お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?
小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を
能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。
さて、第251回目は『喫茶店にて』をお送りしました。


作者は萩原朔太郎です。
萩原朔太郎が大阪の知人を銀座の喫茶店に連れて行った時の知人の感想から、
東京の喫茶店について感じたことを綴った随筆です。
当時の東京と大阪の喫茶店は、雰囲気が違ったのですね。
今では普通になったカフェでゆったりとした時間を過ごすことは、贅沢な時間なのかもしれません。


ちなみに萩原朔太郎は、1886年11月1日生まれ、群馬県出身の詩人です。
口語体の自由詩にとぎすまされた感覚的表現をもちこんで、新しい詩風を確立し、
『日本近代詩の父』と称されています。
1913年に北原白秋の雑誌『朱欒(ザンボア)』に初めて『みちゆき』ほか五編の詩を発表、
詩人として出発し、そこで室生犀星と知り合い生涯の友となります。
1916年には室生犀星との2人雑誌『感情』を創刊しました。
高度に成熟した散文詩や評論を発表し始め、32歳で、第一詩集『月に吠える』を刊行。
内容・形式共に従来の詩の概念を破り、口語象徴詩・叙情詩の新領域を開拓し、
詩壇に確固たる地位を確立しました。


この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回はアヤさんに選んでいただいた『紅茶』でした。
次回は「甘酒」をご用意ください。


番組ではみなさまからのメールを募集しています。
番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。
メールのあて先は、note@joqr.netです。
採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。
ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。
たくさんのおたより、お待ちしています!


また、この番組はAG-ON Premiumでもオンデマンド配信されます。
毎週土曜日の正午から3か月ご視聴いただけます。
もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ON Premiumにアクセスしてみてください。


そして、朗読CD第5巻発売中です。
横光利一の『春は馬車に乗って』と宮沢賢治の『やまなし』が収録されたCDと、
録り下ろしトークを含む全37トラックが収録されたデータCDの2枚組。
初回生産分には、公開録音イベントの抽選申し込みハガキが封入されます。
通販サイト「超!A&Gショップ」、文化放送地下1階にある「ちかQ」でご購入いただけます。


それではまた、木曜日の深夜をお楽しみに!!

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか? 
小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を 
能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。 
さて、第250回目は『木の花の咲くや姫』をお送りしました。


作者は『古事記』を編纂した太安万侶と言われていますが、
今回は国文学者の武田祐吉さんの現代語訳を朗読しました。


天照大神(あまてらすおおみかみ)の孫であるニニギの命(みこと)は、
笠沙(かささ)の岬で美しい女性と出会い、その父であるオオヤマツミに求婚を申し出ます。
オオヤマツミは喜んで、木の花の咲くや姫と姉の石長姫(イワナガヒメ)を差し出しますが、
石長姫の容姿が気に入らなかったニニギの命は、木の花の咲くや姫とだけ一夜を過ごします。

一夜で子供ができたことに「本当に俺の子か?」と疑いをかけるニニギの命に、
命がけで神の子だと証明した木の花の咲くや姫。
神の世界にもこんな修羅場があったなんて・・・神様なのに人間臭いお話ですよね。


ちなみに、日本最古の歴史書である『古事記』ですが、
その序文によると712年、奈良時代の文官である太安万侶(おおのやすまろ)が編纂し、
元明天皇に献上されたものだそうです。
内容は、神話の時代における天地の始まりから、
推古天皇の時代に至るまでの様々な出来事が記されていますが、
原本は現存せず、いくつかの写本が伝わっています。

そして、今回は毎回朗読CDのジャケットを手がけてくださる
ニューヨーク在住のアーティスト・AYA KAKEDAさんがゲストにいらっしゃいました!
1巻から最新の5巻までのジャケットイラストを振り返りながら、
アヤさんのルーツなどをお話いただきました。


イラストには、アヤさんが作り出した世界「トータイアイランド」に住む住人が出てきますが、
「トータイアイランド」の由来が、アヤさん出身の台東区からとは!
アヤさんの創作への考えやイラストへの思いなど、素敵なお話をたくさん聞くことができました。

IMG_3537.jpg


カケダアヤさんについては、こちらをご覧ください。

AYA KAKEDA

アートライフ


この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。 
今回はアヤさんに選んでいただいた『カフェラテ』でした。
次回は「紅茶」をご用意ください。


番組ではみなさまからのメールを募集しています。
番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。 
メールのあて先は、note@joqr.netです。 
採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。 
ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。 
たくさんのおたより、お待ちしています!


