DHC Presents 神保美喜のTea Lounge

2012年1月 記事一覧

1月28日のお気に入り

健やかな肌はメークののりも違います。寒さに負けない強さが、
美しさのポイントでもあるんですよ。

カテゴリ:Favorite 2012.01.28

1月28日のビューティーラボ

美容、健康に役立つ情報をお届けする『ビューティ・ラボ』。
今週は「冬の乾燥肌、肌荒れには洗顔と水分が大切」です。

毎日の洗顔で、肌の乾燥度合いに差が出ます。
力を入れてゴシゴシ洗うのは「ダメ」。洗顔石鹸や洗顔フォーム
の泡で顔を包み込む様に優しく洗いましょう。

そして、人肌くらいのぬるま湯で、充分に洗い流します。
余り高い温度のお湯は、肌の皮脂が取れすぎて、乾燥や皺の元。

また朝は、メークをしていなくてもきちんと洗顔しましょう。
人が寝ている間も皮膚は活動していますから、肌の表面には古い
角質や汚れが残っています。
古い角質が残ったままですと、肌はダメージを受けて、カサカサ
した乾燥肌や皺になりやすくなります。

洗顔後は、勿論、水分の補給。
角質層に充分な水分があると、肌は潤いを保って、冷たい外気や
乾燥から守ってくれます。

カテゴリ:ビューティー・ラボ&おススメ商品 2012.01.28

1月21日のビューティーラボ

美容、健康に役立つ情報をお届けする『ビューティ・ラボ』。
今週は、「風邪に負けないように」です。

風邪は、先ず予防が大切。手洗いやうがいはぜひ習慣にして、
ウイルスを体に入れないようにしましょう。

それでも、風邪を引いてしまったら・・・・。
ひき始めのケアが肝心です。
寒気(さむけ)、喉の違和感、鼻のムズムズ、これらの症状は、風邪の始め
の段階に現れます。この時がポイントですよ。

「この程度なら・・・」と思わずに、兎に角、栄養補給をして、
体を温める食事を摂って、安静にしてゆっくり休みましょう。

この、小さな気付きとケアが風邪を長引かせない、重症にしない
コツです。

カテゴリ:ビューティー・ラボ&おススメ商品 2012.01.21

1月21日のお気に入り

「風邪は万病のもと」と、いわれます。自分に合った予防法と、
治す為のノウハウを身に着けておきましょう。

カテゴリ:Favorite 2012.01.21

1月14日のビューティーラボ

美容、健康に役立つ情報をお届けする『ビューティ・ラボ』。
今週は、「きちんと冷え対策しましょう」です。

女性の多くが悩まされるのが「冷え」。
一般的に、男性に比べて筋肉の少ない女性は、熱を生み出しにくく、
冷えやすいと言われています。

「冷え」は単に「寒い」と言うだけでなく、頭痛や肩こり、免疫力の低下、
肌荒れの原因にもなりますし、冷えによる血行不良は、肌の「くすみ」にも
繋がりますから、きちんとケアする事が大切です。

一刻も早く体を温めたい時は、入浴、そうお風呂が一番です。
お湯には、湯冷めを防いだり、温もり(ぬくもり)を長続きさせる入浴剤を使うの
も効果的です。
又、蕪(かぶ)、かぼちゃ、生姜、韮(にら)、にんにく、味噌など、食事は体を
温めやすい材料を使いましょう。

「冷え」は、万病の元。
いつものことだからと我慢しないで、冷え対策を大切に。

カテゴリ:ビューティー・ラボ&おススメ商品 2012.01.14

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
バックナンバー
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年