イラスト:サキドリちゃんby加納有沙

facebook
twtter
Issue:0000
XXX.00.2017

CALENDAR

< 2018年6月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Issue:0000
XXX.00.2017

ARCHIVE

記事一覧

  • プレフラに甘いご褒美タイム

    こんばんは!細木美知代です。
    今日は梅雨明けして暑い1日になりましたね。
    東京では最高気温が32.9℃
    埼玉県寄居町では37.5℃まで上がりました。

    こんな暑い日は、冷た〜いアイスがぴったり!
    しかも今日はプレミアムフライデーです!
    毎月最後の金・土・日にプレミアムフライデーのお得なキャンペーンを実施している
    サーティワンアイスクリーム目黒店にお邪魔してきました。


    サーティワンでは、
    レギュラーサイズのバラエティパック(6個入り)を買うと、
    レギュラーサイズのアイスの無料チケットが1枚もらえるんです♬
    12個入りを買えば、無料チケットは2枚に(^^)
    お得です!!


    マーケティング部の高谷昌之部長にお話を伺いました。
    去年5月からプレミアムフライデーのサービスを始めて、
    売り上げは110%に伸びたそうです。


    そして、サーティワンの人気ナンバー1の
    フレーバーといえば「ポッピングシャワー」です。
    IMG_2227.JPG
    キャンディがパチパチと口の中で弾ける音が楽しいフレーバーです。
    そんなポッピングシャワーの正しい食べ方も
    放送後に教えてもらっちゃいました。


    キャンディの周りは油分でコーティングされています。
    その油分が15℃で溶け始めるとパチパチがスタート!
    だから、ゆっくり口の中で転がすと
    パチパチ感を目一杯楽しむことができます。
    私はせっかちで、急いで噛んでいました。
    どうりであまりパチパチしない訳ですね(^^;


    今日から働く女性のための
    新しいキャンペーンも始まったプレミアムフライデー。
    甘いアイスで、心と体をリラックスさせるのはいかがでしょうか。

    IMG_2229.JPG

  • 第325回:ブロック塀の安全性を考える

    高度プロフェッショナル制度を含んだ「働き方改革関連法案」が、今日、賛成多数で可決。過労死を招きかねないと批判を呼んだこの制度が来年4月から導入されます。オープニングでは、一美さんや荻原さんも話題に挙げました。



    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「近くにあるブロック塀は本当に大丈夫?」。

    大阪北部地震で女子児童がブロック塀の下敷きになり亡くなった事件を受け、国から安全点検を行うよう要請する通知が出されました。国土交通省からは、初めに目視を行い、その上で問題がある場合のみ専門家の診断を受けるよう要請されています。

    事故のあった寿永小学校のブロック塀の危険性を指摘していた防災アドバイザーの吉田さんにお話を伺うと、「防災の基本、まずは"防災への危機感"、次に"想定以上の備え"」だといいます。一般的に言われている自助、公助、共助はその後だと指摘しました。



    『きょうのナマチュウ』は、「サッカー日本代表、決勝トーナメント進出!」。

    スポーツライター・二宮寿朗さんから昨夜のポーランド戦を振り返って頂きつつ、次の対戦相手ベルギーを分析。基本的にはこれまで戦ってきたやり方で戦うべきとし、ボールを保持しつつ、大事なところで得意の素早さを生かしてゴールを決めてほしいと語ってくれました。


    20180629_2

    そして、忘れちゃいけないのが、「プレミアムフライデー」。

    細木美知代記者が、毎月末、「金・土・日」の3日間プレミアムフライデー向けのサービスを実施している31ワンアイスクリーム目黒店からレポート。梅雨明けした今日もたくさんのお客さんが来店しているようでした。



    20180629_3

    『SAKIDORIニュースパレード』は、石川真紀記者が、「日大アメフト部における反則行為に関わる第三者委員会」の中間報告の記者会見の模様をお伝えしました。

    詳しくは、5時台の「ニュースパレードアネックス」に続きます。



    20180629_4

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「サッカーの政治利用はおやめなさい」。

    サッカーで盛り上がっている間に働き方改革法案やTPPを通過させてしまったことが遺憾だという荻原さん、これは過去にナチスドイツも同じような手法を取っていたと指摘し、この手法が横行しているのはゾッとすると発言。



    20180629_5

    『SAKIDORIスポーツ』は、長谷川太アナウンサーが語る「ロシアワールドカップ 決勝トーナメントの展望 」。



    20180629_6

    『ニュースパレードアネックス』は、引き続き、日大アメフト悪質タックル問題の第三者委員会の中間報告について吉田涙子記者が伝えました。

    大学側が設置した第三者委員会ということで、大学側をフォローするような発言があるかと予想されましたが、中間報告では内田前監督と井上コーチの指示によるものとする厳しい内容でした。



    20180629_7

    『世の中SAKIDORI』は、ニュースサイト「nippon.com」編集部、貝田尚重さんに「日本のエネルギー政策、その未来は?」というテーマでお話頂きました。

    第五次エネルギー基本計画に基づき、日本が抱えるエネルギー問題の今と今後について語って頂きました。



    【今日の1曲】 夏が来た! / 渡辺美里 



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!

  • ベルギー戦に向けて

    カテゴリ:スポーツ・芸能

    きょうのナマチュウは

    「サッカー日本代表、決勝トーナメント進出!」

    実は私、午前中新橋で街の人にきのうの日本対ポーランドの戦いについて話を聞いていました。


    ラスト10分については
    賛否両論です。

    ただ、
    「モヤモヤするけど決勝トーナメントに行けることはよかったと思う」
    という意見が多く出ました。


    まだW杯で日本戦が見られることはうれしいですよね。


    そしてわたしはナマチュウでベルギー出身で日本在住の方にお話を聞こうとたくさん電話を掛けました。

    なかなか見つからなかったのですが、親切な方にご紹介頂き
    文京区本郷のベルギービールバー「L'ABREUVOIR トラフ」のローランさんにお話を伺えることに!


    とても雰囲気のいいお店です。

    きょう暑かったですからね。

    冷えたベルギービールをクイッと飲んだらもうたまらんなぁと思いながらお話を聞きました。

    ローランさん、とても優しい方で日本もベルギーもどちらも応援しているとのこと。

    ただ、今のベルギーはとても強いとも話してくれました。

    世界ランクだけで見ると日本は厳しい戦いになりそうです。

    ただ、日本が残っているということは嬉しいことなので応援を楽しみましょう!

    佐藤圭一

  • こんにちは!

    西川あやのです。
    今日は、
    全国の小中学校で行われているブロック塀の点検
    ワールドカップ日本代表・昨日のポーランド戦・今度のベルギー戦
    プレミアムフライデー新しい試み
    日本のエネルギー事情
    日本大学第三者委員会中間報告

    などの話題をサキドリしました!

    ニュースパレードアネックスでは、
    日本大学・関西学院大学のアメリカンフットボール定期戦で
    危険なタックルがあった問題で、
    日大側が設置した第三者委員会の中間報告を取り上げました。
    吉田記者から、内容の報告があり、
    部員などを合わせた関係者120人にとったアンケートの数字も伝えられました。
    普段、コーチや監督の指導に対して意見を言うことはできましたか。
    120人中、113人が「出来なかった。」

    体育会独特の"上の言うことは絶対"という風潮。
    私も学生時代の部活などで経験しました。
    指導者や先輩に異見することは許されない上下関係もあると思います。
    そこから反骨精神ややる気が生まれることもあるし、それが試合の結果に繋がると思います。
    ただ、社会人になった今思うのは、
    目上の人に自分の考えをどう伝えるか、を考えることも重要だということです。
    どんなタイミングで、どんな言葉で、どんな声で・・・
    自分の中の小さな選択が積み重なって、人間関係が構築されていくのだと思います。
    それを大学の部活で学ぶのも、社会人生活に役立つと思います。

  • 夏越ごはん

    早いもので、6月30日で1年の半分が過ぎ、
    2018年も折り返しです。。

    この時期に行われる「夏越の祓」という行事をご存知でしょうか?
    1年の前半の最終日にあたる6月30日を中心に、
    全国の神社で行われる神事です。
    神社では、茅(ちがや)という「かや」の一種や、
    藁で作った「茅の輪」を置き、8の字をかくように3回くぐり抜ける「茅の輪くぐり」を行います。
    1年の前半の罪やけがれを祓って、残る半年の無病息災を祈るものです。


    そして、最近「夏越の祓」にちなんだ「夏越ごはん」が人気なんです!
    夏バテを防止して、しっかりごはんを食べてほしいという思いで、
    厄払いのご利益を考え、食文化として提唱しているもの。
    先日、私も有楽町の飲食店「麹蔵」で食べてきました!
    1夏越ご飯.jpg
    夏越ごはん2.jpg


    奄美・薩摩料理のお店ということもあり、
    大きなかきあげにはゴーヤやもずくが!!!
    半熟卵も乗って甘辛いタレが食欲をそそります!

    夏越ごはんは、「雑穀ごはんを使った丸いかきあげ丼」というのが基本。
    食材の切り方や盛り付け方で茅野輪にちなんだ丸いモチーフを持たせ、
    夏を元気に乗り切れるよう旬の夏野菜を取り入れればアレンジ自由だそうです!
    昨年あたりから、インスタグラムを中心にオリジナリティ溢れる
    夏越ごはんも多く投稿されるようになってきたようですよ♪

    夏越ごはんスタジオ2.jpg

    この夏越ごはんは雑穀ごはんを使うのが特徴ということで、
    東京都内78カ所の神社で夏越ごはんのレシピと雑穀米をご神饌として配布するそうです!
    また、6月30日には赤坂氷川神社で午後5時から行われる「夏越の祓」の神事にご参拝された方
    先着200人にミニサイズの「夏越ごはん」が無料配布されます!!!
    ぜひお出かけください(*^^*)♪

  • 夏越ご飯

    こんにちは、加納有沙です。
    今日の「sakidori最前線」では早川茉希リポーターが
    『夏越ごはん』についてリポートしてくれましたが、

    6月30日は【夏越の祓え】という行事が行われる日なんですね。
    遥か昔、親と共に神社へ行って
    汗をかきながら茅の輪くぐりをした記憶が思い出されます。
    そうか、夏の行事だったんだなぁと
    頭のなかにある引き出しが開く瞬間でした。


    残る半年の無病息災を願う。
    そう、つまり今年ももう折り返し地点ということ。


    年々早くなる月日の流れ。
    時が早く感じられるほど毎日を一生懸命生きていられればいいのですが...

    日々のニュースに対峙していると
    理不尽なものから、残酷なもの、
    納得いかないニュースも様々あります。

    嫌なこともたくさんあるけれど、
    旬の美味しいものを食べて
    少しでもいいから大切なひとと笑い合えて
    健康に過ごすことができれば
    力強く生きていける気がします。


    「幸せ」は一滴でも ものすごいパワーです。

    夏野菜たっぷりの夏越ごはんを食べて
    後半戦も一緒に走りぬきましょう!
    みなさん、バテないでくださいね!!

  • 第324回:深刻化する介護職員へのセクハラ・パワハラ

    『ニュースオフサイド』で取り上げたのは、介護現場で深刻化するセクハラ・パワハラ。その実態と対策について。

    介護職員の7割が、高齢者やその家族からセクハラなどのハラスメントを受けた経験があることが、介護職員の労働組合「日本介護クラフトユニオン」の調査結果で明らかになりました。

    「日本介護クラフトユニオン」の政策部門長で、先週公表した調査の責任者でもある村上久美子さんに介護現場でのセクハラ・パワハラの実態について、伺いました。

    不必要な接触や性的冗談を繰り返したり、アダルト画像を見せる、キスを迫られるなどのセクハラや、おむつの交換中に顔を蹴られたり、「こんな汚い仕事よくやるな!」と見下した発言をしたりなど攻撃的な態度でサービスを強要するようなパワハラ・・・
    調査の自由記述欄にはかなりショッキングな内容が書かれていたといいます。

    村上さんは「介護の現場で働く人はいなければ、介護を受けたくても受けられない介護難民が増えてしまう。社会的にも真剣に取り組んでいかないといけない問題」だと警鐘を鳴らしています。


    介護現場のセクハラ・パワハラ問題を、 高齢者の方々はどのように受け止めているのでしょうか。 巣鴨で細木美知代記者が取材しました。「7割は多い」「パワハラの現場を見たことがある」などの声、介護のお仕事をされている方は「パワハラはけっこう頻繁にあること。こちらの受け止め方も重要。介護職員が対応を学べる場を設けたり、そもそもの介護職員の増員が不可欠。」だというリアルな声も。


    続いてお話を伺ったのは、ケアマネージャーとしての経験を持つ淑徳大学 結城康博 教授。介護現場のセクハラやパワハラを防ぐための対策は2つ。まずは介護の現場の管理職が対応できるようにマニュアルや学ぶ場を作るということ。そして、利用者は「金を払ってるんだから」という意識で何をやってもいいんだという意識を変えていくということ。
    現場に、性の問題やパワハラにきちんと対応することが出来る良い管理職がいるのといないのとで、大きな差異が出ているのが現状のようです。


    『きょうのナマチュウ』いよいよ今夜ポーランド戦!

