DHC Presents 神保美喜のTea Lounge

2011年2月 記事一覧

2月26日のビューティーラボ

美容、健康に役立つ情報をお届けする『ビューティ・ラボ』。
今週は足湯で血行をよくしましょうです。

冷えからくる肩こりや頭痛は足湯が効果的です。
それは、足が熱くなると、体は普通の温度に戻さなければならないと考えて血液
が全身に回るからです。結果的に血行が良くなり、冷えから体を守ってくれるよ
うになります。

足湯は、何とか足が漬けられるくらいの熱めのお湯をバケツなどに入れて、
膝から下を暖めます。お湯がぬるくなったら、さし湯で熱いお湯を加えましょう。

20分もすると、全身から汗が噴き出します。
本を読みながら、音楽を聴きながら、或いは、仲良しのお友達と電話しながらと
色々楽しみながら、足湯で全身の血行をよくしてみませんか。

カテゴリ:ビューティー・ラボ&おススメ商品 2011.02.26

2月26日のお気に入り

このコーナー、毎月最後の週は、「神保美喜・ビューティ・ラボ~私のお気に入り」です。
とっても身近で、環境に優しく、さまざまな使い道がある・・・。
こんなうれしい事ずくめの、今日の私のお気に入りは「段ボール」。

起源は19世紀のイギリス、シルクハットの形を整える素材として使われたのが
始まりだそうです。

日本でも段ボールの歴史は、100年以上。
保管用、輸送用を始め、今では、色んな工夫をされた段ボールが、
私達の暮らしを支えてくれています。

例えば、防虫効果のある段ボールは衣類や食品などの長期保管に役立ちます。
驚くのは、建築材料にも使われている事。
地震による落下被害も少ないとなれば、こんな嬉しいことはありませんよね。

そして特に私のお気に入りは、椅子や机、棚などの家具。
小さなお子様のいるご家庭では、家具にぶつかって、怪我をする危険が少ないと
思います。
「これが段ボール?」と思わず言ってしまう程、丈夫で美しいんですよ。
勿論、使用済みのものはリサイクルに。
「優しくて、力持ち」の段ボール、お気に入りを探してみませんか?

カテゴリ:Favorite 2011.02.26

2月19日のビューティーラボ

beauty_lab110219.jpg
DHC「薬用Qショートリンクルクリーム」

美容、健康に役立つ情報をお届けする『ビューティ・ラボ』。
今週は、お肌のトラブルサインを見逃さないでです。

肌が乾燥すると、角層が痛んでバリア機能が上手く働かなくなり、肌が荒れます。
肌のトラブルは、肌からのSOSサインです。

貴方の肌の調子はどうでしょうか。
カサカサしている。
ヒリヒリする。
赤くなっていて痒みがある。
白いブツブツがある。
赤っぽいブツブツがある。
どれかひとつでも思い当たるならば、貴方のお肌は敏感肌になっています。
そう、お肌のバリア機能が上手く働いていないのです。
角層が薄くなったりして肌の表面が痛んでいます。

いつも以上に、お肌の保湿に心がけてください。
特に目元は皮膚が薄くて乾燥しやすい部分です。
目元専用のアイテムでたっぷり潤いを補給しましょう。

カテゴリ:ビューティー・ラボ&おススメ商品 2011.02.19

2月19日のお気に入り

こんな時に大活躍するのが、鏡。
ゆっくり、じっくり鏡とにらめっこ、そしてしっかりお肌チェックを!

カテゴリ:Favorite 2011.02.19

2月12日のビューティーラボ

beauty_lab110212.jpg
DHC「圧バランス」

美容、健康に役立つ情報をお届けする『ビューティ・ラボ』。
今週は、温度差の危険は、深呼吸で防ぎましょうです。

かすかに春の気配は感じるものの、まだまだ寒い日が続きます。
暖かい部屋から寒い場所に移ると、体の血管に負担が掛かる事はご存知ですよね。
温度差が大きくなると、急激に血管が広がったり縮んだりして、
血圧が急激に変化し、心臓や脳血管に障害を引き起こすことがあるからです。

そこで、暖かい部屋から寒い場所に行く時には、深呼吸することをお勧めします。
勿論、万能ではありませんが、深呼吸によって血圧の上昇が多少なりとも抑えられますし、
血管に酸素がたくさん送り込まれるので血管への負担が少なくなります。

また、足元は寒さに敏感ですから、朝、お布団から出る時には、
深呼吸をして布団の中で靴下を履くのも良いと思います。

カテゴリ:ビューティー・ラボ&おススメ商品 2011.02.12

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
バックナンバー
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年