福井謙二グッモニ 7月22日(金) 第864回

dance_page2.jpg

みなさん、こんにちは。福井謙二グッモニです。

本日のコメンテーターは慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特別招聘教授の夏野剛さん。

160722-1.JPG

アメリカで大ヒットのポケモンGOについてお話を伺いました。

ポケモンGOは位置情報(GPS)を活用することによって、現実世界そのものを舞台として、ポケモンを捕まえたり、交換したり、バトルすることができるスマホゲームです。

今月7日、アメリカで正式公開されると、各地でユーザーが急増。
10日時点で、ポケモンGOのデイリーアクティブユーザー数はツイッターに匹敵する状態になっています

夏野さんはこのポケモンGOブームの先に歩くことによる健康増進やポケモノミクスと呼ばれる経済への期待できるといいます。
このポケモンGO、プラットホームを作っている会社はアメリカの会社ですが、日本にもこのような会社が出てきてほしいというお話でした。


今朝の特派員は八木菜緒アナウンサー。

160722-2.JPG

第155回芥川賞と直木賞の選考会が7月19日に開かれ、芥川賞には村田沙耶香さんの『コンビニ人間』に決定しました。
村田さんは現在も週3日、コンビニでのアルバイトを続けているという異色の経歴を持っており、受賞が決まった記者会見もコンビニで勤務後だったといいます。

つまり、村田さんが勤務しているコンビニは「芥川賞作家のいるコンビニ」。残念ながら、場所は公表していません。
そこで今日は変わり種のコンビニについて調べました。

160722-3.JPG

水谷さんにおすすめの店内でビールなどのお酒が飲めるコンビニもあります。
店舗によっても異なりますが、昼の3時くらいからアルコールが飲めるようになるそうです。

160722-4.JPG

「昼の3時って微妙だね、我々には」と福井さん

他にも店内でお笑いライブが行われるコンビニなどをご紹介しました。
皆さんもレアなコンビニ、探してみてくださいね。


エンタメいまのうちではグッモニ的夏休みオススメ映画を紹介。
ゲストは今月12日に第一子が誕生した飛石連休の藤井ペイジさんです。

160722-5.JPG

最近では試写会にも呼ばれることも増えたといいます。

藤井ペイジさんがオススメする夏休み映画3作品は『エクス・マキナ』、『ペレ 伝説の誕生』、『セトウツミ』

160722-6.JPG

あらすじや見どころを熱く語っていただきました。
詳細はPodcastをお聞きください。

皆さんもこの夏はグッモニオススメの映画で映画ライフを楽しんではいかがでしょうか。

また、藤井ペイジさんは今晩、新宿バッシュにて「ペイジワン83」というイベントを行います。
開場19時 開演19時半です。
こちらも是非どうぞ。


♪本日の楽曲
「いつか風になる日」 元ちとせ

~おまけ~
今日、放送中にキューイチローが遊びに来てくれました!!
ゆるキャラグランプリに出演します。

160722-7.JPG

今日から投票が開始になります。
皆さん、応援と投票、よろしくお願いいたします!!!

今週もお聞きいただきありがとうございました。
来週もぜひお聞きください。

グッモニ 2016年7月22日

福井謙二グッモニ 7月21日(木) 第863回

dance_page2.jpg

みなさん、こんにちは。福井謙二グッモニです。
本日のコメンテーターは立教大学経済学部教授、中小企業サポートネットワーク「スモールサン」主宰の山口義行さん。

160721-1.JPG

「寛容さ」を失いつつある社会についてお話を伺いました。

テレビ番組の司会者として長年活躍された大橋巨泉さんが、今月12日に亡くなっていたことが昨日わかりました。
巨泉さんが亡くなる5日前には永六輔さんも亡くなり、これらを"昭和の終わり"と報じるメディアもありました。

2人に共通していたのは、権力に対する反骨精神。
その背景には幼いころに経験した戦争とそれに伴うイデオロギー統制だったと、山口さんは改めて思ったそうです。

戦時中は国や権力が一方的な価値観を植え付ける時代でした。
そのような時代を過ごした子供は、戦後の多様な価値観や自由な考え方に触れ、自由の良さを体感します。
そんな彼らだからこそ、押さえつけようというものに対しては、反発する姿勢を見せていたのではないか。
でも、最近では、権力に牙をむく姿勢は、ネットや週刊誌で集中砲火を招いてしまうと、山口さんは話します。

山口さんはそのような寛容性が薄れてしまった原因の一つは「小選挙区制」なのではないかと指摘します。
大選挙区・中選挙区ではいろいろな考えを持った人がいて、寛容性がありましたが、小選挙区制になったことで、自分のイデオロギーをはっきりと主張する強いリーダーに染まりやすくなったと感じているそうです。