また、この番組はAG-ON Premiumでもオンデマンド配信されます。 
毎週土曜日の正午から3か月ご視聴いただけます。 
もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ON Premiumにアクセスしてみてください。


そして、朗読CD第5巻発売中です。
横光利一の『春は馬車に乗って』と宮沢賢治の『やまなし』が収録されたCDと、
録り下ろしトークを含む全37トラックが収録されたデータCDの2枚組。
初回生産分には、公開録音イベントの抽選申し込みハガキが封入されます。
通販サイト「超!A&Gショップ」、文化放送地下1階にある「ちかQ」、
「セブンネットショッピング」でもご購入いただけます。


それではまた、木曜日の深夜をお楽しみに!!

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか? 
小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を 
能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。 
さて、第239回目は『ルンペルシュチルツヒェン』をお送りしました。 

作者はグリム兄弟です。 
あるところに綺麗な娘を持つ粉屋がいました。
粉屋はひょんなことから 王様に会うことになり、
そこでなんと「娘は藁を紡いで金にします」と できもしないことを言ってしまうのです。 

ちなみに、タイトルの『ルンペルシュチルツヒェン』は小鬼の名前で、 
ガタゴトという音や騒がしいという意味のルンペルに、 
ものを支える柱と言う意味のシュチルツ、 
最後に擬人的な意味合いで指小辞ヒェンを添え、 
日本語で『小鬼のガタゴト柱くん』といったような意味になっています。 
また、日本だとこの物語のタイトルを『がたがたの竹馬こぞう』と訳されることもあります。 

 この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。 
今回は『ゴールド・ラム』でした。 次回はカクテル「チョコレート・ソルジャー」をご用意ください。 

番組ではみなさまからのメールを募集しています。
 番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。 
メールのあて先は、note@joqr.netです。 
採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。 
ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。 
たくさんのおたより、お待ちしています! 

また、この番組はAG-ON Premiumでもオンデマンド配信されます。 
毎週土曜日の正午から3か月ご視聴いただけます。 
もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ON Premiumにアクセスしてみてください。

 そして、朗読CD第1巻〜第4巻が発売中です。
 通販サイト「超!A&Gショップ」もしくは文化放送地下1階にある「ちかQ」にてお買い求めください。 

 それではまた、木曜日の深夜をお楽しみに!!

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?
小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を
能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。
さて、第238回目は『足』をお送りしました。


作者は豊島与志雄です。
寝台車に乗っていた主人公は、暑さで眠れそうになく、
食堂車でビールを飲んでいました。
その後、自分の寝台に戻ると、上の段のカーテンから
足がぶら下がっていることに気づきます。
寝台車に乗ったことのある人は、同じような体験をした人もいるのではないでしょうか?


そして、今回もリスナープレゼント!
能登さんが盛岡森子役で出演しているアニメ『ネト充のススメ』が
現在放送中ですが、森子が愛するビールと言えば、「サッポロ生ビール黒ラベル」です。

前回に続き今回も、「黒ラベル」(5ケース)をリスナーさんにプレゼントしちゃいます!
1ケースずつ5名にプレゼントとなりますので、前回と合わせて計10名へのプレゼントとなります。
サッポロビールさん太っ腹ですね!!
ご希望の方は、件名に「黒ラベルプレゼント係」と書いて、
本文に住所と氏名を明記の上、番組メールにご応募ください。

締め切りは、10月31日いっぱいです。
森子が黒ラベルを飲む姿を是非オンエアでもご確認ください。


この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回は『サッポロ生ビール 黒ラベル』でした。
次回も「ゴールド・ラム」をご用意ください。


番組ではみなさまからのメールを募集しています。
番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。
メールのあて先は、note@joqr.netです。
採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。
ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。
たくさんのおたより、お待ちしています!


