2016年3月アーカイブ

みなさん、こんばんは。

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?

小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を

能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。

さて、第157回目は『青い花の香り』をお送りしました。



作者は小川未明です。
あるところにのぶ子というかわいらしい女の子がいました。
のぶ子はお母さんから「小さいときにかわいがってもらったお姉さんがいた」
と聞くのですが、そのお姉さんのことを覚えていませんでした。
そのお姉さんのことを知りたいのぶ子は、
お母さんにお姉さんについていろいろと教えてもらうのでした。


青い花の香りでお姉さんを思い出したのぶ子でしたが、
みなさんも同じようなことを体験したことはありませんか?
匂いは目でみたものよりも記憶に残るといわれています。
これは嗅覚の伝達経路が他の感覚と違い、
脳に記憶が残りやすいからなのです。
そして、この特定の匂いがそれにまわる記憶を誘発する現象は
『プルースト効果』と呼ばれます。
これは、フランスの文豪マルセル・プルーストの
『失われた時を求めて』で主人公がマドレーヌを紅茶に浸し、
その香りをきっかけとして幼年時代を思い出す、
という描写を元にしています。
街中で香水の匂いを嗅いで昔の恋人を思い出す、
なんてロマンチックなエピソードもたまに聞きますよね。

さて、今回は月曜日の放送最後ということで初回でも読んだ小川未明の作品をご紹介しました。
次回も小川未明の作品をお送りします!

 

この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回は『ブルーマロウティー』でした。
次回は青いカクテル「オールド・クロック」をご用意ください。
どんなお話がくるのかお楽しみに!

 

番組ではみなさまからのメールを募集しています。

番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。

メールのあて先は

note@joqr.netです。

採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。

ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。

たくさんのおたより、お待ちしています!


また、この番組はAG-ONでもオンデマンド配信されます。

毎週水曜日の正午から1週間ご視聴いただけます。

もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ONにアクセスしてみてください。


そして、朗読CD第3巻が発売中です。
新規録り下し作品は宮沢賢治の『シグナルとシグナレス』です。
第1巻・2巻同様、「超!A&Gショップ」もしくは文化放送地下1階にある「ちかQ」にてお買い求めください。


※ここで、重要なお知らせ!※
4月より番組の放送日時が変更となります。
新しい放送日時は毎週木曜日26時30分からです。
初回の放送は4月7日となります。
遅い時間となりますが、今後ともよろしくお願いいたします!

また、これに伴いAG-ONの配信日も変更になります。
新しい配信日時は放送週の土曜日正午です。
深い時間になって聞けないという方は是非AG-ONでお楽しみください!!


それではまた、木曜日の深夜をお楽しみに!!

みなさん、こんばんは。

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?

小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を

能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。

さて、第156回目は『空気男(後編)』をお送りしました。

 

作者はSF作家の海野十三(うんのじゅうざ)です。
主人公の清家博士は、家に帰ると何かとうるさい奥さんを騙すために
透明人間になって逃げようとします。
しかし、奥さんに見つかってしまい、今度は空気になって逃げようとするのですが・・・


空気となって逃げようとした清家博士でしたが、奥さんまで空気になってしまい大変でしたね。
最後はなんともブラックジョークの効いた結末でした...
バラバラになった清家博士はもう元には戻れないのでしょうか?
その後が気になる終わりでしたね。

 

この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回は『炭酸水』でした。
次回は「ブルーマロウティー」をご用意ください。
どんなお話がくるのかお楽しみに!

 

番組ではみなさまからのメールを募集しています。

番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。

メールのあて先は

note@joqr.netです。

採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。

ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。

たくさんのおたより、お待ちしています!

