2月2日 そういえばアレもコレもあった、        70年代初頭の絶品ソウル~!

2月2日 そういえばアレもコレもあった、        70年代初頭の絶品ソウル~!

Share

水曜日はスペシャルな選曲で洋楽を極める「洋楽ジャパンⅩ」! 洋楽ファンの皆様、一週間のご無沙汰でした。 今週も懐かしいポップス談義に花を咲かせます! 今週のお客様は、サンコンjr.さんです!

先週に引き続き、ゲストがリモート出演となった「洋楽ジャパンX」。慣れないシチュエーションに戸惑いながらも、サンコンjr.さんが背景にドラムスの見えるご自宅からご出演くださいました。

*プレイリスト*

〇ハード・タイムス/ベイビー・ヒューイ  Hard Times/ Baby Huey

★ベイビー・ヒューイ(1944-1970) 腺疾患のため肥満体となり、高校時代には既に160キロもの体重に。19歳の頃からシカゴでステージ活動を始め、パラマウントの漫画映画に登場するアヒルのキャラクターから「ベイビー・ヒューイ」のステージ・ネームを名乗る。1963年に「ベイビー・ヒューイ&ベビーシッターズ」を結成、地元で人気を博すように。60年代末にはスライの影響を受け、サイケ・ソウル的な音になっていく。スタイルもアフロヘアにアフロ調のサイケなものとなり、また特筆すべきは歌いながら自分自身をさらけ出すようなセリフをリズミカルに表現していたことで、これは後のヒップホップに通じるものがあったという。1969年にダニー・ハザウェイのオーディションを受け契約(しかしヒューイのみ)、カーティス・メイフィールドがアルバムを制作するも、70年にヘロイン中毒とアルコール過剰摂取などがたたり心臓発作で逝去。体重は180キロまで増え70ていた。「ハード・タイムス」はカーティス・メイフィールド作で、後にA TRIBE CALLED QUEST、ICE CUBE、ALKAHOLICS等々がこぞってサンプリング。

〇ドゥ・イット・イン・ザ・ネーム・オブ・ラヴ/キャンディ・ステイトン Do It In The Name Of Love / Candi Staton

★キャンディ・ステイトン(1940-) アラバマに生まれ、幼い頃からゴスペルを歌って育つ。17歳でルー・ロウルズと駆け落ち、さらに司祭の息子と結婚・出産。7年間の子育てを経て嫉妬深い夫と教会から離れ世俗音楽の世界へ。68年からフェイムの所属となり、マッスル・ショールズで数々の録音を遺す。この「ドゥ・イット…」もその時期の録音で、全米63位のヒットに。オリジナルはザ・モンキーズ!

〇世界はゲットーだ!/ウォー The World Is A Ghetto / War

★ウォー (1969-) 元アニマルズのエリック・バードンを中心に結成。ボーカルのエリックを中心に、ギター、ベース、ドラムス、キーボード、パーカッション、サックス、ハーモニカ(リー・オスカー!)の8人編成。ロック、ジャズ、ファンク、ラテン、R&B、サイケデリック、そしてレゲエの要素を併せ持つ70年代最強のソウル・コンボの一つ。アルバム「世界はゲットーだ!」は、1973年の年間チャートで1位を記録。オリジナル・メンバーはキーボード、ボーカルのリロイ・ジョーダンのみとなったが、現在も現役活動中。

 

<ウルフルズ 4年ぶり「ヤッサ」開催> ウルフルズによる大規模野外ワンマンライブ「ヤッサ!」が、ことし4年ぶりに開催されることになりました。大阪・万博記念公園もみじ川芝生広場にて、5月21日土曜日ごご3時開演。詳しくはこちらをご覧ください!

 

スタジオにたった一人で寂しそうな邦丸さん。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

ページTOPへ
// 2022.04.28追加