    サッカー・ワールドカップ、ロシア大会で、 日本代表は、日本時間の今夜11時、ポーランド戦に臨みます。そこできょうは、ポーランド戦のポイントを整理し、大事な一戦の行方をサキドリ!!

    sakid20180628 (2).jpg
    渋谷のスクランブル交差点付近に西村志野記者が行っていました。キックオフは夜11時ですからさすがに侍ブルーのユニフォーム姿は...。

    西村記者によると2名、見かけたとのこと!!!!!!

    お一人は女性。ユニフォーム姿で仕事をして、今夜の試合へ気持ちを高めるのだとか。もう一人は小学生で、長友選手のユニフォームを着ていたそうですよ。

    sakid20180628 (1).jpg

    対戦相手のポーランドはすでにグループステージ敗退が決まっていますが、 ポーランドの方は、今夜の試合をどのような気持ちで観戦するのでしょうか?

    栃木県宇都宮市にあるポーランド料理が味わえるカフェレストラン、 「スモック バベルスキ」の女性店主、 アグニェシュカ・ドブジャニスカ・堀越さんにお話を伺いました。

    アグニェシュカさんは「日本はすごく動きが早い!でも、3対2でポーランドが勝つ!レバンドフスキが決めてくれるはず!」とポーランドの決勝トーナメント敗退が決まったことは残念としながらも、勝利を信じて応援すると話してくださいました。

    最後に、今夜のポーランド戦のポイントを、ロシアで取材中のスポーツライター 戸塚啓さんに聞きました。戸塚さんによると、日本の雰囲気はリラックスして練習が出来ていてとても良い感じだそう。途中交代の3枚のカードをどう使うかがポイントとおっしゃっていました。

    ポーランドは高さがあるので、180㎝以上の選手を起用するならば大迫・本田。俊敏な動きで行くなら香川・乾。GKの川島選手はこのまま起用だろうとのこと。日本、決勝トーナメント進出なるか!?


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』でお伝えするのは、大坂北部地震当日、交通まひで大阪府職員の出勤2割未満というニュース。

    震度6弱を記録した大阪府北部地震の発生時刻は午前7時58分ごろで、多くは公共交通機関が運行停止 した影響を受けたとみられています。

    府は「災害等応急対策実施要領」で、震度6弱以上の地震を観測した 時は、事情がある場合を除いて全職員を非常配備すると定めており、今後、南海トラフ巨大地震への対応を強化する方針で、 新たに設置する委員会で初動対応などについて議論していきます。

    saki20180629 (1).jpg

    コメンテーター、精神科医で映画監督の和田秀樹さんの今日の『オピニオン』。

    テーマは「非難するだけでは犯罪はなくならない」。

    海外では、依存症などで犯罪を犯した者に対しても服役しながらカウンセリングを受させるなど、再発防止のために教育プログラムをしっかりと組んでいるが、日本はまだまだ。

    和田さんは「犯罪者を悪者だとただ非難するだけではダメ!1番大事なのはこれ以上被害者を増やさないこと。そのためには再発防止のためにすることがある。」と語ってくださいました。

    saki20180629 (2).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』は土井悠平アナウンサーが担当。

    取り上げたのは、野球のトラッキングシステムについて。 様々なスポーツデータの取得、分析を行っているデータスタジアム株式会社 ベースボール事業部の山田じゅんやさんにお話を伺いました。

    データを見ることで 、選手のプレーの凄さが分かりやすくなるということで、野球の楽しみ方に広がりを感じたそうです。


    『ニュースパレードアネックス』 国会は今も混乱しています。安倍政権が今国会で最重要課題に位置付けている働き方改革関連法案を、与党と国民民主党は合意、立憲民主党などは猛反対の構図。可決となったTPP法案、このあと可決の見通しの働き方改革関連法案、そしてここにきて乱れ始めた野党側の足並みについて、山本カオリ記者が伝えてくれました。


    『SAKIDORI最前線』では、早川茉希レポーターが1年の折り返しの時期に行われる「夏越の祓」という行事についてご紹介!

    早川さん20180628最前線.jpg


    【今日の1曲】 スモーキン・ブギ/ダウン・タウン・ブギウギ・バンド

  • 富山発砲事件の現場から

    こんばんは。

    竹田有里です。
    昨日のSAKIDORIで痛ましい事件をお伝えしましたが、
    今日は現場の今の状況を詳しくお伝えするため現地へ直接取材に行ってまいりました。

    JR富山駅から北へ車で10分ほどのところにある奥田地区は、
    昔ながらの商店街が並び、住宅地も広がる平和な町です。
    その奥田交番で、稲泉健一警部補が両手に刃物を持った島津容疑者に襲われ
    殉職されました。

    町の人たちは「毎朝8時には交番前に立って、勤勉な方で、いつも町の安全を見守ってくれていた。」と悔しそうに話していました。
    今日昼過ぎから、交番前に献花台が設けられ、警察官や近隣住民たちが
    花を手向けにいらしていました。

    町の人たちに当時の状況を聞くため、商店街を回っていた時、
    たまたま立ち寄ったカフェで、「島津容疑者が自分の庭でうずくまっていた」と話すおばあちゃんに遭遇!
    よくよく聞いてみると、飼い犬が急に吠え出すから何かと窓を覗いてみると、
    知らない男が庭でうずくまっていて、声をかけようと外に出たら、スタスタとどこかへ行ってしまったそう。で、足元を見ると、血の付いたタオルに、地べたは血がべったりとあったそうです...


    その時点でも両手に刃物を持っていた可能性があり、
    おばあちゃんに本当に何もなくてよかった...
    危害を加えられた恐れもありますよね...

    交番の100m先には小学校もあり、裏手には中学校があり、住宅地も商店街も広がっていて、
    住民の方の中には、「拳銃を奪ったまま乱射していたかもしれない...と思うと、昨日は眠れなかった」と話す方もいらっしゃいました。


    亡くなられた稲泉健一警部補、警備員の中村信一さん、心より御冥福をお祈りいたします。

  • サンダース報道官

    こんにちは。 永野景子です。


    今日、『ニュースオフサイド』でトランプ大統領の報復関税を取り上げましたが、
    中身とは全く違う話を。


    ホワイトハウス記者団に対し、大統領の発表文を読み上げたり
    コメントを発表するなどしている大統領報道官。
    この度、サンダース大統領報道官にシークレットサービスが付く見通しとなりました。


    シークレットサービス=大統領警護隊。
    アメリカ政府では大統領や閣僚に付きますが、
    報道官が対象になるのは珍しいということです。


    サンダース報道官に関しては、ワシントン近郊のレストランで
    政権の政策に反対する経営者から入店を拒否されたことが
    波紋を呼んでいます。


    その後、民主党の下院議員が
    『レストランで政権の閣僚を見かけたら群衆を募って追い出せ』
    ~と訴えたため、身体への危害を警戒して今回の措置となったもようです。


    明日のサブキャスターは、
    敵なんていなさそうな加納有紗さんです!

  • 第323回:交番襲撃事件から一夜。中継を繋いで

    今日は番組冒頭から、昨日おこった富山市での交番襲撃事件について続報をお伝えしたSAKIDORI!です。現場である富山市で竹田有里記者が取材中。詳しく『きょうのナマチュウ』で取り上げました。


    今日まず最初のコーナー『ニュースオフサイド』では、世界へと拡がりを見せている貿易摩擦。トランプ大統領が仕掛ける貿易戦争で日本はどうなるのかをサキドリ!

    お話を伺ったのは、GATT事務局やEU日本政府代表部での勤務経験もある慶應義塾大学の渡邊頼純教授。

    トランプ大統領の制裁関税はアメリカの自動車産業や労働者を保護するということにはまったく繋がらないし、アメリカ自身の首を絞める方へ行ってしまっている。日本からの自動車にも25%の関税がかかる恐れについては「とんでもない話!」とおっしゃっていました。

    アメリカが日本から輸入する自動車に高い関税をかけるというのは理にかなっているのか?清水克彦デスクが説明。

    SAK20180627 (2).jpg

    ではこの先、私たちの暮らしにどのような影響を及ぼすのかを、細木美知代記者が三菱UFJモルガンスタンレー証券景気循環研究所の宮嵜浩さんに伺いました。

    アメリカ向けの自動車を作ってきた日本の自動車メーカー、そこで働く人たちへの影響としては、最悪の場合、日本の雇用が削減されるリスクが。GDP試算もマイナスの影響、決して無視は出来ない数字が出ています。

    日本は世界中に自動車を輸出する輸出大国、中国やカナダなどを巻き込んだ世界的な貿易取引の縮小によっては日本経済全体の縮小・株価の下落も考え得るとのことでした。

    saki20180627 (1).jpg


    『きょうのナマチュウ』 富山市での交番襲撃事件、警察官の拳銃の携帯方法にまで一石を投じた今回の事件、富山市で取材中の竹田有里記者を結んでお伝えしました。
    近隣住民の方々の「まさかこんなところで...」という言葉からも伝わる通り、本当に平穏な街だそうです。

    画像を見ると規制は緩和されていますが、ブルーシートと献花台が目に飛び込んできます。

    竹田記者の取材では、島津容疑者は拳銃を奪った後、小学校に行く前に、途中、住人の家の敷地に隠れているところを目撃されているそうです。

    小学校は現場検証のため臨時休校、明日は保護者が付き添う形でという対応をとっています。

    saki20180627 (3).jpg

    事件の概要、警察庁の再発防止策について伝えてくれたのは、西村志野記者。これまでも奪われにくい作りにしていた拳銃入れをさらに改良するとのこと。

    SAK20180627 (4).jpg

    事件の背景を犯罪心理学の観点から考えるとどうなのか? お電話を繋いだのは、東京未来大学こども心理学部長で犯罪心理学が専門の出口保行教授。

    容疑者に悪評がないこととその人が持っている心の闇は別問題で、不満に対してどう意思表示をするのかは人によって違う。なぜ交番を襲撃したのかが1番気になるとお話してくださいました。

    コメンテーターの古谷さんは「計画的に見えるけど、ものすごく非合理的な行動だと思える。やるんだったら、交番じゃなくて銃器店のほうが弾だってたくさんある。」
    島津容疑者は駆け付けた警官に撃たれて重体のため、動機などまだまだ謎のままです。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』でお伝えしたのは、コカインとアヘンの生産が過去最高を記録したというニュースです。

    依然として麻薬組織の勢力が強いコロンビアや、政情不安により政府の統制が及びにくくなっているアフガニスタンでの生産量増加が背景にあるということです。

    SAK20180627 (6).jpg

    コメンテーターは文筆家の古谷経衡さん。

    今日の『オピニオン』では、「Hagex」名義でブログを運営し人気だった、福岡市のITセミナー講師の岡本顕一郎さんが刺殺された事件をピックアップ。
    殺人容疑などで逮捕された松本英光容疑者がネット上でのいわゆる「荒らし」を繰り返し、被害者の岡本さんから注意を受けたことで恨んで犯行に及んだとのことですが、古谷さんは「Hagex」さんも2002年からやってきたブログサービス「はてなブログ」というものが、いかに読み手のレベルも高く、いかにネットの中で言論的オアシスだったかを説明し、「待ち伏せして殺すなんてこんな無知性な、こんな動物的な、はてなブログとは真逆の犯罪が起きちゃうなんて...」と、事件概要だけでは読み取れない今回の事件の根深い背景について語り下ろしてくださいました。

    SAK20180627 (5).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』は飯塚治アナウンサーが、アメリカツアー女子ゴルフ 畑岡奈紗、日本勢最年少優勝の話題を取り上げました。

    19歳5か月、2位に6打差をつけ、通算21アンダーでぶっちぎりの史上最年少優勝を果たしました!

    「来週のメジャー大会も頑張りたい!」とコメントしており、28日から始まる全米プロ選手権にも注目が集まります。

    SAK20180627 (1).jpg


    『ニュースパレードアネックス』東京都が独自に制定を目指してきた受動喫煙防止条例案が、都議会の本会議で可決、成立しました。

    この防止条例、国の健康増進法改正案よりも厳しい規制ということで、世界水準から見ればもっともっと厳しいところもあるが、反対の方々が多いのも事実。

    東京都庁で取材している伊藤佳子記者に繋ぎ、小池都知事の音声も交えてお伝えしました。


    『SAKIDORIクリニック』では、本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生が、「W杯サッカーの応援で病気とケガが増加する」という、気になるお話をして下さいました。

    サッカーのような集団で戦う競技は、熱狂して応援すると、試合で勝った時、男性ホルモンのテストステロンが増えるという調査結果が! テストステロンは、支配欲の暴走や過剰な自信などを引き起こすため、脳は本能的に危ないことをするかもしれないのだそう。皆さん、そのあたりを踏まえて、日本代表を安全に応援しましょう!


    【今日の1曲】 星のかけらを探しに行こう Again/福耳

  • 食中毒にご注意を!

    こんばんは。

    竹田有里です。

    梅雨明けしたかの様なピーカンの日々が続いていますね。
    いや〜暑いですね〜!

