文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2021年4月 5日

4月4日 第456回放送 

「十年一昔」移り変わりが激しい世の中は10年も経つと昔の事になってしまいますが
「十年一日のごとく」長い年月、変わりなく鎌田&村上コンビでお届けしている番組。
今回の放送から10年目に入り、ゲストのさだまさしさんが登場して鼎談は弾みます。

昨年の4月8日「緊急事態宣言」が発出されたのを受け『緊急事態宣言の夜に』という
作品を一晩で書き上げ「大切な人をなくしたくないんだ」と歌ったさださん。各方面で
話題になりました。また、コンサート開催数日本一のさださんが半年以上コンサートを
開けないコロナ禍で、どのような活動をしていたのかを綴った同名の著書も話題です。
コロナ禍で「音楽が止まっている状態」が長引くと音楽に携わる関係者が追い込まれる
ので「音楽を止めてはいけない」との思いから万全の感染者対策をして実施した逸話。
更にコンサートが出来ない間に鎌田さんと取り組んでいた『風に立つライオン基金』の
活動を紹介。6年前に途上国で頑張る日本人医師や教育者の力になりたいと設立したが
その後に日本国内で自然災害が頻発、ボランティアで数々の災害現場を経験するうちに
人を救うために活動する国内の団体にも物心両面で支援を提供することになりました。
北海道の南富良野町、福岡の朝倉市、熊本の益城町など鎌田さんと共に訪問しました。
そして、コロナ禍で支援を必要としている所へは『風に立つライオン基金』から21の
医療機関と14の福祉施設に医療用マスクなど総額約1200万円の医療物資を寄贈。
『ふんわりチャンポン大作戦』は、医療、看護、介護など有資格者が組織の垣根を超え
要請された福祉・介護施設687か所でコロナ相談を実施、1732名が参加しました
『らいおんカフェ大作戦』は飲料や飴を福祉施設や保健所に贈呈し大歓迎されました。

放送分を聴く
放送日:2021年4月4日

« 3月28日 第455回放送  | メインに戻る | 4月11日 第457回放送  »