TeaLounge 文化放送AM1134
メールリクエストはこちらへ

今月のゲスト

今月のゲスト

河合雪乃丞さん.jpg

毎週土曜日の朝、すてきなゲストとの15分。
今月のお客様は、河合雪之丞 さん。
改名のこと、歌舞伎、舞台のこと、そしてこれからのこと
お仕事やプライベートのお話を、伺っていきます。
「DHC presents 神保美喜のTea Lounge」は
土曜・朝9時35分からです。

今月のゲスト

2013年3月 記事一覧

ビューティーラボ

3月23日のビューティー・ラボ & 神保美喜のひとこと

美容、健康に役立つ情報をお届けする『ビューティ・ラボ』。
今週は、「春の日差しにご用心」です。

寒い季節には外出が億劫だったけれど、柔らかな日差しが届く日
が増えてくると出かける事が楽しくなりますね。

その前に、紫外線対策は万全でしょうか?
色白の人は紫外線のダメージを受けやすいというのは、よく知ら
れています。メラニンは、肌を紫外線から守る役割を持っていま
すが、色白の人はメラニンが少ないので、紫外線に弱いのです。

つまり、冬場でも紫外線量はゼロではありません。
よってUV対策をしなければ冬場でも影響を受けています。
春になると紫外線の量が増えるから注意と言う事ですね。

春の肌は紫外線にとても無防備な状態
外出する機会が増えるこの時期は、
まさにUVケアの勝負時といえます。
曇りの日や室内でも、日焼け止めを忘れない習慣をつけましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私はメイク時のスキンケアの手順のワンステップに
日焼け止めをつけることを習慣づけています。皆様も是非!

神保美喜

2013.03.23

お気に入り
ビューティーラボ

3月16日のビューティー・ラボ & 神保美喜のひとこと

美容、健康に役立つ情報をお届けする『ビューティ・ラボ』。
今週は、「カリウムで高血圧予防」です。

医食同源というように、食と健康は密接な関係があります。
塩分の取りすぎで血圧が上がる事はよく知られています。一方で、
カリウムを積極的に取る事で、血圧を下げる効果があることが、
分かっています。

血液中のナトリウムが多くなると血液中の水分が多くなり、
血管が圧迫されて血圧が上がってしまいます。
カリウムには、塩分の排泄を促すなどして血圧を下げ
る働きを持っています。

カリウムは、主に野菜類、イモ類、果物類、海藻類に多く含まれ
ています。こうした食品を積極的に摂ってバランスの良い食事を
目指しましょう。

高血圧の治療中の人だけでなく、減塩と共に積極的にカリウムを
とる食事を心掛けましょう。

但し、腎臓が悪い人がカリウムを取りすぎると「高カリウム血症」
になる事がありますのでご注意くださいね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

身体と相談しながら、いいものを取り入れていくこと、大切な事  ですね。

神保美喜

2013.03.16

お気に入り
ビューティーラボ

3月9日のビューティー・ラボ & 神保美喜のひとこと

美容、健康に役立つ情報をお届けする『ビューティ・ラボ』。
今週は、「体の柔らかさで、体の負担を軽くしましょう」です。

体が硬くなると、体に掛かる衝撃を、体全体で分散できなくなり
ます。すると、膝や腰、肩、股関節など負担の掛かりやすい部分
に、その衝撃が集中して体を痛めやすくなります。

運動量が少ないと筋肉も骨も衰えますから、
一日一回は、全身の関節や筋肉をゆっくり動かしましょう。
ストレッチや筋肉の力を維持するスクワットは、お勧めです。

注意して戴きたい事は、
反動をつけない。
急がずにゆっくりと。
息を止めない。・・・です。

また、効果を上げようと、負担が掛かりすぎるハードな運動は、かえって体を痛めます。
お気をつけ下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
大切な身体、大切にゆっくりと柔らかさをキープしていきましょう。

神保美喜

2013.03.09

お気に入り
ビューティーラボ

3月のゲストは光浦靖子さん♪

DSC_1651.JPG

3月のゲストはオアシズ結成20年の光浦靖子さんです。

2013.03.03

お気に入り
ビューティーラボ

3月2日のビューティー・ラボ & 神保美喜のひとこと

美容、健康に役立つ情報をお届けする『ビューティ・ラボ』。
今週は、「歯周病を防ぎましょう」です。

歯は、歯茎など派の周りの組織によってささえられています。
歯周病は歯周病菌が歯茎に炎症を起こし、徐々に周りの組織
が細菌に感染していく病気です。
また、歯の周りだけでなく、様々な全身の病気の原因にも
なります。
最近では、動脈硬化や心筋梗塞との関係を指摘されています。

歯周病の始まりは、口の中の細菌が増えすぎたり、細菌に
食べかす・特に糖分、が付着してできるプラーク(歯垢)の
中の歯周病菌が原因です。

プラークは、丁寧なブラッシングで殆どを取り除く事が出来ます。
それに軽い程度の歯周病なら、治してしまうことも出来ます。

正しいブラッシングが分からなければ、歯科医院に行ってみまし
ょう。ブラッシングを指導してくれますよ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
健康な体の証は、健康な歯をもっていること。
大切にしたいですよね。

神保美喜

2013.03.02

お気に入り