イラスト:サキドリちゃんby加納有沙

facebook
twtter
Issue:0000
XXX.00.2017

CALENDAR

< 2017年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Issue:0000
XXX.00.2017

ARCHIVE

世の中SAKIDORI By 加納有沙

  • 第28回 元読売テレビアナウンサー清水健さん

    本日は本のご紹介!
    読売テレビの夕方の報道番組「かんさい情報ネットten,」のキャスターを務められていた、シミケンさんこと清水健さんのご著書。2作目です。

    『笑顔のママと 僕と息子の973日間 ~シングルファーザーは今日も奮闘中~』(小学館)

    清水さんは2013年に番組のスタイリストだった奈緒さんとご結婚。翌年奈緒さんのお腹に新たな命が宿りましたが、ほぼ同時期に悪性の乳がんが発覚。抗がん剤治療を受けながら10月に男の子を出産。ですが出産後三か月で治療の甲斐なくこの世を去ってしまわれました。


    前作「112日間のママ」は、奥様の奈緒さんが妊娠中に乳がん(トリプルネガティブの中でも進行の早い悪性のがん)が発覚してから出産後三か月後で亡くなるまでを綴ったもの。そして今作は、その後、清水さんが子育てをしながら週5日の生放送を続けていた心身ともにつらかった時のこと、今年の1月に退社するまでのお気持ちなどが書かれています。

    お電話で直接お話を伺いました。
    それまでは、朝早くに出社して新聞を全紙読み、事件などの現場へ行けるようだったら直接足を運ぶなど下調べや準備を万全になさり、100%を夕方の番組に注がれていた清水さん。シングルファーザーとなるとそうはいかず、育児と仕事の両立により、今まで通り仕事に100%注げなくなった辛さ、でも自分の宝物である息子を育てなくてはならない現実。弱音は吐いてはいけない、周りに甘えてはいけないと家族にも全力で頼れなくなっていた自分の葛藤。


    生放送の裏には、そんな日々の辛さがあったと教えてくださいました。
    斉藤キャスターも同じ報道番組のキャスターという立場から、仕事に全力投球できない辛さが想像できるとおっしゃっていました。
    有沙さん20171012 (1).JPG

    またシングルファーザーになると、ただでさえベビーシッターや保育園でお金がかかるのに、扶養手当がはずれてしまう苦難などがあるそうです。今年の1月に読売テレビを退社された清水さんは「清水健基金」を設立して講演活動をおこなってらっしゃいます。


    伝える相手の顔がよく見え、その表情がよくわかる講演で、来てくれる方とコミュニケーションをとることで染みてくる言葉がある。「テレビ」から「講演」へ、場所は変わっても、マイクの前で伝えることには変わらない。アナウンサーという仕事が好きで、生半可な気持ちではやれないと思っていた清水さんだからこそ、気持ちのこもったメッセージが伝えられるのだと思いました。


    清水さんの講演依頼などご興味のある方は、<一般社団法人 清水健基金>のホームページへ。

    『笑顔のママと 僕と息子の973日間~シングル~ファーザーは今日も奮闘中~』清水健 著(小学館)

    読み終わると、大切な人・家族をギュッと抱きしめて「いつもありがとう」と言いたくなります。

  • 第27回 芸術の秋!世界にたった一つの素敵なものをつくろう!

    ようやく秋が深まってきましたが、
    あなたは「何」の秋を楽しんでいますか?


    私は食......と言いたいところですが、本日は「芸術」の秋です!

    先日、わたくし加納有沙、スカートを作ってきました♪(そして今日履いてきた。)
    ただ布を裁断して、ミシンで縫うだけではなく...生地の柄!絵からデザインしてきたんです。


    私がお邪魔したのは、都立大学駅からすぐのところにあるmakers' base(メイカーズベース)さん!こちらでは、布製品だけでなく、木工や陶芸、革細工など、さまざまなワークショップを展開しています。


    makers' base代表の松田純平さんに電話で詳しいお話を伺いました。
    makers' baseは【会員制シェア工房】
    会員になれば、専門の機械などが設置された工房で自由に好きなものを作ることができます。プロやセミプロの方が作品を作るシェア工房。
    しかし!会員じゃなくても、ワークショップというものに参加すれば一般の人でもここで作品を作ることができます。木工、陶芸、ソーイング、アクセサリーなどなど幅広いジャンル!

    陶芸という言葉に反応した斉藤キャスターは「やはり、映画『ゴースト』のワンシーンのように、後ろから包み込むように教えてもらえるんですか!」と衝撃質問(笑)みなさんまじめにワークショップなさってますから!甘いムードを妄想しないように!!

    有沙さま20171005 (2).JPG

    さて、話を戻して。
    自分で作るのはちょっと苦手で...。という方も大丈夫!デザインやアイデアをスタッフに伝えて、品物をオーダーすることもできちゃいます。


    私も、初めて白画用紙に自分で絵を描くときはとても緊張しましたが、スタッフの方がそれとなくアドバイスをくれますし、絵がへたくそでもなんだか芸術的なスカートができあがるもんですね!


    私が描いた絵はこちら。(テーマは「秋・枯葉」)

    makersbase01.jpg


    これを特殊なインクで紙に印刷し、それをポリエステル生地の布に熱転写。それを裁断してミシンで縫うだけ!(工程は長くなるので、気になる方はわたしのブログを見てね→こちら


    makersbase02.jpg

    機会を動かしたり、ミシンで縫うような難しいところはスタッフのおにいさん・おねえさん(かっこいいし、かわいい!)がやってくれるので一安心!世界にひとつだけのオリジナルスカートが3時間ほどでできあがります。


    makersbase07.jpg


    斉藤キャスター「男性も参加できるの?」ーーもちろんです。
    スカートのワークショップだと参加しづらいかもしれませんが、革製品や陶芸、時計のワークショップなんかもあるのでぜひチェックしてみてくださいね!

    またこの週末、10月7日と8日の土日に日比谷公園で開催される「第24回鉄道フェスティバル」にお店を出展されるそうです。JR東日本公認のプロダクト(「ゆうづる」「はくつる」などのヘッドマークや方向幕などのロゴ)を自由に取り込んでオリジナルのTシャツが作れたりするそうです。(これは鉄道ファンじゃなくてもテンションがあがる!)詳細はこちら。

    何かをつくるって、とても楽しいことです。
    既製品を買うのもいいですが、この秋の思い出にオリジナル作品作りませんか?


    makersbase08.jpg


    【makers'base(メイカーズベース)】について
    詳しくはホームページへ→こちら

  • 第26回 玉電110周年記念!ねこ電!!

    ちょいとそこの猫好きなアナタ!
    「ねこバス」ならぬ、「ねこ電」が走っているのをご存知ですか?


    三軒茶屋ー下高井戸駅間を走っている路面電車【世田谷線】
    もともと世田谷線は玉川線という名前で、渋谷道玄坂上から三軒茶屋駅間に開通したのが始まりで、なんと今年で開通110周年なのです。


    玉電開通110周年を記念して、いろんなイベントが行われるのです。
    その一つが、その『ねこ電』なのです。なぜならば、世田谷線沿線に招き猫発祥の地といわれる「豪徳寺」があるから!
    その豪徳寺とのコラボレーションで実現したのです。(一美キャスターは『「豪徳寺」ときいただけで、『Let's豪徳寺』という漫画の実写映画を思い出す』...とおっしゃっていましたが、私も西川キャスターも世代が違うからか、「?」が頭に浮かんでおりました)


    【玉電110周年記念電車】について、詳しいお話を東京急行電鉄株式会社 鉄道事業本部 事業推進部 沿線企画課 島田俊比古さんに聞きました。

    玉電110周年記念『幸福の招き猫電車』は
    車体に、招き猫の絵をラッピング。頭のところは、猫ちゃんのあたまになっていますニャー。
    tamadenn01.jpeg

    招き猫型のつり革!
    tamadenn02.jpeg

    床には、ねこちゃんの足跡がデザインされていて、とってもにぎやか♪
    tamadenn03.jpeg

    ただ、すべての車両が招き猫になているわけではないのです。
    世田谷線の電車が10本ある中、招き猫電車は1本だけなので...見つけたらラッキー!乗れたらさらにラッキーです!是非乗ってみてください♪

    幸福の招き猫電車の運行は、来年3月まで!!
    幸運をつかみに行こう!


    そのほか、【福を招くねこ募集キャンペーン】や【招き猫の絵付けワークショップ】も開催されるそうです。
    詳しくは、イベントの詳細ページをご覧ください⇒こちら


    世田谷線の「宮の坂駅」から徒歩5分ほどのところにある、
    (招き猫発祥の地と言われている)豪徳寺へのぶらり散歩もオススメです。
    tamadenn04.jpeg
    tamadenn06.jpeg

  • 第25回 ホラーイベント続々スタート!

