イラスト:サキドリちゃんby加納有沙

facebook
twtter
Issue:0000
XXX.00.2017

CALENDAR

< 2018年1月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Issue:0000
XXX.00.2017

ARCHIVE

記事一覧

  • 囲碁・井山裕太七冠 今年初のタイトル戦

    西村志野です。


    きょうは朝から囲碁の取材に!


    国民栄誉賞受賞が決まった
    井山裕太棋聖に
    一力遼八段が挑む
    棋聖戦七番勝負の第1局が
    きょうから始まりました。

    対局スタート前、
    しーんと沈黙の時間が続く
    対局室。


    囲碁の対局室に
    入らせていただいたのは
    初めてだったんですが
    独特の緊張感につつまれた空間。


    パシャっパシャっという
    報道陣のシャッター音だけが
    響いていました。


    そしてきょうの対局だけで
    お昼休憩1時間を含む
    合わせて8時間ほど
    碁盤の前に座っているお二人。


    改めて
    かなりの集中力と体力が
    必要ですよね。


    お二人、きょうのお昼は
    にぎり寿司を
    食べたそうですよ~!!!


    井山裕太2.JPG


    中継でお話を伺った
    立会人で日本棋院の顧問、
    大竹英雄さん。


    井山さんの国民栄誉賞受賞が決まった際は
    みんなでバンザイをして喜んだと
    この笑顔です!!


    井山さんは本当にすばらしい方、
    七冠独占を2度果たせる人は
    世界をみてもいないと
    井山さんの素晴らしさと、
    一力さんの今後のご活躍への期待を
    お話してくださいました。


    対局はあすも続きます!


    そしてあすは
    対局が行われている
    ホテル椿山荘東京で
    午前10時半~「大盤解説会」や
    棋士の先生に習うことができる「指導碁」も行われます。


    大竹さんも
    リスナーのみなさんに囲碁の楽しさを感じてほしいと
    お話されていました。


    みなさんぜひ足を運んでみてください!

  • こんにちは!

    西川あやのです。

    今日は、
    振袖の販売・レンタル業者「はれのひのその後」
    国民栄誉賞の受賞が決まった井山裕太棋聖・
    一力遼八段が対局している会場と中継を結んで囲碁の魅力
    長寿社会の夫婦の在り方
    これからの大相撲初場所
    ニュージャージー州でドローンの飲酒運転(操縦)禁止
    世界同時株高傾向、好景気とは?
    カスタマイズコンバース

    などの話題をお伝えしました!

    "はれのひ"については、本当に憤りを感じます。
    利用者の方の「関係者の対応が良かった」などの話を聞くと、もっとゾッとします。
    打ち合わせとか前撮り時の対応とか、、、そんなところで人と関わって信用が生まれるはずなのに、
    そこを信じられなかったら、どんなことで人付き合い、業者選びを判断すれば良いのでしょうか。
    まあ、従業員の方の中には社長の思惑を知らなかった方もいるのかもしれませんが。
    成人式当日に逃げているところには明らかな悪意しか感じられませんよね。
    成人式のみならず、他人のおめでたい行事を壊すような詐欺を思いつく人には、心の底から嫌悪を感じます。

    受験とか、成人式とか、毎年ニュースになるようなことでも、
    当事者からしたら、その年が、とにかく重要で、人生なのですよ~
    そんな重みを忘れずに、あらゆるニュースをお伝えします。

    明日のサブキャスターは、私の中の「上司にしたいランキング」第一位の水谷加奈さんです!

  • 第41回 あなた好みのバレンタインデープレゼント

    バレンタインデーが近づいてまいりました。
    加納的には「あぁ、おいしいチョコがたべられるなぁ~」と、『自分へのご褒美チョコ』のことしか考えていませんが(笑)


    愛しいあの人に、お世話になってるあの人に、大切なあの人に、
    今年は何をあげようかしら...と迷っていらっしゃる、そこのあなたにお伝えします!

    好みに合わせてカスタマイズできるスニーカー!はいかがでしょうか。

    White atelier BY CONVERSE(ホワイト アトリエ バイ コンバース)の吉祥寺店 店長 稲村苑子さんにお越しいただきました!

    稲村さんと!.jpg

    サイズに合った白地のコンバーススニーカー(ハイカット・ローカット)を選び、そこに好きなデザインを選んでその場でプリント!!

    アーティストとのコラボレーションデザインや、好みのモチーフ、イニシャルやお気に入りの数字が、大きなお店のデザイン帳の中から好きなように選ぶことができます。1月22日からオーダー受付開始となるアーティストデザインのスニーカーを4足持ってきていただきました。かわいいー!!

    girls_shoes.jpg


    そして今回なんと、稲村さんが「斉藤一美さん」をイメージして、カスタマイズしたスニーカーを持ってきてくれました。
    kazumi_shoes03 full.jpg
    アッパー(靴の外側側面)には、グレーの星柄とSAKIDORIの「S」
    タン(俗にいう「ベロ」部分)には『KAZUMI』の文字!

    kazumi_shoes04.jpg
    これには、一美さん大喜び!!「すごい!すごい!」の嵐でした。(嬉しすぎて、すぐに履いてましたね!)


    シューレース(靴ひも)はえんじ色。紐には『SAKIDORI』のチャームも入っています。

    kazumi_shoes02 sakidori.jpg
    「あ!早稲田カラー(えんじの襷)なんですか?」と西川アナが鋭いところに気が付きましたが、稲村さん曰くそこはたまたまだそうです(笑)

    ベースのシューズが7,000円、アッパー部分のプリント・タン部分のプリントそれぞれ2,000円ですから、合わせても税抜き 9,000円か11,000円!あとは好きなものを追加してもいいですよね!(チャームはひとつ250円、靴紐はひとつ800円)

    あなた好みのスニーカーが、注文して1、2時間ほどで出来上がっちゃいます。お店の混雑状況にもよるそうですが、基本的に当日中に持ち帰りできるそうです。

    kazumi_shoes03 full.jpg
    (もう一回写真載せちゃう!かっこいいなぁ~)

    彼や旦那さま、お父さんなどなど、大切な人とペアでスニーカーを作ってもいいですよね。

    アーティストLetterBoyさんのライブイベントもあるそうです。
    1月20日(土)原宿店 11時から、吉祥寺店 午後4時から
    (2月17日には吉祥寺店でワークショップも)


    詳しくは、White atelier BY CONVERSEのホームページをご覧くださいね。
    カスタマイズスニーカーを贈って、特別なバレンタインを♪

  • 第209回:はれのひ騒動、無料法律相談の設置

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』は、振袖の販売・レンタル業者「"はれのひ"のその後」。

    一生に一度の記念すべき日に泥を塗った「はれのひ騒動」。横浜市は今日、消費者問題に詳しい弁護士による無料の法律相談窓口を設置しました。横浜市経済局の山口敏子さんによると、これまでに特別相談窓口に寄せられた相談件数はなんと364件、怒りの矛先に悩む若者と家族のやるせない思いが伝わってくるようでした。

    そして、細木美知代記者は神奈川大学で学生インタビュー。他人事とは思えない学生が多く、「信頼できる企業」をいかに見分けることができるかを考える機会になったようです。

    また、同様の被害に合わないために設立された「はれのひ株式会社被害者の会」松尾俊亮さんからも、先輩から情報を得たりすることが大切とお話くださいました。


    20180118_5.JPG

    『きょうのナマチュウ』は、国民栄誉賞を受賞する井山裕太棋聖と、一力遼八段の棋聖戦が行われている椿山荘から中継。

    西村志野記者が手に汗にぎる緊迫した対局の模様をレポートしてくれました。


    20180118_2.JPG

    『SAKIDORIニュースパレード』で、石川真紀アナウンサーが紹介したニュースは、「ニュージャージー州でドローンの飲酒運転禁止」。



    20180118_3.JPG

    コメンテーターの和田秀樹さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「小室哲哉のニュースを受けた長寿社会にみる夫婦のあり方」。


    20180118_4.JPG

    『SAKIDORIスポーツ』は、高橋将市アナウンサーが五日目を迎える大相撲初場所のこれまでを統括。テーマは「大丈夫か、2横綱!?」。

    稀勢の里、白鵬の2横綱が黒星先行、さらにケガにより今日から白鵬休場という異常事態。これを受け、今後の取り組みについて相撲ジャーナリストの銅谷志朗さんにお話を伺いました。



    『ニュースパレードアネックス』は、好景気、その要因と今後のリスクを岡田紀子記者が解説。元気いっぱいの加納有沙さんが紹介してくれた『SAKIDORI最前線』は世界でひとつだけのコンバースを作ることができる「white atelier BY CONVERSE」。吉祥寺店の店長、稲村苑子さんからカスタマイズ方法やおすすめなデザインなどを教えて頂きました。本当にかわいいので、詳しくは加納さんのレポートをどうぞ!


    【今日の1曲】 Get Over / dream

  • 黒と赤

    こんにちは。 永野景子です。


    インフルエンザが流行ってますね。 大丈夫ですか?
    サキドリ内でもついにインフル患者が。
    基礎体力が下がってると感染しやすくなりますし、感染してからも
    重症化しやすいので、なるべく日頃から体力を・・・


    と思うものの、なかなかそうもいきませんよね。
    仕事が立て込んでたり、なかなか睡眠時間がとれなかったり。


    睡眠時間といえば、平均7時間寝ている人と5時間半の人を比較したところ、
    5時間半の人のほうが3~4倍、罹患する率が高くなるという話を耳にしました。
    7時間ですか・・・。 なかなか難しいですよね。


    というわけで、今日の写真は慣れない番組Pがピンチヒッターで撮った写真なので、
    ・・・ぶれてる。 ちょっとボヤッとしてる~。
    せっかく黒と赤のきれいなコントラストの衣装なのに~。
    しかも、窓に写りこんでるー!
    てか、ほかの写真もかなりボヤッとしてますねえ。


    明日は、若さでインフルを寄せ付けない西川文野アナがサブキャスターです。

  • 最新のウェアラブル端末とロボットを体験!

    こんばんは!
    細木美知代です。
    今日私はナマチュウのコーナーで「ウェアラブルEXPO」の模様をお伝えしました。
    私が番組内で取り上げた製品は3つ。
    ラジオでは言葉での説明だったので、
    製品の画像をこちらで一気にご紹介します。


    メガネ型ウェアラブル端末では
    エンハンラボの「b.g.」をピックアップしました。
    こちらはメガネスーパーのグループ会社が完成させた製品です。
    40年間培ったノウハウを元に
    目への負担が掛からないように快適な使い心地が追及されていました。

    IMG_0927.JPG
    続いて、衣類型ウェアラブル端末
    東洋紡の「COCOMI」
    この黒いシートが心拍や自律神経のバランスを測定してくれます。

    IMG_0908.JPG

    最後は、ウェアラブルならぬヒアラブル!
    bocoの「earsopen」
    鼓膜を使うのではなく、
    骨伝導で聞くイヤホンです。

    IMG_0929.JPG
    日々進化しているウェアラブル端末!
    今後どのように生活の中で活躍していくのか
    ワクワクする取材でした。


    こんばんは!竹田有里です。
    私は、ロボット社会を促進するためのロボット最新技術が集結した展示会「ロボデックス」を取材しました。

    今年で2回目の開催で、1回目の去年に比べ1.5倍の規模に拡大し、
    参加企業は200社。

    特に今年は「サービスロボット」の展示が増え、驚きのロボットたちが
    出迎えてくれました。

    勝手に竹田ランキング!

    3位:デリバリーサービスロボット
    ホテルなどで客室にまで食事や物を運んで来てくれるロボット。
    なんとエレベーターにまで乗り込んで、障害物を避けながら客室まで来てくれるというロボットくん。これなら夜お風呂入っても、素っぴんでもパジャマでも安心して受け取れますね。
    デリバリーサービスロボット

    2位:介護ロボット
    こちらは、介護用ベッドにかかる重さを検知して、
    起き上がりやベッドから離れたりなどを知らせ、自動的にナースコールに
    繋ぐというロボットです。
    ベッドからの転倒で処置が遅れたり、その後の介護スタッフの方々の事務的処理に追われるということを防いでくれる役割があり、実際に、神奈川県内で
    実証実験をしたところ、転倒がゼロになったそうです!
    介護ロボット

    そして、タッタカタッタタカタカタン!(ドラム音)
    ジャーン!

