドレスはtaihei@joqr.netまで 文化放送

江戸前蕎麦

前回は抜刀体験の模様をお送りいたしましたが、カラダをしっかり動かしましたので
「腹が減っては戦はできぬ!(?)」と和食に迫ってきました。


やってきましたのは、東京老舗の蕎麦屋
DSC02137 (1).JPG
『神田 まつや』さん


創業明治17年 緑あふれる店構え、庄屋造りの木造二階建て。
店自体がその歴史を物語ってくれる味わい深い建物。


そう。たい平師匠が個人的によく訪れると番組でもおっしゃっていたお店でございます。
その話を聞いたら、いてもたってもいられなくなった私だったのでした。


DSC02139 (1).JPG

さっそく店内に入りますと、


DSC02170 (1).JPG

平日の午後4時前でしたが、賑わっておりました~
多くの芸能人からも愛される神田まつやさん。
私がお邪魔した時も、有名ミュージシャンの方が普通に相席で座っていらしてびっくり。


まつやさんでは、相席が当たり前になっておりまして、
見ず知らずの方とも、なんとなく会話が始まり店内はガヤガヤ。
それをBGMにじっくり一人でお酒とつまみ、蕎麦を楽しむ人もいて、とっても良い雰囲気です。


お話しを伺ったのは、ご主人の小髙孝之(こだか たかゆき)さん
DSC02151 (1).JPG
ザ職人!といった雰囲気ですが、話し始めるととても優しく気さくにいろいろと教えてくださいました。
(お忙しい中、ありがとうございました。)


さて、ではさっそく!師匠がいつも頼む...アレから注文。


「練ウニ」と「焼き海苔」
DSC02180 (1).JPG

  

 そして...お酒!!!!!!(ぬる燗)

DSC02183 (1).JPG
嬉しすぎて二重あごに。醜)


ここの練ウニは最高に美味いと師匠も太鼓判を押していらっしゃいました!
生のウニよりも、ウニの旨味が凝縮されているように感じると大興奮。

DSC02178 (1).JPG

焼き海苔に練ウニを乗せて、お醤油をちょっとつけてパクっ。
これだけで、本当に幸せな気持ちになります。(美味い!)

DSC02189 (1).JPG


そして、お通しで出てきたのは『蕎麦味噌』--江戸甘味噌を小一時間ぐらい練り、辛汁をいれたり、白ごま、蕎麦の実を炒ったものを入れて練ったものだそうです。(なめ味噌です)

DSC02172 (1).JPG

コリコリっと蕎麦の実の食感がよくて、ねっとりと味噌の味が口いっぱいに広がります。


DSC02194 (1).JPG

あまりに美味しくって、

DSC02195 (1).JPG

小髙さんをバシバシと叩きながら加納大興奮!(ごめんなさい)


はぁ~ ずっとなめていたい。

ぬる燗をくっくっといただきながら...

名物のもりそばをいただきました。

DSC02211 (1).JPG

汁のつけ具合はお好みでどうぞ、と寛大な小髙さん。「お客様の感性、それぞれの美味しいと感じる食べ方がいいと思いますよ。」とその柔和な表情にホッとします。

私は、ちょっとのつけ汁でササっと食べてみました。
DSC02227 (1).JPG


お蕎麦の香りが上品に香って、本当にノドをすーーっと過ぎていく感じがしました。
美味しかった~
DSC02225 (1).JPG


そして女性に人気のごまそばもいただきました。


DSC02217 (1).JPG
DSC02226 (1).JPG


ごまのつけ汁は濃すぎず、最後に蕎麦湯を入れて飲んでもとっても美味しい。
豊かなゴマの香りが蕎麦に乗って、まつやさんのお蕎麦がまた違った風味を出しておりました。

はぁ~満足。 


と言いたいところですが!!


忘れてはならないのは...カレー南蛮そば(まだ食べるの?!)


師匠がオススメしていた一品ですからね!

DSC02237 (1).JPG


できたて激熱のカレーはカツオの和風だしのいい香り。
あんかけのようにとろりとしていて、蕎麦に絡んで絶妙な美味さ。

DSC02240 (1).JPG
ちゃんと フーフーしても......


