文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2012年5月15日

5月13日 第6回放送

今回のキーワードは「幸福」です。フランスの哲学者アラン(本名エミール・シャルチエ)
の記した『幸福論』が学生時代からの愛読書という鎌田さん。
「幸せだから笑うのではない、笑うから幸せなのだ」という言葉を紹介しながら、心と体
は繋がっており、日常の行動や所作の中に幸福へのカギが潜んでいると説きます。
マネでもいいから笑うとその効果はあり、幸せホルモンのセロトニンが分泌されるとか。
不機嫌は次から次へと人に伝染するから、自分から積極的に行動し幸せの笑顔を広めよう!
村上さんは、橘曙覧(たちばなのあけみ)の「たのしみは...」で始まる『独楽吟』を紹介。
94年6月、天皇皇后両陛下ご訪米の折、クリントン大統領が引用したことでも有名になった
「たのしみは 朝おきいでて 昨日まで 無かりし花の 咲ける見る時」 をはじめ
「たのしみは まれに魚烹(に)て 児等 皆が うましうましと いひて食ふ時」
「たのしみは 三人(みたり)の児ども すくすくと 大きくなれる 姿みる時」以上3篇。
越前の裕福な商家に生まれながら家督を弟に譲り、学問と歌の世界で生きることを選んで
生涯清貧の生活を送った幕末の歌人・橘曙覧。
「幸福」は、日常のなにげない風景、いつもと変わらぬ時間の中にあることがわかります。

放送分を聴く
放送日:2012年5月13日

« 5月6日 第5回放送 | メインに戻る | 5月20日 第7回放送 »