DHC Presents 神保美喜のTea Lounge

2016年7月 記事一覧

7月30日 ビューティー・ラボ(WEB) DHCおすすめ商品

HP展開「アセモの季節」

DHC 薬用デオドラント ボディシャンプー

DHC 薬用デオドラント ボディシャンプー.jpg

http://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=22189

DHC 薬用デオドラントシート

DHC 薬用デオドラント シート.jpg

http://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=22188

DHC 薬用マイルドローションⅡ

DHC 薬用マイルドローションⅡ.jpg

http://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=22128

カテゴリ:ビューティー・ラボ&おススメ商品 2016.07.30

7月30日 ビューティー・ラボ 神保美喜 私のお気に入り

このコーナー、毎月最後の週は、「神保美喜・ビューティ・ラボ
~私のお気に入り」です。

夏真っ盛りの今月のお気に入りは、「花火」。
火薬を使うことが多かった中国で発明されたとわれています。
日本に渡ってきたのは、室町時代。
江戸時代の浮世絵にも描かれている花火は、人々の夏最大の娯楽でした。
現在も、その素晴らしさ、美しさは進化を続けています。

以前、私は打ち上げ花火を作る工場を見学にいきました。
様々な色を出す火薬を丸めて色ごとに並べ、大きなボールを作っていきます。
火がつくと、丸く並べた形通りに火薬が爆発して大輪の花のような美しさが空に広がります。
その工場には、サッカーボールの3倍くらいの大きさの花火を沢山作っていました。
もっと大きなものもあるそうです。

打ち上げ花火の醍醐味は、何といっても頭上に上がる美しさと迫力を楽しむこと。
お腹の底に響く「ドン!」という音は一度聴いたら忘れられません。
芸術を競う仕掛け花火も、職人さんの腕の見せ所で、楽しさいっぱいです。

一方、手元で可憐な美しさを楽しめる家庭用の花火。
子供の頃は、ねずみ花火やロケット花火などを楽しみましたが、
今は、線香花火が大のお気に入りです。パチパチという音、
鼻をつく煙の臭い、そして暗闇に光る花火は、
最後の最後までその美しさを楽しむことができます。

夏の夜を彩る時間は短くても、記憶と心にしっかり残る花火。
幼い時からの「お気に入り」は今も変わりません。

神保美喜

カテゴリ:Favorite 2016.07.30

7月30日 ビューティー・ラボ(WEB) & 神保美喜のひとこと

美容、健康に役立つ情報をお届けする『ビューティ・ラボ』。
今週は、「アセモの季節」です。

この季節は、湿度が高く汗が乾きにくいので、皮膚トラブルが起き易く
なります。汗が溜まる部分では、アセモに悩みますね。
アセモは、汗によって悪化する発疹で、汗を出す汗腺が汗を出せ
なくなった為に汗腺の部分に炎症が起きた状態です。特に、皮膚
に菌があると、赤みや痒みが出ます。

アセモは、何といっても予防が大切です。
汗をかいたら、早目に拭き取ったり洗い流します。
普段から石鹸などを使って、皮膚を清潔にします。
可能なら、この時期はまめにシャワーをあびましょう。
入浴後は、保湿性のある化粧水や乳液で皮膚を保護してください。
アセモが治りにくい場合には、皮膚科の医療機関を
受診しましょう。
============================  
汗による肌トラブル、放っておけませんね。
汗をかいたら、すぐにケア。大切です。

神保美喜

カテゴリ:ビューティー・ラボ&おススメ商品 2016.07.30

7月23日 ビューティー・ラボ DHCおすすめ商品

7/23 「肝臓への労わり」

濃縮ウコン ※ただ今、お得なキャンペーンを実施中

濃縮ウコン.jpg

http://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=32213

肝臓エキス+オルニチン

肝臓エキス+オルニチン.jpg

http://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=32387

毎日、とりたい しじみ ※ただ今、お得なキャンペーンを実施中

毎日、とりたい しじみ.jpg

http://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=32531

カテゴリ:ビューティー・ラボ&おススメ商品 2016.07.23

7月23日 ビューティー・ラボ & 神保美喜のひとこと

美容、健康に役立つ情報をお届けする『ビューティ・ラボ』。
今週は、「肝臓への労わり」です。

ビールの美味しい季節ですね。アルコールの大部分は肝臓で分解
されますが、飲みすぎは肝臓に大きな負担となります。
お酒はほどほどにしましょう。

肝臓が元気でいる為には、良質の蛋白質、ビタミン、ミネラルが
大切な役割を果たします。
良質な蛋白質は、肉類、魚介類、大豆製品、卵、乳製品から、
ビタミンやミネラルは緑黄色野菜や海藻類、キノコ類から
摂れることができます。
なお脂質や糖質は肥満や脂肪肝の原因になりますから、控えめ
にしましょう。

食事で気をつけるポイントは、
揚げ物の衣は薄くして、油の量を抑える。
糖分の多い清涼飲料水を飲みすぎない。
外食では、食材の多いメニューを選ぶことです。

肝臓を労わり、いつまでも美味しいお酒や食事が
摂れるようにしましょう。

===================================
お酒が美味しいと、嬉しくなってしまいます。
でも...、注意すべきところは、しっかりと。ですね。

神保美喜

カテゴリ:ビューティー・ラボ&おススメ商品 2016.07.23

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
バックナンバー
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年