お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?
小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を
能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。
さて、第219回目は『一本のわら(前編)』をお送りしました。


こちらは「わらしべ長者」で知られる日本の昔話の楠山正雄バージョンです。
あるところに、一人ぼっちの貧乏な若者がいました。
若者は心細くなって、長谷寺のお堂にこもり、観音様にお祈りし続けました。
二十一日経ったある日、若者は夢の中でおじいさんに、
「ここを出たら最初に手にしたものを捨てずに持っていろ」と、言われます。
そして、お寺を出ると、若者はつまづいた拍子に一本のわらを手にします。
さて、一本のわらはどんなものに交換されていくのでしょうか?


ちなみに、若者がこもっていた長谷寺とは、奈良県桜井市に実在するお寺です。
『万葉集』や『源氏物語』にも登場し、古くから奈良の大寺として知られています。
本尊は日本最大の木造仏の高さ10メートルの十一面観音菩薩像。
左手には宝瓶を持地、右手には錫杖と数珠を持つ、
長谷寺式観音という独特な様式の観音像になっています。


この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回は『みかんジュース』でした。
次回も「みかんジュース」をご用意ください。


番組ではみなさまからのメールを募集しています。
番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。
メールのあて先は、note@joqr.netです。
採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。
ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。
たくさんのおたより、お待ちしています!


また、この番組はAG-ON Premiumでもオンデマンド配信されます。
毎週土曜日の正午から3か月ご視聴いただけます。
もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ON Premiumにアクセスしてみてください。

そして、朗読CD第1巻〜第4巻が発売中です。
通販サイト「超!A&Gショップ」もしくは文化放送地下1階にある「ちかQ」にてお買い求めください。


それではまた、木曜日の深夜をお楽しみに!!

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?
小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を
能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。
さて、第218回目は『春の夜』をお送りしました。


作者は芥川龍之介です。
この作品は、主人公の「僕」が看護師のNさんから聞いたお話が描かれています。
Nさんがとある屋敷にいた時、清太郎という肺結核を患った息子がいました。
ある時、Nさんは氷を買いに出かけたのですが、その帰りになんとも不気味な体験をします。


『春の夜』とは、春の夜気が肌に柔らかくて、気持ちが華やいでくるような夜を意味しますが、
今回読んだ『春の夜』のNさんの体験は不気味で気持ちが華やぐものではありませんでした。
しかし、最後にNさんが告白した『清太郎のことが好きだった』という」真実を踏まえてみるとどうでしょうか。
あの不気味な体験があった後、Nさんは清太郎の氷嚢を変えながら後ろを気にしていたのです。
もしかしたら、Nさんは、清太郎に抱きつかれることを期待していたのかもしれませんね。
最後のNさんの告白によって、不気味だった雰囲気から少し艶っぽい印象を受ける作品でした。


この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回はカクテルの『氷水で淹れた緑茶』でした。
次回は「みかんジュース」をご用意ください。


番組ではみなさまからのメールを募集しています。
番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。
メールのあて先は、note@joqr.netです。
採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。
ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。
たくさんのおたより、お待ちしています!


また、この番組はAG-ON Premiumでもオンデマンド配信されます。

毎週土曜日の正午から3か月ご視聴いただけます。
もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ON Premiumにアクセスしてみてください。


そして、朗読CD第1巻〜第4巻が発売中です。
通販サイトの「超!A&Gショップ」もしくは文化放送地下1階にある「ちかQ」にてお買い求めください。


それではまた、木曜日の深夜をお楽しみに!!

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?
小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を
能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。
さて、第217回目は『犬の王様』をお送りしました。


作者は夢野久作です。
どんなお話かというと・・・
あるところに独り者の王様がいました。
その王様はどんなに家来たちが薦めても結婚をせず、
飼い犬を「息子」と呼んでいました。
そんな王様は病気で亡くなってしまい、遺言状にはなんと
「息子を王様にせよ」と書いてあったのです。
さて、この王様になった犬はどうなってしまうのでしょうか?