    1位:人型受付ロボット
    この方は、AIから名付けられたアイちゃん、23歳。
    日・英・中・韓の4ヶ国語が堪能な美人受付嬢さんです。
    端末と連動して、受付対応をしてくれます。
    2回目に会社へ訪問した際は、「ようこそ!文化放送の竹田さま!」って
    所属と名前を呼んでくれるんですよ!
    受付や案内をしてくれますが、それだけでなく、
    本当に人間の女性のようにユーモアたっぷりの会話を楽しませて
    くれます。

    竹田:「体重は?」
    アイちゃん:「お姫抱っこしてもらえるくらいの重さですっ」


    か、かわいい・・・・
    言ってみたい。笑

    ゆくゆくは、「図書館などでも活躍してもらいたい」と、
    開発をした協栄産業の萩谷昌弘さん。

    人手不足、働き方改革が叫ばれる中、
    ロボット開発にますます注目が集まりそうですね。

    受付ロボット

  • パンデミック状態

     元気ですかっ! というとアントニオ猪木さんみたいですが、サキドリチームではインフルエンザがパンデミック状態。1人欠け、2人欠け・・・
    そこで、吉田涙子記者が、メールを選んだり、もろもろやってくれました。
    しゃしん3.jpg
     今日のSAKIDORIの記事は、プロデューサーのアタシが更新中です。
     きょうは、阪神淡路大震災の発生から23年ということで、早朝、西に向かって黙とうをささげました。オフサイドのコーナーでは、神戸市長田区から石森則和記者の中継。そして、震災当時、取材で知り合った上方落語の露の団六師匠、そして中国古箏の奏者、伍芳さんにご出演いただきました。
    しゃしん4.jpg
     きょうのナマチュウ枠では、細木美知代記者と竹田有里記者が東京ビッグサイトでの催しを取材。細木記者はウェアラブルEXPO、竹田記者はロボット技術展。詳しくは「記者たちのオフマイク」のページを見てね。
    しゃしん.jpg
     しかし、放送をやりながら番組ブログを更新するの大変。サキドリニュースパレードの石川真紀キャスターらのスタジオ写真、ちょっと手ぶれしちまったなー。ま、いっか。
    しゃしん2.jpg
     きょうはこのほか、寺島啓太アナが、シューズメーカー、ニューバランスの新戦略の話を、吉田たかよし先生は、受験シーズン、ここ一番で脳をベストコンディションにする胃腸のケアについてお届け。詳しくはタイムフリーで!
    しゃしん5.jpg
     では、この写真はなんだ?っちゅう話ですけど、本当は、忙しい合間を縫って、これを食べたかったのに、もろもろ忙しくて食べられなかったという無念を、写真で載せておきました。あ~、早く、みんな、復活してこないかな。スタッフ~


    きょうの1曲 あのひとともに / 伍芳 (ウー・ファン)
            変わらぬ想い / ジョージ・ベンソン

  • 24時間営業のパン屋さんのデニッシュ!

    こんばんは。

    竹田有里です。
    本日のナマチュウでは、パン業界の現状と常識破りのパン屋さん居ついて
    ご紹介しました!

    今や、日本の一般家庭のパンの消費額がお米の消費額を超えて、
    パン食は私たちにとって欠かせない食べ物となっています。

    とは言っても、パン屋さんの経営は厳しく、年々減っています。
    競争の激化や後継者難などが主な原因だそうです。


    そうした中、生き残りをかけて、独自性を生かしたパン屋さんが
    注目を集めています。
    なんと年中無休の24時間営業のパン屋さん・モンシェール!
    しかも、東京・江東区の東陽町にあり、お客さんがひっきりなしに
    訪れているそうです。
    焼きたてのデニッシュロール専門のパン屋さん。
    もちろん、スタジオでいただきましたよ〜☆o(≧▽≦)o
    生地がふんわり、程よい甘さで、耳の部分も香ばしい!
    クセもなくいくらでもいけちゃう!!!!!

    モンシェールさん以外にも、広島市にあるパン屋さんでは、
    週3日、しかも朝の4時から11時までの、ヨーロッパタイプのパン2種類のみを販売。
    最高級の小麦粉を使っているそう。
    今ではネット販売で全国から注文が殺到しているんだそうです。

    こうした独自路線で売り上げを伸ばすパン屋さんは、これからますます増えていきそうですね。

    あー、パンの味を思い出すと、お腹が減ってくる・・・

    明日は、永野景子サブキャスターです!
    お楽しみに〜


  • ゲスト:神奈川リハビリテーションセンター 主任研究員 沖川悦三さん

    今日は、厚木市にある神奈川県総合リハビリテーションセンターの主任研究員、沖川悦三さんをゲストにお迎えしました。

    写真家の清水一二さん曰く、「平昌オリンピックに出場するチェアスキーのトップ選手たちが使うスキーは、みんな、沖川くんが携わっている」とのこと。

    具体的には衝撃吸収の設計とアイデアという要となる部分を担当しているそうです。

    ところでチェアスキーとはどんなものかご存知でしょうか?

    通常の二枚板のスキーと異なり、一枚板で滑っていくスポーツ。一見バランスを取るのが難しそうですが、意外と安定しているそうで、ターンは二枚板より素早く切り替えられるといいます。トップ選手では100~120キロの速度で滑るそうで、見ているだけでもヒヤヒヤとしてしまいそうです。


    後半は、沖川さんがチェアスキーに携わるようになったきっかけや、今後のよりよい機器づくりに向けた意気込みなどを伺いました。

  • 第207回:定例会見からのサキドリ!

    オンエア前に行われた文化放送・上口社長の定例会見において、一美さんと石田純一さんが番組宣伝を兼ねて出演しました!

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』は、「国内初、人の死亡例が確認されたコリネバクテリウム・ウルセランス感染症」について。

    犬や猫からの細菌感染症ですが、「一体どんな病気なのか?」、「症状や対処法は?」、東京動物医療センターの副院長・南直秀先生にお話を伺いました。

    舌を噛んでしまいそうな病名ですが、「コリネ」とは「こん棒」という意味で、細菌の形がこん棒に似ていることから由来しています。鼻水、咳、くしゃみといった風邪に似た症状があり、、感染している猫にも同様の症状が確認されています。

    20180116_2.JPG

    今回は不幸にも死亡者を出してしまいましたが、早いうちに抗生物質を使うことで回復は可能であり、日常からの手洗い、うがいも欠かさず行うことが大切。特に猫と戯れたりして唾液などに触れてしまった時は念入りに行った方が良さそうです。気になる方は、飼い猫に風邪のような症状が出たら病院につれていって検査をするのをおすすめしてくれました。



    『きょうのナマチュウ』は、「パン業界の現状と、常識破りのパン屋さん」。

    近年は空前のパンブーム! 様々なところでパンフェアが盛んに行われていますが、総じてパン屋さんの売れ行きが厳しいと語るのは、パン関係の書籍を発行しているパンニュース社の矢口和雄さん。生産量と支出金額を見てみると、売上のいいところと悪いところの両極が進んでいるのかもしれないと予測します。

    20180116_4.jpg 

    そんな中、江東区東陽町にあるパン屋「モンシェール」では、なんと24時間営業を20年続けており、お客さんはひっきりなしに訪れる大人気のお店。元々はパンの製造工場でしたが、近所の方からの要望で販売を開始したところ、人気のため製造が追いつかず24時間パンを作り続けているといいます。西村志野記者が現地から伝えてくれました。

    20180116_3.JPG

    こちらがその大人気のパン。スタジオでも試食しました。みなさん、「美味しい!」と大絶賛。

    20180116_5.JPG


    『SAKIDORIニュースパレード』で、石川真紀アナウンサーが紹介したニュースは、「行政の電子化拡大を目指す閣僚会議が今日官邸で開催」。

    20180116_6.JPG

    マイナンバーカード普及のための施策として、引っ越しなどで行われければならない様々な住所変更を一括で済ますことができるようウェブサイトやアプリを開発する計画を策定。便利になる一方、IT企業に依頼するため、落札価格のつり上げなども懸念されるということです。



    コメンテーターの石田純一さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「公文書管理の危機」。

    20180116_7.JPG
    国の行政機関で用いられ、適正な管理や公開が義務付けられている公文書ですが、去年は森友・加計問題での政府の姿勢に強い批判が集中しました。徐々に改善されてはいるそうですが、メールに関して個人の裁量にまかされる部分が多いため、人にゆだねるのではなく、細かく規定を決めるべきだと語りました。

    20180116_8.JPG
    『SAKIDORIスポーツ』は、長谷川太アナウンサーが語る「ロシアワールドカップ対戦国紹介」。
    日本が対戦するコロンビア、セネガル、ポーランドの3国についての基本情報や、注意すべき選手を解説してくれました。


    20180116_10.JPG
    『ニュースパレードアネックス』は、清水克彦デスクが朝鮮半島の有事に備え、日本政府が韓国に駐在する日本人やアメリカ人の救出方法の検討に入った報道を受けて行われた菅官房長官の会見の様子を伝えてくれました。


    【今日の1曲】 あの頃のまま / ブレッド&バター

  • 24時間営業のパン屋さん

    西村志野です。


    きょうのナマチュウは東陽町の
    24時間営業のパン屋さん、
    「モンシェール東陽町工場」から
    お届けしました!


    24時間営業をはじめて
    もう20年にもなるそう。
    中継中もひっきりなしに
    お客さんが購入にきていましたよ~!!


    パン3.jpg


    こんな形の生地が

    パン2.jpg


    焼きあがるとこんな感じに☆

    外はさくっ
    中はふわふわ、しっとり。


    本当にいつまでも食べられるくらいおいしいんです。

    バターと生クリームを通常のデニッシュパンの2倍ほど
    ふんだんに使っていて、手に持つとずっしりと重みも感じられます。

    工場では20人ほどがシフトの交代制で働いていて
    はじめは朝4時から夜8時ごろまでだったのが
    だんだん需要とともに時間が伸びて
    24時間営業になったそうです。


    予約なしに購入できるのはプレーンのみ、
    予約をすればチョコレート、カスタードなど
    さまざまな味を楽しむことができます!


    地元の方をはじめ遠方からも
    多くの方が足を運んでいて
    夜中はタクシー運転手の方や
    夜働いているみなさんにも親しまれているそうです。


    私もきょう1日でこの味の虜に・・・!
    中継スタッフもみんな、購入していましたよ~^^


    いまの時代、経営を続けるのも厳しいお店が多い状況のなか
    24時間営業を20年も続けるパン屋さん。


    また足を運びたいです。

  • 第206回:安倍総理のヨーロッパ歴訪を探る

    番組前、埼玉銘菓「十万石まんじゅう」の陸王コラボを食べてご機嫌な一美さん。
    甘いものを食べつつ、気合を入れてお送りしました。



    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』は、「安倍総理、ヨーロッパ歴訪の意味」。
    2018年、最初に訪問国に選んだのがバルト3国など6ヶ国。将来のEUとの関係はもちろん、まだ訪れたことがないことから地球儀俯瞰外交を意識した選択のようです。
    また北朝鮮のミサイル脅威において圧力路線の先頭にいる日本としては、エストニア以外の北朝鮮と外交のある国々に圧力の理解を深め、協力してほしいという要請を行うのではないかということです。



    『きょうのナマチュウ』は、シニア層に人気のダンスをピックアップ!
    今日叫ばれる健康寿命の重要性を受け、健康目的でヒップホップダンスを始めるシニアが増加中。
    そこで、佐藤圭一記者が東中野ダンススクールDスタジオで実際に体験。
    20180115_2.JPG
    代表の杉浦さんに「一番ぎこちない」と言われた佐藤記者(笑)


    生徒は、50代~80代まで幅広く、みなさんダンスを通じてリフレッシュしたり、体が軽くなるなど健康を実感しているようです。
    脂肪燃焼やバランス機能の維持、認知症予防など、様々な効果が期待されるダンス、素晴らしいですね。
    20180115_3.JPG
    西村志野記者は、街中でシニアの運動事情を聞き込み。
    珍しい運動はしなくとも、日常の中で歩くことを意識したり、朝ウォーキングをされる方など、無理のないところで実践している方が目立ちました。
    20180115_4.JPG



    『SAKIDORIニュースパレード』で、石川真紀アナウンサーが紹介したニュースは、「アメリカのがん予防委員会が発表 "飲酒はがんの危険性を高める可能性がある"」。
    20180115_5.JPG
    過剰な飲酒や食堂や結腸などのがんの原因になり得るといった研究報告がありました。
    気になる飲酒量は、所謂「深酒」といわれるものは、アルコール5%、約340mlのビール缶1缶を2時間以内に男性は5本、女性は4本飲むことを指すそうです。
    みなさんもお気をつけください。



    20180115_6.JPG
    コメンテーターの姜尚中さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「北朝鮮危機の今後」。
    世界が注目する北朝鮮の今後。平和的、外交的解決はあるのか日々動向に厳しい視線が注がれています。そんな中、明日からバンクーバーで開かれる北朝鮮関連外相会合でどのような話し合いがされるのか、結果によっては日本は今後厳しい選択を迫られかねないとお話してくださいました。



    20180115_7.JPG
    『SAKIDORIスポーツ』は、砂山アナウンサーが語る「Bリーグと卓球」。
    熊本で行われたBリーグのオールスターを熱く語る砂山アナ。盛り上がる地元の様子も伝えてくれました。
    また、今日から21日まで行われる卓球の全日本選手権も見どころをご紹介。



    『ニュースパレードアネックス』は、国会から奥山記者が希望の・古川元久幹事長と民進党・増子輝彦幹事長の統一会派結成に向けた会談の様子を伝えました。
    焦点となった安全保障関連法の扱いについては、違憲と指摘される部分の削除を含め必要な見直しを行うことで合意しました。



    20180115_8.JPG
    月曜日の『世の中SAKIDORI』は、芸能アラカルト。放送作家でコラムニストの山田美保子さんです。
    今日は「浅野ゆう子さん結婚」のニュース。過去の辛い恋愛や親友である野際陽子さんの死を乗り越えての今回のおめでたい話題、2018年は熟年結婚の流れが来るかもという予想も。


    【今日の1曲】 愛があれば大丈夫 / 広瀬香美

  • 踊るシニア!時代はダンス?

