文化放送

鎌田實×村上信夫 日曜は頑張らない

鎌田 實
鎌田 實
(かまた みのる)

医師・作家。1948 年東京生まれ。
東京医科歯科大学医学部卒業。
37年間、医師として地域医療に携わり、チェルノブイリ、イラク、 東日本の被災地支援に取り組む。2009 年ベスト・ファーザー イエローリボン賞(学術・文化部門)受賞。2011年日本放送協会 放送文化賞受賞。
ベストセラー「がんばらない」をはじめ、「なさけないけどあきらめ ない」「ウェットな資本主義」「アハメドくんのいのちのリレー」 「希望」(東京書籍) など著書多数。
現在、諏訪中央病院名誉院長。

村上 信夫
村上 信夫
(むらかみ のぶお)

1953年、京都生まれ。
元NHKエグゼクティブアナウンサー。
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や
『鎌田實いのちの対話』など、
NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」を
しながら、文化放送『日曜はがんばらない』
月刊『清流』連載対談などで、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
http://murakaminobuo.com

番組へのメッセージをお待ちいたしております。 メールはコチラ:kamata@joqr.net

2019年2月18日

2月17日 第346回放送 

21年前のきょう、長野五輪スキージャンプ団体戦で日本は大逆転の末に金メダル獲得
この時に団体メンバーから外れたのが、いまも現役の葛西紀明選手。史上最多の8大会
連続五輪出場のレジェンド・葛西がチーム監督として指導する小林陵侑選手は今季W杯
で躍進著しい期待のホープ。葛西監督のもとで開花し、いまや師匠を超えて大活躍する
彼の躍進は才能と厳しい指導の賜物とされます。今回のテーマは『才能を伸ばす』です

引っ込み思案で人見知りの村上信夫少年は、将棋なら人と話さなくていいと将棋道場へ
通い出すが、道場はさにあらず。見知らぬおじさんと対局したあと「感想を述べ合う」
その繰り返しの中で、初対面の人とも話せるようになり、将棋が拓いた人生とも言う。
世田谷の「こども将棋教室」で指導する高野秀行六段が電話出演。新刊のワニブックス
『こどもをぐんぐん伸ばす将棋思考』の冒頭に「受験や就活に勝っても、他者を思いや
れない、人望とは無縁な人間になってしまったら、人の親として、とても悲しいことで
はないでしょうか」と記し将棋にはそうならない人間磨きの要素が多々あるという話。
将棋は敗者が「負けました」と言って決着がつく唯一のゲーム。その「負けました」が
育む思いやりの心から「勝った勝った」言わなくなる小学生。言い訳をしない責任感。
教室の小学生が「待つことや我慢を覚えた」という嬉しい親の感想なども紹介します。
後半はドクター鎌田の「才能を伸ばす鎌田理論」を5つのキーワードと共に紹介します
①報酬系の快感ホルモン「ドーパミン」を出す②決断力③持続力④失敗⑤別解力です。
最後に石川真理子著『武士の子育て』(致知出版社)を紹介。江戸時代の学者・林子平
の著した『父兄訓』を現代風に読み解いた本で、知育徳育など示唆に富んだ内容です。

放送分を聴く
放送日:2019年2月17日

日曜はがんばらない : 15:40

2019年2月12日

2月10日 第345回放送 

「さ霧消ゆる湊江の 舟に白し朝の霜」と歌い出す文部省唱歌『冬景色』は大正2年に
発表された作品です。当時の子どもにも「さ霧」ってどんな霧なの?理解しにくい言葉
ですが、歌詞の六五調やリズミカルな三拍子は一度覚えれば忘れない唱歌の代表です。
立春を過ぎてもまだまだ寒い日が続く『この時季に聴きたい日本の歌』をお届けします

『冬景色』は『尋常小学唱歌 第五学年用』の文部省唱歌として発表され、2007年
に「日本の歌百選」にも選ばれています。一番の「さ霧消ゆる」は「冬の湖岸の早朝」
「烏啼きて」の二番は「早春の畑の日中」そして「嵐吹きて」の三番は「里の夕景」を
まるで日本画でも眺めているように描写している見事な歌詞が続きます。二曲目は雪が
大好きな鎌田さんも口ずさむ『雪の降る街を』高英男さんの歌唱でお届けします。更に
邦楽のスタンダードになり音楽教科書にも載った『銀色の道』はダーク・ダックス盤と
ザ・ピーナッツ盤があります。先にレコード発売したダーク・ダックスでお届けします
四曲目は「北風吹きぬく寒い朝も」と今の時季にピッタリの『寒い朝』は、吉永小百合
和田弘とマヒナスターズでお馴染みですが、吉永さんはこの作品でデビューしました。
五曲目は普段あまり耳にしないが、聴けば浅丘ルリ子さんと原田芳雄さんの名シーンを
想い出す1972年のドラマ主題歌『冬物語』です。唄はフォー・クローバーズです。
六曲目は鎌田さんも村上さんも聴きながらマイクをオフにして歌った『なごり雪』です
イルカさんでお届けしますが、オリジナルは「かぐや姫」の伊勢正三さんの作品です。
最後は「昭和の北国の旅情をかきたてる名曲」の『津軽海峡・冬景色』石川さゆりさん
夜行列車が新幹線に代わり、青函連絡船もないけど、国民的な名曲は歌い継がれます。