    秋のイベントというと、
    近年その流行が止まらない、「ハロウィン」


    華やかな仮装の一方で、おばけやゾンビの仮装をする方もたくさんいますよね。
    ホラー系が苦手なわたしは想像するだけで、身の毛がよだつのですが(笑)
    おどろおどろしい見た目の【ゾンビ】のブームも、昔から全く衰えません。

    そんな中、きょう21日(木)夜から池袋SKY CIRCUSサンシャイン60展望台で始まったのは「ゾンビミュージアム『ゾンビ防衛対策学会』」

    360度夜景が広がる密室空間で、展示されたゾンビが突如暴れだす!!!(ギヤァーーーーーー!!)
    ゾンビファンにはたまらないシチュエーションです。(グロテスクな表現及び行為が苦手な方には「おすすめしないです」と主催者も太鼓判?)


    展望台内のカフェで販売される、目玉や指を模したようなデザート・お食事も、とても雰囲気がでているので要チェックです。。。(指...ソーセージ、ゆび......)→こちらをクリック


    そして来週の木曜29日から、サンシャイン水族館でお化け屋敷プロデューサーの五味弘文さんが手掛けるホラー水族館『あやかしの人魚』が始まるということで、五味さんにお電話で詳しくお話を伺いました。

    五味さんが大事にしているのはお客様の「想像力」
    お化け屋敷は作られたものだと頭では理解しながらも、想像力がそれを越えていくと、とてつもない恐怖が襲ってくるお化け屋敷ができるそうです。


    【ホラー水族館】というと、普通のお化け屋敷とはひとあじ違って『ロマンティックなホラー体験』が味わえるのだそう。
    ストーリーはこう、
    人魚がある男に恋をして、やっとの思いで二本の足を手に入れ、男に会いに行く。
    ただし条件があり、人魚がひとの姿でいられるのは24時間だけ。
    そんな中、楽しい夜会をしていると、女友達に騙され24時間を越えてしまう。
    人魚はみんなの前で足の激しい痛みに悶え苦しむ。その激しい恨みが怨念となり。
    復讐の相手を探し求め、陸にあらわる.........

    ぎゃぁああああああああああ こわいこわいこわい


    五味さんの解説を聞いていた西川キャスターもおもわず「オンナのしわざで...」と漏らしていました。女友達にはめられる...なんともドロドロしている展開です。

    人魚の持つ美しさと実は恐ろしい存在であるという二面性が、あなたを脅かします。

    あやかしの人魚.jpg


    【あやかしの人魚】サンシャイン水族館にて 来週29日から開催されます。11月5日(日)まで
    詳細は、こちらの公式サイトへ!

    肌寒くなってきた今日この頃、もっと冷えるイベントはいかが?

  • 第24回 映画『ドリーム』

    本日は久々映画のご紹介!
    この秋一番の話題作 映画『ドリーム』
    アメリカではアカデミー賞受賞作の「ラ・ラ・ランド」を超える大ヒットとなっています。

    最前線-20170914 (2).JPG

    舞台は、1961年のアメリカ
    アメリカとソ連が宇宙開発競争を繰り広げていた時代。
    1969年7月20日にアポロ11号が人類初の月面着陸をしますが、この映画のお話は、その少し前。ロケット打ち上げに試行錯誤を繰り返していたマーキュリー計画。

    主人公は、NASAの前身となる組織で宇宙開発事業に携わった黒人女性3人。

    キャサリン・・・数学の天才!ロケットの軌道計算に数式で取り掛かる切れ者。
    メアリー・・・ロケットの整備士、女性エンジニアのパイオニア。
    ドロシー・・・抜群のマネジメント力と先見性で自分とその部下をIBMプログラマーに育て、会社組織に認めさせる。


    それぞれが家庭をもちつつ仕事をし、人種差別・女性差別にあいながらもたくましく、クレバーに立ち向かう。差別にあうシーンをコミカルに表現することで、彼女たちの芯の強さを感じられます。

    映画宣伝会社メゾンの戸塚泉さんに詳しいお話を伺いました。

    この映画ができるまで、この事実はアメリカでも知られていなかったそう。
    「どこよりもはやく宇宙に人を乗せたロケットを飛ばす!そして月を目指す!」というアメリカの思いが、人種差別・女性差別の偏見を超えていくシーンは感動ものです。


    当時のファッション、そしてウィリアム・ファレルが手掛けたかっこいい音楽にも是非注目して見ていただきたいです。女性だけでなく、男性も!とても前向きになれる映画です!


    映画「ドリーム」は9月29日(金)から全国TOHOシネマズで公開です。
    詳しくはホームページへ→こちら

  • 第23回 立ち喰い梅干し屋

    突然ですが、「梅干し」と聞くとどんな味のイメージですか?

    とにかくすっぱい?
    デザートのようにあまい?
    はたまた、カリカリ梅タイプ?


    昔はどの家庭でも梅干しを漬けていたほど、日本の伝統食・保存食だった『梅干し』

    日本といえば『お米』
    そのお米と共に「日の丸弁当」としてよく登場するのが「梅」なのに、梅にはあまりスポットライトが当たっていないんじゃないか...

    そのように考えたイケメンふたりがおりました。
    そこで彼らは、全国およそ300種類の梅干しを食べ歩き、想像以上に梅干しにバリエーションがあることを発見。そんな様々な美味しい梅干しを皆さんに紹介したい、食べてもらいたい...


    ということで、イケメン2人からなるBambooCutが手掛けた期間限定ショップが、コレド室町に今日オープンしました。


    その名も『立ち喰い梅干し屋』in COREDO室町(コレド室町)

    まず、その名前のインパクトにやられますが(笑)
    お店に行ってみてびっくり!


    umeboshi06.jpg

    おしゃれなL字カウンターに、梅干しの入った瓶がずらっと並んでいて、なんともオシャレ!


    umeboshi02.jpg


    (照明カバーが、梅干しを漬ける壺になっている!)


    詳しいお話を、立ち喰い梅干し屋 クリエイティブマネージャー、BambooCutの切替瑶太さんに伺いました。
    (日本ハムの大谷翔平選手に雰囲気が似てらっしゃる!)噂通りのイケメンぶり。

    umeboshi01.jpg

    お店にあるのは全部で15種類の梅干し。
    その中で気になった梅を購入し、スタジオにいる斉藤キャスターと西川キャスターに食べてもらいました。


    【杉田梅】は、幻の梅とも呼ばれる絶滅寸前の品種の梅を、おばあさん職人である乗松さんが漬けたもの。The昔ながらのしそ漬け梅。斉藤キャスター、その酸っぱさに顔をすぼめながら「ああ~~~~おばあちゃんを思い出して、なんだか泣きそう。種まで美味い」と言っておりました。


    最前線20170907 (1).JPG


    もうひとつは【燻製梅】燻製屋さんが作るたのしい梅干し。梅干しの瓶のふたを開けるだけで、燻した香りが広がり、はちみつ梅の甘さが広がる一品。試食した西川キャスターもおもわず「あぁ!ほら!私の口から燻製が出てきますよ!」と、ラジオ局のアナウンサーとは思えないような斬新な食リポでした(笑)とにかくあの香りがたまらないんですよね♪


    最前線-20170907.JPG


    私はというと、お店で好きなうめぼしを選び「うめぼし占いカード」を購入(税抜 300円)
    すると、その選んだ梅干し一粒とお茶(うおがし銘茶さんがその梅に合うものを選んだもの)をいただけるのです!

    umeboshi04.jpg

    ちゃっかり「キムチ梅」と「オリーブオイルしらら」という梅をチョイス!
    キムチ梅は、梅にキムチの辛味たれがしっかり絡んでいるのに辛すぎず、旨味が凝縮されていて
    一方、オリーブオイルに漬けられた梅干しは、アヒージョを食べているかのようにマイルドで、ローリエやガーリックの香りがついていて、思わず「白ワイン、ありますか?」と聞いてしまったほど、洋風おつまみ!(お店にお酒はないですよ笑)

    「梅干し」って、幅広いんですね~驚きの連続でした。


    umeboshi05.jpg

    また、「備え梅」といって、一粒一粒ちいさなプラスチックケースに入った梅もあり、賞味期限が3年という「梅」を災害の時の非常食として備えておこうというもの。災害時は水が不足して歯磨きができない状況が続くので、口腔内が不衛生になりがちですが、梅干しを食べることによって唾液を多量に出し、口腔内の衛生を保つ役割もあるそうです。クエン酸もあって疲労回復も期待できますし、緊張を和らげてくれそうですよね。


    「日本人の昔ながらの知恵が【梅干し】には詰まっているのだな」としみじみ感じた私でした。
    (ちなみにキムチ梅の瓶タイプを購入し、今家でたべながらブログを書いています笑)


    umeboshi03.jpg


    あなたも、新しい梅干しの扉をあけてみませんか?
    【立ち喰い梅干し屋】in COREDO室町 3階 朝10時~夜9時まで。
    きょう9/7~24日(日)までの期間限定ショップです。

  • 第22回 雪見だいふくプチバーガー

    想像していただきたい。
    バンズに、雪見だいふくを挟んだバーガーを。

    一風変わったバーガーがきょうから発売開始となったのは、ロッテリアの新商品【雪見だいふくプチバーガー】


    みなさんご存知「ロッテリア」が、ロッテの雪見だいふくとコラボレーションして誕生したスイーツ。

    ロッテリア商品開発部 商品開発課の船木沙織さんに詳しいお話を伺いました。

    ありささんSS20170831 (1).JPG

    味は、4種類!


