イラスト:サキドリちゃんby加納有沙

facebook
twtter
Issue:0000
XXX.00.2017

CALENDAR

< 2017年6月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Issue:0000
XXX.00.2017

ARCHIVE

世の中SAKIDORI By 加納有沙

  • 第12回 赤坂バル横丁!

    みなさん、飲んでますかっ!!笑
    本日は、赤坂に先週オープンした新グルメスポットをご紹介しました。
    (ちなみに「グルメスポット」と私が言った瞬間の西川あやのさんの嬉々とした顔たるや!皆さんにお見せしたかったです。文化放送のグルメ担当ですね)


    先週15日にオープンしたのは、『赤坂バル横丁』


    日本の「横丁」文化と、スペインにある「バル」文化を合わせた新感覚の横丁!

    赤坂バル横丁には、9軒の志向の違うお店が入っており、最低500円以下の品から用意されています。お酒とちょい食べを楽しんで、気軽に【ハシゴ飲み】をしよう!というわけです。


    焼き鳥店、ラムチョップの店、東北の酒と海産物の店、おしゃれな餃子店、ムール貝とシャンパンの店、スパイスバルとカレーのお店、燻製おつまみとウイスキーの店、目の前の鉄板で焼く焼野菜の店などなど、多種多様!!!...全部巡りたくなっちゃう!(ちなみにわたしは「焼野菜」⇒「餃子」⇒「燻製」と3軒ハシゴしました笑)


    焼野菜では、「肉を喰らうごとく野菜を喰らう!」とうたっているように、千葉の農家さんから送られてくる有機野菜・特別栽培野菜が目の前の鉄板で焼かれて出てきます。


    大根~肉味噌~
    asakasabaru2.jpg


    人参~アンチョビクリーム~
    asakasabaru3.jpg

    野菜のサングリアも♪
    asakasabaru1.jpg

    しかも、今なら25日(日)まで、各店舗最初の一杯のジムビームハイボールがなんと99円!!!!(今週末まで!お急ぎください!!)
    asakasabaru4.jpg

    赤坂バル横丁を運営している会社、impriseの代表取締役社長 大野さんに、バル横丁を作られたきっかけをお電話で伺いました。


    女性にも横丁を楽しんでもらおうと、大野さんがだいすきなスペインのバル文化を取り入れて、おしゃれに仕立てたのだそうです。女性も気軽に楽しめて、大賑わい♪


    ちなみに、赤坂バル横丁での喫煙は、
    今話題の加熱式タバコiQOS(アイコス)のみ!

    つ・ま・り、"匂いのつかない酒場"なのです♪
    iQOSをお持ちでない方でも大丈夫。
    各店舗でiQOSの貸し出しも行っているようなので是非。


    ってブログを書いていたら、また飲みたくなってきちゃいましたよ(笑

    【赤坂バル横丁】  みすじ通りにあります
    東京都港区赤坂3-17-1 いちご赤坂317ビル 1階
    平日 ランチ11:30~14:00 (ランチ営業は7/10スタート)
        ディナー17:00~23:30
    土曜 11:30~23:30
    日曜 11:30~22:30

    詳しくは⇒バル横丁のページへ     

  • 第11回 おかしなかき氷 井村屋のあずきバー

    梅雨入りしてからというもの、まとまった雨が降らないですね~
    今日も日差しが強くて暑かったですよね。
    そんなときに食べたくなるのが、冷たいアイス・かき氷!!!!

    うちのおじいちゃんも大好き、老若男女から愛されるアイスといえば、
    『井村屋のあずきバー』(年間2億5000万本以上売り上げるロングセラー)


    一説には、【世界一固いアイス】とも言われているそうです。ガリガリ食べるのがおいしいですよね。
    井村屋の「あずきバー」は、あずき・砂糖・コーンスターチ・塩・水あめだけで作られていて、アイスが柔らかくなる添加物が一切入っておらず、食物繊維たっぷりのあずきをぎっしり詰め込んでいるので空気の泡が少なくなり、現在の固さになっているそうです。おいしさを追求した結果というわけです。

    その、固いあずきバーを
    『固いなら 削ってみせよう あずきバー』となったのは、
    おもちゃメーカー「タカラトミーアーツ」さん!