また、この番組はAG-ON Premiumでもオンデマンド配信されます。
毎週土曜日の正午から3か月ご視聴いただけます。
もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ON Premiumにアクセスしてみてください。


そして、朗読CD第1巻〜第4巻が発売中です。
通販サイト「超!A&Gショップ」もしくは文化放送地下1階にある「ちかQ」にてお買い求めください。


それではまた、木曜日の深夜をお楽しみに!!

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?
小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を
能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。
さて、第237回目は『秋の気魄』をお送りしました。


作者は豊島与志雄です。
このお話は、紅葉などの自然描写や秋の空気など、
豊島与志雄が感じた秋の景色や、
豊島独特の目線で感じた思いなどが描かれた随筆です。


作品中にも紅葉が出てきましたが、紅葉とは、
主に落葉広葉樹が落葉前に葉の色を変える現象のことをいいます。
厳密には赤色に変わるものを『紅葉(こうよう)』、
黄色に変わるものを『黄葉(おうよう)』、
褐色に変わるものを『褐葉(かつよう)』と呼びますが、
同じ種類の木の中でも色の変化は様々で、
これらを区別するのが難しい場合が多く、総じて『紅葉』と呼んでいます。
みなさんも紅葉を見たりと秋を感じてみてください。


さて、ここでリスナープレゼントのお知らせです。
能登さんが盛岡森子役で出演しているアニメ『ネト充のススメ』が
10月9日から放送開始しています。
その『ネト充のススメ』初回を見た方の中には、
気付いた方もいらっしゃるかもしれませんが、
能登さんが演じる森子が愛するビールと言えば、
「サッポロ生ビール黒ラベル」です。
今回は「黒ラベル」(5ケース)をリスナーさんにプレゼントしちゃいます!  
1ケースずつ、計5名の方にプレゼントしますので、
ご希望の方は、件名に「黒ラベルプレゼント係」と書いて、
本文に住所と氏名を明記の上、番組メールにご応募ください。

締め切りは、10月31日いっぱいです。
 
さらに、次回はビールが登場するお話の朗読をします。
というわけで、次回は是非「サッポロ生ビール 黒ラベル」をご用意ください。


番組ではみなさまからのメールを募集しています。
番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。
メールのあて先は、note@joqr.netです。
採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。
ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。
たくさんのおたより、お待ちしています!


また、この番組はAG-ON Premiumでもオンデマンド配信されます。
毎週土曜日の正午から3か月ご視聴いただけます。
もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ON Premiumにアクセスしてみてください。


そして、朗読CD第1巻〜第4巻が発売中です。
通販サイト「超!A&Gショップ」もしくは文化放送地下1階にある「ちかQ」にてお買い求めください。


それではまた、木曜日の深夜をお楽しみに!!

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?
小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を
能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。
さて、第220回目は『一本のわら(後編)』をお送りしました。


こちらは「わらしべ長者」で知られる日本の昔話の楠山正雄バージョンです。
あるところに、一人ぼっちの貧乏な若者がいました。
若者は長谷寺で観音様にお祈りし続け、夢の中でおじいさんに
「ここを出たら最初に手にしたものを捨てずに持っていろ」と、言われます。
お寺を出た若者は、まず、一本のわらを手にし、ひょんなことから
そのわらは3つのみかんと交換され、次にみかんは布三反になりました。
有名なお話でしたが、家になるまでに何に交換されていったか、
知らない人も結構いたのではないでしょうか。


ちなみに、『一本のわら』は「わらしべ長者」のタイトルで広く知られていますが、古くは『今昔物語』や『宇治集遺物語』に原話が見られるます。
今回朗読した話が一般的に知られていますが、もう一つ、
『貧乏人が大金持ちの娘と結婚しようとし、条件としてわら3本を千両に変えよ、という難題を出され、わらを蓮の葉、三年味噌、名刀、千両へと交換していく』という話もあります。


この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回は『みかんジュース』でした。
次回は「『海』のつく銘柄の日本酒」をご用意ください。


番組ではみなさまからのメールを募集しています。
番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。
メールのあて先は、note@joqr.netです。
採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。
ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。
たくさんのおたより、お待ちしています!


