2015年3月アーカイブ

みなさん、こんばんは。

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?

小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を

能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。

さて、第104回目は『ねずみの嫁入り』をお送りしました。

 

『ねずみの嫁入り』は日本の昔話ですが、
今回は楠山正雄さんが書いたものをご紹介しました。
あるところにお父さんネズミと娘のネズミがいました。
お父さんネズミは大事な娘の婿に相応しいのは、世界で最もえら存在と考え、
婿候補を探しに出かけていきます。
はたして娘に相応しい婿は見つかるのでしょうか?

 

子供の頃に絵本などで読んだ人も多いかとおもいます。
改めて大人になって聞いてみると、印象が違ったのではないでしょうか?
ちなみにこのねずみの嫁入りには教訓があります。
「欲張らず身の丈に合った相手を選ぶこと、
周りをよく見ることが大切」ということです。
世界一偉い存在を見つけようとしたお父さんネズミも、
結局お婿さんに選んだのは同じネズミでした。
理想の相手は意外と近くにいるのかもしれませんよ?


さて、この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回は『チューハイ』でした。
次回はカクテル「フェアリースター」をご用意ください。
どんなお話がくるのかお楽しみに!

 

この番組では、みなさまからのメールを募集しています。

番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。

メールのあて先は

note@joqr.net です。

採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。

たくさんのおたより、お待ちしています!


また、この番組はAG-ONでもオンデマンド配信されます。

毎週水曜日の正午から1週間ご視聴いただけます。

もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ONにアクセスしてみてください。


そして、番組の朗読CD第2巻が発売中です!!
ご購入は通販サイト「超!A&Gショップ」もしくは、文化放送地下1階にある「ちかQ」にて。
前回同様、データCDとオーディオCDの2枚組です。
新規録りおろし作品は海野十三のSF小説『三十年後の東京』です。
価格は税込3,000円です。
能登さんからのスペシャルメッセージも収録されています。
是非お聴きください。

 

それではまた、月曜日の深夜をお楽しみに!!

みなさん、こんばんは。

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?

小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を

能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。

さて、第103回目は『虔十公園林』をお送りしました。

 

今回はイベントで朗読したものをそのままにお送りしました。
物語の作者は宮沢賢治です。
あるところに虔十という男の子がいました。
虔十はおかしくもないのにいつも笑っている子だったので、
周りから馬鹿にされていました。
ある日、虔十は家の裏手に杉苗を植えることを思いつきます。
最初は土が合わないからと兄に反対されますが、
父親が虔十の初めてのわがままであると気付き、
杉苗を植えさせてみることにしました。
虔十の植えた杉苗は無事に育つのでしょうか...?

 

BGMは土井あかねさんによるピアノと片山海人さんによるギターの生演奏でした。
土井さんは前回もご参加いただきましたが、今回はギターの片山さんも加わり、
より一層素敵な空間が生まれました。
ちなみに、この作品は賢治が亡くなった翌年の1934年に発表されました。
作品のテーマは「本当の知恵とは何か」であり、
当時は恥とされ隠ぺいすることが常識となっていた知的障害に対し、
周りの助けがあれば地域に貢献できる可能性があると言及した
時代に先駆けた貴重な作品です。
能登さんの情感いっぱいの朗読は圧巻でした。

 

さらに、イベント限定で小川洋子さんの『缶入りドロップ』と『ひよこトラック』、
エンディング前には、金子みすずの詩を三篇朗読しました。
小川洋子さんの作品はどちらも大人の男と小さな子供の心温まるお話しでした。
新潮社さんから出ている『海』に収録されていますので、是非読んでみてください。
また、公演終了後にはサプライズで能登さんからサイン入りのポストカードを
お渡しさせていただきました。
能登さんの「何かプレゼントをしたい」という気持ちから、あのような形にさせていただきました。
さらに、こちらのポストカードの予備が12枚余りましたので、
残念ながら来られなかった方にプレゼントさせていただきます!
(当選は発送を持って代えさせていただきます)

 

今回大変たくさんの方にご応募いただき、来られな方々が多くいらっしゃいましたこと、
大変恐縮であり、今後の番組への励みになりました。
是非第3回、第4回とイベントも回を重ねられればいいなと切に思っております。

 

さて、この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回は『サイダー』でした。
次回は「チューハイ」をご用意ください。
どんなお話がくるのかお楽しみに!

 

この番組では、みなさまからのメールを募集しています。

番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。

メールのあて先は

note@joqr.net です。

採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。

たくさんのおたより、お待ちしています!

