文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2012年5月21日

5月20日 第7回放送

今回のキーワードは「自由」。フリーになって3ヵ月目の村上さんは、自由に伴う自己責任
を実感しているという。一方、思わぬ骨折で不自由を強いられ日々発見の鎌田さん。
モスクワやプラハを訪れた時に耳にした、かつて共産圏下の若者が求めた自由の話があり
"あると気づかない自由、無いとその大切さがわかる自由(と責任)"ついて語り合う。
また、鎌田さんの友人・脳性マヒの風(ふう)ちゃんという40代女性のエピソード。
両手が不自由な風ちゃんにとって「右足」は、筆をもったり、スパゲティーを食べたりする
大事な"利き手"。その右足を痛めてギブスの生活をしているがそれでも負けない風ちゃん。
風ちゃんが今春、鎌田さんにプレゼントした一畳半ほどの大きな迫力満点の「絵足紙」。
 『今年こそは足手紙をプレゼントしたいと思っていたら、右足を痛めた。
  それでも描きたくて、左足で描いてみた。 なあんだ描けるじゃん。
  鎌田先生が右足を痛めたとブログで知った。 なあんだ同じじゃん。
  ちょっと「同じ」がうれしくて、くすっと笑った春。  風子』
身体は不自由でも心は自由な風ちゃんの優しさやユーモアあふれる「絵足紙」の話。
そして、毎回披露される有名人の逸話。今回は村上さんと親交のあった俳優の児玉清さん。
1周忌を迎えた故人が、生前いかに自由自在、融通無碍な人であったかの一端を語ります。

放送分を聴く
放送日:2012年5月20日

« 5月13日 第6回放送 | メインに戻る | 5月27日 第8回放送 »