    きょうのナマチュウは「踊るシニア!時代はダンス?」と題して

    わたくし佐藤、東中野駅すぐ近くにあるヒップホップ教室

    「Dスタジオ」に行ってきました!

    きょう開催されたヒップホップ入門クラスには50代~80代の6名が参加して私も体験させて頂きました。

    いやー、私適度な運動心がけているんですけどね、

    全く踊れませんでした!!


    こんな感じです。
    hip3.JPG

    ダメな感じしません??


    なんかくねくねしてます。


    体固い!

    ヒップホップって
    20秒あれば5つ以上の動きができてしまうので頭も使います。

    覚えるのも大変。

    私以外の受講者はあっという間に覚えてかっこよく踊っていました。


    憧れますね。

    中継ではDスタジオ代表の杉浦さんや受講者にお話を伺いました。
    hip5.JPG
    シニア世代の運動としてヒップホップが優れている点は

    ・意外とリズムがゆっくり

    ・踊りの自由度が高い


    というところだそうです。


    あと私頭もよく使ったと感じたので頭の体操にもなりそうですね。

    それにしても今日の参加者のみなさんかっこよかった。

    いくつになってもチャレンジできますね!!


    私も負けてられません!!!


    hip4.JPG

    佐藤圭一

  • 聖火ランナーとして走ってみたい!

    2020年の東京オリンピック。
    皆さんは聖火ランナーとして走ってみたいでしょうか?


    きょうのナマチュウでは、
    街の皆さんにお聞きしました。
    走りたい方の声としては
    「一生に一度の貴重な記念になるから」
    「何かにチャレンジするいいきっかけになりそうだから」など。
    一方で、走りたくない方は
    「体力に自信がない」「目立ちたくない」「見て応援したい」という意見でした。

    聖火ランナーとして走っている姿を見たい有名人は、
    XJAPANのYoshikiさん
    安室奈美恵さん、矢沢永吉さん、
    その他ピコ太郎さんの名前などが上がっていました。
    実現したら、ものすごい盛り上がりになりますね^^


    ちなみに、ルートやランナーの詳細は
    来年夏に発表される予定です。
    一般ランナーの募集枠としては
    スポンサー枠、JOC(日本オリンピック委員会)枠、
    東京オリンピック・パラリオンピック競技大会組織委員会枠の3つが考えられます。
    走りたい!と思っている方は
    来年の夏ごろこれらの公式HPをチェックしてみて下さいね。


    それにしても今日も外は寒かったですね...
    天海Dがスタンバイ中の写真を撮ってくれていたので載せてみました。
    見るからに寒そうです。笑
    IMG_0892.JPG

    皆様、風邪など引かないよう週末もあたたかくしてお過ごしください。
    細木美知代

  • 第205回:野菜が高い!

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』で議論したのは「今、野菜が高い! なぜ? いつまで?」。
    レタス、キャベツ、大根など軒並み2倍以上の価格高騰が続き、消費者はもちろん、小売店や飲食店が悲鳴をあげています。
    原因と言われているのが、去年夏の長雨とそれによる日照不足、さらに大きな被害をもらたらした台風21号、22号で、レタスしゃぶしゃぶが人気の湯島「味の上田」では、「20年近く営業していて初めてのこと。今はこの状況に我慢するしかない」と苦しい胸の内を明かしてくださいました。
    価格高騰は1月末~2月にかけて徐々に解消されるということで、もやしや豆苗など、あまり価格に影響していないものをうまく活用しながらやり過ごすのが良さそうです。



    『きょうのナマチュウ』は、聖火リレーランナーの謎に迫る。
    平昌オリンピックの開幕が迫った韓国国民はどのくらい盛り上がっているのか、今行われている聖火リレーをどう見ているのか、ソウル大学専任研究員の吉方べきさんに伺いました。
    今日は荒川静香さんや高橋大輔さんが聖火リレーの走者を務め、今は慰安婦問題など日韓関係が微妙な中ではありますが、韓国国民は政治とスポーツは別ととらえてみんな応援しているということです。
    また、スタジオでは2月5日に走ることが決定している八木沼純子さんとお電話を繋ぎ、選ばれたときの気持ちや本番への意気込みを伺いました。
    20180112_2.JPG
    そして、やはり気になるのは2020年の東京オリンピックの聖火リレー。取材をした細木美知代記者によると、長野オリンピックでは約6600人のランナーが参加しましたが、過去の傾向を考えると1万人くらいは選出されると予想。街ゆく方も「チャンスがあれば走ってみたい!」という方もいて、中にはX JAPANのYOSHIKIさんが走るところを見てみたいなどユニークな意見も聞くことができました。


    20180112_3.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』で、石川真紀アナウンサーが紹介したニュースは「10年ぶりに"広辞苑"改訂版発売。新語1万語収録」。
    10年ぶりとなる改訂版が今日発売され、「ブラック企業」、「LGBT」など、約1万項目が追加されました。今回は専門性の高い医療系の言葉が増えたということで、一美さんも大変興味深い模様。普通の辞書と電子版の2種類がありますが、「やっぱり紙の辞書がいいなぁ」と感想をぽつり。



    20180112_4.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「逃げ回るのはおやめなさい!」。
    森友問題の際、「破棄済みで復元できない」と答弁していた元財務省の佐川宣寿理財局長。現在は国税庁長官ですが、就任会見も行っておらずマスコミから逃げている状況だと指摘。
    確定申告の季節ですが、大事な書類が「破棄済み」なんてならないようトップがしっかりしてほしいものです。



    20180112_5.JPG
    『SAKIDORIスポーツ』は、砂山アナウンサーが語る「スキージャンプ女子」。
    高梨沙羅選手を中心に、ジャンプ女子ワールドカップ札幌大会の注目選手や見どころを紹介してくれました。


    20180112_6.JPG
    『ニュースパレードアネックス』は、自民公明、小池百合子都知事の賀詞交歓会の模様を伊藤佳子記者がレポート。



    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、舘谷春香アナウンサーが今日からスタートした「ふるさと祭り東京2018」の会場からお届け。
    20180112_7.jpg
    和歌山県の情報発信基地「わかやま紀州館」を担当されている和歌山県 農林水産部 食品流通課の山下隼人さんにおすすめグルメを紹介して頂きました。
    舘谷アナが試食したのは、勝喜梅の梅チーズと、まんぷくフードサービスの紀州うめどりのから揚げ。おいしそう20180112_8.JPG
    20180112_9.JPG
    1月14日午後1時20分からは、「和歌山県産品の詰め合わせセット」が当たる参加型のクイズ大会も! ぜひ足を運んでみてください。


    【今日の1曲】 スマイル この素晴らしき世界 / IMA


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!

  • 第204回:籠池夫妻の長男、籠池佳茂さん語る

    『ニュースオフサイド』は「籠池夫妻の長男が語る、異例の長期勾留」。

    森友学園の前理事長・籠池泰典被告と妻の諄子被告が 詐欺容疑で逮捕されてから5か月以上にわたり、大阪拘置所に勾留されています。

    こうした現状をうけ、電話をつないで話を聞いたのは、 籠池夫妻の長男、籠池佳茂さん。

    森友学園が経営する塚本幼稚園が事実上、閉園状態にある中、 佳茂さんが今どのように生活しているのか、籠池夫妻が拘置所の中でどのような生活をしているのか、 お話をして下さいました。

    国有地を格安で購入した籠池夫妻が立件されたのに対し、 格安で売却した財務省近畿財務局が立件されていない現状については 「アンフェア」だということでした。

    5か月という勾留期間は異例と言われていますが、 詐欺容疑で逮捕された場合、勾留はどのくらいの期間が妥当なのか。

    元裁判官で弁護士の安原浩さんは 「一概には言えませんが、長引くのは暴力団などの組織犯罪の場合」と 見解を話してくださいました。


    『きょうのナマチュウ』は「プロ野球新人選手研修会、開催中!」。

    日本野球機構が都内で行ったプロ野球の新人選手研修会を取り上げました。

    新人選手研修会は、新人選手を集め、プロ野球選手としての心構えなどを研修形式で学ぶもの。

    西村志野記者は午前中に行われた「野球殿堂博物館」見学をレポート。
    清宮幸太郎選手など注目の新人選手の様子や野球殿堂博物館の魅力などを伝えてくれました。

    細木美知代記者が伝えてくれたのは、午後に行われた「アンチドーピング」など6つの講義の詳細。

    1515653739013.jpg

    石川真紀 キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』 で今日取り上げたのは、「指揮者デュトワ氏、セクハラ疑惑で芸術監督退任」のニュース。

    デュトワ氏は過去に複数の女性らにセクハラ行為を繰り返していたとの疑惑について、声明で「身に覚えがない。根拠も全くない」と否定しています。

    「やっている側がセクハラと思っていなくても、相手側がそう感じてしまったらそれはセクハラと判断される、そういう世の中なんだと今のスタンダードを知っておかないと。」と、和田さん。

    sakidori2018111.JPG

    木曜コメンテーター、精神科医の和田秀樹さんが語り下ろした今日の『オピニオン』は「大切なのに軽視される栄養学」。

    日本の医療は何でも薬でなんとかしようとする一方、栄養学はないがしろにされていると指摘。
    病気を治すという意味で重要な役割を果たしてきたのに、ほとんどの医学部には栄養学を教える先生がいない、と嘆いていました。

    サキドリ2018-111 (2).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』は寺島啓太アナウンサーが、ライオンズに復帰して1年目の松井稼頭央選手について取り上げました。

    東京都内で自主トレが公開され、今回の自主トレのこと・今シーズンの意気込みについて「ひーひー言いながら自分を追い込んでやってる。瞬発的な部分を。ファンの皆さんに7番が走っている姿を見せたい。勝ちたいですね。ライオンズでの優勝は味わっていないので僕もその一員になれるように。」と語った松井選手でした。

    サキドリ2018-111 (3).JPG

    『ニュースパレードアネックス』 AI=人工知能を搭載したソニーの新しい犬型ロボット「アイボ」が1月11日(ワン・ワン・ワン)の今日に合わせて発売されました。 旧型からおよそ12年ぶりの発売。どんな風に進化したのか、 岡田紀子記者が伝えてくれました。

    ビーグル犬を思わせるフォルムで、抱きかかえるとすっぽり包み込める大きさ。鼻のところにはカメラが付いていて、甘えさせてくれる人・お世話してくれる人になついたり、甘えるしぐさも。スタジオのみんなの頬も緩んでしまう可愛さ!

    サキドリ2018-111 (4).JPG

    加納有沙 レポーターの『SAKIDORI最前線』 。

    今日は久しぶりに本、しかも絵本の話題をお送りしました。 神保町のブックハウスカフェで選りすぐった絵本をスタジオに・・・。どんな絵本だったかは加納さんの『世の中SAKIDORI!~最新 映画・本・お店情報~』の記事をご覧ください。
    サキドリ2018-111 (5).JPG


    【今日の1曲】マカロニ/Perfume

  • こんにちは!

    西川あやのです。
    今日は、
    「籠池夫妻の長男が語る、異例の長期勾留」
    今日行われたプロ野球の新人研修
    和田さんが語り下ろす「大切なのに軽視される栄養学」
    埼玉西武ライオンズに復帰して1年目、松井稼頭央選手
    今日発売された新型「アイボ」
    指揮者デュトワ氏セクハラ疑惑で芸術監督退任
    などの話題をサキドリしました!

    1999年に初代アイボが発売されましたが、
    あの時は、賃貸に住んでいたので、とにかく「アイボ」に憧れる日々でした、、、。
    小学校の友人には、本物の犬や「アイボ」を飼っている子がたくさんいて
    写真などを見せてもらって羨ましかったのです。
    あの時は、高価で買ってもらえなかったけど今回こそは、、!
    自腹で購入出来るように、今日から貯金を始めようと思います。

    明日のサブキャスターは私の中の「上司にしたいランキング」第一位の
    水谷加奈さんです!

    あやのさん2018111 (1).JPG

  • プロ野球新人選手研修会

    西村志野です!

    きょうは細木さんと一緒に
    プロ野球新人選手研修の取材・中継でした。

    殿堂博物館.jpg


    私は午前中に行われた
    野球殿堂博物館の見学の取材に。


    ベイスターズの選手のうちの1人がインフルエンザに感染したため
    ベイスターズの新人選手は全員欠席し、
    そのほかの11球団の新人選手104人と審判1人が
    参加しました。


    殿堂博物館には4万点もの野球資料があり
    そのうち2千点ほどが常設展示されています。


    日本ハムファイターズの清宮選手(早稲田実業)や
    広島カープの中村選手(広陵)も
    大先輩・王貞治さんや衣笠祥雄さんのユニホームなどの前で
    笑顔で記念撮影に応じていました。


    入寮、新人合同自主トレスタートと緊張の毎日が
    続いていた選手たち、
    他球団の新人選手と顔を合わせ
    ほっとした表情なども浮かべながら
    野球の歴史、これから飛び込むプロ野球界の歴史を
    学んでいました。


    館内にはすでに
    去年同じように新人選手として館内を見学した
    去年の新人王・京田選手(中日)と源田選手(西武)の
    スパイクやバットも飾られていて、
    学芸員さんも
    1年目からみなさん活躍して
    ぜひ展示させてくださいと激励していました。


    これからどんな活躍をみせてくれるのか、
    プロの舞台のスタートに立ち会えて
    私も本当にわくわくしました。


    シーズン開幕が楽しみです!!