    商品開発に8ヶ月かけ、試作品が壊れたり、途中で削れなくなったり、試行錯誤した結果、ついに完成したのです。
    その名も【おかしなかき氷 井村屋のあずきバー】

    ということで、さっそくスタジオで
    固いあずきバーを、ふわふわのかき氷に削ってみました。
    ※削るときは、井村屋あずきバーの6個入りBOXのアイス(1個 65ml)を使用してください。


    驚きの食感!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    斉藤キャスターも、西川キャスターも大絶賛でした。ふわふわ~!(一番上の写真をご覧ください。とっても良い表情。笑)


    株式会社タカラトミーアーツの事業統括本部 ライフ企画課 専門課長の和田香織さんに、開発までのご苦労を電話で伺いました。予想以上の固さだったようです。
    ほかにも「おかしなシリーズ」は皆さんがなじみのある商品を一工夫して楽しめるおもちゃが揃っています。


    みなさんの情熱が形になったおもちゃばかりですね。

    牛乳にいれてシェイクにしても美味しかったですよ。
    ミルクぜんざい風です♪


    みんなでワイワイ、削ってみてはいかがでしょう。

    あずきバー かき氷.jpg

    【おかしなかき氷 井村屋あずきバー】
    6月29日 タカラトミーアーツより発売予定
    希望小売価格2800円(税抜)
    全国の雑貨店、量販店、インターネットでも購入できるそうです。
    詳しくはホームページへ⇒⇒⇒GO!!

  • 第10回 落語家さんをサキドリ!

    本日はこのコーナー始まって以来の「生モノ」を取り上げます!※失礼ですよ
    この4月に真打に昇進されたばかりの落語家さん、
    三遊亭朝橘(ちょうきつ)さんです!!

    初めましてと挨拶したときから消え入りそうな声で「すみませんすみません。わたくしなんぞ」とおっしゃるので、なんて謙虚なお方なのだろうと驚いていたら、打ち合わせのときからアクセル全開フルスロットル!!しゃべりだしたら止まらない!終始笑いっぱなしの加納でした。


    コーナーが始まると、斉藤キャスターから「大橋巨泉さんに似てますね」と一言。私は俳優の高嶋政伸さん(弟さんの方)に似ていると思ったのですけどもね。ご本人は『ゴリラに似ているといわれる』とおっしゃっていました(笑)
    それを聞いた斉藤キャスターから「なぜお名前を『三遊亭ゴリラ』にしなかったんですか!!」とナチュラルすぎる発言が飛び出し、加納は一人「(そうなると、漢字にすると、円楽一門だから...三遊亭 五里「楽」かな...)」なぁんて考えておりました。失礼しました。


    あまりにも本番前に打ち合わせが盛り上がったので、わたくし初対面なのにもかかわらず、「師匠!ちょっと(本番まで)だまっててくださいよ!!」と言ってしまいましたが、なんのその。『あなた、加納さん、なんてこというんですか!』と、さらに笑いながら盛り上げてくださり、とてもお優しい方だと思いました。

    短いコーナーの中、(もしかしたらお顔が「ゴリラ風」ということばかり話しすぎたのではないか...)と若干心配している私ですが、


    今月29日(木)、【三遊亭朝橘(ちょうきつ)真打昇進披露興行】が日本橋劇場で行われます。是非、朝橘師匠の世界を堪能されてください。アクセル全開フルスロットルの師匠にお会いして、たくさんパワーをいただきました。これから大注目の落語家さんです。

    choooukitu.jpg

    【三遊亭朝橘 真打昇進披露興行】
    出演:三遊亭朝橘、三遊亭圓橘、三遊亭小圓朝、三遊亭萬橘
    ゲスト:立川志の輔、柳家喬太郎、柳亭小痴楽
    6/29(木)日本橋劇場 午後6時30分開演
    チケットは全席指定4000円、当日券は4500円
    詳細は、三遊亭朝橘師匠のブログ、ツイッターなどをご覧ください。
    ブログ  ⇒Twitter

  • 第9回 ファーストクラスを味わう旅

    Q.飛行機の「ファーストクラス」に乗ったことはありますか?