    さて、本日のSAKIDORIでは、食中毒についてお伝えしました。
    消費者庁は梅雨時に食中毒が増加傾向にあることから、
    カレーや煮物などの作り置きを食べると食中毒になる恐れがあると
    注意を呼びかけています。

    民間企業で食品衛生担当として勤務されている佐藤史郎さんに
    お話をお伺いしました。

    カレーなどの煮込み料理では、食中毒の原因となるウェルシュ菌が増えやすく、このウェルシュ菌というのは非常に厄介な食中毒菌なんだそうです。
    なんでも、100度30分加熱しても、死滅しないんだそうです!

    そのため、カレーは作り置きをせずなるべく食べきることが良い!
    でも残ってしまったら、小分けにし、流水で急激に冷やして、冷蔵庫に保存するのが良いんだそうです。


    そして、ラッパ飲みペットボトルにもご注意を!
    オレンジジュースやカフェオレ、コーラなど糖分が入っているものは
    糖分を養分として菌が非常に増えてしまうんです。

    さらに、びっくりしたのが、なんと麦茶も繁殖しやすい飲み物なんです。
    穀物から作られているので炭水化物を多く含むので、菌が繁殖しやすいんです。

    緑茶にはカテキンが含まれているので、比較的増えにくいそうです。

    家に帰ったら冷蔵庫に冷やして、せめて2日で飲みきるようにしてください!


    明日のサブキャスターは、麦茶やほうじ茶などが好きそうな永野景子さんです。
    お楽しみに〜!

    竹田は、富山の発砲現場から中継いたします。

  • この時期の食中毒にご注意を!

    こんばんは。

    竹田有里です。

    梅雨明けしたかの様なピーカンの日々が続いていますね。
    いや〜暑いですね〜!

    さて、本日のSAKIDORIでは、食中毒についてお伝えしました。
    消費者庁は梅雨時に食中毒が増加傾向にあることから、
    カレーや煮物などの作り置きを食べると食中毒になる恐れがあると
    注意を呼びかけています。

    民間企業で食品衛生担当として勤務されている佐藤史郎さんに
    お話をお伺いしました。

    カレーなどの煮込み料理では、食中毒の原因となるウェルシュ菌が増えやすく、このウェルシュ菌というのは非常に厄介な食中毒菌なんだそうです。
    なんでも、100度30分加熱しても、死滅しないんだそうです!

    そのため、カレーは作り置きをせずなるべく食べきることが良い!
    でも残ってしまったら、小分けにし、流水で急激に冷やして、冷蔵庫に保存するのが良いんだそうです。


    そして、ラッパ飲みペットボトルにもご注意を!
    オレンジジュースやカフェオレ、コーラなど糖分が入っているものは
    糖分を養分として菌が非常に増えてしまうんです。

    さらに、びっくりしたのが、なんと麦茶も繁殖しやすい飲み物なんです。
    穀物から作られているので炭水化物を多く含むので、菌が繁殖しやすいんです。

    緑茶にはカテキンが含まれているので、比較的増えにくいそうです。

    家に帰ったら冷蔵庫に冷やして、せめて2日で飲みきるようにしてください!


    明日のサブキャスターは、麦茶やほうじ茶などが好きそうな永野景子さんです。
    お楽しみに〜!

    竹田は、富山の発砲現場から中継いたします。

  • ゲスト:港区生涯学習スポーツ振興課 秋葉大輔さん

    2020年の東京オリンピック・パラリンピックで、港区はトライアスロンでお台場、マラソンでは増上寺付近の最初の折り返しなど名所が競技会場となります。

    そこで今日は、ゲストに港区 生涯学習スポーツ振興課の秋葉大輔さんをお迎えし、2020年に向けた港区の取り組みなどお話を伺いました。

    まずは、先週23日に、JR田町駅近くの港区スポーツセンターで行われた障害者スポーツの普及イベントのお話から。

    車いすバスケ、ウィルチェアラグビー、ボッチャなどの体験を実施しました。お子さんだけでも250人もの人が参加されたそうで、大盛況ですね!参加された皆さんから「見たことがなかった競技を見られて良かった!」というお声もあがっているとか。


    ほかにも港区では、障害のあるなしにかかわらず、どなたでも参加できるスペースを、月に1回開放しています。毎月第4月曜、午後3時45分から10時まで港区スポーツセンターサブアリーナを開放。

    「スポーツに関心が無い方にどうすれば興味を持ってもらえるか」が、秋葉さんたちの課題とおっしゃっていました。
    秋葉さんご自身も、5年前東京国体のため東京マラソンを走ることになって、スポーツの良さ・魅力がよく分かったといいます。

    今でも、お昼には増上寺まわりを走っているそうですよ(^^)

    「マラソン・港区」と言えば忘れてはならないのが、今年12月2日に、港区で初めてのハーフマラソン『MINATOシティハーフマラソン』が、開催されます。こちらは、15歳以上の元気に走れる方であれば誰でも参加可能!

    ユニバ20180626 (1).JPG

    なんと一美キャスター、「気になっていて、新聞の切り抜きをコピーして持ってたんです!最近走るのをさぼっていたから、これで復帰しようかな!?」

    港区民の先行申し込みは来月7月3日まで。その他の希望者は、7月23日から8月31日までに申し込みをしてくださいね。

    詳しくは、「MINATOシティハーフ」で検索!

  • 第322回:そのカレー、その飲み物、大丈夫?

    『ニュースオフサイド』では、「一晩置いたカレーにも食中毒の危険が潜んでいるかも」と題して、この時期に気を付けたい食中毒の話題を取り上げました。

    消費者庁は、梅雨時の食中毒が増加傾向にあることから注意を呼びかけています。 被災者に対する炊き出しなどを行う時も、カレーなどを作る場合は注意が必要としています。

    佐藤圭一記者は、農林水産省による食中毒喚起と、内閣府・政府広報の注意喚起【付けない・増やさない・やっつける】の3つの原則を紹介。

    実は佐藤記者も、ちょうどこの高温・多湿の季節に、お母様の手作り惣菜パンで食中毒をになってしまったことがあるということでした。「冬場は平気だったのに・・・」と悲しそうな佐藤記者。

    サキドリー20180626 (2).JPG

    ちなみにスタジオの石田さん、竹田さんも食中毒の経験が。

    サキドリー20180626 (4).JPG

    とにかく過ぎ去るのを待つしか手立てがない辛さを語る皆さん。

    サキドリー20180626 (3).JPG

    お電話を繋いだのは、元・東京都保健所食品衛生監視委員で現在は民間企業の食品衛生担当を務めている佐藤史郎さん。

    日を置くと美味しくなるといわれるカレーですが、この季節は作ったらすぐに食べきってしまうことが大事。どうしても翌日に食べるという場合には、小分けするなどして10度以下の温度に下げて冷蔵庫で保存し、温める時にはよーくかき混ぜて全体が沸騰するまで加熱を!

    カレーだけではなく、夏場は一度口をつけたペットボトル飲料も危険!糖分の入っている飲料や、穀物から作られている麦茶なども菌が繁殖しやすいそうです。


    さて、街の皆さんはどのような食中毒対策をしているのか、西村志野記者は豊洲からレポート!つい先日、サルモネラ菌に娘さんが感染してしまったという方もいらっしゃいました。皆さん、作り置きはしない・何でも冷蔵庫で保存するなど対策をしているようですね。

    西村さん(豊洲)20180626.jpg

    100円均一などでも買える、アルコール除菌液などを持ち歩いて、食品などをさわる際にはすぐに除菌できるように心がけましょう!


    『きょうのナマチュウ』外食・サービス産業の人手不足を解消する切り札とは?

    人手不足が深刻化する外食・サービス産業ですが、今日は特徴ある企業の取り組みをご紹介しました。

    まず取り上げたのは、外食産業のモスバーガー。以前から、シニアのパート・アルバイト採用に力を入れています。
    モスフードサービス広報IRグループ グループリーダー 金田泰明さんによると、40代~50代で仕事を始めた人たちが長期間仕事を続け、結果シニア世代の方の就労人数が増えているのだそう。シニア層が多く働いていることで、同年代のお客さまも安心して利用ができ、若い世代の店員が知らない地域の情報など自分たちの人生経験を活かして働けているのも素敵ですね。

    続いて、LGBTの人たちが宿泊しやすいよう「LGBTフレンドリーホテル」を打ち出したパームロイヤル那覇総支配人 高倉直久さんにお電話を繋ぎました。

    ホテル内にはLGBTのシンボルであるレインボーフラッグを飾ったり、ジェンダーフリートイレというものも設置。

    LGBTの人に優しい=みんなに優しいというこのホテルのことを知って、就労希望の方も増えたといいます。沖縄県の離職率は県内平均20~30%のところ、パームロイヤル那覇はなんと5%未満!

    さらに、インターネット旅行サイトの口コミ評価も7位に上昇し、業績も大幅に上回ったそうです。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』でお伝えしたのは、日本を訪れる外国人観光客に果物狩りが人気というニュース。

    JTBとJCBが出資するJ&J事業創造は去年、およそ780の農園を紹介するサイト「Japan Fruits」を開設しています。

    スタジオでは、モノより体験を求める「コト消費」の話で盛り上がりました。

    サキドリー20180626 (5).JPG

    コメンテーターは俳優の石田純一さん。

    今日の『オピニオン』では、ここまでのサッカーW杯の日本代表の活躍を「100点満点と言ってもいい!」と高く評価したうえで、グループステージ突破に向けて、「いろんなところで叩かれちゃってるけど、GKの川島はやけくそになった時に動きが良くなるタイプだったりもするから、川島次第かもしれない。頑張ってほしい!今回のサッカーW杯、どの試合も本当に面白い!」と興奮気味に語り下ろしてくださいました。

    サキドリー20180626 (6).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』担当の高橋将市アナウンサーはメットライフドームから、今日行われる 西武 対 オリックス戦について、今日のライオンズナイターで中継解説を務める、東尾修さんとともにお送りしました。ライオンズ打線がオリックスのアルバースにどう立ち向かうか!文化放送ライオンズナイターで!


    『ニュースパレードアネックス』 富山市の交番で今日午後2時ごろ、男が警察官を刃物で刺し、拳銃を奪って逃走する事件がありました。 男は近くの小学校の警備員に発砲したあと、身柄を確保されました。男に刺された警察官、撃たれた警備員は死亡が確認されています。

    石森則和記者がこれまでに入ってきている概況を、目撃者の音声を交えてお伝えしました。
    サキドリー20180626 (7).JPG


    【今日の1曲】 コパカバーナ/バリー・マニロウ

  • 第321回:問題山積の参議院予算委員会集中審議

    今日は14時40分頃、渋谷区代々木の雑居ビル2階の居酒屋に、男が刃物を持って一人で店に立てこもり、窓ガラスを割った上、炊飯器や瓶などを屋外に投げるなどして暴れるという事件がありました。渋谷で別件の取材中だった西村志野記者が現場に駆けつけ様子を伝えてくれましたが、17時ごろに身柄を確保。番組で随所でこの速報をお伝えしました。


    『ニュースオフサイド』は、「今治加計獣医学部問題を考える会」の黒川敦彦さんを迎えて、正常化した国会から、参議院予算委員会集中審議の模様をお伝えしました。

    注目の森友学園問題・加計学園問題をめぐってどんな質疑が行われたのか、北朝鮮関連のやりとりなどを、国会記者クラブから伝えてくれたのは山本カオリ記者。今日は内外の諸情勢という大きな課題で、一つのことを追及というかたちにはならなかったそうですが、安倍総理は依然「国会招致については国会が決めること」として取り合わない状態。

    さまざまな手段で加計問題を追及してきた黒川さんは「新たな事実が出てきていないため、いまいち盛り上がりに欠けているのが気になる。」とお話してくださいました。

    sakidori20180625 (6).JPG


    『きょうのナマチュウ』サッカーW杯 日本、勝ち点4。次は運命のポーランド戦。

    日本時間の今日未明に行われた第2戦、日本対セネガルは2対2で引き分けました。 次は第3戦、ポーランドとの試合に勝つか引き分ける、仮に敗れたとしても、セネガル対コロンビアの結果次第で決勝トーナメント進出の可能性が出てきたというこで、今日はセネガル戦を振り返るとともに、運命を左右するポーランド戦をサキドリ!

    まずは佐藤圭一記者が今朝8時頃の渋谷駅の様子を伝え(さすがにその時間にはユニフォーム姿の人はいなかったとのこと)、さらに現地で取材中のスポーツライター 二宮寿朗さんに伺ったお話を、音声を交えてご紹介しました。

    「日本選手のプレーにゆとり・ねばり・自信が出てきた。攻撃的な西野采配も吉と出ている。リラックスしてコンディションを整えて、ポーランドに備えて!」と二宮さん。

    佐藤圭一記者20180625.jpg

    お電話を繋いだ、元Jリーガーでスポーツキャスターの水内猛さんは「正直言うとセネガルに勝ちたかった。次のポーランドはもう失うものがない状態で向かってくるので怖い。油断せずに、エースのレバンドフスキ選手をしっかりおさえて仕事をさせないことがポイント」とおっしゃっていました。

    西村志野記者は渋谷の街の人たちに、日本代表への評価と次戦への期待の声を聞きました。

    取られては取り返す展開で面白くサッカーを見たという方が多く、「本多選手すごい!」「柴崎選手うまい!」の声も多かったようです。

    西村さん20180625.jpg

    日本代表の第3戦・対ポーランドは、日本時間28日深夜キックオフです!頑張れニッポン!