また、この番組はAG-ON Premiumでもオンデマンド配信されます。
毎週土曜日の正午から3か月ご視聴いただけます。
もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ON Premiumにアクセスしてみてください。

そして、朗読CD第1巻〜第4巻が発売中です。
通販サイト「超!A&Gショップ」もしくは文化放送地下1階にある「ちかQ」にてお買い求めください。


それではまた、木曜日の深夜をお楽しみに!!

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?
小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を
能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。
さて、第219回目は『一本のわら(前編)』をお送りしました。


こちらは「わらしべ長者」で知られる日本の昔話の楠山正雄バージョンです。
あるところに、一人ぼっちの貧乏な若者がいました。
若者は心細くなって、長谷寺のお堂にこもり、観音様にお祈りし続けました。
二十一日経ったある日、若者は夢の中でおじいさんに、
「ここを出たら最初に手にしたものを捨てずに持っていろ」と、言われます。
そして、お寺を出ると、若者はつまづいた拍子に一本のわらを手にします。
さて、一本のわらはどんなものに交換されていくのでしょうか?


ちなみに、若者がこもっていた長谷寺とは、奈良県桜井市に実在するお寺です。
『万葉集』や『源氏物語』にも登場し、古くから奈良の大寺として知られています。
本尊は日本最大の木造仏の高さ10メートルの十一面観音菩薩像。
左手には宝瓶を持地、右手には錫杖と数珠を持つ、
長谷寺式観音という独特な様式の観音像になっています。


この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回は『みかんジュース』でした。
次回も「みかんジュース」をご用意ください。


番組ではみなさまからのメールを募集しています。
番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。
メールのあて先は、note@joqr.netです。
採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。
ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。
たくさんのおたより、お待ちしています!


また、この番組はAG-ON Premiumでもオンデマンド配信されます。
毎週土曜日の正午から3か月ご視聴いただけます。
もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ON Premiumにアクセスしてみてください。

そして、朗読CD第1巻〜第4巻が発売中です。
通販サイト「超!A&Gショップ」もしくは文化放送地下1階にある「ちかQ」にてお買い求めください。


それではまた、木曜日の深夜をお楽しみに!!

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?
小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を
能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。
さて、第218回目は『春の夜』をお送りしました。


作者は芥川龍之介です。
この作品は、主人公の「僕」が看護師のNさんから聞いたお話が描かれています。
Nさんがとある屋敷にいた時、清太郎という肺結核を患った息子がいました。
ある時、Nさんは氷を買いに出かけたのですが、その帰りになんとも不気味な体験をします。


『春の夜』とは、春の夜気が肌に柔らかくて、気持ちが華やいでくるような夜を意味しますが、
今回読んだ『春の夜』のNさんの体験は不気味で気持ちが華やぐものではありませんでした。
しかし、最後にNさんが告白した『清太郎のことが好きだった』という」真実を踏まえてみるとどうでしょうか。
あの不気味な体験があった後、Nさんは清太郎の氷嚢を変えながら後ろを気にしていたのです。
もしかしたら、Nさんは、清太郎に抱きつかれることを期待していたのかもしれませんね。
最後のNさんの告白によって、不気味だった雰囲気から少し艶っぽい印象を受ける作品でした。


この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回はカクテルの『氷水で淹れた緑茶』でした。
次回は「みかんジュース」をご用意ください。


番組ではみなさまからのメールを募集しています。
番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。
メールのあて先は、note@joqr.netです。
採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。
ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。
たくさんのおたより、お待ちしています!


また、この番組はAG-ON Premiumでもオンデマンド配信されます。

毎週土曜日の正午から3か月ご視聴いただけます。
もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ON Premiumにアクセスしてみてください。


そして、朗読CD第1巻〜第4巻が発売中です。
通販サイトの「超!A&Gショップ」もしくは文化放送地下1階にある「ちかQ」にてお買い求めください。


それではまた、木曜日の深夜をお楽しみに!!