 

また、この番組はAG-ONでもオンデマンド配信されます。

毎週水曜日の正午から1週間ご視聴いただけます。

もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ONにアクセスしてみてください。

 

そして、朗読CD第3巻が発売中です。
新規録り下し作品は宮沢賢治の『シグナルとシグナレス』です。
第1巻・2巻同様、「超!A&Gショップ」もしくは文化放送地下1階にある「ちかQ」にてお買い求めください。

 

※ここで、重要なお知らせ!※
4月より番組の放送日時が変更となります。
新しい放送日時は毎週木曜日26時30分からです。
初回の放送は4月7日となります。
遅い時間となりますが、今後ともよろしくお願いいたします!


それではまた、月曜日の深夜をお楽しみに!!

みなさん、こんばんは。

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?

小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を

能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。

さて、第155回目は『空気男(前編)』をお送りしました。

 

作者はSF作家の海野十三(うんのじゅうざ)です。
主人公の清家博士は、家に帰ると何かとうるさい奥さんを騙すために
とある方法で姿を消します。
夫が帰ってきたと思った奥さんは、清家博士の部屋に入りますが、
そこには誰もいおらず、不思議に思っているとクシャミの音が聞こえました。
さて、清家博士はこのままバレずに過ごせるのでしょうか?

 

癇癪持ちな奥さんから逃れるため透明人間になった清家博士ですが、
透明人間になっただけでは奥さんから逃げ切れませんでしたね。
清家博士はこのあとどうするのでしょうか...
ちなみに透明人間とは、肉体が透明で姿を見ることができない人間、
そこにいても分からないが感触では確認できるものとされています。
1897年にH.Gウエルズの小説に登場してから
多くのSFや怪奇小説に登場しています。
彼の小説の影響からか、小説の中の透明人間は、元は人間で、
薬を飲んで透明になるという、後天的な場合が多く見受けられます。
清家博士は薬ではありませんでしたが、この"薬"という方法『空気男』では別の形で使われます。
どんな方法かは後編をお楽しみに!

 

この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回は『炭酸水』でした。
次回も「炭酸水」をご用意ください。
どんなお話がくるのかお楽しみに!

 

番組ではみなさまからのメールを募集しています。

番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。

メールのあて先は

note@joqr.netです。

採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。

ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。

たくさんのおたより、お待ちしています!

 

また、この番組はAG-ONでもオンデマンド配信されます。

毎週水曜日の正午から1週間ご視聴いただけます。

もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ONにアクセスしてみてください。

 

そして、朗読CD第3巻が発売中です。
新規録り下し作品は宮沢賢治の『シグナルとシグナレス』です。
第1巻・2巻同様、「超!A&Gショップ」もしくは文化放送地下1階にある「ちかQ」にてお買い求めください。

 

※ここで、重要なお知らせ!※
4月より番組の放送日時が変更となります。
新しい放送日時は毎週木曜日26時30分からです。
初回の放送は4月7日となります。
遅い時間となりますが、今後ともよろしくお願いいたします!

 

それではまた、月曜日の深夜をお楽しみに!!

みなさん、こんばんは。

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?

小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を

能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。

さて、第154回目は『変な恋』をお送りしました。

 

作者は随筆家、推理作家の小酒井不木です。
『変な人間が恋をすると、変な結末に終り易い』という作者が語るとある男女の恋物語です。
ニューヨークに住むダイアモンド商のジョン・グレージーはある女に恋をします。
若い富豪の未亡人である女は、金が入用とあって宝石を売りにジョンの店を訪れるのですが...

 

まさかの結末でした。変なのは恋をした人間なのか、これを語った作者なのか・・・?
みなさんはどう思いますか?

この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回は『ニューヨーク』でした。
次回は「炭酸水」をご用意ください。
どんなお話がくるのかお楽しみに!

 

番組ではみなさまからのメールを募集しています。

番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。

メールのあて先は

note@joqr.netです。

採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。

ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。

たくさんのおたより、お待ちしています!

 

また、この番組はAG-ONでもオンデマンド配信されます。

毎週水曜日の正午から1週間ご視聴いただけます。

もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ONにアクセスしてみてください。

 

そして、朗読CD第3巻が発売中です。
新規録り下し作品は宮沢賢治の『シグナルとシグナレス』です。
第1巻・2巻同様、「超!A&Gショップ」もしくは文化放送地下1階にある「ちかQ」にてお買い求めください。

 

それではまた、月曜日の深夜をお楽しみに!!