社会が寛容性を失いつつある。その危険性を訴えていた巨泉さんの真摯な声に耳を傾けるべきなのではというお話でした。


今朝の特派員は石川真紀アナウンサー。

160721-2.JPG

イギリスのEU離脱に触発されての東京都町田市の東京離脱に関して調べました。

今、町田市の東京都離脱派と残留派が、真っ二つに割れているそうです。
ネット上では「町田市も、東京からの離脱か残留かを、住民投票で決めればいいのに」「東京を離脱すれば、神奈川県に編入できる。そうすれば地図がスッキリする」といったつぶやきが話題となっています。

「町田経済新聞」では、この町田市の東京都離脱について、住んでいる町田市民はどう思っているか?のアンケート調査を行っており、40%程度が残留派となっていて、リードしていますが過半数には至っていません。

160721-3.JPG

福井さんは以前、町田に住んでいたことがあるそうです。

160721-4.JPG

放送では実際に町田市が東京都を離脱することは可能なのかについて、検証。大きな壁が2つあることがわかりました。

イギリスの移民問題のように、市や住民が本気で動き出す、ハッキリとした理由がない限り、実現の可能性は低いのかもしれません。


エンタメ今のうちでは菓子盆選手権を開催!!
「菓子盆選手権」とは直径約18センチの木製の菓子盆に盛り付け、そのセンスや物語性を競うものです。

ゲストは「菓子盆選手権」を企画・運営している「株式会社バーグハンバーグバーグ」のダ・ヴィンチ・恐山さん。

160721-5.JPG

「菓子盆は己を映す鏡です。自分の好きなお菓子を盆の上に盛る、たったこれだけの行為に、今まで生きてきた人生が如実に現れます」と恐山さんは話します。

今回は福井さんと水谷さんもチャレンジ!
テーマは「息子が彼女を初めて家に連れて来た時に出す菓子盆!」

160721-6.JPG

こちらは福井さんの菓子盆。
もみじまんじゅう、いか天、かっぱえびせん、ウィスキーボンボンというラインナップです。

160721-7.JPG

広島のことや福井さんのことも知ってほしいという思いを込めたといいます。

160721-8.JPG

続いて水谷さんの菓子盆。
ウエストや小川軒などの菓子類で構成されています。

160721-9.JPG

テーマは「東京のお菓子」
相手を試す狙いもあるといいます。

詳細はPodcastでお確かめください。


♪本日の楽曲
「波乗りジョニー」 桑田佳祐

明日もお楽しみに!!

グッモニ 2016年7月21日

福井謙二グッモニ 7月20日(水) 第862回

dance_page2.jpg

みなさんこんにちは。 福井謙二グッモニです。
本日のコメンテーターは、ノンフィクション作家の森功さん。

160720-1.JPG

今日は長年、航空業界を取材してきた森さんに最近の航空会社の広報戦略についてお話を伺いました。
夏休みを前に航空業界では各社がPR合戦を繰り広げています。

特にCMに力を入れているのはJALですが、経営破たんをしたJALが気前が良いというのは違和感があると森さんは話します。
実はJALは公的資金や税制の優遇措置などで史上最高利益を出し、お金が余っている状態で、CMにたくさんのお金を回せるのです。

これからは海外の航空会社との競争が激化してきます。
JALはなぜ税金を優遇してもらえているのか、もう少し考えて経営してほしいというお話でした。

今朝の特派員は砂山圭大郎アナウンサー

160720-2.JPG

世界で旋風を巻き起こしているスマートフォン用ゲーム、「ポケモンGO」について調べました。
ポケモンGOとは、現実とバーチャルを重ね合わせた、スマートフォン用のゲーム。

遊び方は、とにかく外を歩いて、ポケモンという様々なモンスターを集めること。
スマートフォンの画面に、地図が出て、その地図上にポケモンが出現するので、その場所まで実際に行き、ゲーム上で、ポケモンを捕獲していきます。

160720-3.JPG

放送では大小さまざまなニュースをジャンルごとに分けて、勝手にランキングを作成、発表しました。

160720-4.JPG

ポケモンGOのさまざまな影響に福井さんも驚いていました。

間もなく日本でも『ポケモンGO』の配信がスタートします。
きちんと安全を守って、迷惑行為にならないよう、ポケモン ゲットしましょう!