 

また、この番組はAG-ONでもオンデマンド配信されます。

毎週水曜日の正午から1週間ご視聴いただけます。

もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ONにアクセスしてみてください。


そして、番組の朗読CD第2巻が発売中です!!
ご購入は通販サイト「超!A&Gショップ」もしくは、文化放送地下1階にある「ちかQ」にて。
前回同様、データCDとオーディオCDの2枚組です。
新規録りおろし作品は海野十三のSF小説『三十年後の東京』です。
価格は税込3,000円です。
能登さんからのスペシャルメッセージも収録されています。
是非お聴きください。


それではまた、月曜日の深夜をお楽しみに!!

みなさん、こんばんは。

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?

小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を

能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。

さて、第102回目は『長靴をはいた猫(後編)』をお送りしました。

 

作者はフランスの作家、シャルル・ペローです。
今回は楠山正雄さん訳のものを朗読しました。
あるところに3人の息子がいるびんぼうな粉ひき男がいました。
3人の息子は財産に、長男は風車、二男はロバ、
そして末っ子が猫を一匹もらうことになりました。
猫一匹では生活できないと不満そうにしていた末っ子でしたが、
猫がずる賢いことを知っていたので、言われた通りに猫に袋と長靴を与えてやります。
猫は献上品を持って王様をたずね、主人をカラバ侯爵に仕立て上げて
王様をだましていくのでした。

 

結局主人は立派な「カラバ侯爵」としてハッピーエンドを迎えることができましたね。
猫大活躍でした!
が、能登の言う通り男は何にもしないまま・・・^^;
でも、役に立たなそうな財産でも手放さずにいた末っ子の勝利なのかもしれません。

 

ちなみに、猫に騙されお城を奪われてしまった「人くい鬼」ですが、
ヨーロッパでは「オーガ」という名前で知られる怪物です。
知性はほとんどなく、また自由にその姿を変えることができると言われており、
物語でも猫に簡単に騙されていましたね。
元々「人食い怪物」のことで明確な名前はありませんでしたが、
シャルル・ペローの『長靴をはいた猫』で初めて「オーガ」という名前がつけられたそうです。

 

さて、この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回は『プシーキャット』でした。
次回は「サイダー」をご用意ください。
どんなお話がくるのかお楽しみに!

 

この番組では、みなさまからのメールを募集しています。

番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。

メールのあて先は

note@joqr.net です。

採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。

たくさんのおたより、お待ちしています!

 

また、この番組はAG-ONでもオンデマンド配信されます。

毎週水曜日の正午から1週間ご視聴いただけます。

もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ONにアクセスしてみてください。

 

そして、番組の朗読CD第2巻が発売中です!!
ご購入は通販サイト「超!A&Gショップ」もしくは、文化放送地下1階にある「ちかQ」にて。
前回同様、データCDとオーディオCDの2枚組です。
新規録りおろし作品は海野十三のSF小説『三十年後の東京』です。
価格は税込3,000円です。
能登さんからのスペシャルメッセージも収録されています。
是非お聴きください。

 

公開録音無事終了しました!

お越しくださった皆様、ありがとうございました。

残念ながらお越しになれなかった方は、

近日中にイベントで朗読した作品を一部放送予定ですので、そちらをお待ちください。

 

それではまた、月曜日の深夜をお楽しみに!!

みなさん、こんばんは。

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?

小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を

能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。

さて、第101回目は『長靴をはいた猫(前編)』をお送りしました。

 

作者はフランスの作家、シャルル・ペローです。
今回は楠山正雄さん訳のものを朗読しました。
あるところに3人の息子がいるびんぼうな粉ひき男がいました。
3人の息子は財産に、長男は風車、二男はロバ、そして末っ子が猫を一匹もらうことになりました。
猫一匹では生活できないと不満そうにしていた末っ子でしたが、
猫が袋と長靴をくださいと言います。そうすれば幸せになれると言うのです。
男は猫の言うことをあてにはしませんでしたが、猫がずる賢いことを知っていたので、
言われた通り袋と長靴を与えてやります。

 

王様は猫にだまされて、猫の主人を立派な人と勘違いしてしまいました。
このまま上手くいくのでしょうか?
後編の猫の活躍もお楽しみに!