    IMG_0879.JPG


    私、細木は、午後から行われた座学の研修会を取材しました!
    4時間半に渡る長丁場。
    真剣に耳を傾けようとしながらも、
    どうしても堪えきれないあくび姿のルーキーも...ちらほら。
    しょうがないですよね(笑)取材していて微笑ましかったです。

    今日は6つの講義が行われたんですが
    ナマチュウでは「アンチドーピング活動」の講義に注目しました。
    カヌー選手による薬物混入が問題になっているだけに、
    どうしても気になってしまいます。


    そして今だからこそ、
    講師であるNPB医事委員会 富田一誠委員長の
    「ドーピング検査は決して悪い人を捕まえるものではない。
    ドーピングをしていないのに陽性になってしまった
    クリーンな選手たちの権利を守るためにある。
    選手が、そして野球界がクリーンであることを証明する唯一の方法なんです」という言葉が響きました。

    これからプロとして活躍していく新人選手たち。
    フェアプレー精神のもと
    私たちに夢を与えてくる存在になってくれることを期待しています!

  • 第40回 注目の絵本!

    今回はひさしぶりに本のご紹介!
    しかも、絵本です。

    大人になっても絵本が好きな、わたくし加納ですが
    小さいころに読んだ絵本を久々に読むととても懐かしいですし、
    おとなになってからわかる、絵本の「違う味わい方」もあるような気がしています。

    そこで今回は、神保町にある絵本の専門店「ブックハウスカフェ」の店長 茅野由紀(ちのゆき)さんにお電話でお話を伺いました。


    ブックハウスカフェは昨年5月に神保町にオープンした、絵本専門店。およそ60坪の店内に約1万2千冊の絵本。店の中心部にはカフェスペースもあって、コーヒー・軽食のほか、お酒も販売しているそうです。おむつ替えや授乳スペース、キッズスペースもあるので、お子さん連れでも安心ですね。


    今回スタジオに持ってきた絵本は、
    去年11月に発売された「おでこはめえほん」の「けっこんしき」です。


    おでこはめえほん.jpg

    こんな絵本ですが、180度に開いてみると...

    おでこはめえほん2.jpg

    絵本の下の部分に頭が入るような穴が!
    この本を、カチューシャをはめるようにおでこに合わせるとあら不思議!
    だれでも、花嫁さんに!!!


    加納ちゃん2018111 (6).JPG

    (西川さん、似合いすぎです)


    他にも、お婿さんやお寿司屋の板さん
    加納ちゃん2018111 (3).JPG

    加納ちゃん2018111 (4).JPG


    一美さんはなんとネコに!!!
    加納ちゃん2018111 (1).JPG

    (「なんだかCATSみたいですね」と言ったら、一美さん歌をうたっていましたね。気づきました??笑)

    大人もこんなに楽しめる「おでこはめえほん」
    こどもと一緒に家族でわいわい楽しめる絵本もいいもんですね!

    茅野店長がほかに注目している絵本は、
    「孤独のグルメ」の久住昌之さんが描いた「大根はエライ」(福音館書店)
    日本で一番食べられている野菜のひとつである大根ですが、どこか脇役感が強い。
    その大根がどんなに活躍しているかを描いています。久住さんの大根への愛情をひしひしと感じる一冊だそうです。
    (福音館書店絵本月刊誌で発行されたものの、ハードカバーバージョンです)
    発売は1月中旬ですよ。ひかえめな大根のコメントにも注目です♪


    ブックハウスカフェではイベントがたくさん開催されています。
    絵本の読み聞かせ、絵本作家さんと絵を描いたり、落語会やすごろく・かるた大会なんかもあるのだとか。
    さらに、平日の夜には作家さんの講演会などのほかに、お酒を片手に大人のための絵本読み聞かせ、絵本と手話のコラボ講座などなど。一風変わったものだと、なんと「ポールダンスショー」まで行われたそうです!!絵本屋さんの枠を飛び越えていきますよね!!

    気になった方は、神保町にある『ブックハウスカフェ』へ是非いってみてください。
    詳しくは、ブックハウスカフェのホームページを検索してみてくださいね。
    気持ちのいいJAZZの流れる素敵な店内でしたよ♪

    加納ちゃん2018111 (5).JPG
    (マハラジャでダンス♪)

  • 第203回:文筆家の古谷経衡さんがコメンテーターに!

    今日から、SAKIDORI!に新たなコメンテーターが仲間入り!

    第2と第4水曜日を務めて下さることになったコメンテーター、文筆家の古谷経衡さんです。これからどうぞよろしくお願いいたします!

    古谷さん.png

    『ニュースオフサイド』のテーマは「二人の元総理が「原発から自然エネルギーへの全面転換」を提言」。原発から自然エネルギーへの全面転換の可能性について特集しました。

    まずは、小泉元総理らの記者会見の模様を石森則和記者がレポート。

    お電話を繋いだのは、 環境エネルギー政策研究所の飯田哲也さん。ここ数年の原発再稼働の動きについて「一進一退。国が"原発ゼロ"の体制をとっていないから。このままいくと、最大に不幸なのは国民だが、原発を再稼働せざる負えない電力会社も不幸。」とお話してくれました。


    では、東京の事情に見合った電力作りについてはどうなっているのでしょうか?

    細木美知代記者は、東京・大田区城南島にあるバイオエナジー株式会社のバイオマス技術を利用したバイオガス発電を取材。簡単に言うと、集まった生ごみを微生物分解して電気とガスを作るというものなのですが、メリットや課題を伝えてくれました。

    細木記者が、写真付きでこちらのレポートを『column~記者たちのオフマイク~』に書いてくれています。ぜひご覧ください。

    サキドリ2018110 (1).JPG


    『きょうのナマチュウ』は、 自民VS共産、党本部食堂対決!

    国政選挙のたびに激しく火花を散らしてきた自民党と共産党。

    党所属の国会議員や秘書、職員たちの胃袋を満たすそれぞれの党本部の食堂から、とっておきのメニューの数々を中継でお伝えしました。

    代々木にある共産党本部の食堂には西村志野記者。

    ナマチュウ食堂対決 (1).jpg

    S_7286946486461.jpgS_7286946538803.jpg

    永田町にある自民党本部の食堂には、竹田有里記者が。
    ナマチュウ食堂対決 (2).jpg

    received_10215197071711004.jpgreceived_10215197071751005.jpg

    ダイエットのため、昨日から何も食べていない古谷さんは「写真だけでももう、居てもたってもいられない!」とおっしゃっていました。

    結果は・・・共産党の勝利!!

    『column~記者たちのオフマイク~』に西村記者&竹田記者が、それぞれの食堂の雰囲気やこだわりなど詳しく書いてくれていますので見てみて下さいね!


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたニュースは、「無職の若者に公営住宅提供、大阪」。

    自立を目指す無職の若者のために、公営住宅を無料で提供し、就労訓練ができる事業を大阪府とNPO法人が実施している。就職に向けた準備や地域住民との交流といった多様なプログラムを経験し、すでに数名が仕事に就いた。全国的にも珍しい取り組みとして、他の自治体から問い合わせや視察が相次いでいる。

    古谷さんは関西の特殊な賃貸の仕組みについてお話して下さいました。

    サキドリ2018110 (3).JPG

    今日のコメンテーター、文筆家の古谷経衡さんが語り下ろした今日の『オピニオン』は「改めて、慰安婦問題を考える」。

    日本が政府予算から拠出した10億円について、韓国政府が同額を用意すると表明したばかりの慰安婦問題。

    日本国内でもこの問題に関しては様々な意見を持っている人がいるとしながらも、戦時性暴力と、慰安婦たちに給与として支払われた軍票の滅失という2つの問題を念頭に置いた上で「良い・悪い」を言うべきではないだろうかと疑問を投げかけました。

    サキドリ2018110 (2).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』今日の担当は飯塚治アナウンサー。

    サンデイエゴ・パドレスへの移籍が決まった牧田和久投手の話題を、牧田投手の音声を交えてお送りしました。

    「ものすごい球を投げる。メジャーへ行ったら、活躍することは間違いがない!」と一美キャスターも太鼓判。

    サキドリ2018110 (4).JPG

    『ニュースパレードアネックス』 学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、情報開示請求をしたにもかかわらず、国は不開示と回答し続けています。 今日、都内在住の女性や弁護士らが異議申し立てを行いました。 記者会見場からは吉田涙子記者。

    「4月に開学したらこの問題は「はい、終了!」ではなく、もしかしたら開学してから分かってくることもあるのではないか?むしろこれからだと思っている。」という女性や弁護団の覚悟の声を伝えてくれました。



    『SAKIDORIクリニック』では、医学博士の吉田たかよし先生が、「すい臓がんの予防法」を教えてくれました。

    すい臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれており、がんの初期には自覚症状がないのが特徴です。しかも見つかったとしても、5年生存率は、7.9%というから恐ろしいですよね。

    喫煙・アルコールを摂り過ぎないこと。そして、一日にコーヒーを4杯飲むことで、カフェインとポリフェノールの相乗効果ががんを防ぐ効果をもたらしてくれるのだそう。


    【今日の1曲】魔法のコトバ/スピッツ

  • コーヒーで病気予防

    こんにちは。 永野景子です。

    今日から隔週で水曜のレギュラーコメンテーターとして
    登場していただくことになった、古谷経衡さん。
    番組には何度も出ていただいているので分かってはいましたが、
    本当に真面目でちゃんとした方です。
    とても勉強してらっしゃいますしね。
    色んな話が聞けますし、とても楽しみです。


    さて、たかよし先生のコーナーでうかがったのは、すい臓がんの話。
    見つかる頃には進行していることが多い病気で、5年生存率は7%台とか。
    予防に効果が期待できるのはコーヒーとのことで、
    他の病気とあわせて考えると、ベストは1日4杯飲むことだそうです。


    コーヒーカップで4杯なので、マグカップだと3杯くらいかなあ。
    でも私がいつも飲むのはカフェラテ。 コーヒーの量としては少ないから...
    6杯くらいの計算になるのかなあ。


    明日のサブキャスターは、病気予防をあまり考えなくてもいい若さの西川文野アナです!

  • 生ごみからエネルギー創出!

    きょうは、オフサイドのコーナーで
    大田区城南島にある「バイオエナジー株式会社」の
    バイオマス発電工場を取材してきました!

    こちらの工場では、
    従来捨てられてしまうはずの生ごみが
    微生物の力で電気とガスに生まれ変わっているのです。

    IMG_0861.JPG


    バイオエナジーのマークが入った奥の発酵槽には
    微生物がたくさん入っているそうです。
    生きものだけに管理の苦労も
    瀬川順也代表取締役社長が話して下さいました。

    d722b556e8d15e4eaddfc59a06cdc39d015ac2e9.JPG

    1日に創り出されるエネルギーは
    都市ガス2,400㎥
    電気2万6,000kw
    この大きな丸いガスホルダーの中に2,000世帯相当のガスが入っています。

    IMG_0868.JPG

    それにしても、1日に4tトラック70台分の生ごみが
    コンビニエンスストアやスーパーなどから届くとは!
    その量に驚きました!!
    生ごみと燃えるごみは機械で全て分別されるそうです。

    IMG_0863.JPG


    生ごみから電気と都市ガスをリサイクルしている工場は
    全国でもまだほとんどないそうです。
    それだけ高い技術力が必要になります。
    また、事業用地の問題、安定した燃料の確保、臭い対策など課題が多いことも事実です。


    でも、生ごみがエネルギーに変わるなんて
    やはり素晴らしい!素直にそう思います。
    今後一般家庭の生ごみも活用できたら...など
    バイオマスエネルギーの可能性に期待が膨らむ取材でした。


    細木美知代

  • 共産党本部VS自民党本部 食堂対決!!!

    きょうのナマチュウは
    共産党本部VS自民党本部の食堂対決!


    私、西村は共産党本部の食堂にお邪魔しました。

    JR代々木駅から徒歩5分ほどの場所にある共産党本部。
    食堂は共産党の党員と共産党の機関紙「赤旗」の編集の方のみ
    利用できるということで、
    政治担当記者にもほとんど知られていないそう。
    食堂にお邪魔できるのは貴重な機会でした。


    志位委員長もよく食べに来ているそうです。


    白米か五穀米を自分で選んでよそい、
    スープと小鉢を1つずつとります。
    今日は大根のほろほろ煮とレタスのスープ。

    そしてメインは2種類から選びます!
    私は秋刀魚のたたき風をいただきました。
    お皿からはみ出る大きな秋刀魚!
    塩だけで味付けしたそうですが
    たたき風、のポン酢をかけなくても本当においしかった・・・

    きょうのもう一つのメインはこちら!

    共産党2.jpg


    野菜炒めでした。


    このセットでお値段なんと、480円!!
    本当にお手頃な価格です。

    しかもメニューは日替わり。
    からあげ、チキンのクリーム煮、鍋やうな丼、
    毎週日曜日はカレー
    毎週金曜日はラーメンやちゃんぽんなどの麺
    そしてサーロインステーキや
    ローストビーフも出るという
    メニューの充実ぶりです。

    毎年7月15日の党創立記念日は
    おかずが増えるなど
    食堂メニューも豪華になるそう。


    共産党3.jpg

    共産党本部の食堂の副責任者、
    高塚育夫さんにお話をうかがいました。

    栄養士の方と相談しながら
    メニューを考えて作っているそうです!
    ほっとできる空間にしたいと
    お話していました。

    一方、竹田は自民党本部の食堂をご紹介しましたよ!

