福井謙二グッモニ 2月24日(金) 第1018回

みなさん、こんにちは。福井謙二グッモニです。
本日のコメンテーターは慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特別招聘教授の夏野剛さん。

170224-1.JPG

「無人トラクター、来年発売へ!畑から人が消える!?」というテーマでお話を伺いました。

先月25日、農機大手のクボタは、稲作での耕運作業、植え付け、収穫までの年間の農作業を、無人の自動運転で行えるトラクターを発表。
利用者の労力はほとんどいらないそうで、来年から販売を開始する予定。競合するヤンマーも開発を加速させています。

公道を走る自動車と違い、自動運転の法的なハードルも低いため、早期の実用化が期待できるというのがポイントと夏野さんは話します。

しかし、一方で価格が高くなったり、安全性の確保に問題があります。
農水省は4年前に企業や学識者が参加する研究会を立ち上げて自動運転農機の安全対策などについて議論を進めており、昨年3月にはガイドラインを作成しました。

農業に携わる人々の高齢化は止まらず、これからの農業はかなり自動化されるのではないかというお話でした。


今朝の特派員は石川真紀アナウンサー。

170224-2.JPG

今日から始まる「プレミアムフライデー」について。
これまでに発表された調査やアンケートをもとに、消費者目線で「プレミアムフライデーの今」を紹介しました。

どの調査を見てもプレミアムフライデーの過ごし方の1位は「自宅で過ごす」
個人消費を促すための取り組みですが、人々の消費意欲はあまり高くないようです。
また、インターネットでは、「教育現場に勤めているから難しい」「医療関係だから関係ない」など「自分には関係ない」という声も多かったそうです。

170224-3.JPG

そんな中、消費拡大が期待されているのは「旅行」
旅行の場合、外食や買い物などと比べて、一回の支出金額が高いため他の分野よりも消費を押し上げる効果が大きいと期待されています。

プレミアムフライデーが狙い通りいくかどうかはサービスの普及以上に企業が退社時間を本気で繰り上げられるかがカギになります。今後、定着していくのか注目です。


エンタメいまのうちは足の爪切りはプロにおまかせということで、足の爪切り専門店「爪切り屋 足楽」出張ケア部 責任者 今村佳子さんにお越しいただきました。

170224-4.JPG

足の爪切り専門店「爪切り屋 足楽」は2006年に白楽店(横浜市)、2012年には銀座店をオープン。
店舗以外にも出張サービスも行っています。

高齢になると、目がよく見えなくなったり、力が入らなくなったりして、上手に爪が切れなくなってしまうことがあるそうです。

本日は福井さんの足の爪を切っていただきました。

170224-5.JPG

ちなみに、今村さんは足を見ると、その人の色んなことがわかるということです。
福井さんはどうだったのでしょうか。

爪を切る道具も私たちがイメージする爪切りではなくニッパーのような爪切りで手術用具のようでした。

他にも放送では足の爪の切り方のポイントやどのくらいのペースで切ればよいかなどについてお話を伺いました。

♪本日の楽曲
「From a Distance」Bette Midler

グッモニ最後のスペシャルウィーク、お聴きいただきありがとうございました。
来週もお楽しみに!!

グッモニ 2017年2月24日

福井謙二グッモニ 2月23日(木) 第1017回

みなさんこんにちは。 福井謙二グッモニです。
本日のコメンテーターは、文化放送報道スポーツセンターの清水克彦デスク。

170223-1.JPG

「すでに動き始めた『大学入試改革』」について話してもらいました。

この週末は多くの国公立大学で、前期日程の入学試験が行われ、今シーズンの大学入試もいよいよ佳境に入っています。

今は国公立大学と多くの私立大学でセンター試験に参加していますが、2020年度には国語と数学で80~100字で記述式の問題が加わってきます。
また2次試験も面接、ディスカッション、プレゼンテーション、小論文を利用する内容になります。
つまり、知識の量を問う試験から思考力や判断力、協調性を問う入試に変わることになります。

新制度になると採点に時間がかかるため、従来通り1月にセンター試験を行い、2月に2次試験というスケジュールでは厳しく前倒しになる可能性もあります。
受験生側にとっては、知識の量だけを競うわけではないので、よりレベルの高い大学に入ることもあります。
ただ、受験の日程が早まるため、より早く対策を立てなければならなくなるかもしれません。