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、日航乗務員が機内で骨折というニュース。

    24日の午後3時55分ごろ、札幌発羽田行き日航514便が飛行中に突然揺れ、女性客室乗務員が転倒。 左足首付近を骨折、全治2か月の重傷と判明しました。乗客乗員515人で、他に怪我人は出ていません。

    元CAの河合薫さんも経験談を語り、「乗務員さんたちはきちんと訓練しているから、ケガをした時も対応などは安心して!」とおっしゃっていましたが、これから夏休みなどで飛行機に乗る時には気を付けた方がいいポイントを、自分でもでもチェックしておくといいですね。

    sakidori20180625 (1).JPG

    コメンテーター、健康社会学者の河合薫さんの今日の『オピニオン』テーマは「外国人留学生問題」でした。

    全九州高校体育大会の男子バスケットボールの試合中、延岡学園高の留学生選手が審判を殴打した問題の背景から、日本は外国人を受け入れる入り口はつくるのに、入れた後の土壌が整っていないと指摘。

    今回の「背が高いから、バスケットのチームに外国人留学生を入れる」もそうだが、「人手が足りないから外国人労働者を入れる」、その後どうしていくのかという部分がきちんとしないうちは【受け入れ反対】と語り下ろしました。

    sakidori20180625 (5).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』は砂山圭大郎 アナウンサーが担当。

    陸上・日本選手権の話題をピックアップ!男子100m、今年の王者は昨年6位だった山縣亮太選手でした。

    桐生祥秀選手は少し伸び悩んで3位、号泣した5位の多田修平選手はこの秋以降に注目です!

    sakidori20180625 (2).JPG

    『ニュースパレードアネックス』でお伝えしたのは、来年開催に向け、着々と準備が進められている ラグビーW杯の話題。

    今日、ラグビーW杯2019 開催自治体の観光担当者によるミーティングが開かれました。取材したのは伊藤佳子記者。

    sakidori20180625 (3).JPG

    放送作家でコラムニストの山田美保子さんの『芸能アラカルト』 では、最近、芸能界・スポーツ界で相次ぐ意外な結婚について総ざらい!

    以前、このコーナーで美保子さんは、玉木宏さんの結婚を予言していましたが、残念ながらお相手が違っていましたね。これには美保子さんもびっくりしたそうです。
    sakidori20180625 (4).JPG

    【今日の1曲】 太陽は罪な奴/サザンオールスターズ

  • 第320回:慰霊の日の前日

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「沖縄、明日73回目の慰霊の日」。

    沖縄県民にとって、慰霊の日がある6月は「平和月間」。平和の授業を通じて平和について考える一カ月なんだそうです。最後の激戦区となった糸満市では追悼式が行われ、那覇市の新都心地区では、竹で作った灯篭(竹あかり)に灯をともすイベントが今年初めて開催されることになりました。実行委員の広報、堀江さんにお話を伺うと、初の試みにとても張り切っている様子で、「平和を祈る催しになれば」とお話してくださいました。

    また、都内でも慰霊の日に向けて様々なイベントが行われています。ポレポレ東中野ではドキュメンタリー映画「ひめゆり」の上映、柏市では平和のいのり「沖縄慰霊の日、歌と踊りと朗読会」が開催されます。



    『きょうのナマチュウ』は、「認知症に効果あり?ボウリングの可能性とは?」。

    今日がボウリングの日ということで、佐藤圭一記者は川崎グランドボウルで行われたイベント「めざせ1000人トーナメント」を取材。トーナメント方式のボウリング大会で、参加者の平均年齢は60歳、最高齢はなんと93歳でした! 北海道大学の水野教授にお話を伺うと、ボウリングは心と体、両方に効果的で、体力維持、認知症予防以外にも、コミュニケーションをはかりながら楽しめるので、始めるなら週1回からがおすすめです。



    20180622_2

    『SAKIDORIニュースパレード』は、大阪北部地震のブロック塀による死亡事故を受けて、武蔵野市立関前南小学校で行われているブロック塀撤去工事の模様を岡田紀子記者が現場からお伝えしました。

    事件があった後、いかに早い対応ができるかに自治体の安心と信頼に繋がっているようです。



    20180622_3

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「地震保険は上手にお入りなさい」。

    地震保険は単体で入ることはできず、火災保険も入る必要があります。そして、様々な地震保険がありますが、おすすめなのは政府が後ろ盾になっているもの。荻原さん曰く、保障金は火災保険の3~5割と決まっているので、地震で家を失った場合、そのお金で家を建て直すのは難しく、被災後の生活を支えるものだと思っていた方がいいそう。

    そんな地震保険ですが、1回入ったけど地震が来ないからといってやめてしまうのは一番よくないそうです。入ったらずっと入ることが大切で、5年分のまとめ払いで保険料が節約できるそうです。他にも建築年数で割引もあるので、確認した方がよさそうです。



    20180622_4

    『SAKIDORIスポーツ』は、寺島啓太アナウンサーが野球殿堂博物館 で開催中の特別展「高校野球100回目の夏」をご紹介。

    今年が高校野球100回を記念するため、過去の選手のユニフォームや優勝旗など、これまの歴史を確認できる高校野球ファンにはたまらない内容となっています。



    『ニュースパレードアネックス』は、相次ぐ幼児虐待事件を受けて、国会で党派を超えて行われた勉強会の模様を山本カオリ記者が伝えました。



    20180622_5

    『世の中SAKIDORI』は、ニュースサイト「nippon.com」編集部、エジプト人のムハンマド・ハッサンさんが「日本人の時間感覚とアラブの5分」というテーマでお話頂きました。

    ハッサン曰く、「日本の時間の正確さはすごい!」。日本の鉄道会社が定刻より20秒遅れたことを謝罪したニュースを取り上げ、「アラブでは30分でも全然平気! 謝罪なんてない!」と時間感覚の違いを実感したそう。「あと5分でできるよ!」と言いつつ、30分や1時間待たされることがザラというアラブ、日本人もアラブで生活したら時間感覚が変わるものなんでしょうか!? ちなみに、ハッサンは日本で生活するようになって遅刻が許せなくなったそうです!(笑)



    【今日の1曲】 Pet Shop Boys / West End Girls 



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!

  • こんにちは!

    西川あやのです。
    今日は、
    沖縄、あす73回目の慰霊の日
    認知症予防に効果あり?今日はボウリングの日
    地震保険は上手にお入りなさい!
    各地の通学路のブロック塀の緊急点検
    甲子園のあれこれ
    国会で虐待から子供を守るための勉強会
    日本人とアラブの時間感覚の違い

    などの話題をサキドリしました!
    エジプトの時間感覚には驚かされましたが、
    (正確に会う時間を決めないで待ち合わせするそうです)
    それくらいの方が自分には合っているような気がしました。

    来週月曜日のサブキャスターは、私の中の上司にしたいランキング第一位の水谷加奈さんです!

  • 第319回:ベアドッグって知っていますか?

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「相次ぐ目撃情報!熊と人は共存できるのか」。

    山梨県や秋田県では熊の目撃情報が例年よりも多いペースを記録、「熊と人のすみ分け」をどうするべきなのかをサキドリしました。そこで今、注目されているのが、熊を山に追い返す職業犬「ベアドッグ」。このベアドッグを育成しているNPO法人「ピッキオ」の田中純平さんにお話を伺うと、海外では盲導犬と同じように認められていて、その働きとしては、熊のにおいを探知し、熊を吠えて追いかけることで山奥に返すというもの。効果は感じているそうで、ごみ荒らしや人的被害がわかりやすく減少したそうです。



    『きょうのナマチュウ』は、「虐待防止に繋がるか、『赤ちゃんと触れ合う授業』」。

    中学校で、赤ちゃんとの触れ合いを通じて命の尊さや子育ての大切さを学ぶ体験授業をご紹介。27年もの間、この授業を続けている東京成徳短期大学の教授、寺田清美さんにお話を伺いました。

    赤ちゃんが泣くことに否定的な風潮がある中、なぜ泣いてしまうのかを理解するだけではなく、赤ちゃんと触れ合うことで自分も同じように可愛がられてきたのだと知り、自己肯定感を育む機会にも繋がっています。授業に参加した生徒からは、「楽しさもあるけど、難しさを感じた」といい、その難しい部分をどうクリアしていくのか話し合ういいきっかけになったそうです。


    そして、西村志野記者は、相模女子大学中学部で「妊婦体験と赤ちゃんのお世話体験」の授業をレポート。

    20180621_2

    実際に「妊婦ジャケット」を着用すると、いかに日常動作が大変なのかを実感することができました。



    20180621_3

    『SAKIDORIニュースパレード』は、石川真紀キャスターが伝えたニュースは、「地元で就職希望、33%に低迷。大学生の意識調査」。

    学生優位の売り手市場を背景に、大都市圏での就職が人気を集めているそう。地方と都心の格差がますます広がると懸念されています。



    20180621_4

    精神科医・映画監督の和田秀樹さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「本の売れ筋に見る "日本やばいよ"」。

    日本人は英語の読み書きやコミュニケーション能力もアジア最低レベルにも関わらず慢心していると感じた和田さんがこれらの問題提起をするような本を企画したところ、編集者の方に「そういう本は売れない」と言われたそう。売れ筋は「日本はすごい国」など、耳触りのいい話ばかりでこれではこの慢心は助長するばかりではないかと嘆きました。



    20180621_5

    『SAKIDORIスポーツ』は、飯塚治アナウンサーが伝えてくれたのは、「ソフトボール女子ライバルアメリカに快勝!」。

    日米対抗2018第一戦、最大のライバルアメリカに4対0で勝ちました。その勝因や注目選手を解説!



    20180621_6

    『ニュースパレードアネックス』は、細木美知代記者が取材した「なくそう!子どもの虐待プロジェクト2018」について。

    児童相談所が家庭に介入するためのマンパワーと適切な判断のために法律や制度を整える署名プロジェクトで今月14日から開始したものです。発起人による立ち上げた想いやきっかけ、今後の活動などを紹介しました。



    20180621_hayakawa

    『世の中SAKIDORI』は、SAKIDORI最前線。 早川茉希 レポーターが開館10周年を迎えた「東京おもちゃ美術館」をご紹介!

    今月24日から10周年を記念した、糸鋸の体験ができる工房「いとのこや」がオープン。体験の様子など、詳しくは【こちら】からどうぞ。



    【今日の1曲】 ジョニィへの伝言 / ペドロ&カプリシャス


  • 東京おもちゃ美術館

    梅雨の時期も思いっきり遊びたい...!
    そんな、お子さんやお孫さんとのお出かけに
    ぴったりの施設をご紹介します!!

    四谷三丁目から徒歩7分ほどのところにある
    「東京おもちゃ美術館」です!


    おもちゃ美術館.jpg

    旧四谷第四小学校の校舎を利用して、
    日本をはじめ世界各地のおもちゃが勢ぞろい!!
    触り心地の良い木のおもちゃがたくさん並んでいます!