    A.わたしは「池袋」で、あります。


    その名も、『First Airlines(ファースト エアラインズ)』


    地上にいながら、上空8000メートルの空の旅を疑似体験できる場所なんです。トルコ航空で実際に使われていたファーストクラスのシート8席、ビジネスクラスが4席。まるで機内にいるかのよう!VR(ヴァーチャルリアリティ)で360度、目的地の様子を眺め、目的地にまつわるお料理をいただくコースです。

    first_airlines01.jpeg

    第一線のシェフたちが特別にプロデュースしたメニューをいただけます。NY行きの便に乗ったわたしは、牛肉のローストを赤ワインと共にいただきました。

    First Airlines代表の阿部さんに、始めたきっかけを伺いました。


    first_airlines02.jpeg


    CAさんもとってもかわいらしい♪
    最近、夏服に変わったばかりだそうです。


    時間がなくて海外旅行に行けない...
    ファーストクラスは値が張って手が出ない...
    歳で長時間飛行機には乗れないけど、またあの感覚を味わいたい...


    アトラクションのように楽しめる、池袋の国際空港だと思いました。
    記念日などに、家族と恋人と、ご友人と ファーストクラスで空の旅いかがでしょう。


    『First Airlines(ファースト エアラインズ)』
    詳細はコチラ

  • 第8回 『コーネンキなんてこわくない』

    本日取り上げたテーマは『コーネンキ』
    そうです、更年期のことです。だいたい50代前後の、特に女性の悩みのタネ...というイメージが大きいですよね。


    作家の横森理香さんが書かれたご本「コーネンキなんてこわくない」(集英社)は、これからやってくるコーネンキをさまざまな方法で撃退を試みるというポジティブなご本。


    その本にキーマンとして登場されるのは、我らがSAKIDORI!木曜コメンテーター和田秀樹先生なのです!...ということで、そのままスタジオに残っていただき、解説していただきました。
    自分の「食物アレルギー」を知り、「ある対策」をとることで、体の酸化防止を目指すもの。老化を緩やかにしていく、というお話を伺いました。

    本の作者である 横森理香さんにお電話をつなぎ、本についていろいろと伺いましたよ。

    また、更年期症状というと女性ばかりが取り上げられていますが、
    その影に隠れて【男性の更年期症状】もあるそうです。

    男性が定年退職した後、「家にこもる・やる気が起きなくなる」といった傾向に陥るそうですが、
    それは歳と共に男性ホルモンが低下することが関係しているのだそうです。
    そのほか、横森さんの旦那様は逆に「頑固」になってしまったそう。


    男性のエイジングケアも、早めがいいという和田先生のお言葉に、
    斉藤キャスターも「さっそくこの本を読ませていただきます!」と高らかにおっしゃっていました。


    誰しも生きていれば歳を重ねます。
    老化の速度を緩やかにして、
    いつでも前向きに、気持ちよく生きるのも 素敵な案ではないでしょうか。

    konenkinannte2.JPG

    【コーネンキなんてこわくない】横森理香(集英社)1400円+税
    詳細はこちら

  • 第7回 時代劇もの映画!

    こんばんは。
    最近家にお花を飾るのが好きな加納有沙です。
    今週のこのコーナーでは、
    なぜか立て続けにロードショーが決まっている『時代劇もの映画』をご紹介しました。

    まずは6月3日公開の『花戦さ』⇒ホームページはこちら

    sakidori_hanaikusa2.jpg
    時は戦国!時の権力者 織田信長の心を奪った、花と町衆を愛する風変わりな男がいた。その名を、池坊専好。(そう!「池坊」と聞けば、生け花の名手であることは皆さんご存知!)彼の生ける独創的な生け花は、豊臣秀吉や千利休もうならせ、皆から愛されるひとだった。....時が変わって豊臣秀吉が天下を治めると、だんだんと秀吉と千利休のそりが合わなくなり、秀吉の権力にやられ ついに利休が切腹。池坊と利休は、花と茶の違いはあれど「美」を追求する点で互いに刺激しあっていた仲だったので、大切なひとを失った・殺されてしまった池坊は、その報復をたくらむ。し・か・も、 
    刀をもたず、花をもってして秀吉を討つ!!まさに、文字通り「花」で「戦う」、花戦さなのだ。