みなさん、こんばんは。

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?

小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を

能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。

さて、第153回目は『美しい犬』をお送りしました。

 

作者は林芙美子です。
このお話は、とある外国人に飼われていたペットの犬のお話です。
終戦で捨て犬になってしまった犬は、どうなってしまうのでしょうか?

悲しくも美しい犬のお話でした。
ペットを飼っている人にはより心に突き刺さるお話だったのではないでしょうか。
第二次世界大戦時、動物園のゾウなど多くの動物が殺されましたが、
一般家庭の犬も同じように殺処分されていました。
それは「犬の供出命令」、お国のために犬を差し出せという命令でした。
犬の毛皮を戦地で戦う兵隊の防寒ようにする、または肉を食糧とする、
医師不足で狂犬病の予防注射ができない、そういった理由で愛犬を手放さなければならなかったのです。また、配給で食糧をまかなわないといけず、ペットに与える餌もなく捨ててしまう人も多かったことでしょう。
戦争は人間だけでなく、多くの動物の犠牲も生んでしまうのです。

 

この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回は『ソルティドッグ』でした。
次回はカクテルの「ニューヨーク」をご用意ください。
どんなお話がくるのかお楽しみに!

 

番組ではみなさまからのメールを募集しています。

番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。

メールのあて先は

note@joqr.netです。

採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。

ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。

たくさんのおたより、お待ちしています!

 

また、この番組はAG-ONでもオンデマンド配信されます。

毎週水曜日の正午から1週間ご視聴いただけます。

もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ONにアクセスしてみてください。


そして、朗読CD第3巻が発売中です。
新規録り下し作品は宮沢賢治の『シグナルとシグナレス』です。
第1巻・2巻同様、「超!A&Gショップ」もしくは文化放送地下1階にある「ちかQ」にてお買い求めください。

 

それではまた、月曜日の深夜をお楽しみに!!

みなさん、こんばんは。

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?

小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を

能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。

さて、第152回目は『北極星』をお送りしました。

 

作者は片山広子です。
このお話は、片山さんが寝る前に見るという北極星のお話です。
北極星を眺めていた片山さんは、アーサー王伝説の事を考え始めます。
随筆の中で壮大なアーサー王物語が繰り広げられています。

 

能登さんが出演しているゲームにも関係あるアーサー王物語に関係するお話でした。
北極星を通して語られる幻想的で雄大なアーサー王物語をお楽しみいただきました。
ちなみに、作者の片山さんは、芥川龍之介の『或阿呆の一生』の中では、「才力の上に格闘もできる女」と書かれたり、
堀辰夫の『聖家族』の細木夫人や『菜穂子』の三村夫人のモデルとしても有名な方です。

 

この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回は『オリオンビール』でした。
次回は「ソルティドッグ」をご用意ください。
どんなお話がくるのかお楽しみに!

 

番組ではみなさまからのメールを募集しています。

番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。

メールのあて先は

note@joqr.netです。

採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。

ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。

たくさんのおたより、お待ちしています!

 

また、この番組はAG-ONでもオンデマンド配信されます。

毎週水曜日の正午から1週間ご視聴いただけます。

もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ONにアクセスしてみてください。

 

そして、朗読CD第3巻が発売中です。
新規録り下し作品は宮沢賢治の『シグナルとシグナレス』です。
第1巻・2巻同様、「超!A&Gショップ」もしくは文化放送地下1階にある「ちかQ」にてお買い求めください。

 

それではまた、月曜日の深夜をお楽しみに!!

番組内容

小説や物語、民話や絵本、童話、ライトノベル、詩などあらゆるジャンルの作品を
「朗読」します。

放送時間

毎週木曜日26時30分~27時00分
リピート:毎週金曜日15時00分~15時30分
AG-ON:毎週土曜日 正午更新
1週間オンデマンドで配信
-->