    ありささんSS20170831 (2).JPG

    あずき、いちごあずき、みたらし、チーズ!


    ありささんSS20170831 (3).JPG

    見た目もコロコロしていて、とってもかわいらしい♪

    スタジオに出来立てを持ってきていただきました!
    斉藤キャスターがお休みでしたので、西川アナと和田秀樹先生に試食してもらいました。


    ありささんSS20170831 (4).JPG

    「これはおいしい!!」バンズがサクサクしていて塩味もあり、そこにおもちのもっちり感とアイスの甘さが加わり、たまらない!と、モグモグ頬張りながら興奮気味に感想をいう西川アナ。かなりの大口で食べるので、終いには「私3口くらいで完食しそうです(笑)」とさすがの食べっぷりでした。


    一方、和田先生は普段甘いものはあまり食べないということで「チーズ」を試食。
    ロッテリアの人気商品「絶品チーズバーガー」で使われている2種類のチーズが入っていると話す、船木さん(聞いただけで美味しそうですよね)
    温めてとろりとしたチーズに先生もご満悦でした♪

    ありささんSS20170831 (5).JPG


    この商品は温かいバンズに「雪見だいふく」を挟んでいるので本来はお持ち帰りできない商品なのですが、今回は特別に船木さんに持ってきていただきました!お分かりだと思いますが、アイスですから、もちろん溶け出すのは時間の問題です。今回和田先生にいろいろお話しいただいてから試食していただいたら、、、、バーガーをひと口いくなり、雪見だいふくのバニラアイスが「むにゅ」っとお目見えし、危うく「おむすびころりん」のようになるところでした(笑)皆さんはどうぞお早めにお召し上がりくださいね!


    パンに、アイス・あんこ??合うの??とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、
    「小倉トースト」で有名な愛知県出身の私からすると......なんだか親近感を覚えます。


    意外なものを組み合わせてみると、突如ミラクルが起きるんですよね。わたしは、その瞬間がすきです。雪見だいふくバーガーのあずきは、ゴロゴロと存在感があってほどよい甘みが最高でした。ちょっと疲れた時に甘いものがうれしいです♪


    今日から発売スタートのロッテリアの新商品「雪見だいふくプチバーガー」
    あずき・いちごあずき・みたらし・チーズの4種類、ひとつ税込230円。
    ※温かいバンズに冷たいアイスを挟んでいるので、お持ち帰りはできません。
    是非、お店で出来立てをお召し上がりください。詳細はホームページへ→こちら

  • 第21回 まったく新しい楽器【ヴェノーヴァ】

    来る8月30日、まったく新しい楽器がヤマハより誕生するのをご存知でしたか?
    その名も、「ヴェノーヴァ(Venova)」あたらしいカジュアル管楽器です。


    Venovaとは、ラテン語で「風」を意味する"ventus"と、「あたらしい」を意味する"nova"を組み合わせた造語。

    見た目はリコーダーをひとまわり大きくしたぐらいで、樹脂でできています。
    吹き口に樹脂のリードが付いているので、サックスフォンのように温かみのある音がします。すなわち、リコーダーのように軽量で、まるでアルトサックスのような音色!水洗いもできちゃって、お手入れも簡単。


    20170824サキドリ.jpg


    大変恐縮ですが、公共の電波にこのヴェノーヴァの音色を初めて乗せたのは、わたしのへったくそな演奏?
    しかも......チャルメラでした。♪ソラシ~ラソ~


    有沙さま20170824 (3).jpg

    それで終わるのは忍びないので、本日はサックス奏者・指導者としてご活躍中の福井健太さんにお越しいただき、ヴェノーヴァの生演奏をしていただきました。登場してまもなく斉藤キャスターが「あの、ムロツヨシさんに似ていると言われないですか?」と言ってしまうほど、そっくりな福井さん。しゃべり声も似ていて、その個性的なキャラクターでスタジオ内は大盛り上がり!笑

    有沙さま20170824 (4).jpg


    さっそくヴェノーヴァで「聖者の行進」を吹いていただきました。
    さすが、サックス奏者!震えあがるほどカッコよくて拍手喝采でございました。

    有沙さま20170824 (2).jpg


    せっかくなので、一美さんも【ヴェノーヴァ】に挑戦!


    有沙さま20170824 (5).jpg


    「あれ?音が...あれ??」
    管楽器をやったことがないひとにはなかなか音を出すのが難しいかもしれませんが、私も初心者ながら1時間ほど格闘したら音がでるようになりましたよ。一美さんも苦戦しつつ、かろうじて音が出ると「はー!結構息を吹き込まないといけないんですね!」と興味津々でした。


    サックスと比べると、かなり軽量ですし(サックスは2キロくらい、ヴェノーヴァはスマホくらい?)お値段も安くても10万円くらいはするサックスより、1万円くらいのヴェノーヴァはお手頃です。

    ちょっと、管楽器を始めてみようかしら...そんな方にオススメです♪

    ヴェノーヴァ02.jpg


    8月30日、ヤマハより発売される、まったく新しい管楽器【ヴェノーヴァ(Venova)】
    お近くの管楽器を扱っている楽器店か、東京・ヤマハ銀座店までどうぞ!
    ヴェノーヴァについてのホームページは⇒⇒⇒こちら

  • 第20回 プレミアムパスポート!

    パスポート持ってますか?
    ――いえ、わたしは海外にいかないので......


    いえいえ!パスポートといっても、本日取り上げたのは『プレミアムパスポート』のことですよ。


    グルメや買い物、イベントなどできるならば格安で楽しみたいですよね?そんな方にぴったりの冊子なのです。詳しいお話を、株式会社読売IS プレミアムパスポート編集部 大竹心平さんに伺いました。

    【プレミアムパスポート】とは,,,,
    ある地域に限定したグルメ、買い物、イベント・エステ、各種体験アクティビティなど幅広いジャンルのお楽しみを網羅したプレミアムクーポンブック!このプレミアムパスポートを期間中にお店で提示すると...掲載されているサービスがすべて半額になります!(お得~~!)


    premiumpass01.jpg


    現在発売中の「プレミアムパスポート」は、浅草(8月いっぱいまで)と人形町(9月いっぱいまで)


    今日午前中、さっそく人形町の名物人形焼の老舗「人形焼本舗 板倉屋」さんに行って、
    人形焼(10個入り 通常価格1,000円)を、プレミアムパスポートを提示して、500円で購入してきました♪


    premiumpass02.jpg


    薄皮にあんこがぎっしり入っていて、おいしい~~!

    買った人だけが得をするプレミアムパスポート
    最新号は、9月15日(金)発売を目指して現在編集中!
    タイトルは『川崎駅東口へ行こうよ』


    工業地帯のイメージがある川崎ですが、実はとても東京に近く、独特の食文化があるのだとか!


    密かに餃子がアツい街なんだそうです!(知らなかった!)
    「川崎餃子舗の会」という川崎餃子をアピールする会があるほど。


    餃子はもちろん、焼き肉、そしてグルメだけじゃなく、フットサル教室やヨガレッスン、美容院などの割引サービスも含め、80店舗前後のサービスが載る予定だそうです!一店一店、プレミアムパスポートに掲載させてもらうお店を取材したり交渉したりなさるそうです。お店に足しげく通って関係を築き上げるお話を大竹さんに伺いましたが、制作された皆さんは本が完成したら涙がでそうなほど感動するでしょうね。情熱がこもってます!

    ここだけの話(まだ大きな声では言えないそうですが...)およそ5,300円の刺身盛り合わせが、およそ2,600円になったりしちゃうそうです!ひゃほーーー!

    プレミアムパスポート「川崎駅東口へ行こうよ」は
    9月15日から、定価980円で販売されます。
    (使用期間は9月15日~12月14日まで)


    プレミアムパスポートの詳細は、こちらのサイトへどうぞ

  • 第19回 真夏の夜の動物園

    突然「この鳴き声はなんの動物でしょうクイズ」から始まった今日のサキドリ最前線(笑)

    ブゥブゥ と豚のような鳴き声の正体は......