    主役 池坊専好を演じるのは、狂言師 野村萬斎さん。千利休は佐藤浩市さん。そのほかも豪華な役者ぞろい!(ちなみに上の写真は、野村萬斎さんのことがいかに好きかを熱く語る斉藤キャスター笑)
    見れば花が好きになる!花や茶といった、日本の文化のすばらしさを改めて感じられる映画でした。

    その他にも、
    7月1日には、嵐の大野智さんが伊賀の国の忍者を演じる『忍びの国』(忍者の殺陣の迫力がものすごくて、思わず笑ってしまうシーンやホロっとくるシーンもあり、大野さんのキャラクターが生かされたヒューマンストーリー)
    8月26日には司馬遼太郎原作の映画『関ケ原』(石田三成をV6の岡田准一さんが演じますよ~)
    といったように、戦国時代ものが続きます!

    フランス・カンヌ国際映画祭で現地取材されている映画ジャーナリスト立田敦子さんにお電話をつなぎ、これから現地で上映となる、木村拓哉さん主演の映画「無限の住人」についてもお話を伺いました!

    ことしは夏に向けて、時代劇映画が熱い!!

  • 第6回 鯖の塩焼き専門店!

    あなたは「鯖」と聞いて何料理を思い浮かべますか?
    斉藤キャスターは『押し寿司!』と答えてくださる一方で、西川キャスターの回答は...なんと 『煮(に)』 の一言!!!(もっと味噌煮とか煮物とか、言い方あるでしょうが。笑)

    それはさておき。鯖料理は他にもたくさんありますが、本日は、JR大森駅そばにできた鯖の塩焼き専門店「鯖なのに。」をご紹介しました。こちらでは、茨城県にある越田商店の『ものすごい鯖』という鯖を使用しており、お店では備長炭でふんわり焼いております。越田商店は1972年から塩のみを継ぎ足してきた自慢のつけ汁にノルウェー産の脂の乗った鯖を漬け込み、文化干しした完全無添加の干物を作っているそうです。だから、「鯖なのに。」でいただく定食の鯖も骨まで食べられる!ほどよい塩気があって、私は残さずぺろりとたいらげました。

    オンエアでは「鯖なのに。」の店長 小畑(おばた)さんにお電話をつなぎ、いろいろと伺いましたよ。小畑さんは、この『ものすごい鯖』に惚れ込み、鯖の塩焼き1本でお店を開こうと思われたそうです。ご飯と味噌は、共に大森にあるお米屋さんと味噌しょうゆ店のものを使っているということで、とっても鯖にあっていて美味しかったです。お店では「鯖の塩焼き定食」と「鯖の塩焼き弁当」に加え、最近「鯖のほぐし弁当」も始められました♪ということで早速、お弁当をテイクアウトして、スタジオのおふたりにも試食していただきました!
    sakidori sabananoni1.jpg
    斉藤キャスターは塩焼き弁当「ん!!おいしい!」
    そして、西川キャスターは新商品のほぐし弁当「もぐもぐもぐもぐ...」おいしさのあまり真剣な表情でリスのように口いっぱいに頬張っていました(笑)SAKIDORIの食いしん坊キャラの誕生ですね。ごちそうさまでした。

    ◆鯖の塩焼き専門店「鯖なのに。」◆
    東京都大田区大森北1-7-1
    TEL:03-5764-3358
    営業時間:11時~16時(ラストオーダー15:30)鯖がなくなり次第終了
    お休み:不定休

  • 第5回 オシャレな鉄道グッズ

    大型連休、どのようにお過ごしですか?
    北への旅に向かう方、帰省される方がたくさん行き交う「大宮駅」にできたオシャレなお店をご紹介しました。
    その名も『GENERAL STORE RAILYARD(ジェネラルストアレールヤード )』レールヤード(車両基地)をイメージした、ガレージのような店構え。なんだなんだ?なんの店だ?と思っているうちに、するすると中に吸い込まれてしまいます。

    sakidori oomiya2.jpg

    ・猿田彦珈琲とのコラボ珈琲『SLブレンド』
    ・大宮駅のファイル
    ・JRの座席シートをリユースしたトートバックやリュック(ビームスデザインとのコラボ商品 5月下旬発売予定)
    などなど...