    その東京おもちゃ美術館の開館10周年を記念して
    24日(日)からいとのこを使う体験ができる工房「いとのこや」がオープンします!
    一足先に、体験させていただきました♪
    いとのこ体験.jpg
    いとのこを使うのは、中学の技術の授業以来!?
    カーブ、ジグザグ、直線の練習をしてから作品をつくります。


    練習で切った木も、こんな積み木の作品になりました♪
    おもちゃ早川作.jpg


    初めての方でも、「おもちゃ学芸員」というボランティアスタッフさんが丁寧に教えてくれるので安心です。


    「おもちゃ学芸員」は、19歳の大学生から83歳の女性まで約300人が登録しています。
    元保育士や元大工など経歴はさまざまで、
    手作りおもちゃや遊びのサポート、イベント補佐や海外からのお客さんのおもてなしなど
    館内の仕事のお手伝いをしています。
    昔ながらの遊びを教えてくれて、多世代での交流ができます♪

    学芸員さんの作品は、とってもかわいい♪
    おもちゃ作品.jpg

    他にも、0歳から遊べる「赤ちゃん木育ひろば」は
    あたたかみのある杉の床でハイハイしたり、木製おもちゃを使ってのびのび過ごせたり。
    大人も夢中になってしまうボードゲームでは、学芸員さんや海外のお客さんと盛り上がりました!
    とにかく、一日中楽しく遊べます!!
    おもちゃ農園.jpg
    ゲーム体験.jpg

    「東京おもちゃ美術館」は、
    四谷三丁目駅2番出口から徒歩7分。
    朝10時~夕方4時まで開館していて、入館は午後3時半までです。
    (※木曜日は休館)

    「おもちゃ学芸員養成講座」も年に2回開講しているそうなので、
    詳しくは東京おもちゃ美術館のホームページ、
    または電話03-5367-9601までお問い合わせください♪


  • 虐待防止につながるか、赤ちゃんと触れ合う授業。

    こんにちは、加納有沙です。
    今日は夏至でしたが、
    曇り空であんまり日の長さを感じられなかったですね。


    今日のナマチュウでは
    「虐待防止につながるか。赤ちゃんと触れ合う授業が果たす役割」
    と題して、お電話をつなぎ、
    学生や生徒さんたちへの授業で
    実際に赤ちゃんと触れ合い、
    赤ちゃんや妊婦さんについて学ぶ機会を作っている方々にお話を伺いました。

    赤ちゃんに触れることで、
    また、赤ちゃんや妊婦さんのことを学ぶことで
    自己肯定感を学び、こどもを尊び、愛着を感じるようになってくると
    お話しくださいました。


    番組のなかでリスナーさんからいただいたメールをご紹介しましたが...
    昔は近所の子どもが集まって、
    年齢関係なく一緒になって遊んでいた。
    そのなかに、幼い子がいれば
    その子が仲間に入れるように気遣ったり、
    年上の子が下の子の面倒を見ることをしてきたけれど
    今、そういう景色は見なくなった。。
    という内容でした。


    たしかに、と思いました。


    隣近所に、同じマンションに、
    どんなこどもがいて、どんな家族構成かなんて
    今のわたしにはまったくわかりませんでした。


    昔、愛知の実家では、
    もっと交流があって、少なくとも近所が顔見知りで
    近所のこどもの世話も見てくれるような...
    そんな環境があったように思います。

    そうも言っていられないご時世となったのですから
    仕方がありませんよね。
    現代にあった「新しい地域ぐるみのコミュニケーションの取り方」で
    子育てや高齢者問題などで、
    助け合える関係を築いていかなければいけないなと強く思いました。


    さて明日、金曜のサブキャスターは
    子どもにも敬語でしゃべりかけそうな、西川あやのアナウンサーです。

  • 第318回:誰かとごはんを食べていますか?

    大阪北部で起きた地震の取材をし、一美キャスターが帰って来ました。(大阪取材の模様は、一美キャスターがブログ『Column〜記者たちのオフマイク〜』に載せてくれていますので、そちらもご覧ください。)

    今日は、当初の予定では通常国会の会期末だったわけですが...来月の22日まで延長されることになりました。

    『ニュースオフサイド』のコーナーでは、通常国会が大幅延長となった背景を、自民党総裁選挙、日朝首脳会談との関連から探りました。

    まずは今日の国会の様子を、奥山拓也キャップがレポート。与党としては、働き方改革国会と銘打ってやってきたため、この法案を通すまでは...という思いでの32日間の延長。野党としては「会期通り終わらせる!」という、与野党の攻防から目が離せない状況です。

    安倍政権側の様々な思惑については、インサイドライン編集長の歳川隆雄さんに伺いました。

    会期を延ばせば延ばすほど、安倍総理以外の総裁選出馬の意向がある人の準備期間がどんどんなくなっていくこと。安倍総理の7月の外遊をふまえての延長であること。

    日朝首脳会談については、8月中に行われるかもしれないことなど解説してくださいました。


    『きょうのナマチュウ』テーマは「食事をひとりでとる"孤食"が深刻化。その対策を考える」。

    2017年度版の食育白書によると、1日の食事のすべてを一人でとる「孤食」が週の半分を超える人が、増えていることが分かりました。

    細木美知代記者が「食育白書」の内容を整理。

    細木記者20180620.JPG

    寂しいというイメージの「孤食」ですが、街の方々は「孤食」をどう思っているのか、西村志野記者が有楽町で聞きました。

    お話を聞いたほとんどの方は「寂しい」とは感じていなかったそうですが、この回答に永野サブキャスターも西村記者も「これは、普段一緒に食べる人が居る人の回答だと思う!」と反論していました。

    西村さん20180620有楽町.jpg

    お電話を繋いだ名古屋大学 特任講師の中田龍三郎さんには、「孤食」が人の体や心に及ぼす影響について伺いました。

    一人で食事をすると、食事の準備がおっくうになったり、簡単なもので済ませてしまうため、栄養バランスが悪くなる傾向が。また、日常的に「孤食」をしていると、コミュニティーへ参加しようという気持ちがなくなっていき、うつ病にもなりやすいのだとか。

    中田教授は、少しでも楽しく食事が出来るように、工夫することが大事だとおっしゃっていました。簡単な方法として、鏡に自分の姿をうつして食事をすることだけでも、効果があるそうです。


    つづいて「孤食」対策として、故郷でおばあちゃんと食卓を囲んでいるような気分になるVR動画「バーチャン・リアリティ」を制作した、南あわじ市「食の拠点推進課」課長補佐 土井孝行さんにもお話を伺いました。

    南あわじ市の特産品を知ってもらうための動画を作ろうというところからスタートした、この「バーチャン・リアリティ」。田舎のおじいちゃん・おばあちゃんが、社会の癒しを担っていけるのでは!?と作成されました。

    おばあちゃんと朝食をとる「朝ごはん」と、家族や地元住民らも交えてにぎやかな時を過ごす「夜ごはん」の2編構成で、自治体のプロモーション動画としては異例の16万回超えの視聴回数をたたき出しています。

    土井さんはこの動画を通して「普段連絡をとらない両親と連絡をとるきっかけになってほしい」ともおっしゃっていました。

    放送前に「バーチャン・リアリティ」を体験したミイナさんも「癒されるぅ~」と笑顔(^^)
    バーチャンネット20180620.JPG

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げるのは、「訪日客増加で製紙各社の生産拡大」というニュース。

    訪日外国人客が増え、ホテルなどで使う需要が増えていることを背景にトイレットペーパーの生産も好調に。日本製紙や王子ホールディングスなど製紙業界が新工場の整備など生産拡大に乗り出しています。

    ミイナさんや永野サブキャスターも、今まで体験した海外のお手洗いのお話をされていましたが、国によって本当に様々ですね!

    さきどり20180620 (2).jpg

    コメンテーター、マルチリンガルタレントの堀口ミイナさんが語り下ろした今日の『オピニオン』は「メルカリはなぜ上場したのか?」。

    日本で初めての、上場した"ユニコーン企業"のメルカリ。まずこの"ユニコーン企業"というものはどういうものを指すのかを説明。

    そして、まだまだアメリカでは赤字のメルカリが、日本だけの成功に留まらず、海外へとチャレンジしている姿に「頑張ってほしい!」とエールを送りました。

    さきどり20180620 (1).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』では松島茂アナウンサーが、サッカーW杯 日本代表が見事勝利した昨夜のコロンビア戦を、文化放送 サッカー解説者で元読売クラブコーチの湯浅健二さんのお話を交えて振り返り!

    湯浅さんは、現地のロシア・サランスクでこの勝利を見届けたということで、コロンビア戦を終えた日本代表チームの雰囲気、湯浅さんが試合で感じたこと、セネガル戦へ向けてのポイントなどを松島アナがリポートしてくれました。

    さきどり20180620 (4).jpg


    『ニュースパレードアネックス』は、斉藤一美キャスターの大阪府北部地震取材報告。破裂した水道管の修繕対応の迅速さや、関西大学社会安全学部の皆さんが被災された方々のスマホの充電が出来るようにと、発電機や充電コードをかき集めてボランティアにあたられていたことなど、関西大学永松教授の声を紹介し、伝えてくれました。


    『SAKIDORIクリニック』では、本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生が、「地震の防災から子供の受験まで、いざという時に力を発揮できる脳科学」を伝授!

    人間の大脳は70%が視覚情報の処理にかかわっていて、映像は情報量が多いので、無意識の領域にも強く影響を与えています。 だから、たった5秒間でいいので目を閉じて実際の災害をイメージしてから訓練をすると、脳への定着率が上がり、本当に起きた時と同じ行動がとれるようになるのだそうですよ。


    【今日の1曲】 雨にぬれても/マニック・ストリート・プリーチャーズ

  • 高槻へ取材

    斉藤一美です。

    月曜朝、震度6弱の大地震に見舞われた大阪府高槻市へ行ってまいりました。

    JRは全く動かず...

    一美20180620ー大阪地震 (9).JPG

    多くの乗客が足止めを食い、皆さんグッタリしていました。

    一美20180620ー大阪地震 (11).JPG

    駅のコンビニは断水のためカップコーヒーの販売を取り止め...

    一美20180620ー大阪地震 (10).JPG

    関西大学の皆さんはボランティアで携帯充電サービスに勤しんでいました。

    一美20180620ー大阪地震 (12).jpg

    明けて火曜日。高槻市の中でもとりわけ建物に被害が出ていた栄町(さかえまち)を取材しました。

    一美20180620ー大阪地震 (6).JPG

    プールサイドのブロック塀が倒壊した寿永小学校。

    一美20180620ー大阪地震 (7).JPG

    犠牲者の児童を悼み、用意された献花台。特に同年代のお子さんがいらっしゃる親御さん方は沈痛な表情を浮かべて手を合わせていました。

    一美20180620ー大阪地震 (8).JPG

    昨夜から本格的に雨が降っています。余震も起きているので心配です。

  • 可もなく不可もなく

    こんにちは。 永野景子です。


    スタジオの中では、オンエアの合間に色んな話をします。
    放送に関係あることがほとんどですが、全く関係ない
    別のことが話題になることもあります。


    写真で私が一所懸命に説明してるのは、蚊の発生防止強化月間の話。


    東京都では今月を強化月間に定め、蚊の発生防止対策の
    啓発キャンペーンを実施しています。
    電車内や都立公園、役所などでポスターを見かけたことはありませんか?
    そこに書かれているキャッチフレーズは


    『蚊も無く孵化も無し!』


    うまい!
    蚊を減らすためには、水中に生息するボウフラを退治するのが効果的。
    外に置きっぱなしのバケツに水が入っていませんか?
    古タイヤに水が溜まっていませんか?


    蚊が発生しないための対策も重要ですね。


    明日のサブキャスターは、
    明るい性格ゆえに蚊が寄ってこなさそうな加納有紗さんです!

  • 今夜9時にキックオフ!

    こんばんは!
    竹田有里です。

    今日は、斉藤一美キャスター自らが地震被害を取材するため
    現地大阪へ!ということで、スタジオは、石田純一さんと私で
    留守を預かりました。
    石田さんには、お父さんのようにきめ細やかなフォローをしていただき、
    永野サブキャスターにも、実は、エンディングで一人で喋るのもなんだからと
    いうことで、同席していただき手を差し伸べてくださいました。(写真)

    お聴きくださりありがとうございました。
    明日から一美さんはスタジオに戻ってきますよ!

    さて、間もなく、サッカーW杯ロシア大会、西野ジャパンが初戦を迎えます!

    ナマチュウでは、スポーツライターの了戒美子さん、二宮寿朗さんにも電話をつなぎ、日本代表が1次リーグを突破できるのかサキドリしました。

    お二人とも、コロンビアで要注意人物のハメス・ロドリゲス選手、
    それに、日本代表選手では香川選手でした。

    前回大会では、1−4とコロンビアに惨敗した日本は、
    今大会では相手を負かすことができるのか!?

    二宮さんは、コロンビアに勝つには「ねばり」が必要とのこと。
    最後まで喰らい付いて戦い抜いてほしいです。

    石田純一さんは、毎大会ナマで観戦されているというほど
    大のサッカー好き!今日は「選手名鑑」まで持ってきてくれました。
    そんな石田さんの注目チームは、フランスです。
    とてもクリエィティブな戦いをするんだそうです。
    フランスの戦いも注目ですね!!!

    ちなみに優勝するのは「ポルトガル」と見ている二宮さん。
    果たして、どのチームが賞杯を手にするのか!!?

    日本代表チーム試合日程(日本時間)
    6月25日(0時)日本vsセネガル
    6月28日(23時)日本vsポーランド


    明日のサブキャスターは、豆柴のワンちゃんとサッカーを観戦してそうな
    永野景子さんです!

    お楽しみに〜

    楽しい夜をお過ごし下さい。

  • 第317回:いよいよ今夜!日本代表初戦!

    今日もSAKIDORI!をお聴きくださいましてありがとうございます!