DSC02251 (1).JPG
あちゃちゃーーーー!!!!!!!!
(「熱いものは熱いうちに食べる」がモットー)

カレー南蛮蕎麦の具材である鶏肉(もも肉2枚・胸肉3枚)が本当においしい。
(まつやさんでは焼き鳥も美味しいそうです。)


身も心も満たされました。


DSC02161 (1).JPG


かつて、美食家としても名高い池波正太郎さんが下駄履きで通っていたという神田まつや。
壁には古いこね鉢や柱時計。松の形の窓もおしゃれ。


DSC02168 (1).JPG

お蕎麦を食べながら、ふと見上げると...
お店の中のいろいろなものが歴史を語りかけてくれます。

『蕎麦すすり、歴史を噛みしめ、酒すする』

今度は、師匠が3回もおかわりしたという焼き鳥を食べに、またきたいと思います(笑)

ごちそう様でした!

DSC02270 (1).JPG

【林家たい平 咲いて!孫心夢ごころ】2015年6月14日 10:08

加納抜刀斎!


前回のつづき!
中央区銀座4丁目にある和の嗜みの総合学院『HiSUi TOKYO』さんで抜刀に挑戦した、加納有沙「和の心 探求シリーズ」でございます。


袈裟切りの素振りを教えていただき、いざ真剣(本身の刀)で巻き藁を切ることに。


DSC02018.JPG
初心者用に細め(左)の巻き藁にしていただきました。

師範『間違って床に刃が刺さったら、刀の修理に5万円かかりますからね。ニコ』

「(修理に5万。修理に5万。)」

DSC02047.JPG

どこか呪文のように私の中でそれがこだまします。

迷ってたってしょうがない!
DSC02050.JPG


とぅりゃぁああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!

  ...  ザッ!!          ぽて。


(あら。切れちゃった) 放心状態の加納(笑

DSC02055.JPG
(「次はここを切りましょうね」「は、はい」)


ヤッターーー!! と図に乗った私は次から次へと巻き藁を切るのですが...


やはりビギナーズラックというものだったようで。1発目以降、まったく切り落とせなくなってしまいました。(巻き藁に刀が刺さって動かなくなっちゃうのです)

ありゃりゃ
DSC02057.JPG

この模様を聴いていた、たい平師匠は『色気がでたんだな。』とニヤニヤ。

もう一度住田師範から基本的なアドバイスをいただきます。


師範『刃筋はあってきています。あとは加減だけ。たい平さんの顔を思い浮かべていきましょう!

はいっ!!師範っ!!!!

(いつも胸ネタいじりばっかりしてー!たい平師匠めー!!!)
とりゃぁあああああああああああああああ!!!

DSC02093.JPG

DSC02094.JPG

 


  ... ザッ!   スパ。

き・れ・た っ   (快感!)

たい平師匠を思い浮かべたとたんに「切れる」というギャグみたいな展開に、自分でもびっくり!(笑)

刀を持つ、ましては切るなんて行為は日頃なかなかできないこと。非日常を味わうことで生活にメリハリをつけて、集中力をつけられると思いますと住田師範はおっしゃっていました。

いつもふにゃふにゃの加納も、このときばかりはシャンとしました。


メリハリって大事ですね。

住田師範の美しい抜刀も、見せていただきました。

DSC02021.JPG

DSC02022.JPG

はぁ  うつくしい

DSC02027.JPG



角度が全部一緒。
日本人の美学ですね。

久々に動いてお腹が空いたので...
次回6月14日の放送は美味しい『お蕎麦』を食べます(あはは)

【林家たい平 咲いて!孫心夢ごころ】2015年6月11日 12:25

番組概要

落語のみならず多才な才能を発揮するたい平さんの魅力を存分に伝えつつ、一日を「大安吉日」のように縁起良く、明るく楽しく過ごすためのヒントがぎっしりと詰まった、朝から元気になれる30分のトークプログラムです。

パーソナリティ

パーソナリティ 林家たい平
アシスタント 八木菜緒

ネット局

山形放送
毎週日曜日 16:00~16:30
山口放送
毎週土曜日 7:00~7:30
ページTOPへ