夢野久作が書いたお話ということで、
突拍子もないオチを予想していた方もいるかと思いますが、
思いの外ハッピーエンドでしたね。

夢野久作というと『ドグラ・マグラ』のような奇怪な探偵小説やSF小説を思い浮かべますが、

実は今回のような童話もたくさん書いています。
その作風は、優しくも夢野久作らしい摩訶不思議な世界観で異彩を放ちつつ、
教訓的なストーリーは子供のみならず、大人にも読んでほしいメッセージ性のある内容となっています。
ぜひ夢野久作の童話にも触れてみてください。


この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回はカクテルの『フェアリースター』でした。
次回は「氷水で淹れた緑茶」をご用意ください。


番組ではみなさまからのメールを募集しています。
番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。
メールのあて先は、note@joqr.netです。
採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。
ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。
たくさんのおたより、お待ちしています!


また、この番組はAG-ONでもオンデマンド配信されます。
毎週土曜日の正午から1週間ご視聴いただけます。
もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ONにアクセスしてみてください。


そして、朗読CD第4巻が発売中です。
新規録り下し作品は、坂口安吾の『桜の森の満開の下』、
さらに、データCD収録トラックはいつもより増量してお届けします。
第1〜3巻同様、「超!A&Gショップ」もしくは文化放送地下1階にある「ちかQ」にてお買い求めください。


それではまた、木曜日の深夜をお楽しみに!!

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?
小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を
能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。
さて、第216回目は『同じ星』をお送りしました。


作者は太宰治です。
こちらの作品は、太宰治が同じ誕生日の詩人・宮崎譲氏について語った随筆です。
同じ誕生日で同じく作家という職業になった宮崎氏に太宰はどんな運命を感じたのでしょうか...


ちなみに、宮崎譲は、明治42年6月19日生まれ、佐賀県出身の詩人で、

『神』『竹槍隊』などの詩集を出しており、
『竹槍隊』には太宰治が序文『犯しもせぬ罪を』を寄稿しています。


この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。 

今回は『梅ジュース』でした。
次回はカクテル「フェアリースター」をご用意ください。


番組ではみなさまからのメールを募集しています。
番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。
メールのあて先は、note@joqr.netです。
採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。
ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。
たくさんのおたより、お待ちしています!


また、この番組はAG-ONでもオンデマンド配信されます。
毎週土曜日の正午から1週間ご視聴いただけます。
もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ONにアクセスしてみてください。


そして、朗読CD第4巻が発売中です。
新規録り下し作品は、坂口安吾の『桜の森の満開の下』、
さらに、データCD収録トラックはいつもより増量してお届けします。
第1〜3巻同様、「超!A&Gショップ」もしくは文化放送地下1階にある「ちかQ」にてお買い求めください。


それではまた、木曜日の深夜をお楽しみに!!

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?
小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を
能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。
さて、第215回目は『春と修羅』より、「序」「コバルト山地」「ぬすびと」の
3編の詩をお送りしました。


作者は宮沢賢治です。
『春と修羅』は公開録音イベントでの朗読候補に挙がっていた作品です。
今回はそんな『春と修羅』より3編をセレクトしてご紹介しました。
どれも宮沢賢治らしい、人の心と自然の描写が素晴らしい作品でした。
『春と修羅』には他にも素敵な詩がたくさん載っていますので、
ぜひ読んでみてくださいね。


この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。

今回はカクテル『清流』でした。
次回は「梅ジュース」をご用意ください。


番組ではみなさまからのメールを募集しています。
番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。
メールのあて先は、note@joqr.netです。
採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。
ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。
たくさんのおたより、お待ちしています!


また、この番組はAG-ONでもオンデマンド配信されます。
毎週土曜日の正午から1週間ご視聴いただけます。
もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ONにアクセスしてみてください。


そして、朗読CD第4巻が発売中です。
新規録り下し作品は、坂口安吾の『桜の森の満開の下』、
さらに、データCD収録トラックはいつもより増量してお届けします。
第1〜3巻同様、「超!A&Gショップ」もしくは文化放送地下1階にある「ちかQ」にてお買い求めください。


それではまた、木曜日の深夜をお楽しみに!!

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?
小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を
能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。
さて、第214回目は公開録音で読んだ『幸福の彼方』(後編)をお送りしました。


作者は林芙美子です。
綿布問屋の二宮家で女中をしていた絹子は、戦争で片目を失った男・信一と 
お見合いをし結婚をします。
しかし、信一は絹子に「子供がいる」と告白します。
思いがけない告白に、絹子が出した答えとは...