    永田町駅から徒歩1分の自民党本部9階にある食堂「サンフーズ」。

    一般開放はしていませんが、政治を動かしてきた国会議員はもちろん、党職員、官僚、報道関係者の胃を50年以上も満たしてきた
    歴史ある食堂です。
    最上階にあるため、眺めは抜群!
    国会議事堂や霞が関の官庁街、時には、富士山までも見られる絶景の食堂なので、通称「スカイラウンジ」として親しまれています。

    メニューは、値上がりもしておらずほとんどが500円以下。
    ナポリタン、日替わりメニュー(2種類。きょうはポークソテー、エビチリ)、うどん・そば、日替わりのおそうざいなどなどメニューも豊富。
    カロリーも表示されているので、女性にもうれしいですね。

    そして、なんていったって、一番の名物が「ビーフカレー」!!!

    自民党1.jpg
    歴代総理・総裁が愛した一品。
    海部元総理や鳩山邦夫元総務大臣が離党した際に、記者から「離党して悔いはないのか」と聞かれ、
    「あるとするなら、党本部のビーフカレーが食べられなくなること」と言わしめた逸話もあるそうです。
    日本を支えてきたカレーといっても過言ではありませんね。


    和歌山県選出の二階幹事長の案で「クジラカレー」も最近メニュー入り。

    ただ、国政選挙告示日は「カツ」カレーのみになるんだそう。

    また、国産の間伐材を使用した割りばしもあります。
    柔らかく折れやすいため、選挙前はぬり箸が用意されています。

    食堂といっても、券売機はなく美しい女性の皆様が注文をとって、席まで運んでくれるんです!


    一般開放はされていませんが、陳情などで党本部を訪れた場合は、利用できるとのことなので、
    そうした機会がありましたら、利用されてみてはいかがでしょうか?
    自民党3.JPG


  • 全ての子どもたちに"スポーツ"という青春を!

    こんばんは。

    「晴れの日に振り袖が着れない!」という貸衣装会社「はれのひ」によるトンデモナイ振り袖騒動!
    成人の日は、たった1回しかない女の子たちの大切な晴れ舞台を壊すなんて、許せない!
    モヤモヤ、ムカムカとするトラブルを本日のオフサイドでお伝えしましたが、
    ブログでは、心温まるお話についてご紹介しますね。

    世の中SAKIDORI!では、NPO法人「BEING ALIVE JAPAN」の理事長・北野華子さんにお越しいただき
    ユニバーサル社会を支える事業について、お話をお伺いしました。
    BEING ALIVE JAPANは、長期治療を必要とする子どもたちにスポーツを通じて青春を創出するための事業を行っています。
    北野さんご自身も小さい頃、難病を患っていらっしゃいましたが、大人になって病気が治っても、
    青春は戻ってこないと思ったことがきっかけで、NPO法人を立ち上げたそうです。

    北野さんは、長期的に治療を必要とするこどもとプロスポーツチームをマッチングする新しい事業を去年秋に開始。
    大腿骨の難病「ペルテス病」で療養中の小学1年生・人形櫂世(ひとかた・かいせい)くんと
    プロバスケットボール男子Bリーグ「アルバルク東京」をつなぎ、櫂世くんは去年11月に入団しました。
    所属期間は4か月となります。

    電話で櫂世くんとお母様につなぎました。

    「ドリブルの練習している!バスケはシュート練習をするのが大好き!」と元気に答えてくれた櫂世くん。

    お母様も「一つの目標を持って頑張って楽しそうにやっていて入団してよかった」と嬉しそうにおっしゃっていました。

    北野さんは「多くの人に試合会場に来てもらい活動を知ってもらい、活動をたくさんの人に発信してもらいたい。
    今は東京を中心に活動しているが、全国にも広げていきたい。そうしたことで難病の子どもたちに社会とのつながりを実感してもらいたい」と、今後活動が大きな輪になることを期待していました。

    日本ではまだまだ知られていませんし、私自身も恥ずかしなから、無知でした。
    メディアとして、微力ながら、北野さんのような活動を発信するお手伝いをしていけたらなと思いました。

    今年3月からアメフトチーム「ノジマ相模原ライズ」が子どもたちの受け入れを決定したそうで、
    入団募集が近々始まるようです。
    詳しくは、BEING ALIVE JAPANのHPをチェックしてみてくださいね! 
    http://www.beingalivejapan.org

    明日は、永野景子サブキャスター。
    コメンテーターは文筆家の古谷経衡さんです!
    お楽しみに〜

  • 第202回:トラブルから見えた人のやさしさ

    成人式の晴れ着トラブルの続報をお伝えした『ニュースオフサイド』。
    成人の日だった昨日、振袖レンタルや着付けを手掛ける「はれのひ」と突然連絡が取れなくなり、成人式の参加を諦める新成人が相次ぎました。

    なんとかして晴れ着を着させてあげたいと手を挙げて下さったお一人、横浜市保土ヶ谷区に本社を置く呉服販売・レンタル・着付けを手掛ける「IWAKIYA」四代目女将、我妻あけみさんにお話を伺いました。
    我妻さんは成人の日の前夜に、「はれのひ」が入るはずだったホテルの試着会場から相談を受け、当日、Twitterや人づてに呼び掛けて、新成人10人ほどを着付けしました。
    もともと入っていた「IWAKIYA」の着付けだけでも大変だと思うのですが、現場でタイムリーに、我妻さんご自身が判断し対応をしたといいます。
    「藁をもつかむ思いだった方が「これで支度が出来る」とホッとしたようだった。」と我妻さん。


    次に、昨日の夕方「はれのひ株式会社被害者の会」を立ち上げた、着物の業界誌を発行している有限会社きものと宝飾社編集長の松尾俊亮さんにお電話を繋ぎました。
    松尾さんは「成人の日は、きもの業界にとって大切な日。一生に一度しかない成人式にこんなことが起こるなんて極めて異例。これだけじゃなく、3月の卒業式、来年・再来年の成人式に申し込んでいた方々がいらっしゃる。尽力したい。」とお話してくれました。


    『きょうのナマチュウ』で取り上げたのは「夫婦別姓不可は憲法違反か?サイボウズ株式会社の青野慶久社長が提訴」。
    裁判を起こされた青野社長は以前、このSAKIDORI!で、副業を認める会社のトップとしてお話を伺ったことも記憶に新しいのではないでしょうか?
    青野社長は結婚した際に、奥様が「名前を変えたくない」とのことで、奥様の姓に戸籍を変えました。
    しかし、株式の名義は戸籍名になっているのでその名義変更に80万円あまりの手数料がかかってしまったり、海外出張の際にパスポートの名前と予約名が違うことでトラブルになってしまったりと不便なことを体験。
    そして今回、選択的夫婦別姓制度の導入を求めたいと立ち上がりました。
    憲法学者の木村草太さんによると「非常に重要な訴訟になる。外国人と日本人の結婚は戸籍がないということで別姓が普通。日本人同士がなぜ別姓を選べないのか。青野さんの場合、具体的な不利益も出ているので裁判所としても判断がしやすい。青野さんの訴訟に反発するには、相当めちゃくちゃなことを言わないとならない。立法を動かす訴訟になるのではないか。」とのこと。


    西村志野 記者は有楽町で街の声をインタビュー!
    共働きの夫婦も増える中、「姓が変わることでその人のイメージが変わってしまう」、「名刺など様々なものを変えないといけないのは大変」という声や、60代の女性は「(別姓で生きることを)考えたこともなかった!」という声も聞かれました。
    志野ちゃん2018109.jpg

    「私も、姓が変わることで今までのイメージが変わるのは...。私、≪竹田≫が好きなんです。」と竹田サブキャスター。
    skd2018109-0.jpg

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、平昌冬季五輪の開幕まであと1か月となった現地の様子を、ソウル大学専任研究員の吉方べきさんのお話を交えてお伝えしました。
    お国柄、日本とは違って下準備を丁寧に丁寧にするというよりかは、始まっちゃったもん勝ち...のような部分があるのだとか。
    「寒さに関しては、もう "運" !」とのことです。
    skd2018109 (2).jpg

    火曜コメンテーター、俳優の石田純一さんの今日の『オピニオン』は「北朝鮮が見せる巧みな駆け引き」と題して語り下ろし!
    北朝鮮が平昌五輪に正式に参加を表明したことを受け、韓国とアメリカの歩にズレを生じさせる手腕的な部分で「決して感心しちゃいけないことではあるのだけど、戦略的に実に巧妙でうまい。最強国アメリカに、普通ならば最貧で相手にされないような北朝鮮が引き込んでいる。」と評価しました。
    skd2018109 (4).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』で、松島茂アナウンサーが取り上げたのは、初場所初日まであと5日となった大相撲の話題。
    田子ノ浦部屋の部屋付親方で、かつて稀勢の里が付き人を務めていた、元 関脇 若の里・西岩親方にお電話を繋いでお送りしました。
    skd2018109 (3).jpg


    『ニュースパレードアネックス』
    韓国が慰安婦問題について新たな方針を発表。国会キャップの奥山拓也記者が、日本政府が拠出した10億円を韓国が肩代わりをする、この狙いについて「一言で言って、"日本カラー"を薄めたいということではないか?」と解説。
    新方針を発表する前に強く韓国側をけん制した日本政府側の反応などを伝えてくれました。



    【今日の1曲】やさしさに包まれたなら/荒井由実
  • 夫婦別姓について

    西村志野です。


    きょうは日中は暖かかったですが
    夕方からやはり冷え込んできましたね~。


    そんなきょうは、
    有楽町で夫婦別姓について
    街のみなさんの声を聞きました。


    日本人同士の結婚で
    夫婦別姓が認められていない現状、
    街のみなさんは


    ・どちらでもいいけれど、別姓という選択肢があってもいいのでは!?
    ・夫婦どちらかの姓にするのが当たり前だと思っていた
    ・戸籍上は名字を変えて仕事では旧姓を使っている
    ・結婚で社内の名刺やメール、呼ばれ方など様々なものを変えないといけないのが面倒
    ・もともとの名字から変わってしまうとイメージが変わってしまう
    ・戸籍上は名字を変えて実際は旧姓を使うのでも不都合はない


    などいろいろな意見が!!

    私の周りでも
    結婚後も旧姓を使っている友人は多い気がします。


    街のみなさんが話していた
    面倒という理由だけではなく
    これまで生きてきたフルネームで「自分」というイメージが
    できあがっているという理由には、
    確かに、と感じました。


    みなさんはどう思いますか?

  • ゲスト:NPO法人「Being ALIVE Japan」理事長 北野華子さん

    今日は、NPO法人「Being ALIVE Japan」理事長 北野華子さんをゲストにお迎えし、ユニバーサル社会を支える人たちについて考えました。

    先日、大腿骨の難病である「ペルテス病」で療養中の小学1年生、人形櫂世くんという都内在住の男の子が、プロバスケットボール男子Bリーグ「アルバルク東京」 に入団。去年の11月15日に入団式があり、所属期間は4カ月ということです。

    プロスポーツチームが病気療養中の子どもを入団させるのは珍しい取り組み。

    実は、その櫂世くんとアルバルク東京の間に入ったのが、今日のゲストの北野さんなのです。

    今日は櫂世くんと、お母様の貴久美さんにお電話を繋ぎました。

    櫂世くん、「シュートの練習が楽しい!」とお話してくれましたね。

    お母様の貴久美さんに「チームに入ってからの変化は?」と伺うと「目標を決めて頑張ることが出来るようになったかな。選手の皆さんも気軽に話しかけてくれたり、櫂世の喜ぶことや気に入ることを探って、やってくださっている。」とのこと。


    スポーツを通じて、長期的に治療を必要とする子どもたちの青春を応援すること、それが「Being ALIVE Japan」のミッション!

    「今回は日本財団さんとBリーグの協力で実現した。もっともっとたくさんの人にこの活動を知って、発信してもらいたい。全国に届けるには、まだまだ資金協力も必要。大きい・小さいの規模に関係なく応援が増えれば・・・。」と語って下さった北野さんでした。

    ユニバ2018109 (1).JPG

  • 第201回:SAKIDORI!通常営業開始

    1月8日、「成人の日」。先週は「サブキャスターが留守を守る週間」でした。一美キャスターは冬休みを終え、新年初のSAKIDORI!となりました。

    『ニュースオフサイド』では、 AI=人工知能が拓く未来、第4次産業革命とも呼ばれるAIがもたらす問題点をサキドリ!