    フラミンゴでした!

    night_uenozoo03.jpg


    2人ともびっくり仰天!一美さんは、先日上野動物園にいったときにもこの声を聞いていたそう!「言われてみたら!フラミンゴの鳴き声だ!」と言っていました(笑)

    ありさ20170810.JPG

    8月9日から始まった、上野動物園の『真夏の夜の動物園』
    毎年とても人気で、今年で15回目となる夏の恒例イベントです。

    夜の動物園、一足先に体験してきました!
    お話を伺ったのは、上野動物園教育普及課の高橋直也さん。

    night_uenozoo01.jpg

    「真夏の夜の動物園」のオリジナルスタッフTシャツがとてもかわいくて、お似合いです。
    night_uenozoo02.jpg


    上野動物園は都会にあるのに、夜の動物園はかなり暗い!森でキャンプをしているような気持ちになりますが、見やすいようにライトアップもしてあって、どちらかというとラグジュアリーキャンプのようです。ムーディー!!

    (ちょっとしたコーンもライトアップされていて、パンダ柄!)
    night_uenozoo04.jpg


    夜行性の動物たちがどんな動き方をするのか、静かに見ることができます。特に、アメリカバクは私が見に行ったときは活動的でした!!策の中にある池で、お風呂のように浸かったかと思えば、水の中に潜って、ビュン!と速いスピードで泳ぐのでずっと見ていても飽きないです。夜、ライトに照らされた黒いアメリカバクは艶々して綺麗でした。

    ※動物たちが驚いてしまうので、撮影するときはフラッシュをたかないでくださいね!


    イベントも盛りだくさん!
    ◆ゾウの運動場に入れる企画(8/10,8/12,14)
    ◆不忍池テラスで夕涼みをしながら聴ける「音楽ライブ」
    ◆都立公園散策アプリ「Tokyo Parks Navi」を使ったスタンプラリー
    ◆飼育係はじめ動物園のスタッフならではの視点でお送りする「真夏の夜のおすすめトーク」などなど...

    ちなみに◆不忍池テラスには「ビアガーデン」があり、タイ料理なども食べられます。家族サービス中のお父さんには朗報かな?(私にとっても朗報♪)

    この時期、多摩動物公園や葛西臨海水族館などでも、夜の展示がスタートしますので、気になる方は是非チェックを!


    ★上野動物園の「真夏の夜の動物園」は16日(水)まで!★9:30~20:00(最終入園は19:00)
    入園料は、通常と変わらず【一般 600円】(65歳以上300円、中学生200円、小学生以下と都内在住・在学の中学生は無料)

    詳しくは、上野動物園のホームページ⇒真夏の夜の動物園へ

    ★最後に★私からのワンポイント アドバイス♪
    蚊に刺されやすい方は「虫よけスプレー」を持っていったほうがいいですよ!
    わたし.....3か所も刺されましたか・ら・ね!!!!

  • 第18回 ヨコハマトリエンナーレ2017

    4年に1度の開催といえば?
    ――――― オリンピック・パラリンピック!

    では、3年に1度のアートの祭典といえば??


    『ヨコハマ トリエンナーレ』ですよ。
    (斉藤キャスターもすでにご存知で、興味津々!)

    実は恥ずかしながら今回私、初めてこのアート展の存在を知ったのですが、
    横浜のトリエンナーレは2001年から始まる【現代アート展】なのです。
    (ちなみに、イタリアでは『ビエンナーレ』という2年に1度のアートの祭典が有名。)


    あす8月4日から始まる【ヨコハマ トリエンナーレ2017】は、横浜美術館、赤レンガ倉庫、横浜市開港記念会館の3つの会場で展示されます。

    テーマは『島と星座とガラパゴス』ということで、
    詳しいお話をヨコハマトリエンナーレ組織委員会事務局の古川真祐子さんに伺いました。


    島は、孤立しているように見えるけど海を通してそれぞれつながっている。
    星は、孤立しているように見えるけど、星座として考えるとつながっている。
    それぞれ「孤立」しているように見えて、それぞれはつながっていて「接続」している。
    グローバル社会と言われる中、個人と社会、国家や社会問題、多様性、異なる歴史観や文明への問い...
    それらをアートを通して、考えてみよう。

    そのようなメッセージがテーマに込められているそうです。


    明日のオープンを前に、今日サキドリして観に行ってきました。
    私が訪れた横浜美術館の正面には大きな柱が。そこには、難民が実際に使っていた救命胴衣がびっしりくくられていて、壁には救命ボートが展示されていました。しっかりとしたテーマとは裏腹に、救命胴衣もボートも色鮮やかで、不謹慎かもしれませんが綺麗でした。その鮮やかさは、海の上でもよく目立つため。人ひとりの命を守ることにつながるのだと、新聞やニュースを読むだけでは湧いてこない発想が、アートを通すと、いとも簡単にでてくるものだと実感しました。

    トリエンナーレ難民.jpg

    また、入口はいってすぐには、インドネシアの竹で編んだ大きな「しめ縄」のインスタレーション。今朝の今朝まで、竹を編む作業をしていたようです。インスタレーションというのは、作品単体だけでなく、その会場や空間をも取り込んで、ひとつの作品にすること。つまり、どの展示も、ここ「横浜」でしか見られない、感じられないものになっています。

    トリエンナーレしめ縄.jpg

    『芸術のために立ち上がらなければ』というタイトルのカラフルなクマ。

    トリエンナーレクマ.jpg

    私の中でとても印象に残ったのは、瀬尾夏美さんのインスタレーション。
    彼女の作品は、東日本大震災の被災地ボランティアの体験を通して、現地を見て・聞いてきた声、歴史に書き残されないような彼らの記憶を、媒介者として絵や言葉で記録して伝えるものでした。

    トリエンナーレ瀬尾.jpg


    ひとつひとつの絵や言葉が、独特の浮遊感を保ちながら、どしんと音を立てて胸に響きました。


    我々が忘れてはいけない物語。
    是非、実際に観に行っていただきたいと思いました。


    【ヨコハマ トリエンナーレ2017】
    8月4日(金)~11月5日(日)まで開催します。
    会場は、横浜美術館・赤レンガ倉庫、横浜市開港記念会館。(会場間無料バスもあるそう)
    詳しくは、公式ホームページへ⇒コチラ
    トリエンナーレキューブ.jpg

  • 第17回 ソプラノ歌手 鮫島有美子さん

    本日、スタジオにお越しいただいたのは、ソプラノ歌手の鮫島有美子さん!
    これまでにヨーロッパなどを舞台にオペラなどたくさんの歌をうたってこられ、日本でも「日本のうた」をはじめとするCDを出されていらっしゃる方!

    品と女性らしさを兼ね備え、凛としながら優しく微笑む鮫島さん。(お美しい。。。)私も斉藤一美キャスターも、思わずうっとり。

    加納さん0727 (2).JPG

    その鮫島さんが来月8月に発売になるCDブック『皇后陛下 美智子さまの子守歌』で歌をうたわれるということで、今回はそのお話を詳しく伺いました!

    子守歌のタイトルは「おもひ子」
    大正時代の詩人 宮崎湖処子(こしょし)さんが作られた「おもひ子」という詩に、
    美智子さまがメロディーをつけられ、お子さま方に歌われていたそうです。


    詩人 宮崎湖処子さんの故郷は偶然にも、現在豪雨被害で大変な福岡県朝倉市。その朝倉市には、湖処子さんが作られたその「おもひ子」の歌碑があるそうですが、その歌碑は無事だったそうです。早く復興に向けて動き出すといいですね(私も福岡は第二の故郷なので、ジーンときてしまいました)

    さて、この「おもひ子」の詩の特徴は【文語調】だというところ。
    日本語の奥深さ、美しさがそこにある気がしました。
    現代語訳もブックに載っていて、母が子を想う愛が感じられる素敵な唄。


    美智子さまが作られた曲は、誰もが口ずさめるシンプルなメロディーで、
    思わず、美智子さまがお子さまに微笑みながら歌われている美しい図を想像してしまいました。

    とってもやさしく大きな母の愛であふれていました。
    鮫島さんの美しく、温かい声が沁みますね。

    ハープの演奏が入っているのは、皇后様がハープを演奏なさるからだそうですが、今回CDブックにはその楽譜も初めて掲載されます。ハープのメロディも美智子さまが考えられたそうです。

    ちなみに、別のトラックには文楽アレンジの「おもひ子」が収録されています。コーナーの最後に少しおかけしたのは、この文楽ver.の「おもひ子」です。こちらもガラッと雰囲気が変わりますよ。

    加納さん0727 (4).JPG


    8月16日(水)『皇后陛下 美智子さまの子守歌』 マガジンハウス社 から発売されます。
    定価1800円(税抜き)ホームページやAmazonのページにも掲載される予定です。

    皇室の懐かしいお写真、現 皇太子殿下や秋篠宮さまが頬を寄せあう幼き頃のお写真、
    天皇陛下がお撮りになった皇后陛下 美智子さまの麗しいベストショットも掲載されます♪

  • 第16回 サラダ専門店

    「コラ!ちゃんと野菜たべなさい!」

    そう言われて育った人はたくさんいると思います。
    どうしても、お肉などのメインにがっつきがち。


    でも旬のもの、旬の野菜を取ることは、からだのことを考えるととても大事なことなのです。
    そ・こ・で
    5月にオープンしたサラダ専門店【EVERYTHING SALAD 青山】をご紹介しました!