ちなみに、ヨーロッパに伝わる民話であったこの物語は、
シャルル・ペローによる
『寓意のある昔話、またはコント集~がちょうおばさんの話』に収録されたものが有名です。
それ以前のものでは、シャンバティスタ・バレージによる
『物語の物語、 または小さき者たちのための楽しみ』に収められていました。
また、グリム童話にも『靴はき猫』というタイトルで収められ、
日本ではアニメ化もされている世界的に有名な民話です。

 

さて、この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回は『プシーキャット』でした。
次回も「プシーキャット」をご用意ください。
どんなお話がくるのかお楽しみに!

 

この番組では、みなさまからのメールを募集しています。

番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。

メールのあて先は

note@joqr.net です。

採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。

たくさんのおたより、お待ちしています!

また、この番組はAG-ONでもオンデマンド配信されます。

毎週水曜日の正午から1週間ご視聴いただけます。

もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ONにアクセスしてみてください。

 

そして、番組の朗読CD第2巻が発売中です!!
ご購入は通販サイト「超!A&Gショップ」もしくは、文化放送地下1階にある「ちかQ」にて。
前回同様、データCDとオーディオCDの2枚組です。
新規録りおろし作品は海野十三のSF小説『三十年後の東京』です。
価格は税込3,000円です。
能登さんからのスペシャルメッセージも収録されています。
是非お聴きください。

 

いよいよ今週末は公開録音イベントです。
今回もステキな朗読をご用意させていただきました。
みなさまのお越しを心よりお待ちしております!

残念ながらお越しになれない皆様は、

近日、公開録音での朗読を放送する予定ですので、そちらをお待ちください。

 

それではまた、月曜日の深夜をお楽しみに!!

みなさん、こんばんは。

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?

小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を

能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。

さて、記念すべき第100回目は『冬の詩スペシャル・パート2』をお送りしました。

 

以前『読書の秋!秋の詩スペシャル』を開催し、大好評だったのを受けて

先週に引き続き今回も『冬の詩スペシャル』をお送りしました。

前半は詩人の作品を朗読し、後半でリスナーさんの作品をご紹介しました。

まず、詩人の冬の詩ですが、今回はこちらの作品を朗読しました。

 

 

・冬の鳥/薄田泣菫
・二月の雨/与謝野晶子
・雪の上の鴉/与謝野晶子
・生ひ立ちの歌/中原中也

 

以上の作品をお送りしました。
よく随筆を紹介している薄田泣菫先生の作品もありましたが、
能登さんのお気に入りは、やはり中原中也のようです。
みなさんのお気に入りの冬の詩はありましたか?

 

そして、後半はリスナーのみなさまの『冬の詩』をご紹介しました。
今回採用されたのは、

 

*モーニングスターさん
*彼女の顔の丘さん『白い駄々』
*嘘マニュアルさん
*年収5万さん
*やすさん『月と風』

以上の5名です。
採用された方には、能登さんのサイン入り木の栞をお送りします。
※ノベルティの発送が遅れており、ご迷惑おかけしております。
今しばらくお待ちください。

 

今回もたくさんの詩を送っていただき、誠にありがとうございました。
今後も季節の詩を企画していきたいと思っておりますので、よろしくお願いいたします。

 

さて、この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回は『おしるこ』でした。
次回はノナルコールカクテル「プシーキャット」をご用意ください。
どんなお話がくるのかお楽しみに!

 

この番組では、みなさまからのメールを募集しています。

番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。

メールのあて先は

note@joqr.net です。

採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。

たくさんのおたより、お待ちしています!

 

また、この番組はAG-ONでもオンデマンド配信されます。

毎週水曜日の正午から1週間ご視聴いただけます。

もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ONにアクセスしてみてください。

 

そして、番組の朗読CD第2巻が発売中です!!
ご購入は通販サイト「超!A&Gショップ」もしくは、文化放送地下1階にある「ちかQ」にて。
前回同様、データCDとオーディオCDの2枚組です。
新規録りおろし作品は海野十三のSF小説『三十年後の東京』になりました。
価格は税込3,000円です。
能登さんからのスペシャルメッセージも収録されています。
是非お聴きください。

 

ここで、能登さんからのお知らせ。


☆3月7日からロードショーされる

『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スエペースヒーローズ)』に

バーガー監督役で出演します。

是非、劇場に足を運んでご覧ください!



それではまた、月曜日の深夜をお楽しみに!!

番組内容

小説や物語、民話や絵本、童話、ライトノベル、詩などあらゆるジャンルの作品を
「朗読」します。

放送時間

毎週木曜日26時30分~27時00分
リピート:毎週金曜日15時00分~15時30分
AG-ON:毎週土曜日 正午更新
1週間オンデマンドで配信
-->