    昨日に引き続き、一美キャスターは大阪で取材中。 スタジオは竹田有里サブキャスターとコメンテーター 俳優の石田純一さんでお届けしました。


    『ニュースオフサイド』今日もこの時間は、大坂北部で起きた地震の続報をお伝えしつつ、一美キャスターの現地レポートも交えて、下敷きになって犠牲者が出てしまったブロック塀の危険性や対策について考えました。

    まず東北大学災害科学国際研究所 災害理学研究部門 岡田真介 助教に今回の地震のタイプである、内陸の直下型地震について解説頂きました。

    高槻市寿永小学校のブロック塀の違法性については、佐藤圭一記者が説明。

    女子児童が下敷きになった今回のブロック塀には、建築基準法施行令で定める「控壁」と呼ばれる補強設備がなく、高さも施行令の規定である2.2メートルを超えて、約3.5メートルあったことも分かっています。

    佐藤記者20180619.jpg

    これまでもブロック塀の危険性を訴えてこられた、アウトドア流防災ガイド あんどうりす さんは、ブロック塀の危険性を、①ブロック一つが10キロほどの重さがあり非常に重量があるということ。②違法なブロック塀がたくさんあるということ。③ブロック塀は壊れやすいということ。の3つのポイントでお話してくださいました。

    お電話を繋いだのは、ブロック塀の撤去を推進している国分寺市役所 まちづくり部 建築指導課 樋口淳さん。ブロック塀の撤去に助成金を出しており、26年からの4年半ほどで38件のブロック塀を撤去、主に高さ60センチほどのフェンスに変えているそうです。古くなったブロック塀が通学路に面していた場所などは安全になって喜ばれているとお話してくださいました。


    『きょうのナマチュウ』 今夜9時キックオフ!サッカーW杯 日本対コロンビア戦。

    日本代表は1次リーグ初戦を突破できるのか? 直前情報を徹底的にサキドリ!

    まずお話を聞いた、ロシア・サランスクで取材中のスポーツライター 了戒美子さんは、落ち着いて初戦を淡々と迎えようとしている日本代表チームの様子などを伝えてくれました。

    続いて、お電話を繋いだスポーツライターの二宮寿朗さんは、日本が勝つにはねばりが必要だとのこと。「後半に入ってどう動くかだと思う。初戦は是が非でも、勝ち点1点は取ってもらいたい!」とお話してくださいました。

    西村志野記者は、今夜のコロンビア戦のパブリックビューイングが行われるラゾーナ川崎へ。

    試合開始8時間前ということで、さすがにサポーターたちの姿はありませんでしたが、ユニフォーム姿で歩くお客様は見かけたそうです。

    西村記者20180619.jpg


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、「55歳以上の人の働く理由」について。

    内閣府の調査によると、全国の55歳以上の高齢者のうち、収入を得ている人の58%が働く理由として「収入が欲しい」と答えているとのこと。生きがいや健康という回答を大きく上回る結果となりました。

    それにしても、55歳以上で「高齢者」という括りになるのか!?とスタジオではそっちの方が気になって気になって...。

    sakido20180619 (4).jpg

    コメンテーター、石田純一さんの今日の『オピニオン』は、ずばり「W杯」!

    1982年のスペイン大会以降、常にサッカーW杯を現地で観戦してきた大のサッカー好きの石田さんが、今大会で注目しているポイントを熱く語り下ろしました。

    今夜の日本の初戦はもちろんのこと、各国の注目選手のことや、一押しのフランスのことなど「楽しみはいっぱいあり過ぎて言い尽くせない!」と持参した選手名鑑を片手にヒートアップ!!

    sakido20180619 (2).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』は長谷川太アナウンサーが担当!

    サッカーW杯、ここまでの振り返りをしてくれました。

    長谷川アナと石田さん、「あの試合のあの瞬間がすごかった!」の言い合いに竹田サブキャスターはただただ口を開けて見つめる状態(笑)

    ちなみに長谷川アナが日本代表で注目しているのは、吉田麻也選手だそうです。

    sakido20180619 (3).JPG

    『ニュースパレードアネックス』  加計学園の加計孝太郎理事長が岡山市内の学園本部で記者会見し、一連の問題で初めて公の場で発言。「安倍総理と加計理事長が2015年2月に会った」とする誤った情報を愛媛県や今治市に伝えたとして謝罪し、自身や担当者の減給処分などを発表しました。

    今治市での取材を続けてきた吉田涙子記者が、今日の記者会見の模様や会見で語られたこと、これまでの経緯など、音声と共に伝えてくれました。

    sakido20180619 (5).jpg

    【今日の1曲】 GUTS !/嵐

  • 今夜W杯コロンビア戦!

    大阪北部での地震。
    みなさん大丈夫でしょうか・・・。
    まだ何度も地震が続いているとのこと、
    今後もお気をつけてお過ごしください。
    これ以上被害が広がらないことを祈っています。
    私も昨日、家族が大阪に向かっている途中でした。
    改めて地震への備えを見直そうと思います。

    さて、今夜はいよいよサッカーW杯、
    日本代表の初戦、コロンビア戦です!!!


    きょうはナマチュウのコーナーで
    パブリックビューイングが行われる
    ラゾーナ川崎から中継でした!


    キックオフの5時間前、ということで
    まだ熱いサポーターは少なかったですが
    広場にいるみなさんにお話を聞くと
    「めっちゃ楽しみです!」という男性も。


    みなさん先日のパラグアイ戦を見て
    乾選手や香川選手への期待が高まっているようでした!


    川崎.JPG

    パブリックビューイングが行われる
    この芝生の広場、
    座ったり寝転んだりしてゆったりしている方が多くて
    とても気持ちよさそうでした~。


    5時間後には熱狂的なサポーターでいっぱいになっているんだろうな~と
    思いながら中継しました!


    日本代表、
    どんなプレー、試合を見せてくれるのか
    楽しみですね~!


    みんなでロシアまで応援を届けましょう!!!

  • ゲスト:車いすバスケ 「埼玉ライオンズ」キャプテン 原田翔平さん②

    先週に続いて、埼玉県の車いすバスケのクラブチーム「埼玉ライオンズ」のキャプテン、原田翔平さんにお話を伺いました。

    普段、原田さんは自分でやるトレーニングとして「バスケをやるための体づくり」を意識して「自分の体を思う様に動かせるように」という練習をしているそうです。

    激しくぶつかり合う車いすバスケですが、意外と車いすに守られていて、ご自身の体自体を筋肉で大きくしてしまうと、今度は、車いすをうまく動かすことの方に支障が出てくるのだとか。なるほど!

    また、その時々で変わる環境に対応できるように、ルーティンを確立せず【決めない】ことを決めているといいます。ただ一つ、ゲン担ぎとしてやっていることをあげるとすれば、前半でうまくいかない時には、後半シューズを変えているそうですよ!

    最後に、「僕は1番障害が重い選手なので、普段は目立たない存在。だからこそ、得意なシュートを決めたり、たくさん点を取れたりしたときに「おっ!?」「誰だ、あれは!?」という、良い意味での期待を裏切れると気持ちがいい!」と語ってくださいました。

    「全然注目されないんですよ~!笑」と最後まで恐縮されていた原田さんですが、バスケを愛する熱い気持ち、真摯な態度に「男のニヒリズムを感じる!」と一美キャスターも惚れ込んでいましたね。

    原田さん、ありがとうございました!

  • 第316回:大阪北部地震

    一美キャスターは最大震度6弱を記録した大阪に、急遽取材へ行っています。

    スタジオには水谷加奈アナウンサー、コメンテーター健康社会学者の河合薫さん、ゲストに日本共産党 志位和夫委員長をお迎えした今日のSAKIDORI!
    saki20180618 (1).JPG

    『ニュースオフサイド』 今朝7時58分ごろに発生した大阪府北部を震源とする地震について、現地を繋ぎ、最新情報をお伝えしました。

    まずは、西村志野記者が、これまでに明らかになっている被害状況をまとめて説明。

    saki20180618 (2).JPG

    今回の地震は通勤・通学時間帯と重なりました。午後になって徐々に地下鉄は運転が再開されたものの、タクシー乗り場には200人弱の行列が出来ていたり、まだまだ混乱しているというJR大阪駅の様子を、フリーアナウンサー桐山隆さんが伝えてくれました。

    駅では、大勢の座り込む人たちが。

    桐山さんからの写真(1).jpg

    続いて繋いだのは、今朝現地へ向かい、高槻市に着いたばかりの一美キャスター。電柱が傾いていたり、ヘリが飛び交っている状況をレポート。

    スタジオでは、地震が発生した背景や今後さらに大きな地震が起きる可能性など、伊藤佳子記者が解説。

    佳子さん20180618.JPG

    東海道新幹線など運休が相次いだ東京駅には、佐藤圭一記者が。この時点でもまだ、運休したり再開したり...と、混乱は続いていました。

    震災写真(圭一くん).jpg


    『きょうのナマチュウ』では、今月20日に会期末を迎える通常国会を前に、安倍政権の内政と外交の両面について、ゲストの志位委員長にじっくりお話を聞きました。

    saki20180618 (3).JPG

    国会からは、奥山拓也キャップが、与野党の今日の動き、そして働き方とカジノ、両法案採決がどうなるのか見通しを伝えてくれました。

    清水克彦デスクは、北朝鮮をめぐる外交について解説。

    saki20180618 (4).JPG

    『SAKIDORIニュースパレード』でも、現地で取材中の一美キャスターに繋いで。

    今朝起こった大阪府北部の地震について、ここまで新しく入ってきた続報を伝えてくれた石川真紀キャスター。

    さきどり20180618 (2).JPG

    『ジャパネットたかた・ラジオショッピング』、今日はスタジオにジャパネットの林佑美さんが来てくださいました。ご紹介したのは、サキドリメンバーの何人もがすでに購入している、「モリリン 洗えるダウンケット」でした。

    軽くてコンパクト、羽毛ならではの保温力と吸湿発散性も備えていて、さらに嬉しいのがご家庭の洗濯機で洗えちゃうのです!寝汗が気になるこれからの季節に持ってこいですし、たためば小さくなるので、非常時の持ち出し用にしているというお客様もいらっしゃるのだとか。

    さきどり20180618 (3).JPG

    河合薫さんの今日の『オピニオン』では、「宇宙でストレス研究をやっているって知ってましたか?」というお話をしてくださいました。


    密閉され逃げ場のない空間で、常に同じ人たちと仕事をしないといけないという、地上とは比べ物にならないストレスフルな宇宙空間で、1番ストレス解消になったのが「地球を見ること」。視覚から入ってくる情報が作用して、ストレスが軽減したという研究結果が出ているそう。

    これは避難生活にも生かされており、なるべく外の風景が見られるようにすることで、人間のストレスは減らせると言います。他にも、宇宙で定期的に行われる地球との交信や、朝の目覚めの音楽が決められていることなどもストレスの解消に一役買っているとのこと。

    saki20180618 (5).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』で砂山圭大郎アナウンサーが取り上げたのは、レスリングの話題です。

    「レスリング・全日本選抜選手権」女子68キロ級準決勝で、リオデジャネイロ五輪以来2年ぶりにマットに復帰した渡利璃穏選手。悪性リンパ腫で闘病していましたが、見事、優勝を果たしました。

    さきどり20180618 (4).JPG


    『ニュースパレードアネックス』 大坂で最大震度6弱を観測した地震、3人が死亡したほか広い範囲でけが人も出ています。 高槻市の小学校では、プールのブロック塀が道路側に倒れ、9歳の女の子が巻き込まれて死亡しました。

    現在も運転見合わせが続くJR高槻駅の様子を、一美キャスターがお伝えしました。

    一美さんからの写真20180618 (5).jpg

    当初、午後5時から運転再開が予定されていましたが、午後7時以降に延び、700~800人の方々が待っている状況。

    震災写真(一美さん) (2).jpg

    電話がなかなか繋がらない時間帯があったものの、TwitterやLINEなどのSNSで自分や家族の安否確認が出来たため、落ち着いていらっしゃる方がほとんどだということでした。


    放送作家でコラムニストの山田美保子さんの『芸能アラカルト』では、「芸能界で見る サッカーW杯」について語って頂きました。

    サッカー愛と知識を買われている芸能人と言えば、この番組にお越しくださったこともある小柳ルミ子さん、ほかにも意外なイケメンタレントたちがいるんですね!

    そして、代表選手の奥さんになるには...というお話までしてくださった美保子さんでした。

    さきどり20180618 (1).JPG

    【今日の1曲】 Kiss Me/Sixpence None The Richer

  • 次はパクチーのない国に出張したい

    シンガポールでの米朝首脳会談の取材に行かせていただき、帰国しました。
    会談の中身については、いろいろな見方があると思いますが、私は、「去年まで戦争かと思うほど罵倒し合っていたトランプ大統領と金正恩委員長が、顔を合わせたというだけで歴史的なこと」という評価をする人は間違っていると思っています。(写真の韓国SBSテレビのキャスターも同じ意見)
    shinn11.jpg
    まあ、難しい話はさておき、きょうは、テレビやラジオ、新聞メディアのベース基地となった国際メディアセンターのお話。
    印象的だったのは、F1レースに使う場所を、シンガポール当局はよくここまで立派なメディアセンターにしたなあ、ということ。あと、日本の在京テレビ局の人数が無駄に多過ぎ、パブリックスペースを人もまだ来てないのに占拠しすぎという点。そして食堂が大好評だったこと。
    shinn14.jpg
    私はパクチーが苦手で、口に含んだ瞬間、即死するので、緑色の葉っぱが見える料理は避け、「敵は、クロワッサンにもパクチーを隠し味にしてるかもしれん」とチェックしつつ食事。
    アジアンフーズが超苦手な私は、もっぱら、ローストビーフとスイーツで緑色の物体が載ってないやつばっかり食べてました。
    sinn12.jpg
    飲み物もふんだんにあるのが仮設食堂の良さ。まるで高級ホテルのブッフェレストランがそのまま来た感じで、米朝サミット限定のビールまで登場。
    これで、飲食代は全部ただ。オリンピックでできる国際放送センターですら、24時間食事OKで何でもありの品ぞろえは同じでも、しっかりお金を取られます。メシだけ食べに来ている記者もいるのでは?と思うほど大賑わいでした。


    マーライオンは懐かしくないけど、あの食堂はまた行ってみたいな。4日で2回しか行けなかったし。あ、何これ、シチューの中にパクチー? 無理~。
                                                                チーフプロデューサー 清水克彦


  • こんにちは!