    ここ数年、恵比寿や六本木などのおしゃれタウンや、特に原宿・表参道エリアに、サラダのお店が続々オープンしているのです!


    (サラダ専門店と聞くと......意識が高そうだな...美容意識も必要かな...)
    そんな印象を持っていた私でしたが、EVERYTHING SALAD青山のサラダはちょっと違いました。

    自分で野菜を選んだり、ドレッシングを決めたりするのではなく、すべてお店が作ってくれるタイプの店。しかも、たくさんの種類の野菜を入れることで、食感がそれぞれ違い、最後まで飽きない!


    冷たい、熱い、シャキシャキ、カリカリ、ジュワーッ、トゥルルン...
    刻んだり、蒸したり、炙ったり、漬けたり、煮込んだり、
    野菜の持ち味を引き出すためのひと手間、ふた手間がかけてあります。


    テイクアウトできるメニューもあるので、スタジオに持ってきました~♪
    斉藤キャスターが食べたのは「エブリシングサラダ 特製アンチョビソース」
    20170720_7.JPG


    珍しいピンク色のジャガイモ『ノーザンルビー』も入ってます♪


    そして、西川キャスターが食べたのは「季節のフルーツとカッテージチーズのサラダ」
    20170720_8.JPG
    「これは朝ごはんにもよさそう!」と、サラダにフルーツが合うことに驚いていました。


    ただでさえ、材料を用意するだけでも大変なのに、生野菜だけでなくひと手間かけて提供してくれる......最高の至福ですよ。(日頃、家事なさっている方とか、今日は疲れすぎて料理つくれない...という方にはとても沁みるはずです)


    EVERYTHING SALAD青山のマネージャー三好さんにお電話で、開店までの道のりやオススメを伺いました。海外まで視察にでかけ、日本でももっと気軽にサラダを食べる習慣がついたらという思いが膨らんだそうです。

    取材にいったとき、三好さんはおっしゃいました。


    ブロッコリーを茹でてマヨネーズをかけたものはサラダで、
    野菜を煮込んだものはサラダじゃないのは、なんか違うなぁと。
    我々は、野菜をおいしく食べること=それがサラダだ!と思ったんです。

    だから、メニューにある、ストウブ鍋のあつあつ蒸し野菜もサラダです!!
    everything salad02.jpg
    (ポン酢とオリーブオイルの相性が抜群で、箸が止まらない!)

    一日、一週間のどこかで、サラダを主役に♪
    お店の方の愛情が詰まった野菜、サラダだと思った加納でした。

    ちなみに、ランチは無料でパンが付いてきますし、セットメニューにはスープもあります。
    夜は、野菜以外にもグリルチキンなどおつまみも頼むことができて、お酒と共に楽しめます!


    everything salad03.jpg

    【EVERYTHING SALAD青山】
    港区南青山3-14-26 営業時間11:30~22:00
    詳しくは、ホームページへ⇒⇒コチラ

  • 第15回 かきごおりすと vol.5

    暑い!暑い!暑い!

    こうも暑いと冷たいものが食べたくなります。
    そんなときは、そう!「かき氷」!!!!!もはや、ふわふわした氷に、飛び込みたい気分!

    本日は、北は東北、南は沖縄まで、車でかき氷を食べに行く「かきごおりすと」、かきごおりコレクション実行委員長の小池隆介さんをお迎えしました。

    小池さんは、いったい1日何氷 召し上がる??


    「2、20杯くらい食べる時も...」

    斉藤キャスターその返事に『体調崩さないんですか!!』と思わず切り込む事態(笑)
    小池さんご本人に興味がわきすぎて、なかなかかき氷のイベントに切り込めない我々一行。

    切り替えまして...
    15日(土)から始まる、テレビ朝日・六本木ヒルズ主催 夏祭り「かき氷コレクション2017」で、小池さんセレクトのかき氷屋さんが13店参加されます。

    イベント初出店のお店もあり、全国から集まるかき氷を、六本木に行けば食べられるとあって、お得感満載!!


    最近は写真映えするようなデコレーションかき氷が流行っているそうで、
    「エスプーマ(食材をムースのような泡状にできるもの)が流行ってますよね?」と私が知ったかぶって質問してみたところ、『あぁ、2年前くらいから流行ってます』と一刀両断!!!笑


    (一応、文化放送アナウンサー時代は、『文化放送 かき氷部』に所属していたんですが......)まだまだの加納です(笑)

    とにかく、ケーキのようなデコレーションの見た目も華やかなかき氷が人気だそうです!


    15日から六本木で始まる「かき氷コレクション」、
    13店舗、それぞれ出店期間が異なりますので、【かき氷コレクション】のページをチェックして遊びに行ってくださいね~♪私も行こうかな!

    そのほか、かき氷屋さん情報やイベントに関しては、【かきごおりすと】のホームページをご覧ください⇒こちら

    本日紹介したご本、【かきごおりすと vol.5】の詳細は、こちらへ。

    ちなみに私はこの本をみて、昨日「銀座のジンジャー」さんにいってきました♪
    そこで頼んだのは、これ!『きなこ太郎』
    kakigoorisuto2.jpg

    ものすごいボリュームですが、これでSサイズ!
    上に乗っているお豆腐のようなものは、プルンプルンのマシュマロ!
    下にかかっているのは、カマンベールきな粉です。掘り進めると黒豆にも遭遇します♪


    白ごま黒蜜ソースをかけると、またひと味変わります!

    夏は贅沢なかき氷!寒くなっても、かき氷!!
    季節ごとに、上の蜜が変わって楽しめます。
    かきごおりすとの本を手に、かき氷屋巡りはいかが??


    「かき氷は『夏』に楽しむもの」ではなく、
    「かき氷で四季を楽しむ」時代になっているかもしれませんね。

  • 第14回 水族館プロデューサー!

    池袋にあるサンシャイン水族館のペンギンエリアが、今月12日(水)からリニューアルオープン!

    『天空のペンギン』はじめ、5つの展示がお披露目となります。

    今回のリニューアルを手掛けた、水族館プロデューサー中村元(はじめ)さんにお電話でお話し伺いました。

    サンシャイン水族館は「屋上」にあるとても珍しい水族館。
    その分、難点も多く、展示ブースを作るのには苦労したそうです。


    ですが、そこを逆手にとって作られたのが「天空のペンギン」エリア!

    水槽の背景である壁を透明にすることで、
    池袋のビル群が、ペンギンの水槽ごしに見える!!!!


    つまり、
    池袋をペンギンが飛んで(泳いで)いるように見える!というわけ。


    しかもこの水槽、上の方が手前にせり出していて屋根のようになっているので、
    私たちは真下からペンギンが泳ぐ様子を見ることができます。


    こんな感じに!

    ペンギン3.png

    ペンギン1.jpg


    (群れを成して泳ぐので、自分の方に向かってくると圧巻ですよ)


    しかも、
    空は青空。


    その青が水槽を通してみると、海のような色に見えて
    本当に海の中から見ているようです。


    屋上の水族館ならではですね!
    しかも、屋上は日本じゃないような雰囲気。

    サンシャイン.jpg


    「新・江ノ島水族館」や、先月24日広島市内にオープンした「マリホ水族館」、
    北海道の北見にある「北の大地の水族館~山の水族館~」もプロデュースしている中村さん。


    各地にある水族館、それぞれ短所を生かすような仕組みをしていて面白いですよね。
    この夏休み、おでかけしたエリアに水族館があったら覗いてみてはいかがでしょう。
    その土地の、お魚や生き物のことがよくわかるかも知れないですね!

    池袋では「ペンギンが空を飛びます!!」...ということで
    トップ画像は『飛びます!飛びます!』の加納でした(笑)


    他にも、
    水槽が通路のようになっていて、歩くモモイロペリカンを眺められたりできます♪(ビルを背にのほほんとした表情)
    ペリカン前.jpg


    お客さんの頭上を行きかうので、貴重なお尻も見られます(笑)
    ペリカンおしり.jpg


    ◆サンシャイン水族館「マリンガーデン」◆
    7月12日(水)リニューアルオープン!
    10月までは、朝10時~夜8時まで。年中無休。
    詳しくは⇒⇒ホームページへ

    ※最後に、土産物売り場で「イカせんべい」を購入した私でした。
    めちゃウマで、やみつき~~!
    いか1.jpg

  • 第13回 上野ランド

    さぁみなさん一緒に踊ろう、ラ・ラ・ランド!

