福井謙二グッモニ 3月28日(火) 第1040回

みなさんこんにちは。福井謙二グッモニです。
きょうのコメンテーターはジャーナリストの藤吉雅春さん。

170328-1.JPG

「政府が強調する道徳教育」についてお話を伺いました。
24日に文部科学省が公表した、小学校が道徳教科書の検定では、学習指導要領で示した内容に照らし、記述が不適切とされたため、教科書会社が細かい部分で表現を修正するケースがみられました。

藤吉さんは、教科書に色々と詰め込んでも子どもの記憶には残らない、むしろ子どもにとってもっとも身近な先生の質を上げることが大切ではないか、と話します。
たとえば大工さんやレストランのコックさんなどの社会人が『先生』になった方が道徳を学べるのではないか。「相手の気持ちになってみる」ということができないと、社会で生きていくことは難しいです。ならば、実際の生きた道徳を学んだ方がよいというお話でした。


今朝の特派員は西川文野アナウンサー。

170328-2.JPG

西川アナにはこれまで、スマートフォン断ち」や「ひとりせんべろレポート」
「いびきカミングアウト」など体を張っていろいろ伝えてもらいましたが、今日はその集大成。

今話題の"ノープー"について調べました。

「ノープー」とは「ノー・シャンプー」つまり、シャンプー断ちをすることです。
最近日本の芸能人の方でも「石鹸」類を使わないで体を洗うという人が増えてきているという記事や、髪を湯船につけて洗う「湯シャン」をしている人は、「髪が太く健康になった」という話も耳にします。

ちなみにノープーには、「湯シャン」のほかにシャンプー代わりに塩で洗う「塩シャン」やリンス代わりに酢を使う「酢リンス」があります。

実際に西川さんに体験してもらいました。


エンタメいまのうちはあの人がついにグッモニ生登場。
武田鉄矢さんです!!

170328-3.JPG

たまに鉄矢さんと文化放送ですれ違っていましたが、ここまでがっつりとお話をするのは初めての福井さん。

170328-4.JPG

三枚おろしのお話や鉄矢さん主演で10月からBS-TBSで復活する「水戸黄門」のお話、福井さんがどうしてもラジオで話すことができないコトのお話など沢山のことをお聞きしました。

170328-5.JPG

詳細は本日更新のPodcastもしくはradikoのタイムフリーをご確認ください。

♪本日の楽曲
「贈る言葉」海援隊

明日の放送もお楽しみに!!

グッモニ 2017年3月28日

福井謙二グッモニ 3月27日(月) 第1039回

みなさん、こんにちは。福井謙二グッモニです。
本日のコメンテーターは現代ビジネスゼネラルマネージャーで、グッモニには2015年12月7日から出演していただきました、瀬尾傑さん。

170327-1.JPG

2018年度から小学校で課目化する道徳の教科書検定が終わり、8社66冊が出そろいました。しかし、その検定の中身が問題になっています。問題となっているのは、道徳教科書の検定で「学習指導要領の示す内容に照らして、扱いが不適切」と指摘され、出版社が改めた例。中には職業差別ともとれるような変更もあり、議論になっています。

「道徳」の教科化は、子どもたちの内心を評価することはできないなどの理由から、戦後一貫して見送られてきましたが、全国で深刻ないじめなどの問題が相次いだことや、他の教科と比べて軽んじられているなど、多くの課題が指摘されたことを受け、今から2年前に教科化が決まりました。

文科省は、道徳について指導要領に「正直、礼節」「勤労、公共の精神」「伝統と文化の尊重」「国や郷土を愛する態度」といった22の内容項目を決め、それをすべて網羅するように指導している他、2014年には検定基準が改定され、「政府見解がある場合は、それに基づいた記述」をいれるなど、その時の政権の立場が強調される形になりました。

このような項目に従った丸暗記で道徳が育つのか、今求められているのは答えのない問題に答えを出す力で、今の政権や新聞のいっていることが正しいのかを自分で判断するリテラシーが求められているというお話でした。


今朝の特派員は小尾渚沙アナウンサー。

170327-2.JPG

「カラオケの今と昔」について調べました。
「レジャー白書」や「全国カラオケ事業者協会推計」などの統計によると、カラオケ参加人口は、1995年の5,850万人をピークにゆるやかに下降しているものの、2015年時点でも4,750万人と日本人の3人に1人は、当たり前のようにカラオケを利用しています。