    まずスタジオで佐藤圭一記者が、AIが奪うであろう人間の仕事について紹介。電車や車の運転手、コンビニやスーパーの店員、法律家や弁理士・公認会計士などの資格が必要だった職業、さらに新聞記者など、思いもよらない職業にまで及んでいることが分かりますね。

    saki2018108 (3).JPG

    お電話を繋いだ慶應義塾大学商学部の山本勲教授のお話によると、AIが得意とする繰り返しの多いルーティンワーク以外にも、もっともっと複雑なことも出来るようになってきているようです。「例えば医師の場合、過去の症例をデータとして読み込んで薬を処方したり治療方針を決めるというような色んな判断が可能になってきている。場合によっては医師の仕事がなくなる...ということもあり得るが、あくまでもAIはツールに過ぎないのでどう使いこなすかが重要。」

    清水克彦デスクは、政府が進めるAIの備えである「法的な整備の検討」と「AI時代に対応した人づくり」について、森上教育研究所の森上展安さんのお話を交えて伝えてくれました。

    saki2018108 (4).JPG


    『きょうのナマチュウ』で取り上げたのは、大阪大学で明らかになった極めて悪質な入試ミスの実態と賠償問題について。大阪大学で去年2月に実施した一般入試で本来なら「合格」だった30人の受験生を「不合格」にするという、重大なミスがあったことが発覚しました。

    なぜこのような問題が起きたのか、桜美林大学の田中義郎教授は「様々な要因が考えられるが、結果的に油断があったということ。1点の意味が大きい入試の試験を作る上では、2つのチームが相互に仕事を確認しあうことが必要。」と指摘。

    では、阪大側はどういった対応や賠償が必要になるのか?伊藤芳郎弁護士によると「失われた1年をどう賠償するのかというのが問題。日本の場合、慰謝料といっても50万~100万ほどになるのでは?」とのこと。これにはスタジオも「えっ!そんなもんなの!?」と驚きの声。

    西村志野記者は湯島天神で、この不祥事をどう見ているのか、受験生たちにインタビュー!

    「遊びたい気持ちや色々なことを我慢して受験しているのにこんなことになったらショック!今後、絶対にないようにしてほしい。」という切実な声が聞かれました。

    saki2018108 (2).jpg

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、夫婦ともにフルタイムで働いていても妻が主に家事をしている家庭は66%に上るいう民間調査結果についてお伝えしました。

    saki2018108 (6).JPG

    働く女性は増えているものの、家事は依然として妻に偏っている実態が浮かびあがった今回の結果。夫の長時間労働や「家事は女性」といった価値観が影響しているとみられます。

    ちなみに、家事を100%担当しているという水谷サブキャスターは「全然苦じゃないし、マイペースにやれる方が楽。私は仕事もやって家事もやってるんだという部分で優位に立てるし(笑)」と話していました。

    皆さんのお宅はいかがでしょうか?

    saki2018108 (7).JPG

    月曜コメンテーターは健康社会学者の河合薫さんです。

    今日は「ニューヨークが大雪になると日本も冷えるって本当?」というお話。
    ニューヨーク→ヨーロッパ→日本という三波型の気圧配置で、ここ数年頻繁に起こっている大寒波は、温暖化が原因。太陽の光を反射させる役目もある氷が融けてしまうことで、海水温が高くなり、爆弾低気圧が発生しやすくなるのだとか。

    「週末、おそらく北関東・北日本は大荒れになると思われるので、サキドリサキドリの行動を!」とアドバイスして下さいました。

    saki2018108 (5).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』で砂山圭大郎 アナウンサーが取り上げたのは、スキージャンプの話題あれこれ。

    8回目の五輪代表が確実となったレジェンド・葛西紀明選手と、力を開花させた小林潤志郎選手について紹介してくれました。

    saki2018108 (8).JPG

    『ニュースパレードアネックス』は気象予報士の伊藤佳子記者が、気になる今後のお天気について詳しく解説してくれました。

    沿岸部で風が強まり、太平洋側では局地的に激しい雨や雷雨となった成人の日の今日。明日9日の朝方にかけて雨風のピークを迎えるということです。

    暖かくなってホッとするのもつかの間、木曜あたりにはまたガーンと気温が下がる見込み。出掛ける時に暖かくても、油断せずに上着・マフラー・ニット帽など、うまく服装で温度調整をして下さいね。

    ANEX20181-8.JPG

    『芸能アラカルト』、今日は「文化放送×長良グループ ジョイントRADIO!」"新成人に送りたい 私が20歳の頃~思い出の曲~"の電話リクエストの集計結果を山田美保子さんと共に発表!

    "新成人に送りたい 私が20歳の頃~思い出の曲~"

    1位 「きよしのズンドコ節/氷川きよし」
    2位 「明日があるさ/坂本九」
    3位 「世界に一つだけの花/SMAP」
    4位 「木綿のハンカチーフ/太田裕美」
    5位 「いい日旅立ち/山口百恵」

    「ズンドコ節は、広い世代に愛される日本を代表する曲になったなぁという印象。どのジャンルのファンも、この曲の「きよしーっ」という合いの手を入れられる。」と、美保子さん。

    アラカルト2018108.JPG


    【今日の1曲】I Just Wanna Stop/Gino Vannelli

  • 受験シーズンを前に

    成人の日。

    新成人のみなさん、おめでとうございます!

    きょうは学問の神様で知られる
    湯島天神に行ってきました。


    センター試験が今週末に迫るなど
    受験シーズン目前!!

    大学受験生をはじめ、
    中学受験、高校受験を控えたお子さんや
    ご家族でにぎわっていました。

    写真で絵馬の多さ、伝わりますでしょうか??


    そんななか入ってきた
    大阪大学の入試ミスのニュース。


    大学受験を目前に控えた高校3年生に
    お話を聞きましたが
    やはりいろいろなことを我慢して
    志望校合格をめざし懸命に勉強して挑んだ受験で
    採点ミス、というのはショックだと思う、
    それによってそれぞれが浪人したり別の大学に進学したりしていて
    今さら言われても・・・という声が多かったです。


    なかには
    「私は不合格だったらすぐに切り替えたいので、
    ミスがあっても後になって知りたくない」という高校生もいました。


    あと5日でセンター試験、
    みんな、どきどきしていると話してくれました。
    そんな受験生たちの人生をかえてしまうミス、
    あってはならないことですよね。


    受験生のみなさん、
    体調に気を付けて、ラストスパート
    がんばってください!!!!!

  • 第200回:今年の経済はどうなる?

    『水谷加奈 ニュースワイドSAKIDORI!』 、今日は水曜日担当の永野キャスターと一緒にお送りしました。「正月はのんびりしてゾンビ映画のDVDをたくさん見ちゃいました!」と元気いっぱいの加奈さん(笑)




    20180105_2.JPG
    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』は、「経済界、今日始動!2018年の景気はどうなる?」。
    今日行われた経済三団体による新年祝賀パーティーは、約1800人の経営トップが参加。アメリカ株の好調により日本株も上がっているため参加者の表情は明るく、みずほ銀行や花王といった企業のトップに話を伺うと、みな口を揃えて「今年の景気は明るい」と笑顔で答えてくれました。


    東短リサーチのチーフエコノミスト・加藤出さんによると、今年は海外経済の恩恵や東京オリンピック関連の投資が出てくるためしばらくは好調が続くとのこと。
    しかし、私たちの生活ではあまり実感ができていないのが実情。去年に引き続き「借金を減らし、現金を増やす! 浮かれないで頑張ろう」と喝を入れました。



    20180105_3.JPG
    『きょうのナマチュウ』は、国民栄誉賞の授与が決まった羽生善治さんの喜びの会見を将棋会館から生中継。
    20180105_10.JPG
    また、将棋会館で取材をした細木記者が将棋会館からお年賀でこんな素敵なお菓子を頂いてきました。粋ですね。


    20180105_4.JPG
    そして、今年の注目選手! メジャーリーグ・エンゼルスに移籍する大谷翔平選手の自主トレの様子を岡田紀子記者が伝えてくれました。
    トレーニング後の大谷選手の会見を見た岡田記者の曰く「光り輝いていた!」と熱弁。


    20180105_5.JPG
    『SAKIDORIニュースパレード』で、石川真紀アナウンサーが紹介したニュースは「アルゼンチンの国会議員 200人が無断欠勤」。
    指紋を使った新しい出勤管理システムを導入したところ、無断欠勤の常習者が200人近くに達したという驚きのニュース!
    「給料日だけ出勤していたのでは?」という憶測に、「なんで気付かなかったのー!?」とスタジオでもどよめきが起こりました。現在、160人が解職手続を進めているということです。




    20180105_6.JPG
    コメンテーターの荻原博子さんが気になるニュースを語る『きょうのオピニオン』は、「戌年どうなるの?」。
    今年は戊(つちのえ)の戌年。60年前の戊の戌年は、SONYの飛躍、長嶋茂雄が巨人に入団、日清がチキンラーメンを発売と喜ばしいことが多く起きており、今年も同じように幸多き年になればいいですね。
    そして、戌つながりで、実は「孤独である」という理由から大統領など国のトップには犬好きが多いというお話へ。しかし、トランプ大統領は犬嫌い!? 暴露本など年始からてんやわんやのトランプ大統領から今年も目が離せません。



    20180105_9.JPG
    『SAKIDORIスポーツ』は、砂山アナウンサーが語る「箱根駅伝を振り返り」。
    順天堂大学、花澤賢人選手の4年間を振り返りつつ、ゴールシーンの音源をお送りしました。


    20180105_8.JPG
    『ニュースパレードアネックス』は、「韓国側が9日に板門店で開催を提案していた南北高官級協議を北朝鮮が応える」、このニュースについて清水克彦デスクが解説。
    北朝鮮が応えた要因として
    ①経済制裁が効いている
    ②米韓の軍事演習をやめさせたい
    ③日韓の乱れを突き、分断する
    これらが考えられるといいます。



    20180105_11.JPG
    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、ニュースサイト「nippon.com」編集部の石井雅仁さんが気になるニュースを解説。
    今回は、天皇陛下の退位日が来年4月30日に決まり、今年にも来年の年号が決定されるということで、新元号についてお話して頂きました。
    「新しい元号は一体どのように決められるのか」、「選ぶ際の注意点は?」などをお話いただき、今回初となる「事前に年号が決まる」ということでどのようなことが起こると考えれるのかを説明して頂きました。


    【今日の1曲】 鱗 / 秦基博


    今週もお聞きいただき、ありがとうございました!
    来週からは一美さんが帰ってきます。

  • 羽生竜王に国民栄誉賞

    こんばんは、細木美知代です。
    みなさま今年も宜しくお願い致します。
    さて、年始早々、嬉しいニュースが飛び込んできました。


    羽生善治竜王が「国民栄誉賞」を受賞。


    実は今日、受賞が決定するとは全く知らず
    私は羽生竜王の取材を朝からしていたんです。
    その取材中に受賞の知らせが舞い込んできました。
    新岡プロデューサーの勘が大当たりしました。

    午前11時、鳩森八幡神社での将棋堂祈願祭の様子です。
    一年の健勝を祈念する伝統の行事です。
    IMG_0803.JPG

    羽生竜王も玉串を捧げ、手を合わせていました。

    IMG_0806.JPG

    執り行われていたのは、
    将棋の駒を祭った将棋堂の前。
    開帳された様子が見られるのは貴重なんだそうです。

    8ea7de38a428efc9398ba808bc7249a5931ceff8.JPG

    祈願祭の後は、将棋会館の特別対局室で
    「指し始め式」が行われました。
    将棋リレーで棋士の皆さんが一手ずつ繋いでいきます。
    羽生竜王の今年最初の一手の様子です!

    IMG_0812.JPG


    その後、記者会見が行われ、
    国民栄誉賞受賞の喜びを語りました。
    「トップになる必要はないと思っているけど
    常にトップ集団にいるように意識してきた。
    そこで、切磋琢磨し、挑戦を心掛けてきた事が
    今回の受賞に繋がったと思います」と
    話されていました。


    将棋の道に終わりはないと言う羽生竜王。
    今年はどんな活躍を見せてくれるのか、
    まだまだ将棋界から目が離せません。

  • 第199回:2018年、北朝鮮の脅威

    西川文野ニュースワイドSAKIDORI!』いかがでしたでしょうか?