    カテゴリ:国際情勢

    西川あやのです!
    今日は、
    日朝首脳会談のカギを握るロシアの動きに注目
    いよいよ解禁された民泊
    「痩せ」選手生命に影響 疲労骨折の危険性
    マラソングランドチャンピオンシップ
    金正恩委員長に踊らされるのなんかおやめなさい!
    今の国会(IR法案採決→可決)
    ひたちなか海浜鉄道 吉田千秋社長
    などについてサキドリしました!

    スペシャルコメンテーターに早稲田大学教授 中林美恵子さんをお迎えしました!
    今のアメリカ政治を大変分かりやすくお話くださいました。
    私が意外だと思ったのは、
    今回の米朝首脳会談についてのアメリカ国民の反応。
    専門家は、8.9割方が"中身のない会談"とみているのに対し、
    国民は半分以上が"良かった"と判断しているそうです。
    トランプ大統領のパフォーマンス力の高さがうかがえます。
    人を巻き込む上手さも、何かの長には必要なものなのかもしれません。

    来週月曜日のサブキャスターは私の中の「上司にしたいランキング」第一位の水谷加奈さんです!

  • 第315回:今、この人とサキドリたい 荻原博子さん&中林美恵子さん

    「今、この人とサキドリたい~政治、サッカー、北朝鮮」と題してお送りしているSAKIDORIスペシャルウィークは、今日が最終日!

    スペシャルコメンテーターに早稲田大学教授の中林美恵子さんをお迎えしてお送りしました。



    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「日朝首脳会談のカギをにぎるのか? ロシアの動きに注目」。

    中林さんは米朝首脳会談を振り返り、「民主主義は足元を見られやすい。結局、次回の選挙に向けた手柄のために交渉されてしまう」と、民主主義国家のジレンマを解説。 筑波大学教授の中村さんは、今後の日朝首脳会談の可能性について、今年9月にロシアのウラジオストクで開催する「東方経済フォーラム」でプーチン大統領は金正恩委員長を招待、安倍総理も招待するだろうから、ここで実現する可能性はあるとしました。



    『きょうのナマチュウ』は、「民泊、解禁! ニッポンの民泊、あしたはどっちだ?」。

    今日から民泊のルールを定めた民泊新法が施行され、民泊が解禁されました。違法・悪質民泊の排除、そして健全な新規参入促進が狙いで、外国人観光客や、周辺に住む方々が安心して利用できるために整備されました。

    新宿区では、人気エリアですでに多くの民泊が営業していますが、さらに独自のルールを設け、強化をはかっているようです。

    20180615_2

    細木美知代記者は、浅草で外国人観光客に民泊についてインタビュー。安価で昔ながらの日本家屋に住めることから、すでに多くの方が利用していると回答。

    さらにセブンイレブンとJTBが組んで無人の民泊チェックイン機を設置するなど、新たなビジネスチャンスとしても注目されています。



    20180615_3

    『SAKIDORIニュースパレード』は、石川真紀キャスターが伝えたニュースは、「『痩せ』選手生命に影響 18年版男女共同参画白書を決定」。

    政府は、2018年版男女共同参画白書でスポーツ界での女性活躍や健康課題を取り上げ、痩せの状態が骨密度低下や引退後の健康に影響すると発表しました。



    20180615_4

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「金正恩委員長に踊らされるのはおやめなさい」。

    米朝首脳会談に物申す! 国を安泰したい北朝鮮と、北朝鮮の非核化を目論むアメリカ。しかし、結果的に北朝鮮は目的を達成し、アメリカは「半島の非核化」でとどまりました。金委員長有利で終わった会談を荻原さんがビジネスマンの視点からどうするべきだったのか解説しました。



    20180615_5

    『SAKIDORIスポーツ』は、飯塚治アナウンサーが伝えてくれたのは、「マラソングランドチャンピオンシップ!コース発表記者会見」。

    東京オリンピックと同じコースとなったマラソングランドチャンピオンシップ。瀬古マラソン強化戦略リーダーも、「コースを知っていることは、オリンピック本番でも自信になる」とコメント。



    『ニュースパレードアネックス』は、総合型リゾート実施法案、いわゆるカジノ実施法案について国会の動きを山本カオリ記者が伝えました。



    20180615_6

    『世の中SAKIDORI』は、今日は、時代の最先端を行くビジネスマンに一美さんが直撃するコーナー「一美が訊く!」。

    今回は茨城県ひたちなか海浜鉄道の吉田千秋社長にお話を伺いました。各地のローカル線の経営が厳しいなか、吉田さんが利用者を増やすために行った施策とは!?



    【今日の1曲】 パープル・レイン / プリンス&ザ・レヴォリューション



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!

  • 日本の民泊いかがですか?

    こんばんは、細木美知代です。
    今日は浅草・雷門前からナマチュウで中継しました。


    住宅宿泊事業法の施行で
    今日から本格的に解禁された『民泊』。


    外国人観光客10人に
    民泊をこれまで利用したことがあるか聞いてみると、
    7人が「ある」と答えていました。
    外国人の旅行者にとって民泊は人気が高いようですね。


    魅力を聞くと、やはり1番多かった答えは
    「安い!」という理由。
    その他には、
    ・家の人にどうやって旅行すればいいか教えてもらえる
    ・料理ができる
    ・(本当は禁止されているかもしれないが)友達を呼んでパーティができた
    ・日本の暮らしに触れられる
    といった答えが返ってきました。


    また、日本の民泊の印象を聞いてみると
    部屋の掃除が行き届いていて
    家の人がフレンドリーだと皆さん話されていました。


    一方で、民泊を選ばなかった外国人観光客に話を聞くと
    チェックインやチェックアウトの方法など
    ルールが施設ごとに違うので面倒などという意見がありました。


    大手企業もビジネスチャンスと捉えて
    民泊事業に次々と参入していますが、
    日本で民泊は今後どのような広がりをみせるのでしょうか。

  • 第314回:今、この人とサキドリたい 和田秀樹さん&蓮池透さん

    スペシャルウィーク「今、この人とサキドリたい~政治、サッカー、北朝鮮」と題してお送りしているSAKIDORI!も今日で4日目。

    今日はコメンテーター 和田秀樹さん、スペシャルコメンテーターに拉致被害者 蓮池薫さんのお兄さん、蓮池透さんをお迎えしました。

    『ニュースオフサイド』テーマ「どうなる?蓮池透さんに聞く拉致問題の行方」。

    北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は米朝首脳会談で「安倍総理と会ってもよい」と話していたことが分かりました。日本政府は日朝首脳会談を9月に実現させることを目指し、 調整に入る方針です。

    米朝首脳会談を取材した各国のメディアは日本人の拉致問題に関心を持っていたのか?

    シンガポールで取材した清水克彦記者によると、およそ3000名が登録しているメディアセンターの中で、関心を持っていることに日本人拉致問題を挙げる記者は1つもなかったといいます。

    saki-20180614 (3).JPG

    蓮池さんは今回の会談を見て、「いろんなコメントをしている人たち、ちょっと黙ってろ!と思った。」と率直な感想をお話してくださいました。

    「戦争だと言い合っていた2つの国の首脳が少しの時間ながらも会えた事は画期的。私としては歓迎したい。それなのにケチをつけるコメンテーターがやたら多くて腹が立った。マスコミの皆さんも平和は嫌いなの?」

    saki-20180614 (5).JPG

    『コリア・レポート』辺真一 編集長は、日本政府が今日からモンゴルで開かれる国際会議で北朝鮮側と接触する方向で調整していることについて、これが日朝首脳会談実現に繋がらないと困るとおっしゃっていました。


    『きょうのナマチュウ』サッカーW杯ロシア大会がいよいよ開幕!

    ということで、お台場で今日6月14日~28日の期間限定で行われているイベント「ODAIBA FOOTBALL FANZONE 2018」の会場から、細木美知代記者と西村志野記者のレポートをお届け。

    ナマチュウ!20180614 (10).jpg

    会場は「FIFA AREA」、「FOOTBALL FAN AREA」、「WORLD FOOD & BEER GARDEN」の3つのエリアに分かれており、サッカーの魅力を満喫できる催しが満載です。

    ナマチュウ!20180614 (7).jpgナマチュウ!20180614 (8).jpg

    ドリブルも華麗な細木記者は、日本と対戦するポーランドのソウルフード「ポンチキ」も美味しかったとレポート。

    ナマチュウ!20180614 (5).jpg

    そして、西村記者はVRでゴールキーパー体験!

    1本だけセーブに成功し、クリアファイルをGETしたそうですよ♪

    (3本連続セーブをすると、タオルマフラーがもらえちゃうとか!)

    ナマチュウ!20180614 (6).jpg

    オープニングセレモニーにはスペシャルゲストとして、1998年~2002年の元サッカー日本代表監督、トルシエさんがトークショーに登場!

    ナマチュウ!20180614 (3).jpg

    今の日本サッカー、そして日本代表選手をどう見ているのか、今回のロシア大会の見通しなどを語りました。

    ナマチュウ!20180614 (4).jpg

    コーナーの最後、お電話を繋いだのは、ロシアで日本代表を取材中のスポーツライター 戸塚啓さん。逆転勝ちしたパラグアイ戦での課題や、現在のチームの雰囲気などを伝えてくださいました。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、静岡県の山の中で看護師の女性の遺体が見つかった事件についてお伝えしました。

    逮捕された男2人はインターネットの掲示板を通じて知り合い、事件当日に初めて互いに会ったと供述していて、警察は、男らが事前に襲撃を計画していたとみて詳しく調べています。

    インターネット掲示板への投稿も一目で事件に繋がるようなものだと分からないような、巧妙な書き方をしているケースが多いということです。

    sakinp20180614.jpg

    コメンテーター、和田秀樹さんの今日の『オピニオン』は、人生が長くなってきたからこそオススメしたい多重人生を語り下ろしました。

    実際に和田さんのお知り合いの女性は、もともと編集のお仕事をされていたそうですが、紆余曲折あり、看護学校へ通い、資格も取得。編集のキャリア・看護師の資格・医療の知識そのすべてが役立ち、現在は健康関係の編集のお仕事をされているそうです。

    「自分の今の人生に満足するのも幸せだけど、いくつも出来る仕事を持っておくことはオススメ!」とのこと。

    もっと詳しくお知りになりたい方は、文芸社文庫より発売中の和田さんの著書「超長寿時代を生き抜く 「多重人生」のススメ」をお読みください。

    saki-20180614 (4).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』で寺島啓太アナウンサーが取り上げたのは、東京五輪を目指すバスケット男子日本代表「AKATSUKI FIVE」!

    初選出となった「高さ」のあるニック・ファジーカス選手と八村塁選手について、日本チームの今後の課題など解説してくれました。

    明日、大田区総合体育館で韓国代表と強化試合を行うそうです。頑張れ!ニッポン!

    saki-20180614 (1).JPG

    『ニュースパレードアネックス』 レスリングの伊調馨選手らへのパワーハラスメント行為が認定された栄和人氏が、協会の強化本部長を辞任後、初めて会見を行いました。 会見で何が語られたのか、そして改めてこれまでの経緯を岡田紀子記者が振り返り。

    驚いたことに、未だに伊調選手への直接の謝罪はされていないとのことです。

    アネックス20180614.JPG

    早川茉希レポーターの『SAKIDORI最前線』

    なんと、渋谷でホタル観賞が出来ちゃう!? というお話でした。詳しくは『世の中SAKIDORI 最新 映画・本・お店情報 By早川茉希』もご覧ください。

    早川さん20180614 (2).JPG


    【今日の1曲】 夢伝説/スターダスト・レビュー

  • 都心でホタル観賞

    みなさんは、ホタルを見たことはありますか??


    私は幼いころ、夏の夜に家族で車に乗って水辺に行き
    ホタルを観るのが楽しみでした。

    夜にお出かけできるのもうれしかったですし、
    暗闇に光るホタルの光を見つけると
    宝物を見つけたようにわくわくしたものです。


    そんな蛍が、実は、都心の渋谷でも見ることができるのです!!!
    蛍を見たことがないという一美さんも、
    驚きのこの表情!!!

    蛍スタジオ1.jpg

    6月20日~24日まで、
    渋谷川沿いにある渋谷区ふれあい植物センターで
    夜間特別開園ホタル観賞会「ホタルの夕べ2018」が行われます。


    渋谷区ふれあい植物センターとは、日本一小さな植物園。
    13年前に渋谷区の清掃工場還元施設として作られ、
    ごみ処理時に作られた電力が供給されています。
    4階建の建物で、3階までの吹き抜け温室があります。

    中では、アフリカ原産のモモイロバナナやバオバブといった熱帯植物、
    多肉植物や食虫植物、ハーブなどを見ることができ、
    水生生物の飼育なども行っているそうです。

    このセンター内の温室で、5日間でのべ約1000匹のホタルが乱舞します!


