今週は「被災地の感染症対策」というテーマでお送りしています

今週のニュースパレードは「被災地における感染症」をテーマに特集しています。
東北大学医学部にご協力頂くことになり、仙台まで行って参りました。

仙台.JPG


東北大学は5年前の東日本大震災で被災地の感染症対策にあたった災害対策のエキスパートです。教えて頂いたことは「災害時に特別な対策があると言うよりも、日頃からいかに感染症予防をしているか」ということと「過度に怖がりすぎず、かといって油断もしないように」ということ...避難所で体調不良者が出たと報じられると非常に不安になりますが、言われてみればインフルエンザやノロウィルスは普段の生活で誰もが感染する可能性のあるもの。
とはいえ災害時には心も体も弱っているのは間違いなく、普段以上に自身が留意することや周囲が心を配りあうことが大事。病気の感染拡大を防ぐには、避難という非日常の大変な状況の中でいかに日常のルールやモラルを思い出して実践することが大切であるかを確認しました。今回の熊本の方々と同じく5年前に未曾有の震災を経験した東北大の皆様だからこそ伝わってくるお話でもありました。

東北大学病院.JPG

月曜日と火曜日は基本的な「感染症に対する考え方」「どのような感染症が被災地で蔓延する懸念があるのか」などについて東北医学部の賀来満夫教授に伺いました。日本環境感染学会の理事長でもある賀来先生は感染症学の権威ですが、東京の病院にいらした頃は通勤の車の中でよくニュースパレードを聴いて頂いていたそうです。

後半3日間は東北大学医学部講師も務める大学病院の遠藤史郎医局長に具体的な対策を聞きます。遠藤先生は5年前の震災で石巻の実家が被災した方で、今回の熊本地震でも現地に飛んで調査を行いました。家が流され避難所から動きようが無かった東日本大震災と比較すると今回の熊本地震は、余震による倒壊への懸念から自宅には戻れない一方、車を使い移動する人や昼間は避難所に身を寄せて夜は車中泊する人が多いなど避難所における昼間人口と夜間人口が大きく違うことで、特に最初の1週間は行政が設置すべきトイレの適正な数を把握できないなどの苦労も多かったと話してくれました。

トイレの使用頻度から被災地の状況を読み取るというのは、医学の範疇を越えて社会心理学、社会行動学などとの有機的な連携が今後ますます必要になるのでしょうね。「防災省」の設置なども遡上に上がり始めているようですが、地震大国、災害大国・日本の中で改めて研究し実践することの大事さも痛感しました。

「被災地の感染症対策シリーズ」は金曜日までお送りします。ぜひお聞き下さい。

IMG_4875.JPG
左から賀来教授、吉田眞紀子助教、そして遠藤医局長。皆様、本当にありがとうございました。

なお東北大学では感染症予防の8か条など日常生活の感染症予防の啓発に力を入れています。
一度、H.P.を覗いてみてください。
   ↓
http://www.tohoku-icnet.ac/


2016年5月 9日 ただ一つ

 秩父宮ラグビー場に、スーパーラグビーのサンウルブズの応援に行くはずだったのが、隣の神宮球場から聞こえてきた法政の応援歌に誘われて、またしても東京六大学野球へ。


 第2試合の東大対立教を観戦。メディアで話題の145キロ左腕、宮台くん(湘南:3年)が、甲子園常連校出身者をズラリと揃えた立教打線を完封。打線もプロ注目の澤田(大阪桐蔭:4年)に集中打を浴びせた。(つええええええええー)
Vn5tXIjgsBVXs.3-51044-1-attach-d3.jpg 早稲田の学生時代から幾度となく通った神宮で、これほど感動したゲームはない。(赤門はええの)


 偏差値70超の応援部員が泣いている。センター試験で90%超の正答率を叩き出したであろうチアが駆け寄ってくる。スタンドの現役東大生やOB、私のようなニセ者も含めて歓喜の嵐。すでに明治に1勝しているけど、シーズン2勝は実に8年ぶり。
Vn5tXIjgsBVXs.3-51045-1-attach-d3.jpg 高校野球で強豪校とは言えない超進学校の出身者が揃う東大。それが、大阪桐蔭だの浦和学院だので固めたチームに勝つんだもんなあ。


 弱くても勝てます...なんてタイトルのドラマがあったけど、私たちにも勇気をくれる赤門旋風。東大の応援歌「ただ一つ」も「闘魂は」もフルで歌えるので、また、なりすまし応援行くべ。(宮台、ホントいいP!)