    コメンテーターは映画監督で精神科医の和田秀樹さん。そして昨日に引き続き、サキドリチーフプロデューサー 清水克彦デスクがサポート!様々なニュースについて考えました。

    上の写真は放送前に撮ったのですが、西川さん、キャスターらしさを意識した(?)表情ですね。


    『ニュースオフサイド』は「2018年、どうなる北朝鮮の脅威」。

    2人の専門家の方に話を聞き、北朝鮮情勢の行方を占いました。

    まず、ことし予想される北朝鮮の動きについて話を聞いたのは、「コリアレポート」編集長の辺真一さん。

    数日以内に北朝鮮が弾道ミサイルを発射する可能性については、「本心はなかなか読みにくいが、平昌五輪への参加を表明した中で、ミサイルを発射したとなると嘘っぱちということになる」と見解をお話して下さいました。

    国連安保理北朝鮮委員会の専門家パネルの元委員、古川勝久さんに聞いたのは、北朝鮮に対する制裁の効果について。

    「"制裁は史上かつてない"と発言しているだけあって効果はあるが、核・ミサイル開発をやめさせるためにはまだ時間がかかる」とした上で、核・ミサイル開発をやめさせるには「国連安保理の制裁を世界各国がきっちりやること」ということでした。


    『きょうのナマチュウ』は「貴乃花親方の理事解任が決定」。

    saki2018104 (2).JPG

    まず、西村志野記者がスタジオで、理事解任を決めた臨時評議員会でどんな話が出たのか、理事解任を決めた理由は何だったのかを伝えた後、細木美知代記者が貴乃花部屋の前からレポート。
    「午前11時から待機しているが目立った動きはない。報道陣は50人ほどいるが、中の様子は分からない」ということでした。

    ナマチュウ2018104.jpg

    電話で話を伺ったのは、貴乃花部屋の福岡県・田川後援会長、緒方正年さん。
    貴乃花親方に下された「理事解任」という処分については「不当な重い処分だ」とし、貴乃花親方が沈黙を貫いていることについては
    「協会に隠匿体質があるから話しても仕方ない、だから司法に...と思ったのではないか」とお話して下さいました。

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、市区町村が共同で住民の個人情報を集める「自治体クラウド」を全国で導入する方針を政府が固めたというニュース。

    自然災害で庁舎が被災した場合もデータ喪失が避けられるというメリットがある反面、安全性や請負価格が高くなるなどの問題もあるということでした。

    saki2018104 (3).JPG

    木曜コメンテーター、精神科医の和田秀樹さんが語りおろした、今日の『オピニオン』のテーマは「人は忘れるものと思うなよ」。

    安倍総理が昨年9月、国会冒頭での解散をしたとき、解散理由を「北朝鮮の有事」などと発言したことを例に挙げ、「問題なのは安倍総理の発言を忘れてしまうこと」であり、「代々、政治家の家に育った人は『大衆は忘れるものだ』と考えている」と苦言を呈しました。

    saki2018104 (4).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』では 片山真人アナウンサーが、サッカー(フットボール)とゴルフ、この異なるスポーツを融合した新しいスポーツ「フットゴルフ」について、日本フットゴルフ協会のメンバーでフットゴルフ日本代表の八谷紘希さんのお話を交えて紹介。

    今後、体験会なども予定されているとか。興味がある方は、日本フットゴルフ協会のホームページをチェック!

    →こちらから

    saki2018104 (1).JPG


    政治の舞台、永田町でも今日から各党が動き始めています。

    『ニュースパレードアネックス』では山本カオリ記者が、年頭の記者会見をドタキャンした民進党の大塚代表、「3党でという統一会派の呼び掛けについては終わった話、我々を巻き込まないで」と述べた立憲民主党の枝野代表、伊勢神宮参拝後に記者会見に応じた安倍総理についてなど、まとめて今日の動きを伝えてくれました。


    加納有沙レポーターの『SAKIDORI最前線』でご紹介したのは、「年明けうどん」!

    年越しそばに馴染みはあるものの、年明けうどんって...???

    『世の中SAKIDORI 最新 映画・本・お店情報 By加納有沙』に詳しいレポートを書いてくれています。ご覧ください。

    サキドリ201814 (2).JPG


    【今日の1曲】 go for it! / Dreams Come True

  • こんにちは!

    西川あやのです。
    今日のSAKIDORIでは、

    2017年の北朝鮮の脅威について
    貴乃花親方の理事解任について
    自治体クラウド全国導入へ
    フットゴルフ
    今日から動き始める国会・各党の動き
    香川の年明けうどん

    などの話題をお伝えしました!


    今週は、一美キャスター冬休みのため、
    木曜コメンテーターの和田秀樹さんと、清水克彦デスクとお送りしました。
    (1月1日も一人でちょこっとだけ担当しましたっ)
    文化放送は、1月2日3日は箱根駅伝実況中継!
    があるので、一美さんは、もう約20年くらいお正月は休んでいないそうです。
    そんな久しぶりの正月休みをご家族と堪能されていることでしょう。

    SAKIDORIの西川文野としては、
    今年はニュースについてその都度思ったこと、共感・怒り・悲しみなど、
    起こった出来事への自分の感情や意見を、出来る限り忘れないようにしようと思います。

    今日の写真は、そんな2018年に立ち向かって行こうとしています。

    明日は、コメンテーターの荻原博子さんと、
    私の中の「上司にしたいランキング」第一位の水谷加奈さんと
    私の中の「女性としてこんなキャリアを積みたいランキング」第一位の永野景子さんがお送りします!

  • 第39回 年明けうどん

    あけましておめでとうございます。
    突然ですが、みなさん、大晦日に年越しそばは召し上がりましたか?
    (わたしは自然薯とろろ蕎麦をいただきました。)


    なんでも、うどん県・香川には、年の初めにうどんを食べるという新文化があるそうなんです。
    その名も......『年明けうどん』


    純白で清楚なうどんに、餡子入りの紅いお餅が入った「紅白のめでたいおうどん」です。
    香川県のうどん団体のみなさんが提唱し始めた新文化で、元旦~15日までに食べるうどんのことをさすそうです。
    東京では、新橋にある「香川・愛媛せとうち旬彩館かおりひめ」で15日まで「年明けうどん」が食べられるとのことで、さっそく行ってきました。


    年明けうどん1.jpg


    澄んだおつゆは出汁が効いていて、飲み干したいほど美味しく、
    つぶあんの入った紅丸もちは、出汁でとろけた餅と塩気のきいた餡子の相性が絶妙でした。
    うどんは腰のあるさぬきうどんで食べ応え十分!

    年明けうどん3.jpg

    しかも、かまぼこが今年の干支である戌柄の絵馬風!!!!かわいい。

    (ちなみにこちらでは香川と愛媛のお雑煮もたべることができますよ)


    詳しいお話を、
    本場さぬきうどん協同組合の大峯茂樹理事長に電話をつないで伺いました!


    2008年に世界麺フェスタが開催され、さぬきうどん部会が誕生。
    さぬきうどん部会の会合を開いている中、コーヒーブレイク中にふと、『年越しそばがあるのに、なぜうどんはないんだ?』となり、「年明けうどん」の普及に力を入れることになったそうです。


    紅白のめでたいおうどんということですが、紅いものは餅でなくてもいいそうです。
    たとえば、かまぼこ、エビ、金時人参、梅干し......などなど、オリジナルで紅いものをトッピングしてみてください。

    お正月休みの一美さんに代わって出演されたのは清水デスク!
    清水さんは、香川のお隣、愛媛県のご出身。お隣の県でも全然食文化が違うものですよね~!
    餡入り餅にはびっくりされていました。笑

    ちなみに、新橋にある「香川・愛媛せとうち旬彩館かおりひめ」では、年明けうどん用の麺も販売していましたので、ご家庭で気軽に食べられますよ♪

    おせち、お雑煮など、お正月のメニューに飽きてきたら
    あなたも『年明けうどん』、いかがですか??
    太く、長~く、良い1年にしましょう♪

  • 第198回:2018年の日本と世界をサキドリ!

    永野景子ニュースワイドSAKIDORI!』 、今日のコメンテーターは我がサキドリチーフプロデューサーである清水克彦デスクでした。

    今年のSAKIDORI!は「この番組のタイトル通り、常に時代をサキドリするのはもちろんだけれど、同時に振り返ってもみる。検証する。」という意気込みからスタート。今日もお聴きくださいまして、ありがとうございました!


    『ニュースオフサイド』では「2018年、日本と世界はこう動く」と題して、今年の国内情勢、世界情勢をサキドリしました。

    まずは、竹田有里記者が東京・有楽町で、街の方々の「今年、注目している出来事」を取材。

    「サッカーのロシア・ワールドカップ」「野菜の価格高騰」などを伝えてくれました。

    サキドリ2018103 (4).JPG

    今日のコメンテーター、清水克彦デスクは国内の動きを解説。
    今月22日に召集される通常国会での与野党の動きや、9月に行われる自民党の総裁選、大学の2018年問題、企業によるAI活用の展望について話してくれました。

    国際情勢では、ワシントン在住のジャーナリスト、笹栗実根さんに2年目を迎えるトランプ政権について、ロンドンBBCの契約記者、清水健さんにヨーロッパの動きについて、お話を伺いました。


    『きょうのナマチュウ』では、昨日と今日、東京国際フォーラムで開催された「J-CULTURE FEST」を取り上げました。

    志野ちゃんレポ2018103 (2).jpg

    この催しは、お正月の行事を中心に、日本文化の伝統と革新を国内外に発信するためのもので、西村志野記者がレポート。

    志野ちゃんレポ2018103 (1).jpg

    日本のお正月の伝統行事が体験できるということで、着付け、こま回し、和菓子作りを体験し、伝統行事の魅力を伝えてくれました。

    志野ちゃんレポ2018103 (5).jpg

    スタジオに持って帰ってきてくれた西村記者の作った和菓子。お味もピカイチでしたよ!

    サキドリ2018103 (12).JPG
    ちなみにこちらは、好きな衣装をVRで着ることができるコーナーです。

    志野ちゃんレポ2018103 (3).jpg志野ちゃんレポ2018103 (4).jpg

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、「アメリカの男性、14か国を徒歩で踏破も...」というニュースをご紹介。

    アメリカのミシガン州の男性がトルコからポルトガルまで14カ国にわたる約9700キロを徒歩で約1年半かけて踏破。
    気持ちがふさいでいた際に、いとこから「歩けばすっきりするよ」と提案されたことがきっかけだったそうで、「正直そんなに楽しくなかった」と話しているそうです。

    永野さん「極端!公園をぐるっと歩くくらいにしておけば...。」

    清水さん「いとこも、お散歩しなよ~くらいの気持ちだったんじゃない?」

    真紀さん「想像するに、この方は真面目で、楽しむことを忘れて頑張っちゃったんじゃないかなぁと。」

    サキドリ2018103 (6).JPG

    今日のコメンテーター、清水克彦デスクが語り下ろした『オピニオン』のテーマは「本を出す、本を売る極意」。

    これまでに40冊の本を出している自身の経験から見つけ出した極意がこちら。

    ●自分が本にしたいテーマを1~6章に分け、1章につき10項目を立ててみる。
    ●本の目次とまえがきを書いて、編集者に会って読んでもらう。メールはダメ。
    ●出版社は大手よりも中堅が狙い目。
    ●本を出すだけではダメ。
    ●自分で「売れてます」などとPOPを書いて、書店に持っていく。そうすれば本を平積みにしてくれる。

    本を出して売りたいと思っている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

    サキドリ2018103 (5).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』は 槙嶋範彦アナウンサーが、今日行われた箱根駅伝・復路について、文化放送箱根駅伝中継で解説を務めた上武大学前監督 花田勝彦さんと順天堂OB 今井正人さんと共に振り返りました。

    サキドリ2018103 (2).JPG

    17時前、永野キャスターは「鉄道お忘れもの市」のお話をしてくれました。

    デパートの催事などでたまに見かける「鉄道お忘れもの市」ですが、どういう流れで行われているのか調べたところ、

    鉄道事業者での保管(2~3日)→警察での保管(3か月ほど)→専門業者が入札で買い取り→鉄道お忘れもの市という流れになっているそう!

    skd2018103.JPG

    こちらが鉄道お忘れもの市でGETした老眼鏡。フレームだけ落とし物や忘れ物の再利用で、レンズは新品。様々な度が用意されていたそうです。ビニール傘などは10円くらいと格安!

    サキドリ2018103 (10).JPG

    17時からの「ニュースパレード」では、昨日・今日と東京都の小池知事のインタビューをお送りしてきましたが、インタビューした伊藤佳子記者が『ニュースパレードアネックス』 で、さらに詳しく小池知事のお話をしてくれました。

    「とにかくエネルギッシュな方。朝から晩まで働く。1日に2~3個の催しに参加はざら。英語やドイツ語を多用するので、ちょっと何言ってるか分かんないことも...。基本的に「ツライことは考えない」とおっしゃっていました。」

    サキドリ2018103 (1).JPG


    『SAKIDORIクリニック』で 医学博士の吉田たかよし先生が教えて下さったのは「正月ボケを吹き飛ばす!仕事モードに切り替えるための脳科学!」。

    ポイントは3つ!

    ●掛け声をかける。【例】「伝票!」や「企画書!」など心の中で言うだけでも効果的!

    ●場所を変える。【例】1つの仕事が終わったら次の仕事は隣のデスクに移動する。切替のため、トイレに行く。

    ●服を変える。【例】帰宅後はエプロンを着用する。

    明日からお仕事の方も多いことでしょう。参考になさってくださいね。


    【今日の1曲】Virtual Insanity/Jamiroquai

  • 老眼鏡

    こんにちは。 永野景子です。

    番組内で老眼鏡の話をしました。
    「鉄道お忘れもの市」で買った老眼鏡です。
    数年前から近いものが何となくボヤけ始め、
    最近ではお味噌汁のお椀を口元にもってくると
    具材が何か分からないほどボヤ~っとします。
    年賀状を書くのも一苦労でした。

    これではいかん。
    潔く老眼鏡を購入せねばと思っていた矢先の鉄道お忘れもの市。
    ホントに使うのか分からない段階で、お高いのを買うのもなあと思いまして。

    でも、番組でもお話しましたが、私ちょっと乱視も入っているそうで、
    本当はちゃんと測って自分に合ったものを買わないと
    いけないんですけどね。

    今年の目標。
    自分に合った老眼鏡を作る、すぐイラッとしない。
    無理かな。

    明日は老眼鏡とは無縁の西川文野アナがキャスターです!

  • 日本のお正月

    西村志野です!


    昨日に続いて
    きょうも新春の中継。


    東京国際フォーラムの
    「JーCULTURE FEST/にっぽん・和心・初詣」
    にお邪魔してきました!