エンタメいまのうちは夏の高校野球を盛り上げる応援ブラバンに注目しました。
ゲストは応援ブラバン研究家 梅津有希子さんです。

160720-5.JPG

梅津さんは『高校野球を100倍楽しむブラバン甲子園大研究』を出版されたばかり。
今日は本にも登場する応援曲を聴きながらお話を伺いました。

160720-7.JPG

もともと高校野球の応援は、東京六大学の応援歌をかりて始まりました。
福井さんの母校、慶應義塾大学の「ダッシュKEIO」も今では全国の高校が使う定番曲になっています。

160720-6.JPG

梅津さんはプロの取材もされているそうです。
福井さん「今度はカープ関連で来てください!」とお願いしていました。

今日のゲスト梅津有希子さんの本、
『高校野球を100倍楽しむブラバン甲子園大研究』は文芸春秋社から¥1200+税で発売中です。
こちらもぜひチェックしてみてくださいね。


♪本日の楽曲
「空はまるで」 monkey majik

明日もお楽しみに!!

グッモニ 2016年7月20日

福井謙二グッモニ 7月19日(火) 第861回

dance_page2.jpg

みなさんこんにちは。福井謙二グッモニです。
きょうのコメンテーターはジャーナリストの藤吉雅春さん。

160719-1.JPG

フランス・ニースのテロ事件から考える脅威の質の変化についてお話を伺いました。

藤吉さんはテロの脅威の質が変わってきたと話します。

冷戦後終結後の90年代に世界各地で起こった民族紛争とは違い、現代は解決・和平交渉による終結が見込めないものになったといいます。もちろん一旦は終結しますが、紛争の終結が安定につながらないため、不安定な状態が長く続くのです。

紛争が起きた場合、これまでは解決に向けて、和平調停や人道支援、安定化後の開発支援という順に進んでいましたが、この順番が通用しなくなりました。
終結しても治安が安定せず、不安定な状態が長くなり、人道支援や開発援助、食糧支援もできないという事態に。

したがって行政の建て直しができないため、国民は疲弊し、社会が消耗していき、新たな不満分子が登場するという悪循環になっているのです。

そして、テロリストの質も変わったといいます。
かつてはテロ組織で訓練された戦闘員が、海を渡り、国境を越えて潜入。自爆テロなどを実行すると考えられていました。
しかし、最近は戦闘員でもない、「悪に共感した人たち」が多くの命を巻き添えに大量殺人を行っています。
現在は、国対テロ組織ではなく、国という概念が消え、理性対感情が先走って、ダークサイドに墜ちる人との戦いになっているというお話でした。


今朝の特派員は小尾渚沙アナウンサー。

160719-2.JPG

3連休最後の昨日は「海の日」
先週土曜日には、ディズニーの最新映画「ファインディング・ドリー」が公開されました。

ということで本日はお泊り、探検ツアー...水族館は夜がおすすめというテーマで調べました。

水族館というと、昼間に家族と一緒に行くというイメージがありますが、最近は「夜の水族館」が大人にも、時には子ども達も人気だといいます。

「夜の水族館」が流行る背景には、ミステリアスな雰囲気の夜を楽しんでもらいたいという他に、夜の魚たちの本来の姿を見せたいという「行動展示」の両方の面があるようです。

小尾さんのおすすめ、オビワンは「アクアパーク品川」
今年の夏は「花火」をテーマに、「和モダン」に演出された空間の中でショーや展示、カフェなど様々な企画が楽しめます。

皆さんも夜の水族館、是非行ってみてくださいね。


エンタメいまのうちは、「第155回直木賞予想!」
今回も"嫁に隠れて本を買う"でお馴染み、グッモニの読書人・首藤淳哉プロデューサーが本日午後5時より行われる「第155回芥川賞・直木賞」の選考会を前に、候補作の紹介と予想をいたしました。

予想は今回で8回目。グッモニ恒例ですね。
過去、ズバリ的中したのが1回、2人受賞の片方を当てたのが1回。

今回は初エントリーの人がいないという珍しい状況で誰がとってもおかしくないといいます。
そんな中、候補6作品の中からの受賞予想は原田マハさんの『暗幕のゲルニカ』

唯一の長編であることと、テロなどが頻発している最近の情勢だからこそ、そんな世の中を変えるような力を持っている小説として皆さんに読んでほしいという思いを込めて、受賞作に予想しました。

今回、的中するでしょうか。

160719-3.JPG

今回の直木賞候補作6作品についてはもちろん、さまざまな作品について綴る読書日記ブログ「嫁に隠れて本を買う」はこちらをご覧ください!

♪本日の楽曲
「夏休み」 よしだたくろう

明日もお楽しみに!!

グッモニ 2016年7月19日
↑トップへ戻る