2015年10月アーカイブ

みなさん、こんばんは。

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?

小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を

能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。

さて、第134回目は『母の手毬歌』をお送りしました。

 

作者は前回に引き続き、民俗学者の柳田國男です。
『母の手毬歌』は、柳田の母が歌っていた手毬歌の思い出から、
手毬あそびについて書かれたものです。
七章にわたるお話ですが、今回は三章までご紹介しました。

 

昔の遊びなど、周囲の大人から受け継がれていくというのは、
大切なことですよね。
柳田は『母の手毬歌』を
「社会と人生とを周囲の書物の間から、覚えていくような路を開きたい」
と願って書きました。
そんな柳田は次のような言葉を残しています。
『本を読むということは、大抵の場合には冒険である。だから又冒険の魅力がある』
本を読むのは冒険だなんて、ステキな考え方ですよね。

 

さて、この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回は『煎茶』でした。
次回は「純米酒」をご用意ください。
どんなお話がくるのかお楽しみに!

 

この番組では、みなさまからのメールを募集しています。

番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。

 

メールのあて先は

note@joqr.net です。

採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。

ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。

たくさんのおたより、お待ちしています!


また、この番組はAG-ONでもオンデマンド配信されます。

毎週水曜日の正午から1週間ご視聴いただけます。

もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ONにアクセスしてみてください。

 

そして、番組の朗読CD第1巻と第2巻が発売中です!!
どちらもデータCDとオーディオCDの2枚組、価格は税込3,000円です。
ご購入は通販サイト「超!A&Gショップ」もしくは、文化放送地下1階にある「ちかQ」にて。
是非お聴きください。

 

さらに、能登さんからのお知らせです。
現在放送中のアニメ『金田一少年の事件簿R』に出演します。
是非チェックしてみてください!

 

それではまた、月曜日の深夜をお楽しみに!!

みなさん、こんばんは。

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?

小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を

能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。

さて、第133回目は『こども風土記』をお送りしました。


作者は、民俗学者の柳田國男です。
『こども風土記』は、様々な地域のこどもの遊びについて
読みやすい小文で書かれています。
今回は『小序』『鹿・鹿・角・何本』『あてもの遊び』を紹介しました。

 

みなさんは『鹿・鹿・角・何本』の遊びを知っていましたか?
他にもさまざまな子供の遊びが紹介されている『こども風土記』。
是非読んでみてください。
そんな『こども風土記』を書いた柳田國男は、
1875年7月31日、兵庫県生まれ。
東大法科政治科を卒業し、商務省に入所し、
この頃から、東北地方の農村の実態を調査・研究するようになります。
貴族院書記官長などを務めたのち、官僚を辞め、朝日新聞社客員となり、
ユニークな社説を執筆。同時に、国内を旅して民俗伝承を調査し、
日本の民俗学の確立に尽力しました。
地方によってかたつむりの呼び方が違うことを証明した『蝸牛考』なんかが有名ですね。


さて、この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回は『ほうじ茶』でした。
次回は「煎茶」をご用意ください。
どんなお話がくるのかお楽しみに!

 

この番組では、みなさまからのメールを募集しています。

番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。

メールのあて先は

note@joqr.net です。

採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。

ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。

たくさんのおたより、お待ちしています!

 

また、この番組はAG-ONでもオンデマンド配信されます。

毎週水曜日の正午から1週間ご視聴いただけます。

もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ONにアクセスしてみてください。


そして、番組の朗読CD第1巻と第2巻が発売中です!!
どちらもデータCDとオーディオCDの2枚組、価格は税込3,000円です。
ご購入は通販サイト「超!A&Gショップ」もしくは、文化放送地下1階にある「ちかQ」にて。
是非お聴きください。


さらに、能登さんからのお知らせです。
現在放送中のアニメ『金田一少年の事件簿R』に出演します。
是非チェックしてみてください!

 

それではまた、月曜日の深夜をお楽しみに!!

みなさん、こんばんは。

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?

小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を

能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。

さて、第132回目は『チューリップ』をお送りしました。


作者は前回に引き続き、童話作家の新美南吉です。
学校帰りに君子さんはお友達のノリ子さんに
家のチューリップが綺麗だと自慢をしました。
ノリ子さんがチューリップを写生したらきっと最優等になるだろうと、
翌日君子さんは球根を持ってノリ子さんの家に行くのですが、
ノリ子さんは熱があって学校に行けないといいます。

 

少しずつ元気になってきたノリ子さんでしたが、
みなさんは最後のチューリップの描写をどうとらえましたか?
私はノリ子さんが元気になっていくのと同時にチューリップが咲いていくもだと
思っていたのですが、ディレクターさんの解釈は違ったようです。
花は咲いたら散ってしまうもの...
新美南吉はどんな意味をもってこの描写としたのでしょうか?

そして、チューリップといえば、オランダが有名ですが、
「チューリップ」という花の名前は、トルコから入ってきたそうです。
16世紀、トルコに駐在していた神聖ローマ帝国の大使が、
チューリップを見て「何の花か?」と尋ねたところ、
トルコ人は、頭のターバンを指しながら
「チュリパ(ターバン)のような形だ)」と答えました。
大使はそれが花の名前だと思い、チューリップの語源となったのです
聞き間違いからついた花の名前だったのですね。

 

さて、この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回は『チャイ』でした。
次回は「ほうじ茶」をご用意ください。
どんなお話がくるのかお楽しみに!