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?
小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を
能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。
さて、第217回目は『犬の王様』をお送りしました。


作者は夢野久作です。
どんなお話かというと・・・
あるところに独り者の王様がいました。
その王様はどんなに家来たちが薦めても結婚をせず、
飼い犬を「息子」と呼んでいました。
そんな王様は病気で亡くなってしまい、遺言状にはなんと
「息子を王様にせよ」と書いてあったのです。
さて、この王様になった犬はどうなってしまうのでしょうか?


夢野久作が書いたお話ということで、
突拍子もないオチを予想していた方もいるかと思いますが、
思いの外ハッピーエンドでしたね。

夢野久作というと『ドグラ・マグラ』のような奇怪な探偵小説やSF小説を思い浮かべますが、

実は今回のような童話もたくさん書いています。
その作風は、優しくも夢野久作らしい摩訶不思議な世界観で異彩を放ちつつ、
教訓的なストーリーは子供のみならず、大人にも読んでほしいメッセージ性のある内容となっています。
ぜひ夢野久作の童話にも触れてみてください。


この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。
今回はカクテルの『フェアリースター』でした。
次回は「氷水で淹れた緑茶」をご用意ください。


番組ではみなさまからのメールを募集しています。
番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。
メールのあて先は、note@joqr.netです。
採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。
ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。
たくさんのおたより、お待ちしています!


また、この番組はAG-ONでもオンデマンド配信されます。
毎週土曜日の正午から1週間ご視聴いただけます。
もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ONにアクセスしてみてください。


そして、朗読CD第4巻が発売中です。
新規録り下し作品は、坂口安吾の『桜の森の満開の下』、
さらに、データCD収録トラックはいつもより増量してお届けします。
第1〜3巻同様、「超!A&Gショップ」もしくは文化放送地下1階にある「ちかQ」にてお買い求めください。


それではまた、木曜日の深夜をお楽しみに!!

お休み前のひと時、いかがお過ごしですか?
小説や民話、童話や絵本、ライトノベルなど、毎回様々な「おはなし」を
能登さんの美しい朗読でお送りする『能登麻美子 おはなしNOTE』。
さて、第216回目は『同じ星』をお送りしました。


作者は太宰治です。
こちらの作品は、太宰治が同じ誕生日の詩人・宮崎譲氏について語った随筆です。
同じ誕生日で同じく作家という職業になった宮崎氏に太宰はどんな運命を感じたのでしょうか...


ちなみに、宮崎譲は、明治42年6月19日生まれ、佐賀県出身の詩人で、

『神』『竹槍隊』などの詩集を出しており、
『竹槍隊』には太宰治が序文『犯しもせぬ罪を』を寄稿しています。


この番組では毎回読み物に合ったドリンクをご紹介しています。 

今回は『梅ジュース』でした。
次回はカクテル「フェアリースター」をご用意ください。


番組ではみなさまからのメールを募集しています。
番組の感想や、ふつおた、おはなしのリクエストなど、どんなことでも結構です。
メールのあて先は、note@joqr.netです。
採用された方には、番組特製の木の栞をさしあげます。
ノベルティご希望の方は、メールに住所・氏名を明記してお送りください。
たくさんのおたより、お待ちしています!


また、この番組はAG-ONでもオンデマンド配信されます。
毎週土曜日の正午から1週間ご視聴いただけます。
もう一度この番組を聴きたいという方は、 是非AG-ONにアクセスしてみてください。


そして、朗読CD第4巻が発売中です。
新規録り下し作品は、坂口安吾の『桜の森の満開の下』、
さらに、データCD収録トラックはいつもより増量してお届けします。
第1〜3巻同様、「超!A&Gショップ」もしくは文化放送地下1階にある「ちかQ」にてお買い求めください。


それではまた、木曜日の深夜をお楽しみに!!

番組内容

小説や物語、民話や絵本、童話、ライトノベル、詩などあらゆるジャンルの作品を
「朗読」します。

放送時間

毎週木曜日26時30分~27時00分
リピート:毎週金曜日15時00分~15時30分
AG-ON:毎週土曜日 正午更新
1週間オンデマンドで配信
-->