現代は正解のない時代。
知識の量だけでは太刀打ちはできません。これからの時代に適応できる人材を育てるためには大学入試そのものを変えていかなければならない。
また大学入試の変更に伴い、高校入試や中学入試にも変化が出てきているというお話でした。


今朝の特派員は八木菜緒アナウンサー。

春休み前に知っておきたい「孫バテ」について調べました。
シニア向け宿泊予約サービスを提供する株式会社ゆこゆこが、50代以上のメールマガジン会員1,463名を対象に調査した「シニアの孫育てに関する調査」によると「孫育て」を「孫の面倒を見ることがある」と回答した人は、孫のいる人の74.9%。
しかし、「孫育て」をするにあたり「孫の親に不満をもったことがある」と答えたのは4割もいたのです。
「感謝の気持ちが感じられない」や「遠慮がなさすぎる」「経済的な負担が大きい」「時間的な負担が大きい」ということが理由でした。
しかしこうしたことも含めて、孫の面倒を見ることができてうれしいと実感している人も8割以上いることも分かっています。
出産が高齢化し、祖父母も高齢化で「孫バテ」になる人が多いということがあるかもしれません。

孫バテを避けるためには、お互いいたわりの心を忘れないようにしましょう。


エンタメいまのうちは鷹匠体験をしました。
ゲストは昨年12月、原宿にオープンした「フクロウのお庭」店長の深澤大輝さんとハリスホークの神楽くん。

170223-2.JPG

「フクロウのお庭」は「鷹」「フクロウ」「ハヤブサ」(18羽)と触れ合うことができる体験型のテーマパークで餌やりや鷹匠体験ができます。

170223-3.JPG

今日は実際に鷹匠を体験をさせていただきました。

170223-4.JPG

福井さんは成功。
福井さんの様子を見ていた邦丸さんもチャレンジしました。


福井さんと邦丸さんのチャレンジはこのサイトの上部、文化放送広報のTwitter、Facebookに掲載しています。

170223-6.JPG

深澤さんと神楽くんにはコトバのヒロバにも出演していただきました。
本日更新のPodcastやradikoのタイムフリー機能でぜひご確認ください。

♪本日の楽曲
「なごり雪」秦基博

明日はついにスペシャルウィーク最終日です。
お楽しみに!!

グッモニ 2017年2月23日

福井謙二グッモニ 2月22日(水) 第1016回

リンボー2.jpg

みなさんこんにちは。 福井謙二グッモニです。
本日のコメンテーターは、ノンフィクション作家の森功さん。

170222-1.JPG

「安倍総理も巻き込んだ学校法人への不可解な国有地払い下げ」についてお話を伺いました。
学校法人森友学園に大阪府豊中市の国有地が評価額の1割あまりという安い価格で売却されたことが疑問視されています。
学校法人側が、地下に埋まったごみの撤去・処分費を負担するとして売却額が大幅に下げられた上、近畿財務局はその額を非開示としていました。
またこの学校法人には安倍総理も関わりがあると国会でも取り上げられています。

払い下げられた新設小学校の名誉校長は安倍昭恵さんで、学園の理事長である籠池泰典理事長は首相の後援組織「日本会議」の幹部です。
安倍首相は国会で「払い下げに関係していたら首相はむろん議員を辞める」とまで発言しています。

この土地は、ある大学が撤去費用を差し引いて土地を9億円で買うといったのを蹴り、森友学園に1億3400万円で売却したということで、どう考えても不自然です。
これからもどんどんいろいろな話が出てきてきそうだというお話でした。


今朝の特派員は砂山圭大郎アナウンサー。

170222-2.JPG

「街づくりは"リノベーション"で!」というテーマで調べました。
リノベーションとは、古い住宅などを改装して、内装だけでなく、間取りまでも変えて、ユニークな空間によみがえらせること。

個性的な家に住みたいという若年層を中心に、前々から支持されてきましたが、ここ数年、リノベーションを商店街の再生などの「まちづくり」に、積極的に生かす試みが広がりつつあるそうです。

170222-3.JPG

最近ではシャッター通りを活性化させようと始まったプログラム、リノベーションスクールもいろいろなところで行われています。
講義は具体的なリノベーションプランを考える他に、「補助金なしでもやっていけるか?」「何年で回収できるのか?」といった、事業計画の立て方も学ぶことができるようです。

街づくりの新しい手段"リノベーション"は、地域の活性化に一役買うことができるのか?!今後も注目です!


