文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2015年2月10日

2月8日 第145回放送

聴取者からの「受験生諸君!緊張は集中力を増し、好結果につながるので頑張って!」
という入試時期ならではのメールを紹介。社会人になっても資格試験や昇進試験がある
ので、今回は鎌田さん村上さんが受験生時代を語りつつ、日々緊張の生活を送っている
であろう受験生や受験生の家族にエールを贈る『受験生に贈る人生論』がテーマです。

まずは、受験にからきし弱い!と自称する村上さんの話から。15歳の春、都立高校の
受験に失敗。落ちたショックは大きく、ムラカミ家は真っ暗。丁稚奉公に行けと怒る父
姑に叱責される母。私立高校の2次募集で滑り込み合格。幸か不幸かその校風に馴染み
将棋三昧の生活。当然のように大学受験は5戦全敗。浪人して「明治学院大学」に進み
「勉強」とは違う「学問」の楽しさに触れて謳歌。全ての経験は無駄にあらずと実感。
鎌田さんが奮起する最初のきっかけは杉並区立和田小学校時代。算数が得意でリーダー
的存在だったが、知能検査の結果「知能指数はそれほど高くないぞ!」と担任から告げ
られて他人の倍の努力をする必要があると自覚します。名門の都立西高校に進み、養父
岩次郎さんの反対を押し切って医学部を目指し、朝は4時半に起床で勉強をする生活を
始め、浪人時代は1日15時間の猛勉強。受験勉強のコツは「繰り返す事」に尽きる!
続いて、2人が選んだ著名人の名著・名言から受験生に向けて「人生論」を贈ります。
鎌田さんは坂口安吾『堕落論』から「人間は弱いから永遠に堕ちぬくことはできない」
と、哲学者の三木清『人生ノート』から「人格とは秩序である。自由も秩序である」。
村上さんは齋藤孝『くすぶる力』から「くすぶりは、人生を推進させる原動力である」
山本一力『明日は味方。-ぼくの愉快な自転車操業人生論』ペダルを漕げば倒れない!

放送分を聴く
放送日:2015年2月8日

« 2月1日 第144回放送 | メインに戻る | 2月15日 第146回放送 »