    本日ご紹介したのは、先週末にオープンしたばかりの
    JR上野駅 駅ナカにある『上野ランド』 エキュート上野店


    uenoland01.png


    上野の名所、観光地、話題のスポットなどなど、多種多様な上野の魅力をお土産グッズにして販売しているお店なんですが、ひとつひとつがユニークでおしゃれ!


    パンダの起き上がり小法師、パンダパッケージのお菓子、上野の美術館監修のグッズ、西郷どんとパンダのコラボTシャツなどなど......

    uenoland2.png


    不思議なコンセプトのスノードームは、眺めているだけでも楽しい気分になります♪


    uenoland5.jpg


    タイトル【壁に目あり障子にメアリー】
    uenoland6.jpg


    もはやミュージアムショップといっても過言ではないお店です。

    スタジオではオリジナル商品を企画している会社「ケンエレファント」さんと世界に知られるフィギュアの「海洋堂」さんが作った上野のガチャガチャフィギュアを、斉藤キャスター、西川キャスターに開けてもらいました。(斉藤さんは「考える人の像」と「土偶」、西川さんは「上野恩賜公園の桜」でした。ちなみに私は「パンダ」がでましたよ)


    そんなユニークな品が揃う「上野ランド エキュート上野店」店長 北川義樹さんにお電話をつないでお話し伺いました♪

    店長肝いりの「木製通行手形 パスケース」(中にSuicaなどのICカードを入れられます)


    kanou0629-3.JPG

    これから、1日100個売り上げるヒット商品となるよう祈っているそうです!!

    uenoland3.jpg
    ほら、こんな風にかばんにぶら下げたら、なくさない!よね!

    こんなパスケース、なかなかない!!
    ちゃんと改札も、この通行手形をそのままかざせます。(ICカードを感知してくれます)

    ちなみに、当たり前ですが、自動販売機で飲み物も買えます。


    uenoland4.jpg

    また、コンビニで支払いもできる(はず)ですが、まだその勇気は持てていません(笑)
    インパクトのあるプレゼントを探している方は是非♪

    【上野ランド】上野エキュート店
    JR上野駅構内 3階 公園口の改札手前にあります
    毎朝8時からオープンです♪
    ホームページは⇒こちら!

  • 第12回 赤坂バル横丁!

    みなさん、飲んでますかっ!!笑
    本日は、赤坂に先週オープンした新グルメスポットをご紹介しました。
    (ちなみに「グルメスポット」と私が言った瞬間の西川あやのさんの嬉々とした顔たるや!皆さんにお見せしたかったです。文化放送のグルメ担当ですね)


    先週15日にオープンしたのは、『赤坂バル横丁』


    日本の「横丁」文化と、スペインにある「バル」文化を合わせた新感覚の横丁!

    赤坂バル横丁には、9軒の志向の違うお店が入っており、最低500円以下の品から用意されています。お酒とちょい食べを楽しんで、気軽に【ハシゴ飲み】をしよう!というわけです。


    焼き鳥店、ラムチョップの店、東北の酒と海産物の店、おしゃれな餃子店、ムール貝とシャンパンの店、スパイスバルとカレーのお店、燻製おつまみとウイスキーの店、目の前の鉄板で焼く焼野菜の店などなど、多種多様!!!...全部巡りたくなっちゃう!(ちなみにわたしは「焼野菜」⇒「餃子」⇒「燻製」と3軒ハシゴしました笑)


    焼野菜では、「肉を喰らうごとく野菜を喰らう!」とうたっているように、千葉の農家さんから送られてくる有機野菜・特別栽培野菜が目の前の鉄板で焼かれて出てきます。


    大根~肉味噌~
    asakasabaru2.jpg


    人参~アンチョビクリーム~
    asakasabaru3.jpg

    野菜のサングリアも♪
    asakasabaru1.jpg

    しかも、今なら25日(日)まで、各店舗最初の一杯のジムビームハイボールがなんと99円!!!!(今週末まで!お急ぎください!!)
    asakasabaru4.jpg

    赤坂バル横丁を運営している会社、impriseの代表取締役社長 大野さんに、バル横丁を作られたきっかけをお電話で伺いました。


    女性にも横丁を楽しんでもらおうと、大野さんがだいすきなスペインのバル文化を取り入れて、おしゃれに仕立てたのだそうです。女性も気軽に楽しめて、大賑わい♪


    ちなみに、赤坂バル横丁での喫煙は、
    今話題の加熱式タバコiQOS(アイコス)のみ!

    つ・ま・り、"匂いのつかない酒場"なのです♪
    iQOSをお持ちでない方でも大丈夫。
    各店舗でiQOSの貸し出しも行っているようなので是非。


    ってブログを書いていたら、また飲みたくなってきちゃいましたよ(笑

    【赤坂バル横丁】  みすじ通りにあります
    東京都港区赤坂3-17-1 いちご赤坂317ビル 1階
    平日 ランチ11:30~14:00 (ランチ営業は7/10スタート)
        ディナー17:00~23:30
    土曜 11:30~23:30
    日曜 11:30~22:30

    詳しくは⇒バル横丁のページへ     

  • 第11回 おかしなかき氷 井村屋のあずきバー

    梅雨入りしてからというもの、まとまった雨が降らないですね~
    今日も日差しが強くて暑かったですよね。
    そんなときに食べたくなるのが、冷たいアイス・かき氷!!!!

    うちのおじいちゃんも大好き、老若男女から愛されるアイスといえば、
    『井村屋のあずきバー』(年間2億5000万本以上売り上げるロングセラー)


    一説には、【世界一固いアイス】とも言われているそうです。ガリガリ食べるのがおいしいですよね。
    井村屋の「あずきバー」は、あずき・砂糖・コーンスターチ・塩・水あめだけで作られていて、アイスが柔らかくなる添加物が一切入っておらず、食物繊維たっぷりのあずきをぎっしり詰め込んでいるので空気の泡が少なくなり、現在の固さになっているそうです。おいしさを追求した結果というわけです。

    その、固いあずきバーを
    『固いなら 削ってみせよう あずきバー』となったのは、
    おもちゃメーカー「タカラトミーアーツ」さん!


    商品開発に8ヶ月かけ、試作品が壊れたり、途中で削れなくなったり、試行錯誤した結果、ついに完成したのです。
    その名も【おかしなかき氷 井村屋のあずきバー】

    ということで、さっそくスタジオで
    固いあずきバーを、ふわふわのかき氷に削ってみました。
    ※削るときは、井村屋あずきバーの6個入りBOXのアイス(1個 65ml)を使用してください。


    驚きの食感!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    斉藤キャスターも、西川キャスターも大絶賛でした。ふわふわ~!(一番上の写真をご覧ください。とっても良い表情。笑)


    株式会社タカラトミーアーツの事業統括本部 ライフ企画課 専門課長の和田香織さんに、開発までのご苦労を電話で伺いました。予想以上の固さだったようです。
    ほかにも「おかしなシリーズ」は皆さんがなじみのある商品を一工夫して楽しめるおもちゃが揃っています。


    みなさんの情熱が形になったおもちゃばかりですね。

    牛乳にいれてシェイクにしても美味しかったですよ。
    ミルクぜんざい風です♪


    みんなでワイワイ、削ってみてはいかがでしょう。

    あずきバー かき氷.jpg

    【おかしなかき氷 井村屋あずきバー】
    6月29日 タカラトミーアーツより発売予定
    希望小売価格2800円(税抜)
    全国の雑貨店、量販店、インターネットでも購入できるそうです。
    詳しくはホームページへ⇒⇒⇒GO!!

  • 第10回 落語家さんをサキドリ!

    本日はこのコーナー始まって以来の「生モノ」を取り上げます!※失礼ですよ
    この4月に真打に昇進されたばかりの落語家さん、
    三遊亭朝橘(ちょうきつ)さんです!!