 

この番組では、みなさまからのメールを募集しています。

番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。

メールのあて先は

note@joqr.net です。

採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。

ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。

たくさんのおたより、お待ちしています!

 

また、この番組はAG-ONでもオンデマンド配信されます。

毎週水曜日の正午から1週間ご視聴いただけます。

もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ONにアクセスしてみてください。

 

そして、番組の朗読CD第1巻と第2巻が発売中です!!
どちらもデータCDとオーディオCDの2枚組、価格は税込3,000円です。
ご購入は通販サイト「超!A&Gショップ」もしくは、文化放送地下1階にある「ちかQ」にて。
是非お聴きください。

 

さらに、能登さんからのお知らせです。
現在放送中のアニメ『ワールドトリガー』にリリス役で出演します。
是非チェックしてみてください!


それではまた、月曜日の深夜をお楽しみに!!

みなさん、こんばんは。

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?

小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を

能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。

さて、第131回目は『花をうめる』をお送りしました。

 

作者は童話作家の新美南吉です。
新美南吉が子供の頃に遊んでいた「花をうめる」という遊びのお話です。
鬼役の子供に見つからないように、土に花を埋める遊びなのですが、
なんとも描写が幻想的で魅力的です。

 

花をうめるなんておしゃれな遊びですよね。
しかし大人になった南吉は、最後に一緒に遊んでいた女性に幻滅してしまうのでした。
子供の幻想とはなんとも儚いものです。
そんな南吉は女性について次のような言葉を残しています。
今回は新美南吉の言葉をご紹介します。
『僕は自分が弱いせいか性格のなかに何処か強いところがあると
そこに魅力を感じるらしい。』
最終的には幻滅してしまった南吉でしたが、
ツルに魅力を感じていたのは確かだったのではないでしょうか。

 

さて、この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回は『カモミールティー』でした。
次回は「チャイ」をご用意ください。
どんなお話がくるのかお楽しみに!


 

この番組では、みなさまからのメールを募集しています。

番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。

メールのあて先は

note@joqr.net です。

採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。

ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。

たくさんのおたより、お待ちしています!

 

また、この番組はAG-ONでもオンデマンド配信されます。

毎週水曜日の正午から1週間ご視聴いただけます。

もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ONにアクセスしてみてください。

 

そして、番組の朗読CD第1巻と第2巻が発売中です!!
どちらもデータCDとオーディオCDの2枚組、価格は税込3,000円です。
ご購入は通販サイト「超!A&Gショップ」もしくは、文化放送地下1階にある「ちかQ」にて。
是非お聴きください。

 

さらに、能登さんからのお知らせです。
現在放送中のアニメ『ワールドトリガー』にリリス役で出演します。
是非チェックしてみてください!


 

それではまた、月曜日の深夜をお楽しみに!!

みなさん、こんばんは。

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?

小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を

能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。

さて、第130回目は『十五夜のお月様』をお送りしました。

 

作者は前回に引き続き、村山壽子です。
とあるところに、大きな森に住む小人がいました。
小人は大きな音を聞いて、その音の方へと向かいますと、
赤いお月様がいました。
二人は森を出て、街まで行っていろんなお話をします。


週末がちょうど十五夜だということで、このお話を選びました。
お月様とのほっかりした会話がステキですね。
ちなみに、みなさんお月見っていつから始まったか知っていますか?
十五夜の風習が伝わったのは、なんと平安時代ごろです。
中国から仲秋の十五夜に行う月見の祭事が伝わると、
貴族などの間で観月の宴や、水面に揺れる月を楽しむ舟遊びで
歌を詠んだりするようになりました。
また、平安貴族らは月を直接見ることをせず、
杯や池にそれを映して楽しんだそうです
なんとも風流ですね~。

さて、この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回はカクテル『レッドムーン』でした。
次回は「カモミールティー」をご用意ください。
どんなお話がくるのかお楽しみに!


この番組では、みなさまからのメールを募集しています。

番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。

メールのあて先は

note@joqr.net です。

採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。

ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。

たくさんのおたより、お待ちしています!

 

また、この番組はAG-ONでもオンデマンド配信されます。

毎週水曜日の正午から1週間ご視聴いただけます。

もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ONにアクセスしてみてください。

 

そして、番組の朗読CD第1巻と第2巻が発売中です!!
どちらもデータCDとオーディオCDの2枚組、価格は税込3,000円です。
ご購入は通販サイト「超!A&Gショップ」もしくは、文化放送地下1階にある「ちかQ」にて。
是非お聴きください。


さらに、能登さんからのお知らせです。
現在放送中のアニメ『ワールドトリガー』にリリス役で出演します。
是非チェックしてみてください!

 

それではまた、月曜日の深夜をお楽しみに!!

番組内容

小説や物語、民話や絵本、童話、ライトノベル、詩などあらゆるジャンルの作品を
「朗読」します。

放送時間

毎週木曜日26時30分~27時00分
リピート:毎週金曜日15時00分~15時30分
AG-ON:毎週土曜日 正午更新
1週間オンデマンドで配信
-->