170327-3.JPG

放送ではカラオケが誕生する前の1950年代の「歌声喫茶」から、1980年代の「カラオケボックス」。最近話題になっている原点回帰の生バンド×カラオケを味わえる「懐かしくて新しいカラオケ」をご紹介しました。

皆さんも、持ち歌を生バンド演奏に乗せて、歌ってみてはどうでしょうか。


エンタメいまのうちは文化放送のお料理名人3人娘・八木奈緒アナウンサー、小尾渚沙アナウンサー、西川文野アナウンサーに最新の「スグレモノお弁当箱」に福井さんへの感謝の気持ちを込めた「愛情弁当」を作ってきてもらいました。

170327-6.JPG


170327-4.JPG

八木さんはロコモコ丼弁当
小尾さんは焼肉丼弁当
西川さんはオムライス を作りました。

170327-7.JPG

170327-8.JPG

放送では福井さん、八木さんと西川さんに「あーん」をしてもらい、よりおいしくいただきました。

170327-9.JPG

最後は福井さんから3人にメッセージもありました。

♪本日の楽曲
「さくらの花が咲く頃に」渡辺美里

グッモニ終了まであと4日。
明日の放送もぜひお聴きください。

グッモニ 2017年3月27日

福井謙二グッモニ 3月24日(金) 第1038回

みなさん、こんにちは。福井謙二グッモニです。
本日のコメンテーターは慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特別招聘教授の夏野剛さん。

170324-1.JPG

「ヨーロッパに日本発の"トイレ革命"!!」というテーマでお話を伺いました。

外国人が感動すると言われる日本のトイレ。
温水洗浄器便座はヨーロッパでは大きく普及が遅れていて、1%にも満たないという状況です。

そのため、ヨーロッパに日本発の「トイレ革命」をもたらそうと、TOTOやLIXILなどの大手メーカーが市場開拓に本腰を入れています。

TOTOは2008年にヨーロッパに進出し、ブランド認知を広める段階にあり、LIXILグループも2014年にドイツの水栓金具大手メーカーを買収し、市場開拓の足掛かりとしています。
この状況に夏野さんは日本企業の"マーケティング"は、需要開拓ではなく、常に待ちの状態で、本当にもったいないと話します。

今後、ヨーロッパで日本初のトイレ革命を起こすためには、リスクを取って、積極的に市場を開拓していく必要があるというお話でした。


今朝の特派員は石川真紀アナウンサー。

170324-2.JPG

「『日本茶』にもサードウェーブ到来!?」について調べました。

「サードウェーブ」とは、もともとコーヒーの新しい潮流を指す言葉で、生産国や農園を厳選した"単一品種"の豆を丁寧にドリップし、それぞれの豆本来がもつ味わいを楽しむこと。それがなんと「日本茶」にも来ています。

私たちが普段飲んでいる日本茶は、複数の茶葉がブレンドされたものが主流。
ブレンドすることによって、年平均して同じ味を保ちやすく、安定した供給や大量生産に向いているのですが、最近ではまるでコーヒーのように、茶葉の品種をそれぞれきちんと味わえる「新しい日本茶専門店」が増えているそうです。

放送では静岡県藤枝市で100年続く老舗の茶農園「中村家」が昨年、台東区にオープンさせた専門店『ナカムラ ティーライフストア』で購入した単一品種の茶葉を3種類用意しました。

170324-4.JPG

170324-3.JPG

100gあたり2500円の茶葉もあります。
試飲して、感想を話しました。

日本茶に来ている新しい波、今年のお花見は、桜と一緒に"茶葉本来の味"を楽しんでみてはいかがでしょうか。


エンタメいまのうちは懐かしのアメリカンクラッカーの進化系をご紹介。

170324-5.JPG

ゲストは株式会社メガハウス メディア戦略部の板垣有記さん。

ご紹介ただいたのは「バンバンクラッカ―」という商品。
昔のアメリカンクラッカーから進化したポイントは
①ボールが大きく直径およそ10センチの空気入りボール。
②ボールが柔らかい。
③持ち手がリングではなくグリップタイプ。
の3点。