    sakidori oomiya3.jpg

    鉄道初心者も楽しめるグッズがたくさん!
    もちろん鉄道マニアにとっては垂涎ものもたくさん。国鉄時代の車内乗車券風のメモ帳、切符を切る鋏などなど。

    sakidori oomiya4.jpg
    乗り鉄の斉藤キャスターも、全く鉄道に興味がない西川キャスターもどちらもとっても食い気味に話しを聞いてくれました。個人的に大宮駅クリアファイルを購入した私にとっては、嬉しいことでした♪次回も気になるお店をご紹介しますよー!

  • 第4回 大人映画

    (斉藤キャスターがこんなにいい笑顔なのは、恋愛話に切り込んでいるからです)笑

    もうG.W.に突入しましたね。今回は、この連休にぜひ観ていただきたい映画をご紹介しました。

    『カフェ・ソサエティ』
    ウディ・アレン監督の最新作が、5月5日公開!
    舞台は1930年代の「黄金期のハリウッド」セレブやギャングなどが登場するゴージャス感たっぷり。
    世間知らずの青年ボビーがLAにやってきて「ヴェロニカ」という女性と結婚寸前まで行くも破局、昇進のままNYに帰って綺麗な女性に出会う。その女性の名も「ヴェロニカ」。結婚して子どももさずかりますが、経営しているクラブに 過去の恋人ヴェロニカが旦那とともに現れて.........大人のせつなくも甘い恋愛映画です。BGMでかかるJAZZに注目して聞いてみてください。

    ウディ・アレンに会ったことがある映画ジャーナリスト立田敦子さんにお電話で詳しくお話伺いました。
    このG.W.にオススメの邦画を伺うと、豪華俳優陣が素晴らしい演技をみせている『追憶』(5月6日公開)
    岡田准一主演、小栗旬、柄本佑、安藤サクラ、長澤まさみ、木村文乃とこれからの映画界を支える若い面々。

    洋画で大人の恋愛か、邦画でヒューマンサスペンスか、、、
    あなたはどっち派??

  • 第3回 決定!本屋大賞

    ご存知の方も多いでしょう。
    先週の火曜日に今年の本屋大賞が発表になりました。
    恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)
    そうです。今年1月に発表された直木賞受賞作です。
    W受賞は初めてのこと、また本屋大賞を2度取るのも初めてのこと。(恩田陸さんは以前「夜のピクニック」で本屋大賞を受賞されています)

    「蜜蜂と遠雷」の売り上げは50万部突破と、メガヒット!すごい勢い!
    斉藤一美キャスターは個人的には、本屋大賞ノミネート作品【塩田武士さんの「罪の声」】を応援していたそうで、まだ「蜜蜂と遠雷」は読んでいなかったので...この作品がだいすきな私と西川キャスター、熱く語ってしまいました(笑)

    個性的な登場人物もさることながら、ストーリーのつかみも素晴らしい。クラッシックに詳しくなくても、ピアノを弾いているシーンを読むだけで、その音楽が映像で見えてくるような壮大なお話でした。※今日は本の中にもでてくるサティ「あなたがほしい」を流しながらお送りしました♪

    本屋大賞実行委員会の理事長でいらっしゃる浜本茂さんにお電話で、今回の本屋大賞について斉藤キャスターが切り込みました。
    「全国の書店員さんたちが一番売りたいと思う本」ですから。直木賞をとってもなお「この作品はすばらしい」と思われたので受賞にいたったのでしょうね。それを聞いた斉藤キャスター『よし!絶対に読みます』と言ってくれました。