    初めましてと挨拶したときから消え入りそうな声で「すみませんすみません。わたくしなんぞ」とおっしゃるので、なんて謙虚なお方なのだろうと驚いていたら、打ち合わせのときからアクセル全開フルスロットル!!しゃべりだしたら止まらない!終始笑いっぱなしの加納でした。


    コーナーが始まると、斉藤キャスターから「大橋巨泉さんに似てますね」と一言。私は俳優の高嶋政伸さん(弟さんの方)に似ていると思ったのですけどもね。ご本人は『ゴリラに似ているといわれる』とおっしゃっていました(笑)
    それを聞いた斉藤キャスターから「なぜお名前を『三遊亭ゴリラ』にしなかったんですか!!」とナチュラルすぎる発言が飛び出し、加納は一人「(そうなると、漢字にすると、円楽一門だから...三遊亭 五里「楽」かな...)」なぁんて考えておりました。失礼しました。


    あまりにも本番前に打ち合わせが盛り上がったので、わたくし初対面なのにもかかわらず、「師匠!ちょっと(本番まで)だまっててくださいよ!!」と言ってしまいましたが、なんのその。『あなた、加納さん、なんてこというんですか!』と、さらに笑いながら盛り上げてくださり、とてもお優しい方だと思いました。

    短いコーナーの中、(もしかしたらお顔が「ゴリラ風」ということばかり話しすぎたのではないか...)と若干心配している私ですが、


    今月29日(木)、【三遊亭朝橘(ちょうきつ)真打昇進披露興行】が日本橋劇場で行われます。是非、朝橘師匠の世界を堪能されてください。アクセル全開フルスロットルの師匠にお会いして、たくさんパワーをいただきました。これから大注目の落語家さんです。

    choooukitu.jpg

    【三遊亭朝橘 真打昇進披露興行】
    出演:三遊亭朝橘、三遊亭圓橘、三遊亭小圓朝、三遊亭萬橘
    ゲスト:立川志の輔、柳家喬太郎、柳亭小痴楽
    6/29(木)日本橋劇場 午後6時30分開演
    チケットは全席指定4000円、当日券は4500円
    詳細は、三遊亭朝橘師匠のブログ、ツイッターなどをご覧ください。
    ブログ  ⇒Twitter

  • 第9回 ファーストクラスを味わう旅

    Q.飛行機の「ファーストクラス」に乗ったことはありますか?


    A.わたしは「池袋」で、あります。


    その名も、『First Airlines(ファースト エアラインズ)』


    地上にいながら、上空8000メートルの空の旅を疑似体験できる場所なんです。トルコ航空で実際に使われていたファーストクラスのシート8席、ビジネスクラスが4席。まるで機内にいるかのよう!VR(ヴァーチャルリアリティ)で360度、目的地の様子を眺め、目的地にまつわるお料理をいただくコースです。

    first_airlines01.jpeg

    第一線のシェフたちが特別にプロデュースしたメニューをいただけます。NY行きの便に乗ったわたしは、牛肉のローストを赤ワインと共にいただきました。

    First Airlines代表の阿部さんに、始めたきっかけを伺いました。


    first_airlines02.jpeg


    CAさんもとってもかわいらしい♪
    最近、夏服に変わったばかりだそうです。


    時間がなくて海外旅行に行けない...
    ファーストクラスは値が張って手が出ない...
    歳で長時間飛行機には乗れないけど、またあの感覚を味わいたい...


    アトラクションのように楽しめる、池袋の国際空港だと思いました。
    記念日などに、家族と恋人と、ご友人と ファーストクラスで空の旅いかがでしょう。


    『First Airlines(ファースト エアラインズ)』
    詳細はコチラ

  • 第8回 『コーネンキなんてこわくない』

    本日取り上げたテーマは『コーネンキ』
    そうです、更年期のことです。だいたい50代前後の、特に女性の悩みのタネ...というイメージが大きいですよね。


    作家の横森理香さんが書かれたご本「コーネンキなんてこわくない」(集英社)は、これからやってくるコーネンキをさまざまな方法で撃退を試みるというポジティブなご本。


    その本にキーマンとして登場されるのは、我らがSAKIDORI!木曜コメンテーター和田秀樹先生なのです!...ということで、そのままスタジオに残っていただき、解説していただきました。
    自分の「食物アレルギー」を知り、「ある対策」をとることで、体の酸化防止を目指すもの。老化を緩やかにしていく、というお話を伺いました。

    本の作者である 横森理香さんにお電話をつなぎ、本についていろいろと伺いましたよ。

    また、更年期症状というと女性ばかりが取り上げられていますが、
    その影に隠れて【男性の更年期症状】もあるそうです。

    男性が定年退職した後、「家にこもる・やる気が起きなくなる」といった傾向に陥るそうですが、
    それは歳と共に男性ホルモンが低下することが関係しているのだそうです。
    そのほか、横森さんの旦那様は逆に「頑固」になってしまったそう。


    男性のエイジングケアも、早めがいいという和田先生のお言葉に、
    斉藤キャスターも「さっそくこの本を読ませていただきます!」と高らかにおっしゃっていました。


    誰しも生きていれば歳を重ねます。
    老化の速度を緩やかにして、
    いつでも前向きに、気持ちよく生きるのも 素敵な案ではないでしょうか。

    konenkinannte2.JPG

    【コーネンキなんてこわくない】横森理香(集英社)1400円+税
    詳細はこちら

  • 第7回 時代劇もの映画!

    こんばんは。
    最近家にお花を飾るのが好きな加納有沙です。
    今週のこのコーナーでは、
    なぜか立て続けにロードショーが決まっている『時代劇もの映画』をご紹介しました。

    まずは6月3日公開の『花戦さ』⇒ホームページはこちら

    sakidori_hanaikusa2.jpg
    時は戦国!時の権力者 織田信長の心を奪った、花と町衆を愛する風変わりな男がいた。その名を、池坊専好。(そう!「池坊」と聞けば、生け花の名手であることは皆さんご存知!)彼の生ける独創的な生け花は、豊臣秀吉や千利休もうならせ、皆から愛されるひとだった。....時が変わって豊臣秀吉が天下を治めると、だんだんと秀吉と千利休のそりが合わなくなり、秀吉の権力にやられ ついに利休が切腹。池坊と利休は、花と茶の違いはあれど「美」を追求する点で互いに刺激しあっていた仲だったので、大切なひとを失った・殺されてしまった池坊は、その報復をたくらむ。し・か・も、 
    刀をもたず、花をもってして秀吉を討つ!!まさに、文字通り「花」で「戦う」、花戦さなのだ。

    主役 池坊専好を演じるのは、狂言師 野村萬斎さん。千利休は佐藤浩市さん。そのほかも豪華な役者ぞろい!(ちなみに上の写真は、野村萬斎さんのことがいかに好きかを熱く語る斉藤キャスター笑)
    見れば花が好きになる!花や茶といった、日本の文化のすばらしさを改めて感じられる映画でした。

    その他にも、
    7月1日には、嵐の大野智さんが伊賀の国の忍者を演じる『忍びの国』(忍者の殺陣の迫力がものすごくて、思わず笑ってしまうシーンやホロっとくるシーンもあり、大野さんのキャラクターが生かされたヒューマンストーリー)
    8月26日には司馬遼太郎原作の映画『関ケ原』(石田三成をV6の岡田准一さんが演じますよ~)
    といったように、戦国時代ものが続きます!

    フランス・カンヌ国際映画祭で現地取材されている映画ジャーナリスト立田敦子さんにお電話をつなぎ、これから現地で上映となる、木村拓哉さん主演の映画「無限の住人」についてもお話を伺いました!

    ことしは夏に向けて、時代劇映画が熱い!!

  • 第6回 鯖の塩焼き専門店!

    あなたは「鯖」と聞いて何料理を思い浮かべますか?
    斉藤キャスターは『押し寿司!』と答えてくださる一方で、西川キャスターの回答は...なんと 『煮(に)』 の一言!!!(もっと味噌煮とか煮物とか、言い方あるでしょうが。笑)

    それはさておき。鯖料理は他にもたくさんありますが、本日は、JR大森駅そばにできた鯖の塩焼き専門店「鯖なのに。」をご紹介しました。こちらでは、茨城県にある越田商店の『ものすごい鯖』という鯖を使用しており、お店では備長炭でふんわり焼いております。越田商店は1972年から塩のみを継ぎ足してきた自慢のつけ汁にノルウェー産の脂の乗った鯖を漬け込み、文化干しした完全無添加の干物を作っているそうです。だから、「鯖なのに。」でいただく定食の鯖も骨まで食べられる!ほどよい塩気があって、私は残さずぺろりとたいらげました。

    オンエアでは「鯖なのに。」の店長 小畑(おばた)さんにお電話をつなぎ、いろいろと伺いましたよ。小畑さんは、この『ものすごい鯖』に惚れ込み、鯖の塩焼き1本でお店を開こうと思われたそうです。ご飯と味噌は、共に大森にあるお米屋さんと味噌しょうゆ店のものを使っているということで、とっても鯖にあっていて美味しかったです。お店では「鯖の塩焼き定食」と「鯖の塩焼き弁当」に加え、最近「鯖のほぐし弁当」も始められました♪ということで早速、お弁当をテイクアウトして、スタジオのおふたりにも試食していただきました!
    sakidori sabananoni1.jpg
    斉藤キャスターは塩焼き弁当「ん!!おいしい!」
    そして、西川キャスターは新商品のほぐし弁当「もぐもぐもぐもぐ...」おいしさのあまり真剣な表情でリスのように口いっぱいに頬張っていました(笑)SAKIDORIの食いしん坊キャラの誕生ですね。ごちそうさまでした。