信一の言葉に思い悩む絹子でしたが、自分の幸福へと向け歩き出しました。
この夫婦ならきっと素敵な未来が待っていると思わせてくれるようなラストでしたね。
また、土井あかねさんのピアノ演奏が相まって、さらに素敵な雰囲気となりました。

おはなし2.JPG


今回は時間いっぱいの朗読となってしまい、感想メールがご紹介できませんでしたが、
みなさんたくさんのメールありがとうございます!!
次回、ゆっくりとご紹介したいと思いますのでお楽しみに!


この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。 

今回はカクテル『ブルーラグーン』でした。
次回は青いカクテル「清流」をご用意ください。
(日本酒(清酒)・ブルーキュラソー・レモンジュース・ライムジュースをシェイクしたカクテル)



番組ではみなさまからのメールを募集しています。
番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。
メールのあて先は、note@joqr.netです。
採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。
ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。
たくさんのおたより、お待ちしています!


また、この番組はAG-ONでもオンデマンド配信されます。
毎週土曜日の正午から1週間ご視聴いただけます。
もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ONにアクセスしてみてください。


そして、朗読CD第4巻が発売中です。
新規録り下し作品は、坂口安吾の『桜の森の満開の下』、
さらに、データCD収録トラックはいつもより増量してお届けします。
第1〜3巻同様、「超!A&Gショップ」もしくは文化放送地下1階にある「ちかQ」にてお買い求めください。


それではまた、木曜日の深夜をお楽しみに!!

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?
小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を
能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。
さて、第213回目は公開録音で読んだ『幸福の彼方』(前編)をお送りしました。


作者は林芙美子です。
このお話は、戦後のとある夫婦のお話です。
綿布問屋の二宮家で女中をしていた絹子は、戦争で片目を失った男・信一をお見合いをします。
すぐに惹かれった二人は結婚するのですが、結婚してから信一は絹子に思いがけないことを告白します。


出会ってすぐに結婚した2人、幸せに暮らしていくと思っててた矢先、
信一からの「子どもがいる」という告白に、絹子は随分悩んだことでしょう。
結婚した後に相手から「実はバツイチで子どもがいる」なんて聞かされたら、
みなさんはどうしますか?
そんなことも考えもせずに結婚してしまった絹子ですがこの先どうするのでしょうか・・・


さて、今回は公開録音の模様をそのままお送りしております。
ピアノ演奏はおなじみピアニストの土井あかねさんです。
今回もお話の内容に合わせて即興で演奏してくださいました。

ちなみに、今回のイベントは、

*宮沢賢治の詩3篇
*トーク
*幸福の彼方(公開録音)
*トーク
*詩(絵本)

という構成でお送りしました。

おはなし1.JPG

(画像はリハーサル中のものです)


最後の詩では窓のブラインドを上げ、夜景が見える演出を行いました。

夜ならではの雰囲気を味わっていただけましたでしょうか?
さらに、朗読中にスクリーン出していた画像は、能登さんに選んでいただきました。


この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回はカクテル『ブルーラグーン』でした。
次回もカクテル「ブルーラグーン」をご用意ください。
(ウォッカ・ブルーキュラソー・レモンジュースをシェイクしたカクテルです)


番組ではみなさまからのメールを募集しています。
番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。
メールのあて先は、note@joqr.netです。
採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。
ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。
たくさんのおたより、お待ちしています!


また、この番組はAG-ONでもオンデマンド配信されます。
毎週土曜日の正午から1週間ご視聴いただけます。
もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ONにアクセスしてみてください。


そして、朗読CD第4巻が発売中です。
新規録り下し作品は、坂口安吾の『桜の森の満開の下』、
さらに、データCD収録トラックはいつもより増量してお届けします。
第1〜3巻同様、「超!A&Gショップ」もしくは文化放送地下1階にある「ちかQ」にてお買い求めください。


それではまた、木曜日の深夜をお楽しみに!!