    さぁあなたも読んでみませんか?
    次の日曜日、4/23は「サンジョルディの日」=『本の日』
    大切なひとに、本をプレゼントしてみてはいかがでしょう。

  • 第2回 GINZA SIX

    第2回の「SAKIDORI最前線」は4月20日にオープンを迎える『GINZA SIX』(松坂屋銀座店の跡地)
    地上13階、地下6階と、かなりスケールアップ!銀座エリアで最大の241ブランドが入り、屋上には庭園、地下3階には観世能楽堂もできます。

    ひと足先に、4/5 見学に行ってきました!
    建物の中央は吹き抜けになっていて、草間彌生さんのバルーンアートが!14個の個性的なカボチャです。

    6階に入る蔦屋書店は『アート』に特化していて、ビックブックと呼ばれる大きな本の展示販売もあります。それはどんな内容の本なのですか?という斉藤キャスターの質問に、銀座 蔦屋書店チーフコンシェルジュの谷口さんがしっかりと電話で教えてくれましたが...「春画」のビッグブックもあるとのこと。しっかり見にいきたいですね(笑)
    併設されたスターバックスでは朝からアルコールが飲める他、日本初「炭酸入りアイスコーヒーをつくるマシン」もあるそう♪

    とにかく、天井まで伸びる書棚に囲まれたゾーンでは、おしゃれな図書館にいるような気持ちに!オープンしたら、日本刀の展示販売もあるとのことなので見に行くだけでも楽しめそうです。

    グルメもファッションももちろんですが、日本の『アート・芸術』を楽しめる場所になること間違いなしです!オープンは4/20(木)です!

  • 第1回は『オペラ!』

    記念すべき1回目にお送りしたのはオペラ!

    まずオペラと聴いて何をイメージするかを2人に聞いてみました。斉藤キャスターが『蝶々夫人?フィガロの結婚?』など有名なオペラの名前を挙げる一方、西川キャスターは力強く『魔王!』と発言。(西川さんそれは焼酎の名前です。正しくは「魔笛」ですね)オペラは、セリフをすべて歌ってしまう劇と表現するとわかりやすいですが、どうしても「敷居が高くて、値段が高い」イメージがあります。

    そんな(わたしのような)初心者でもオペラを楽しめる催しをご紹介しました。
    7、8日に横浜みなとみらい 小ホールで行われる『気軽にオペラ!ラ・ボエーム』カジュアルな服装で(ジーンズでもOK)観に行くことができ、価格も5000円とオペラにしてはお手頃!

    横浜みなとみらいホール館長で作曲家の池辺晋一郎さんに電話で詳しくお聴きしました。
    海外では、新宿末広亭のような感じで「小さいスペースでオペラが楽しめるところがたくさんある」のだそう!日本でも気軽にオペラを楽しんでもらえる場所を作ろうと始まった企画だそうです。(だから横浜みなとみらいの小ホールでの開催なのですね)

    4月7日・8日(金・土) スタート午後2時~
    『気軽にオペラ!ラ・ボエーム』甘くせつないラブストーリー!@横浜みなとみらいホール 小ホール
    詳しくはコチラをclick

  • 加納有沙です!

    毎週木曜日のこのコーナー(17:24ごろ)を担当することになりました、加納有沙です。

    2016年の3月まで、文化放送でアナウンサーをしておりました。
    2016年と書きましたが、つまり去年ですね(あっという間~)
    フリーランスで活動し始めて、やっと1年が経ちました。

    こうして今も文化放送でしゃべることができて、うれしく思っております。

    ライフワークでジャズを歌い、
    家では歌謡曲を歌いながらウクレレを弾き、
    たまに、絵本やラインスタンプなどでイラストを描いております。
    (もはや、本業がどれだかわかりません)

    ちなみに、
    番組キャラクター『サキドリちゃん』も描かせていただきました~♪黄色い靴下がチャームポイントですよ(笑)みなさん、可愛がってくださいね。

    さて、そんな私がこのコーナーで、世の中で流行っているもの・これから流行りそうなものをいち早くキャッチしてお届けします!映画、本、お店、イベント...などなど、いろんな角度から切り取りますよ。報道番組のなかの、ちょっと一息なコーナーを目指します。どうぞお付き合いくださいませ。

    ※ちなみに、この写真は「お・も・て・な・し」の「も」を言っている図です

TOPへ
radiko