    こちらでは
    日本のお正月のさまざまな伝統文化を
    体験できるんですが・・・


    なんと!着付け体験で
    着物を着せていただきました。


    おそらく成人式以来の着物。
    竹田記者に「成人式みたい」といじられる。

    放送が終わり写真をみて
    た、たしかに・・・と納得いたしました。笑

    でも振袖を着て歩くだけで
    あ~お正月っ!という気分になるんです☆


    そして
    コマ遊びや羽子板などの体験コーナーも。
    親子に混ざって私も体験!

    国際フォーラム1.jpg

    自信満々でしたが
    ヒモを巻くところから苦戦。。
    昔はやっていたけれど
    しばらく触らないとできなくなるんですね~


    国際フォーラム3.jpg


    和菓子体験もしてきました!
    不器用すぎる私ですが
    意外とうまくできてうれしかったです^^

    国際フォーラム2.jpg


    日本の文化がたくさん味わえて
    親子や家族連れをはじめ
    外国の方にも大人気のようでした☆

  • 第197回:今年は戌年!ヒトとイヌの絆

    竹田有里ニュースワイドSAKIDORI!』 、お聴きくださいましてありがとうございました!

    コメンテーターは俳優の石田純一さん、文化放送報道スポーツセンター部長の鈴木敏夫デスクと共にお送りしましたが、いかがでしたでしょうか。


    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』。

    今日は、干支の「戌」にちなんで、親子にも似たヒトとイヌの絆の秘密に迫りました。

    まず、お電話を繋いだのは動物行動学の研究者 麻布大学 獣医学部の教授 菊水健史さん。

    お話によると、4万~5万年前の狩猟採集時代からヒトとイヌは共生しているそう。ヒトとイヌは「飼い主=リーダー」の主従関係が強かったものの、最新の研究では親子関係に近い新しい関係性も見えてきたと言います。

    例えばイヌと見つめあう、触れ合うなどのコミュニケーションをとることで、愛情ホルモンの「オキシトシン」が分泌されることが分かってきました。この「オキシトシン」は、母乳を作ったりするホルモンでもあるんです。

    こうした力を使ってヒトを癒すセラピードッグという仕事をするイヌたちがいることを、皆さんはご存知ですか?

    日本アニマルセラピー協会 理事長補佐 風間詠子さんにお話を伺いました。

    病気やケガを負っている人、精神的なケアが必要な人の心と体を癒す働きをする、高度な訓練を受けたセラピードッグ。菊水教授のお話にも出てきた愛情ホルモン「オキシトシン」は、痛みを和らげるような効果もあるのだとか!

    私たちヒトがイヌにどれだけ癒されているかは分かりましたが、実は、イヌも愛しいヒトから触られると「オキシトシン」が分泌されるという結果も出ているそうです。イヌも嬉しい気持ちになっているということですね。

    「イヌの力は無限大!イヌのパワーをもっともっと広め、イヌとの共生を頑張っていきたい。」とお話してくれた風間さんでした。

    サキドリ2018-1-2 (8).JPG

    『きょうのナマチュウ』では、 皇居の一般参賀と都内の神社をめぐる、はとバスツアーを取り上げました。

    天皇陛下の退位が決まり、皇后両陛下が一般参賀にお出ましになるのは来年あと1回。さらに、今年11月にご結婚され皇室を離れられる眞子さまにとって今年が最後ということもあり、例年にも増して多くの人が皇居に訪れました。なんと12万7000人近い参賀者が集まったとのこと。

    お天気に恵まれて良かったですよね。

    サキドリ2018-1-2 (2).jpg

    今日は朝から、はとバスツアーに参加した西村志野記者が新春の東京の様子をお伝えしました。

    このツアーでは、一般参賀のほかにも、靖国神社や浅草寺もまわります。

    サキドリ2018-1-2 (1).jpg

    去年、バスガイドになられたばかりのフレッシュな北澤直子さんにお話を伺いました。

    北澤さんオススメの「七福神を巡るツアー」はまだお席に若干空きがあるようですので、興味のある方はぜひ、はとバスの予約センターに問い合わせてみて下さいね。

    人形焼きが好物という北澤さん、「自分の心と行動に余裕を持って、お客様に笑顔で接していきたい。」と今年の抱負も語ってくれました。

    志野ちゃん-201812.jpg

    『SAKIDORIニュースパレード』では、石川真紀キャスターが

    ●岩手県の伝統工芸品・南部鉄器の新しいブランド「kanakeno」

    ●山形県のラップで、山形弁を全国区に

    ●秋田犬発祥の地とされる大都市で「秋田犬とわんわん散歩初め」

    という、地方の活性化事例を紹介してくれました。

    サキドリ2018-1-2 (9).JPG

    火曜コメンテーターは俳優の石田純一さん。

    今日の『オピニオン』は「2018年に、やはり思うこと」と題して、「環境に関するエココンシャスに乗り切れていない、それどころか叩かれ始めているということを日本は自覚しないと!世界を引っ張っていくチャンスなのに、政府がやらないのなら企業が主導して推し進めていくべきだと思う。」と昨年末にも取り上げた世界の流れに逆行する日本を危惧。

    石田純一さん201812.JPG

    ちなみに・・・石田さんの新年初、素足はこちらです。

    新年も素足.JPG

    『SAKIDORIスポーツ』は、槙嶋範彦アナウンサーが、今日行われた箱根駅伝の往路のレース展開を振り返り。

    解説を務めて下さった二人の"山の神"、東洋大学OB 柏原竜二さんと、青山学院大学OB 神野大地さんが"復路の展望"も語ってくださいました。

    竹田キャスターは「新年から"山の神"にお会いできるなんて嬉しい~!」と目がキラキラ(笑)

    サキドリ2018-1-2 (7).JPG

    17時前、竹田キャスターは「インドの大気汚染対策、これって意味あるの!?」というお話をしてくれました。

    インド、どのくらいの大気汚染なのかというと、1日たばこ50本吸っているくらいのひどさなんだそうです!怖い!

    汚染対策の一環として放水銃による試験を実施したということですが、なんとも付け焼刃的で、根本的な汚染対策には疑問なんだとか。

    竹田キャスター201812 (2).JPG

    『ニュースパレードアネックス』 は、今年の国際情勢のカギを握る北朝鮮の狙いについて、「アメリカと北朝鮮、トップが何を考えているか分からないから、世界は不安。ただ、記念日(来週の1月8日は金正恩氏、34歳誕生日)に何かが起こるというのは今のところ、無いのではないか。」と鈴木敏夫デスクが解説。

    アネックス201812.JPG




    【今日の1曲】なにしてんの/SURFACE

  • 「戌年」。イヌとヒトの関係性とは

    あけましておめでとうございます!

    今週は一美キャスターが冬休みということで、
    女性サブキャスターたちが、留守を預かります!

    本日のSAKIDORIは、火曜お馴染みの石田純一さんと
    報道部デスクの鈴木ビンさんが盛り上げてくださいましたよ!
    お二人の寛大なフォローのお陰様でなんとかオンエアを乗り切れました(/ _ ; )ありがとうございます!


    さて、本日のオフサイドでは、戌年にちなんで、イヌとヒトの関係性について
    ご紹介しました。

    竹田家でも、犬を飼い出しました。
    キューバのフィデル・カストロ氏が可愛がっていたという
    ハバニーズという犬種です。
    私が帰省すると、めったに吠えないワンコが、歯茎をむき出しにして、
    けたたましく吠え出すという、憎たらしい面もありますが、やはり目に入れても痛くないほど可愛く癒されます。

    電話でお話をお聞きした麻布大学の菊水健史教授よると、イヌは動物の中で最もヒトに近いコミュニケーション能力を持っていて、イヌとヒトが見つめ合うことで、オキシトシン=愛情ホルモンが分泌されるようです。

    この能力を生かしてヒトを癒す仕事をするわんちゃんたちがいます。
    それが、セラピードッグ!

    日本アニマルセラピー協会・理事長補佐の風間詠子さんによると、
    セラピードッグは、病院や高齢者施設などで、人々に笑顔と癒しをもたらしていて、実際に皆さん、心が癒されて、元気になるそうです。
    セラピードッグたちも人間の言葉や感情に、理解・共感しているようで、
    落ち込んでいる人がいたら、ソッと近くに寄り添ったりするそうです。


    2018年は戌年。
    わんちゃんに見習って、今年もリスナーの皆さんに親しまれるSAKIDORIになるよう努めますので、宜しくお願い致します!

    明日のキャスターは、永野景子さんですよ〜!
    お楽しみに!竹田キャスター201812 (3).JPG

  • ゲスト:写真家 清水一二さん

    2018年最初のゲストは、もちろんこの方!

    コーナーご意見番である清水一二さんをスタジオにお迎えしました。

    今年は3月9日~18日までの期間、いよいよピョンチャンパラリンピックが行われます。

    清水さんはこれまでに、リレハンメルから数えて7回のパラリンピック取材をされてきました。

    「防寒対策で靴も雪用を持って行かなければならなかったり、濡れてしまったとき用に替えの手袋を持ったり...と、とにかく荷物が多くなってしまう。」という冬季大会ならではの苦労話や、過去、ソチ大会でトイレに行っている間に選手に行かれてしまったという苦い失敗も経験しているため、同業者の方に教えてもらった「大人用おむつを履く!」という必殺技もお話して下さいました。


    さて、今週の土曜日6日からは旭川でクロスカントリースキーの大会が、来週の月曜8日からは長野でアイススレッジホッケーの取材、さらに2月にはアルペン3種目の取材と...新年から大忙しの清水さん。「お正月も休んでないから大丈夫でしょ!」といつもの笑顔を見せてくれました。


    竹田キャスターの「ピョンチャンへはいつ頃、入るんですか?」の質問には、「開会式の二日前にピョンチャンに入って、パラリンピックの入場券をなんとか入手したいと考えている。」とのこと。どうしても必要になる入場券、各国でどのくらいのメディアが来ているかで割り当てをするため、この入場券を入手するのも大変なんだそうです。

    清水さん、今年もたくさんの貴重なお話、聞かせて下さいね!

  • 新春!バスツアー


    あけましておめでとうございます!

    西村志野です。


    今年も様々な場所にお邪魔して
    しっかりとみなさまのもとにお届けできるよう
    自分らしく、頑張ります。


    今年もどうぞ
    よろしくお願いいたします。


    2018年、初中継は
    「新春!バスツアー」!

    はとバスツアーに参加させてもらって
    東京のお正月を味わってきました。


    まずは皇居一般参賀。

    はとバス2.JPG


    はとバス3.jpg


    とにかくすごい人!

    国旗をふる大勢の人に
    天皇皇后両陛下、皇太子ご夫妻など皇族方が
    ほほえみながら手をふってこたえられていました。

    一般参賀に参加したみなさんも、
    人が多く天皇陛下のお姿は少ししか見られなくても
    この場にいられてよかった、と話していました。

    福井や新潟から一般参賀に来た方も。
    天皇陛下が退位されることが決まり
    去年よりさらに多くの人が参加したそうです。


    そのあと、午後は靖国神社や浅草寺に。


    はとバス4.JPG


    はとバス・バスガイドの北澤直子さんに
    お話を伺いました☆

    ミュージカルがお好きとのこと。
    笑顔も声もとっても素敵な方でした。


    暗記が得意だそうで
    バスガイドのお仕事も楽しくされていました。


    1日、お世話になりました!


    高知県出身の私は
    お正月の東京を味わう機会が今まで
    あまりなかったので
    新年最初の中継で
    とても貴重な経験をさせていただきました!!


    改めまして、
    今年もどうぞよろしくお願いいたします^^

  • 第196回:元日も生放送!

    新年 あけましておめでとうございます。お正月ですねぇ。皆様、いかがお過ごしですか?

    「第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝戦」実況中継のため、17時半からのスタートとなった2018年最初のSAKIDORI!

    様々な状況に応じて対応できるように、SAKIDORI!メンバーも真面目にスタンバイしていましたよ。

    サキドリ101811 (5).JPG

    今週一週間、一美キャスターは冬休みをとっています。

    ということで、いつもは木曜のサブキャスターを担当している西川文野アナウンサーが一人しゃべりでお送りしました。

    サキドリ101811 (3).JPG

    元日からたくさんのメールを頂き、西川さんも嬉しそう!

    担当している番組の印象からか、「西川さんはオカリナと食レポのイメージがある」というリスナーの方からのメールに、「今年はもっとお仕事の幅を広げる!」という決意表明も飛び出しました。

    あっという間の20分間。短縮放送をお聴き下さった皆様、ありがとうございました!

    今年もSAKIDORI!をどうぞよろしくお願い致します。



    【今日の1曲】 君の名は希望/乃木坂46

  • 謹賀新年

     あけましておめでとうございます。
    「斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!」、本年もご愛聴のほど、よろしくお願い申し上げます。
     出演者、スタッフ一同、「今」と「これから」をわかりやすくお伝えするために今年も頑張ります!
    ぴょんちゃん1.jpg トランプ政権2年目、安倍一強時代が続く中での通常国会、北朝鮮の動向、さらには2月の平昌冬季五輪・・・さっそくニュースになりそうな出来事が目白押し。サキドリスタッフはさっそく元旦から始動しています。
                                  チーフプロデューサー 清水克彦

TOPへ
radiko