放送分を聴く
放送日:2019年2月10日

日曜はがんばらない : 15:05

2019年2月 4日

2月3日 第344回放送

「福は内、鬼は外」と言いながら豆をまく節分ですが、日本各地で「福は内、鬼も内」
と鬼を家に招き入れる地域もあります。日本の鬼は邪悪なものばかりではなく、鬼神と
いうように神様の場合もあります。転じて、病を鬼(悪)とみるか、友達として付き合
いながら生きるかによって人生も変わってくると思います。生き方を考える時に役立ち
そうな本を鎌田さんと村上さんの書庫から選んで紹介する『2人のおススメの本』です

村上さんは加藤一二三著『幸福の一手いつもよろこびはすぐそばに』(毎日新聞出版)
伝説の将棋棋士から一転「ひふみん」として芸能界でバツグンの存在感ある加藤九段。
将棋と同じように「人生にも最善の一手が必ずある」という。また「落ち込んで苦しい
ときこそ、これからやって来る幸せを想像してみるといい」そう「ひふみん」はいう。
敗けたら相手が強いのだと思うことで「落胆」ほど無益なものはないし「落胆」からは
何も生まれない。過去を悔やみ続けるのは「最善手」からどんどんかけ離れてしまう。
鎌田さんはフランスのアラン(エミール・オーギュスト・シャルティエ)の『幸福論』
「幸せだから笑うのではない、笑うから幸せなのだ」心と体は繋がっており日常の行動
や所作の中に幸福へのカギが潜んでいる。不機嫌は次から次へと人に伝染するので自分
から積極的に行動し笑顔を広めよう!と説く。アランの『幸福論』と並び世界的な名著
とされるバートランド・ラッセルの『幸福論』とショーペンハウエルの『幸福について
-人生論-』からも金言を紹介しつつ、自論である「心の探検家になろう!」と結ぶ。
他に三田完著の文春文庫『あしたのこころだ小沢昭一的風景を巡る』とビートたけし著
小学館『さみしさの研究』から「いつもいまの自分が好き、いまが絶頂期!」を紹介。

放送分を聴く
放送日:2019年2月3日

日曜はがんばらない : 16:26

2019年1月28日

1月27日 第343回放送

先々週放送の『健康に関連する数字&カタカナ言葉』は聴取者の反響からも関心の高さ
を窺い知ることができました。咀嚼や嚥下機能を回復させる「パタカラ体操」を講演先
で紹介した鎌田さんに「バカタレの方が言い易いけど」の声があがり、OK!と返答。
反響は仕事の励みになり、遣り甲斐に繋がりますから多少に係わらず歓迎いたします。
今回は『ボクたちの好きな日本人』の中から「覚えて欲しい、忘れて欲しくない人物」

村上さんが紹介する陸奥宗光。明治政府の悲願は徳川幕府が結んだ不平等条約の改正。
条約改正交渉に臨んだ外相の井上馨も大隈重信も辞任に追い込まれて陸奥宗光が登場。
1844年(弘化元年)紀州藩八百石取りの家に誕生。しかし父が幽閉の浮き身にあい
一家離散。困窮の中で勉学に励み、やがて尊王攘夷運動に参画、坂本龍馬の知遇を得て
勝海舟主宰の海軍操練所で学び「海援隊」に入隊。明治新政府に参画するが薩長の藩閥
政治に嫌気がさして下野。その後、反政府運動に加担したとして、5年間投獄される。
その山形の監獄で読書三昧。志を遂げるため妥協が必要な時は柔軟性を持つべきと改心
して、出獄後はヨーロッパへ留学。帰国後は外務省へ入省。更に満を持して外相になり
「治外法権も関税自主権も回復する完全な平等条約」を提示し列強に示した人物です。
鎌田さんが紹介する永井隆。1932年(昭和7年)長崎医科大学を卒業し放射線医学
の治療と研究に従事。放射線被曝で慢性骨髄性白血病に罹患し「余命3年」と宣告され
さらに長崎に投下された原爆でも被爆し重傷を負いながらも救護活動に尽力して、病床
から平和を訴え続けた永井博士は『長崎の鐘』や『この子を残して』など名著を遺す。
他に『武士道』の著者で教育家・思想家の新渡戸稲造、詩人の北原白秋を紹介します。

放送分を聴く
放送日:2019年1月27日

日曜はがんばらない : 17:45