2016年4月27日 東京六大学野球

「今年の東京六大学野球は立教と東大が強い。他の4大学も紙一重」
 アマ野球好きの友人からそんな話を耳にしたので、久しぶりに神宮球場に出かけることにした。
 お目当ては第2試合の慶應対明治。


 外苑前で降り、秩父宮ラグビー場を右手に見ながら球場に近づくにつれ、第1試合が白熱しているのであろうか、早稲田のブラスバンドが奏でる応援歌「紺碧の空」がだんだん大きくなってきた。
o96eb3y6jwa.M.3-50914-1-attach-d3.jpg チケット売り場で学生証を見せ、ワンコインで入れる応援席へ。
 目の前に球場のパノラマが開けてくると同時に、一塁側を埋めた立教の応援席から割れんばかりの拍手が降り注いできた。
 母校・早稲田の敗戦。主戦・澤田を崩せず、最終回、満塁のチャンスを潰したらしい。
 しかし、きょうの目的は慶應の応援。チアに促されるままに、応援席のほぼ中央に座った。


 学生や院生時代、何十回となく通った学生野球の聖地。30年前、隣の席で「明治をぶっつぶせ~」と大声を挙げていた彼は今何をしているのだろう。「早慶戦ってこんなに盛り上がるんだ...」と妙にはしゃいでいた彼女は、幸せに暮らしているだろうか。
 青春時代の甘酸っぱい思いがふとよみがえってきた。
o96eb3y6jwa.M.3-50913-1-attach-d3.jpg 今は、この春、慶應に進んだ娘と「明治をぶっつぶせ~」を連呼している。「加藤、おさえろ~」「柳町~、放り込めぇ」などと叫んでいる。
 娘も学年を重ねていくうちに、神宮でさまざまな思いを身にまとうようになるのかもしれない。そして、やがては親として子どもと一緒に「明治をぶっつぶせ~」をリフレインすることになるかもしれない。


 伝統の東京六大学野球。数々の名勝負を生んできた年月は、個人の歴史であり親子の歴史でもある。
 
 


2016年4月25日 地域の声に耳を傾けて

masikityusyazyou - cp.JPG
熊本県益城町。
熊本地震でもっとも被害が大きかった地域です。


避難所に入りきれず、車の中で生活する家族は
車をとめた校庭で、
炊き出しのスープを幼い娘に食べさせていました。


普段は別の家で暮らしてるおばあちゃんも
築100年以上の立派な農家の家が壊れてしまい
車の中で一緒に生活しています。


おばあちゃんは
「こんなことなら長生きするんじゃなかった」とこぼします。
「もうこれで老人ホームで暮らすことになるわ」とも。


避難している人の疲れはたまり、
複数の避難所で、口論などが起きているといいます。
避難所で暮らす家族に「どんな物資が必要か」を尋ねようと
「今一番欲しいものは何ですか?」と聞くと
「やすらぎです」という答えが返ってきました。
masikikanban - cp.JPG


ただ、救いなのは
熊本の皆さんは、普段から人と人との結びつきが比較的強いということです。
熊本城の近く、熊本市立城東小学校の避難所では
震災から二日目には、被災者自身が様々な役割を担う組織ができあがっていました。


若い世代の地域のリーダーが
それぞれの人脈を縒り合せ支援の輪を広げていました。
物資に関しても「どこにどんなものが必要なのか、必要でないのか」を
地元に学部がある東海大学の学生らが調査してまとめ
機敏に対応していました。


また、別の避難所では、そこに避難していた高校のサッカー部のメンバーらが
物資を配布するボランティアにまわりました。
東日本大震災でもそうでしたが
被災者が被災者の悩みを聞き、互いに助け合うという構図がみられます。


被災者が被災者を支援する構図が生まれてくる背景には
行政の対応が後手に回りがちだということもありますが
それ以上に「地域の人のことは地域の人が一番よく知っている」
ということが挙げられます。


ですから行政も、自治会長など地域のリーダーの話をよく聞くなどして
地元の求めているものを
きめ細かく把握する必要があると思います。


今回も指定の避難所ではない所で自主避難をしている人が多いため
行政は実態を把握しにくく、
物資や健康面でのケアが心配されています。
余震に怯えながらも、幼い子や高齢者がいるために自宅から出られず
そのため物資がなかなか得られない人もいます。


こういうケースこそ、地域の人から聞いた情報を活かすべきです。

文化放送報道制作部では「ニュースパレード」を中心に、日々のニュースをお伝えしています。

その一方で、私たちの周りには普段のニュースでは伝えきれないような話が溢れています。

それをお伝えする場所が、このリニューアルしたブログ。
部員それぞれがゆるやかに伝えていきます。
ニュースの「おまけ」として楽しんで頂ければ幸いです。
よろしくお付き合いください。

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31