170324-6.JPG

昔は木製で、水谷さんのお父様はとても上手だったといいます。

170324-7.JPG

福井さんもチャレンジ。
色んな技もあるので、ブームになったけん玉のように大人たちにも技をマスターしてほしいと板垣さんは話します。

「バンバンクラッカ―」は家電量販店をはじめ、おもちゃ売り場で購入できます。
色は、オレンジ・グリーン・ブルーの全3色、値段は税抜1780円です。

♪本日の楽曲
「ヒューマンタッチ」 ブルース・スプリングスティーン

今週もお聴きいただきありがとうございました。
来週はグッモニ最後の一週間。
最後まで全力で駆け抜けていきますので、ぜひお聴きください。

グッモニ 2017年3月24日

福井謙二グッモニ 3月23日(木) 第1037回

みなさん、こんにちは。福井謙二グッモニです。
本日のコメンテーターは立教大学経済学部教授、中小企業サポートネットワーク「スモールサン」主宰の山口義行さん。

170323-1.JPG

「森友学園騒動の裏ではじまる大事な議論」というテーマでお話を伺いました。
政府はおととい、犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の守秘を盛り込んだ「組織的犯罪処罰法」の改正案を閣議決定しました。
今後、法案の審議に入り、会期末までの成立を目指すとしています。

この法案はこれまでいろいろと見た目を変えており、東京五輪などを控え、テロ対策を前面に出し、罪名を「テロ等準備罪」に変更。適用対象を「組織的犯罪集団」に限定し、犯罪の計画への合意だけでなく、資金の準備や下見など「犯罪実行のための準備行為」を構成要件に加えました。

政府は従来の共謀罪とは違うと言っていますが、「共謀罪成立要件のあいまいさ」や「処罰の対象となる『団体』の範囲が不明確」などの点が注目されています。

今の国会では権力者が野党の質問やメディアの批判に対して説明責任を果たしておらず、議会の体をなしていない。国会のチェック機能が問われているというお話でした。


今朝の特派員は八木菜緒アナウンサー。

170323-2.JPG

ちょこっとハッピーニュースについて調べました。
いつもグッモニ内で紹介している茶柱メールのような、ちょっと良いニュースを紹介する「ハッピーボックス」がいま話題になっています。
これは福岡県の福岡市内浜中学校の生徒会が始めたアイデアで投書箱「ハッピーボックス」で集めた"幸せなニュース"を給食の時間に校内放送しています。

170323-3.JPG

内容は「去年より足が速くなった」「落とした筆箱を友達が拾ってくれた」などのささやかな喜びや、「先輩が相談井乗ってくれた。勇気をくれてありがとう」といった感謝の気持ちをつづった投稿もあります。
これがきっかけとなり、福岡市内のほかの小中学校でも、児童・生徒から募った身近な「うれしかったこと」を発表し、全校で共有する取り組みが広がっているそうです。

放送では、東京でも同じような取り組みがあるとして、千代田区立九段小学校の例を紹介しました。九段小学校では学校の「ちょこっと良いニュース」を「ちょこっとニュース」として校内放送で紹介しています。これは福岡のケースとはまったく別に、九段小学校の生徒たち独自の取り組みとして始まったものだそう。放送では実際に小学生たちがどんな投稿をしているのかを紹介して和みました。
これからもこの動きが全国で広まるかもしれません。


エンタメいまのうちは世界が広がる補聴器の世界をご紹介。
ゲストは補聴器メーカー「オーティコン」マーケティング部トレーナーの高橋礼美さん。

170323-4.JPG

本日は「オーティコン」の最新型の補聴器「Opn(オープン)」をお持ちいただきました。

従来の補聴器は主に自分の正面にいる一人の音声を届けて、その他すべての音は不要なノイズとして抑制していたのですが、「オープン」はにぎやかな環境であっても360度からバランスのとれた音が聞こえます。

170323-5.JPG

また、つけた感じも、よく見なければわかりません。
気になるお値段は市場想定価格で片耳50万円台、両耳で100万円前後だといいます。
4月14日まで、2週間無料で使っていただくキャンペーンも実施しています。

皆さん、興味のある方は「オーティコン」のHPをご覧下さい

♪本日の楽曲
「There Must Be an Angel」 Eurythmics

明日の放送もお楽しみに!!

グッモニ 2017年3月23日
↑トップへ戻る