本日のエンタメいまのうちは進化する作業用ヘルメット。
ゲストは株式会社谷沢製作所の営業部長代理 樫本知史さん

170222-4.JPG

ご紹介したヘルメットをブログで写真ともにご紹介します。

170222+1.JPG

170222+2.JPG

回転式ヘルメットCrubo(クルボ)
防災用として保管しやすく、移動の時、持ち運びしやすいです。

170222+3.JPG

Uメット
現場の状況を通信で送ることができるオールインワンITヘルメット。
フル装備すればブザーやセンサーも搭載しています。

170222+4.JPG

エアライト
蒸れる原因の発泡スチロールの代わりに同じ衝撃吸収性能を持ちながら通気性の高い新機能を搭載した涼しいヘルメット。

ペンホルダーなどの付属品も人気があります。

170222+5.JPG

170222+6.JPG

女性の頭にフィットする「さくらシリーズ」
日焼けが残りにくい透明なあごひもがついています。

170222+7.JPG

女性向けアウトドアブランド【ravina(ラヴィーナ)】の「フルーク」
登山用ヘルメットは海外製品が多くアジア人の頭にはフィットせず、特に女性用の種類も少ないため、女性用登山ヘルメットを作ったそうです。

いろいろな種類が出ていますが、強度はどうでしょうか。
もちろん実際かぶって、ピコピコハンマーでたたいてみました。

170222-5.JPG

「バン!!」と遠慮せずに叩く水谷さん

170222-6.JPG

ピコピコハンマーを準備する福井さん

170222-8.JPG

株式会社谷沢製作所では200種類のヘルメットを作っており、色々な用途に応じて作られているということがわかりました。
皆さんも防災用などで自分のヘルメットを購入してみてはいかがでしょうか。

♪本日の楽曲
「愛になる」小田和正

明日の放送もお楽しみに!!

グッモニ 2017年2月22日

福井謙二グッモニ 2月21日(火) 第1015回

リンボー2.jpg

みなさんこんにちは。福井謙二グッモニです。
きょうのコメンテーターはジャーナリストの藤吉雅春さん。

170221-3.JPG

藤吉さんが取材を続けている「働き方改革」。今回は若者の副業についてお話を伺いました。
政府が働き方改革を言うようになってから、民間のシンポジウムやフォーラムが盛んになり、若い世代の人たちが多く参加しています。

「ヤフオク」が登場したことで小遣い稼ぎをする人が増えました。
しかし、副業をしている若い人たちを取材すると、副業をする理由はお金を稼ぐためではなく、「やりがい」が大きくかかわっているというお話をしていただきました。

今朝の特派員はこのコーナー初登場太田英明アナウンサー。

170221-4.JPG

部長も務めている太田さん。
「理想の上司?それともダメ上司?」というテーマについて調べました。
明治安田生命は今月6日、今春入社を控えた新社会人を対象に実施した、毎年恒例「理想の上司」ランキングを発表。
アナウンサーや番組MCの経験者が多いという結果に。

残念ながら、太田さんや福井さんは入っていませんでした。

170221-5.JPG

放送では「嫌いな上司ランキング」を紹介。
来年は「理想の上司」にランクインできるでしょうか。
理想の上司への道は遠そうです。

本日のエンタメいまのうちは広島県呉市からやってきたすごいゆるキャラをご紹介。

その名は「呉氏」

170221-1.JPG

「呉」を押し出した前衛的なスタイル
出演までの時間、優雅に待機していました。

170221-2.JPG

後ろはカタカナで「クレ」の文字。
徹底しています。

170221-6.JPG

福井さんと水谷さんもこのデザインに驚いていました。

170221-7.JPG

放送では、基本的な情報を呉市役所企画課の瀧川雅子さんにお電話で伺ったり、呉氏に一問一答をしてもらいました。(呉氏は話すことができないため、タンバリンとマラカスを使用)

そして、呉氏の好きな曲TRFの「CRAZY GONNA CRAZY」の替え歌「呉ー市ーGONNA呉ー市ー」のダンスを披露していただきました。

170221-8.JPG

170221-9.JPG

170221-10.JPG

呉氏のダンスが見ることができるサイトはこちら

皆さん、呉氏の今後の活躍を応援しましょう。

♪本日の楽曲
「Happy」Pharrell Williams

明日の放送もお楽しみに!

グッモニ 2017年2月21日
↑トップへ戻る