    ◆鯖の塩焼き専門店「鯖なのに。」◆
    東京都大田区大森北1-7-1
    TEL:03-5764-3358
    営業時間:11時~16時(ラストオーダー15:30)鯖がなくなり次第終了
    お休み:不定休

  • 第5回 オシャレな鉄道グッズ

    大型連休、どのようにお過ごしですか?
    北への旅に向かう方、帰省される方がたくさん行き交う「大宮駅」にできたオシャレなお店をご紹介しました。
    その名も『GENERAL STORE RAILYARD(ジェネラルストアレールヤード )』レールヤード(車両基地)をイメージした、ガレージのような店構え。なんだなんだ?なんの店だ?と思っているうちに、するすると中に吸い込まれてしまいます。

    sakidori oomiya2.jpg

    ・猿田彦珈琲とのコラボ珈琲『SLブレンド』
    ・大宮駅のファイル
    ・JRの座席シートをリユースしたトートバックやリュック(ビームスデザインとのコラボ商品 5月下旬発売予定)
    などなど...

    sakidori oomiya3.jpg

    鉄道初心者も楽しめるグッズがたくさん!
    もちろん鉄道マニアにとっては垂涎ものもたくさん。国鉄時代の車内乗車券風のメモ帳、切符を切る鋏などなど。

    sakidori oomiya4.jpg
    乗り鉄の斉藤キャスターも、全く鉄道に興味がない西川キャスターもどちらもとっても食い気味に話しを聞いてくれました。個人的に大宮駅クリアファイルを購入した私にとっては、嬉しいことでした♪次回も気になるお店をご紹介しますよー!

  • 第4回 大人映画

    (斉藤キャスターがこんなにいい笑顔なのは、恋愛話に切り込んでいるからです)笑

    もうG.W.に突入しましたね。今回は、この連休にぜひ観ていただきたい映画をご紹介しました。

    『カフェ・ソサエティ』
    ウディ・アレン監督の最新作が、5月5日公開!
    舞台は1930年代の「黄金期のハリウッド」セレブやギャングなどが登場するゴージャス感たっぷり。
    世間知らずの青年ボビーがLAにやってきて「ヴェロニカ」という女性と結婚寸前まで行くも破局、昇進のままNYに帰って綺麗な女性に出会う。その女性の名も「ヴェロニカ」。結婚して子どももさずかりますが、経営しているクラブに 過去の恋人ヴェロニカが旦那とともに現れて.........大人のせつなくも甘い恋愛映画です。BGMでかかるJAZZに注目して聞いてみてください。

    ウディ・アレンに会ったことがある映画ジャーナリスト立田敦子さんにお電話で詳しくお話伺いました。
    このG.W.にオススメの邦画を伺うと、豪華俳優陣が素晴らしい演技をみせている『追憶』(5月6日公開)
    岡田准一主演、小栗旬、柄本佑、安藤サクラ、長澤まさみ、木村文乃とこれからの映画界を支える若い面々。

    洋画で大人の恋愛か、邦画でヒューマンサスペンスか、、、
    あなたはどっち派??

  • 第3回 決定!本屋大賞

    ご存知の方も多いでしょう。
    先週の火曜日に今年の本屋大賞が発表になりました。
    恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)
    そうです。今年1月に発表された直木賞受賞作です。
    W受賞は初めてのこと、また本屋大賞を2度取るのも初めてのこと。(恩田陸さんは以前「夜のピクニック」で本屋大賞を受賞されています)

    「蜜蜂と遠雷」の売り上げは50万部突破と、メガヒット!すごい勢い!
    斉藤一美キャスターは個人的には、本屋大賞ノミネート作品【塩田武士さんの「罪の声」】を応援していたそうで、まだ「蜜蜂と遠雷」は読んでいなかったので...この作品がだいすきな私と西川キャスター、熱く語ってしまいました(笑)

    個性的な登場人物もさることながら、ストーリーのつかみも素晴らしい。クラッシックに詳しくなくても、ピアノを弾いているシーンを読むだけで、その音楽が映像で見えてくるような壮大なお話でした。※今日は本の中にもでてくるサティ「あなたがほしい」を流しながらお送りしました♪

    本屋大賞実行委員会の理事長でいらっしゃる浜本茂さんにお電話で、今回の本屋大賞について斉藤キャスターが切り込みました。
    「全国の書店員さんたちが一番売りたいと思う本」ですから。直木賞をとってもなお「この作品はすばらしい」と思われたので受賞にいたったのでしょうね。それを聞いた斉藤キャスター『よし!絶対に読みます』と言ってくれました。

    さぁあなたも読んでみませんか?
    次の日曜日、4/23は「サンジョルディの日」=『本の日』
    大切なひとに、本をプレゼントしてみてはいかがでしょう。

  • 第2回 GINZA SIX

    第2回の「SAKIDORI最前線」は4月20日にオープンを迎える『GINZA SIX』(松坂屋銀座店の跡地)
    地上13階、地下6階と、かなりスケールアップ!銀座エリアで最大の241ブランドが入り、屋上には庭園、地下3階には観世能楽堂もできます。

    ひと足先に、4/5 見学に行ってきました!
    建物の中央は吹き抜けになっていて、草間彌生さんのバルーンアートが!14個の個性的なカボチャです。

    6階に入る蔦屋書店は『アート』に特化していて、ビックブックと呼ばれる大きな本の展示販売もあります。それはどんな内容の本なのですか?という斉藤キャスターの質問に、銀座 蔦屋書店チーフコンシェルジュの谷口さんがしっかりと電話で教えてくれましたが...「春画」のビッグブックもあるとのこと。しっかり見にいきたいですね(笑)
    併設されたスターバックスでは朝からアルコールが飲める他、日本初「炭酸入りアイスコーヒーをつくるマシン」もあるそう♪

    とにかく、天井まで伸びる書棚に囲まれたゾーンでは、おしゃれな図書館にいるような気持ちに!オープンしたら、日本刀の展示販売もあるとのことなので見に行くだけでも楽しめそうです。

    グルメもファッションももちろんですが、日本の『アート・芸術』を楽しめる場所になること間違いなしです!オープンは4/20(木)です!

  • 第1回は『オペラ!』

    記念すべき1回目にお送りしたのはオペラ!

    まずオペラと聴いて何をイメージするかを2人に聞いてみました。斉藤キャスターが『蝶々夫人?フィガロの結婚?』など有名なオペラの名前を挙げる一方、西川キャスターは力強く『魔王!』と発言。(西川さんそれは焼酎の名前です。正しくは「魔笛」ですね)オペラは、セリフをすべて歌ってしまう劇と表現するとわかりやすいですが、どうしても「敷居が高くて、値段が高い」イメージがあります。

    そんな(わたしのような)初心者でもオペラを楽しめる催しをご紹介しました。
    7、8日に横浜みなとみらい 小ホールで行われる『気軽にオペラ!ラ・ボエーム』カジュアルな服装で(ジーンズでもOK)観に行くことができ、価格も5000円とオペラにしてはお手頃!

    横浜みなとみらいホール館長で作曲家の池辺晋一郎さんに電話で詳しくお聴きしました。
    海外では、新宿末広亭のような感じで「小さいスペースでオペラが楽しめるところがたくさんある」のだそう!日本でも気軽にオペラを楽しんでもらえる場所を作ろうと始まった企画だそうです。(だから横浜みなとみらいの小ホールでの開催なのですね)

    4月7日・8日(金・土) スタート午後2時~
    『気軽にオペラ!ラ・ボエーム』甘くせつないラブストーリー!@横浜みなとみらいホール 小ホール
    詳しくはコチラをclick

  • 加納有沙です!

    毎週木曜日のこのコーナー(17:24ごろ)を担当することになりました、加納有沙です。

    2016年の3月まで、文化放送でアナウンサーをしておりました。
    2016年と書きましたが、つまり去年ですね(あっという間~)
    フリーランスで活動し始めて、やっと1年が経ちました。

    こうして今も文化放送でしゃべることができて、うれしく思っております。

    ライフワークでジャズを歌い、
    家では歌謡曲を歌いながらウクレレを弾き、
    たまに、絵本やラインスタンプなどでイラストを描いております。
    (もはや、本業がどれだかわかりません)

    ちなみに、
    番組キャラクター『サキドリちゃん』も描かせていただきました~♪黄色い靴下がチャームポイントですよ(笑)みなさん、可愛がってくださいね。

    さて、そんな私がこのコーナーで、世の中で流行っているもの・これから流行りそうなものをいち早くキャッチしてお届けします!映画、本、お店、イベント...などなど、いろんな角度から切り取りますよ。報道番組のなかの、ちょっと一息なコーナーを目指します。どうぞお付き合いくださいませ。

    ※ちなみに、この写真は「お・も・て・な・し」の「も」を言っている図です

TOPへ
radiko