伊集院静の新刊に、はるな愛も感動。借金が背中を押してくれていた?

伊集院静の新刊に、はるな愛も感動。借金が背中を押してくれていた?

Share

5月12日「大竹まことゴールデンラジオ」(文化放送)に作家の伊集院静氏が登場。4月に発売された新刊『大人への手順』を読んだはるな愛が、感想を直接伝えた。

はるな愛「全部じゃないんですけど半分以上、読みました。ページもすごく見やすくて、悩みも自分に重なるものが多いんです」

伊集院静「そう。うまく作ってあるんだよ。みんなが興味ありそうな質問を選んでいてね」

はるな「だからスイスイ読めました。見てください、こんなに(ページの端を)折っていて」

大竹まこと「ことわっておきますけど、全部読んだわけじゃないですよ(笑)。ただ、はるな愛が初めて『おもしろいよ、大竹さん!』と言ってきた本なんです。『週刊文春』の伊集院さんのお悩み相談コーナーはもう長年、続いています」

伊集院「一般の人から来る悩みに答えてね。こういうことで悩むんだ、っていうのが来るんだよ」

大竹「その中からいくつかピックアップしたのがこの本と。巻末には(作家の)佐藤愛子さんとの対談も収録されています。これは逆に伊集院さんが佐藤さんに相談するというスタイルで」

伊集院「100歳近い人ってスゴいよ」

大竹「読んでいて笑ったのが、お互い2億円ずつ借金があるというところ」

伊集院「僕は返したからね(笑)」

大竹「佐藤さんは旦那さんの借金で、伊集院さんは自分の……」

伊集院「そうだけどね(笑)。過ぎてしまえば、なんてこと(どうってこと)ないよ。熱いものを飲んだみたいなもんだから」

大竹「編集者に『あそこではいくら貸してくれたけど、そっちは?』みたいなことを言いながら、占いで『60(歳)になったら売れるから』と言われたとウソをついて借りていたという」

伊集院「ウソじゃないんだけど、60になったら売れるという話は誰も信じないんだよ。ところが売れちゃったわけだ」

大竹「なんでですかね?」

伊集院「何かあるんだろうね。借金はなくなってみると寂しいもんだよ」

大竹「そういうもんですか(笑)。でもお話を聴いていると、借金も背中を押してくれているようなイメージがありますね。ものを書く気にならせてくれる」

伊集院「それはあります。借金と締切は、気にはなるけど、なんてことない」

はるな「私もあるんですけど、背負います?」

伊集院「それは、う~ん……(笑)」

放送ではさらに詳しく本の内容に迫り、それに基づくトークも繰り広げられた。

「大竹まこと ゴールデンラジオ」は午後1時~3時30分、文化放送(AM1134kHz、FM91.6MHz、radiko)で放送中。 radikoのタイムフリー機能では、1週間後まで聴取できます。

※タイムフリーは1週間限定コンテンツです。
※他エリアの放送を聴くにはプレミアム会員になる必要があります。

Share

関連記事

この記事の番組情報


大竹まこと ゴールデンラジオ!

大竹まこと ゴールデンラジオ!

月〜金 13:00~15:30

その他の主な出演者

“面白い”けれど”真剣に”、”くだらない”けれど”正直に”。 …

ページTOPへ
// 2022.04.28追加