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?
小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を
能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。
さて、第212回目は『闇の絵巻』をお送りしました。


こちらは以前リクエストをいただいていました。
作者は梶井基次郎です。
夜更けの渓沿いを暗い街道を歩いていく様子や不安や安堵などの感情を
絵巻物のように綴った作品となっています。


『闇の絵巻』は、作品の完成の約3年前に伊豆湯ヶ島で毎日のように通った
川端康成のいる宿からの帰り道を題材にした物語となっています。
この作品は初出掲載時に新聞の文芸時評で高評され、
基次郎が文壇で認められた最初の作品とも言えます。
三好達治は『この一編の名作なることは小生が太鼓判を押す』とコメントし、
また、川端康成は新聞の文芸時評に取り上げて同じく梶井基次郎の作品である『愛撫』とともに高評価されています。
闇の中の雰囲気がリアルで、ちょっぴり怖く感じるお話でした。


この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回は『黒ビール』でした。
次回はカクテル「ブリーラグーン」をご用意ください。
(ウォッカ・ブルーキュラソー・レモンジュースをシェイクしたカクテル)


番組ではみなさまからのメールを募集しています。
番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。
メールのあて先は、note@joqr.netです。
採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。
ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。
たくさんのおたより、お待ちしています!


また、この番組はAG-ONでもオンデマンド配信されます。
毎週土曜日の正午から1週間ご視聴いただけます。
もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ONにアクセスしてみてください。


そして、朗読CD第4巻が発売中です。
新規録り下し作品は、坂口安吾の『桜の森の満開の下』、
さらに、データCD収録トラックはいつもより増量してお届けします。
第1〜3巻同様、「超!A&Gショップ」もしくは文化放送地下1階にある「ちかQ」にてお買い求めください。


次回は公開録音での朗読の模様をお届けします。
それではまた、木曜日の深夜をお楽しみに!!

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?
久しぶりの更新となってしまい、申し訳ありません。


小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を
能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。
さて、第211回目は『春の幻』をお送りしました。


作者は豊島与志雄です。
『春の幻」は、豊島与志雄が思う春のぼんやりとした幻のような世界を
動物や草花を通じて描いています。
確かに春って暖かくてぼんやりとした雰囲気で、幻想的な印象ですよね。


ちなみに『春の幻』の中に出てきた動物は、ほとんどが春の季語となっています。
最初に出てきた猫は、仔猫や猫の恋という季語があります。
他にも、蛙・蝶・蜂も春の季語になっています。
猫も季語になっているとは驚きですね!


この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回は『いちごソーダ』でした。
次回は「黒ビール」をご用意ください。


番組ではみなさまからのメールを募集しています。
番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。
メールのあて先は、note@joqr.netです。
採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。
ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。
たくさんのおたより、お待ちしています!


また、この番組はAG-ONでもオンデマンド配信されます。
毎週土曜日の正午から1週間ご視聴いただけます。
もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ONにアクセスしてみてください。


そして、朗読CD第4巻が発売中です。
新規録り下し作品は、坂口安吾の『桜の森の満開の下』、
さらに、データCD収録トラックはいつもより増量してお届けします。
第1〜3巻同様、「超!A&Gショップ」もしくは文化放送地下1階にある「ちかQ」にてお買い求めください。


それではまた、木曜日の深夜をお楽しみに!!

いつも「能登麻美子 おはなしNOTE」をお聞きいただきありがとうございます。
お待たせいたしました!イベントの詳細が決定いたしました。


<日時>2017年4月22日(土)
    開場 18時00分
    開演 18時30分
*イベント後、サイン入りポストカードお渡し会予定

<場所>文化放送 メディアプラスホール
<出演>能登麻美子
    ピアノ・土井あかね


朗読CD第4巻をお買い上げで応募ハガキをお送り頂いた方から抽選で150名をご招待します。
朗読CD第4巻は、超!A&Gショップまたは文化放送地下一階のちかQにてお買い求めいただけます。
また、3月23日〜26日に東京ビッグサイトで開催されつ『Anime Japan2017」でも販売いたします。
アニメジャパンでお買い上げいただいてもまだ応募に間に合います!

みなさまのご応募お待ちしております!!

番組内容

小説や物語、民話や絵本、童話、ライトノベル、詩などあらゆるジャンルの作品を
「朗読」します。

放送時間

毎週木曜日26時30分~27時00分
リピート:毎週金曜日15時00分~15時30分
AG-ON:毎週土曜日 正午更新
1週間オンデマンドで配信
-->