    ホタルの光はとても儚く、別の光が発せられるとホタル同士の会話が成り立たなくなるため、
    外の光がセンター内に入らないよう、温室の窓をすべて暗幕で覆って
    ほぼ真っ暗にして観賞します。
    蛍のお見合いを邪魔しちゃいけないですよね...♪

    スマホや携帯電話、光る時計の文字盤など
    園内で光らせないようにご注意くださいね(^^)


    通常は入園料100円ですが、
    「ホタルの夕べ」は無料だそうです♪
    午後5時半~午後9時まで行われていて、
    最終入場時間は午後8時15分です。


    他にも、東京都内では・・・
    目白の「ホテル椿山荘東京」、新宿区の「おとめ山公園」などがあります。
    開催時期をご確認の上、お出かけください♪

    今日も、にぎやかなスタジオからお伝えしました♪♪

    蛍スタジオ2.jpg

  • W杯 ロシア大会!

    こんにちは、加納有沙です。
    ついに開幕!サッカーワールドカップ ロシア大会!!


    日本ではサッカームードがあまり高まっていないようですが、
    開幕してしまえば、盛り上がってくるものではないだろうかと
    私は思っています♪


    きょうのナマチュウでは
    ワールドカップ開幕に合わせ、お台場で開かれている
    「ODAIBA FOOTBALL FANZONE 2018」の会場から
    細木記者、西村記者に伝えてもらいました。

    本日のスペシャルコメンテーターの蓮池透さん
    (高校生のときサッカーをやられていたそう)も、
    スポーツライターの戸塚啓さんも、
    日本の初戦 コロンビア戦にシブめのコメント。。


    こればっかりは
    始まってみないとわかりません。

    先日、
    ロシアで「予言ネコ」がいるというニュースを知りました。
    その名は、アキレス。
    サッカーの試合でどちらの国が勝つか、予言をする...という。
    あとから知りましたが、
    ワールドカップロシア開幕の試合
    ロシア VS サウジアラビアを『ロシア』が勝つと予言。


    開幕戦は5-0でロシアが大勝!
    ひょ~~~~見事的中ですね。

    ということで、
    我が家の子猫にも
    (「予言ネコ」の素質があるかわかりませんが)
    やらせてみました(笑)


    ネコ1.jpg

    え。


    ネコ2.jpg
    まっすぐな瞳でコロンビアを選ばないで!!

    位置を変えて もう一度。
    ネコ3.jpg


    まぁ我が家のネコは「予言ネコ」じゃないですからね!


    私は、日本のミラクルパワーが発揮されることを
    祈っています!!!!!!!
    日本の初戦は19日!応援しましょう。

  • 第313回:今、この人とサキドリたい 古谷経衡さん&鈴木宗男さん

    スペシャルウィーク3日目、今日もお聴き下さった皆さん、ありがとうございます。

    今日のSAKIDORI!は、コメンテーター 古谷経衡さん、スペシャルコメンテーターに新党大地 鈴木宗男 代表、ゲストに国連安保理 北朝鮮制裁委員会 専門家パネルの元委員 古川勝久さんをお迎えしてお届けしました。

    『ニュースオフサイド』、『きょうのナマチュウ』両コーナーを通して、連日取り上げている米朝首脳会談について。

    「シンガポールの新聞の一面には"長い平和の道のりの最初の一歩"という見出しが躍っているが、個人的には"金さんの高笑いが聞こえる"という見出しを付けたい。」と、シンガポールから清水克彦デスク、韓国やロシアの記者たちの声も交えてレポート。

    写真を見ると、会談が終わってメディアセンターにつめている記者たちも減ってきていますね。

    シンガポール20180613 (3).jpg

    こちらは金委員長が宿泊していたホテル。厳戒な警備が解かれ、現在は平穏を取り戻しているそうです。

    シンガポール20180613 (2).jpg

    アメリカのメディア報道について、ワシントン在住のジャーナリスト 笹栗実根さんによると、金委員長から何も引き出せなかった印象が強く、一言で言うと批判的な報道がされているとのこと。

    国連安全保障理事会 北朝鮮制裁委員会 専門家パネルの元委員 古川勝久さんは、「半年前のことを思えば、最初の一歩だとは思う。今のトランプ政権のアプローチは、過去の米朝間の合意事項をすべてなかったことにしてしまっていることが問題。」だと指摘。
    サキドリー20180613 (3).JPG
    いかに北朝鮮の核廃棄に持って行くかについて、ある程度、米朝間での信頼関係が構築されないとトータルでの非核化は難しいだろうということ、非核化の費用を韓国と日本が支援すべきだと述べたトランプ大統領に対しては「ふざけんなの一言!物事を決めて請求書だけ回してくる。非常にたちが悪い。気を付けないと」とお話してくださいました。


    細木美知代記者は、米朝首脳会談と共同声明の中から、日本に関わることとして「日本人拉致問題」が共同声明に盛り込まれなかったこと、「米韓合同軍事演習の中止」などを整理して伝えてくれました。

    サキドリー20180613 (4).JPG

    鈴木宗男さんは、「1回の首脳会談ですべてが解決するというのは外交を知らない人の考え方。責任ある政治・外交というのは積み重ねだ。安倍総理の経験と熱意に期待して、やってもらえると信じたい。」と語りました。

    サキドリー20180613 (8).JPG

    西村志野記者は有楽町で、米朝首脳会談を受けて拉致問題が進展すると思うか、街の声を調査。

    少ないながら「期待したい」などの肯定的な意見も聞かれましたが、「あまり進展していない印象」「実感がわかない」など、多くの方が今のままでは進展は難しく、トランプ大統領頼みでなく、安倍総理がこれからどれだけ動くかだと考えているようでした。

    西村記者20180613.jpg

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、世界最大級のゲーム見本市『E3』がアメリカ・ロサンゼルスで開幕というニュース。  

    E3には200社以上の企業が出展し、6万人を超える来場者が見込まれています。また、スポーツのようにゲームで対戦する「eスポーツ」も盛り上がりを見せているとのこと。

    ゲーム好きな古谷さんが好んでやるゲームのジャンルはちょっと違うようで、真紀さんに説明してくれていました。

    サキドリー20180613 (1).JPG

    コメンテーター、文筆家の古谷経衡さんの今日の『オピニオン』。

    テーマは「いわゆる愛国歌謡 炎上問題」。

    人気ロックバンドRADWIMPSの新曲「HINOMARU」の歌詞が「軍歌を思わせる」と一部からバッシングを受け、ボーカルの野田洋次郎さんが謝罪した一件を取り上げ、古谷さんは「こんなもんじゃなく、ものすごい差別的なことを歌っている人なんて山ほどいる。多少、文法的に矛盾や稚拙な表現はあるけれども、ネットなどでとやかく言われたからといって、引っ込めてしまうのはすごく残念。」だと話しました。

    「こういう、国を愛するとか、国を想うって悪いことじゃないと思うし、別にこれがあなたの考えならそれでいいじゃんと思う。」と、簡単に謝罪してしまったことに表現者として矜持が足りないのではと語り下ろし。

    サキドリー20180613 (10).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』は高橋将市アナウンサーが担当。

    サッカー・ロシアW杯直前! 西野ジャパンをチェック!ということで、本番に向けてのポイントなどを、現地で取材中のスポーツライター 了戒美子さんに伺いました。 

    6大会連続出場の日本は日本時間の19日夜、グループリーグ初戦のコロンビア戦を迎えます。

    サキドリー20180613 (2).JPG

    『ニュースパレードアネックス』 成人年齢を18歳に引き下げる改正民法が今日、参議院本会議で可決、成立しました。施行はまだ4年近く先の2022年4月1日からになりますが、140年以上続いた大人の定義がついに変わることになります。

    竹田有里記者が何がどのように変わるのか、変わった時に考えられる利点や問題点などをまとめて伝えてくれました。

    アネックス20180613.JPG

    本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』では、「相手を説得できる脳科学」についてお話してくださいました。

    ポイントは姿勢。 両手で指を組むと相手を説得できる。パーソナルスペースを狭めるような姿勢が、相手の脳の状態に作用するのだそう。 ただ、互いの理解が進んだら、自分の手を広げて心をオープンにした方がいいようです。 また、説得には「食事」も大事! 血糖値が上がると相手に寛容になるので、子どもの説得などは夕食後がオススメ!

    【今日の1曲】僕が一番欲しかったもの/槇原敬之

  • 肩凝り

    こんにちは。 永野景子です。


    パソコンに向かって必死に原稿を書いたり、調べものをしたり。
    肩凝りはひどいです、確かに。
    しかも、座ってることの多い仕事なので、腰も痛くなりがち。
    そんな私なので、今日のジャパネットたかたでご紹介した『もみたいむ』、
    かなり気に入りました。


    コメンテーターの古谷経衡さんも、休憩時間に
    ずっとお試ししてましたよ!


    肩凝りの原因として、座りっぱなしやパソコンの使いすぎなども
    もちろんありますが、骨盤の歪みもあるようですね。
    私、今たぶん歪んでます。
    正面に向いて立ってるつもりが、ふと見ると
    やや斜めになっていたり、右足が左足よりちょっと前に出てたり。


    皆さんも、試してみて下さい、
    何気なく椅子に浅めに座ってみて、膝の位置が左右で違わないか。
    どちらかが前に出ていたら、骨盤が歪んでる証拠みたいですよ!


    明日のサブキャスターは、
    肩凝りなんてなさそうな加納有紗さんです!

  • 第312回:今、この人とサキドリたい 石田純一さん&春名幹男さん

    今週一週間、「今、この人とサキドリたい~政治、サッカー、北朝鮮」と題してお送りしているSAKIDORI!です。
    スペシャルウィーク2日目のコメンテーターは石田純一さん、スペシャルコメンテーターに国際ジャーナリスト 春名幹男さんをお迎えしました。

    さきどり20180612 (9).jpg
    今日は『ニュースオフサイド』、『きょうのナマチュウ』両コーナーで、シンガポールで行われた史上初の米朝首脳会談について特集。

    ちょうどこのコーナーのおよそ1時間前に署名が行われていました。

    まずはシンガポールで取材中の清水克彦デスクを結び、最新情報と今日の一連の動きをお伝えしました。この段階ではまだ「包括的」という大まかな署名内容までしか伝わって来ておらず、清水デスクは「これから何度も会う」というトランプ大統領の言葉や「金委員長を"キム"と呼んだ」ことなどから、具体的なところまではいってないのではないかと話していました。


    各国の報道記者たちが集まるメディアセンターでは、両国の首脳の狙いや日本がどうあるべきかなどのおしゃべりもしたと清水デスク。

    さきどり20180612 (7).jpg
    お電話を繋いだ、朝鮮半島情勢に詳しい慶應義塾大学教授で現代韓国研究センター長の西野純也さんは、昨晩の金委員長のシンガポール市内観光の意図について「労働新聞が一面でこの観光の様子を取り上げているところからも、今後の北の経済成長のための視察ということなのではないか」と解説。

    ジャーナリストの笹栗実根さんには、【歴史】という言葉連発となったアメリカの報道について伝えてもらいました。

    続いて、北朝鮮を何度も訪れたことがある写真家の初沢亜利さんには、今まで見てこられた北朝鮮の一般の方々の経済状態や生活について伺いました。初沢さんによると、2013年ごろから、ピョンヤンではタクシーが増えたり、人々の着ている服がカラフルになったりと急速に変化したとのこと。

    今回の首脳会談は北朝鮮の一般市民は当然ながら生中継で見られることはなく、金委員長の威厳が保たれる形に編集したものを後々見ることになるだろうということ、そして、トランプ大統領が専用車の中を見せた場面が非常に印象深かったともお話していました。

    さきどり20180612 (2).jpg
    スペシャルコメンテーターの春名さんは会談を見て「最初はうまくいったなという印象。トランプさんはやはり不動産屋でテレビマンだということをものすごく感じた。なにしろ前宣伝がものすごい!」と率直な感想。

    西村志野記者は、新大久保駅周辺で米朝首脳会談についてインタビュー!

    韓国からの留学生の男性は「今回の会談は、韓国にとっても重要。米朝がこうして会うのは大きな進歩だと思うし、北がミサイルを諦めるかどうか」。

    また、日本としてはやはり拉致問題解決が気がかりです。お話を聞いた皆さんが、この会談に注目していたということでした。

    さきどり20180612 (1).jpg

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、ネット通販への相談が初めて店舗購入を上回ったというニュース。

    2017年に全国の消費生活センターなどに寄せられた相談件数は91万件あまりで、インターネット通販に関する相談が最多、全体の26%にあたる23万7千件に上ったとのことです。

    スタジオの皆さんはネット通販、利用しているのでしょうか?

    石田さん「現物主義。やっぱり服とか、ちゃんと見て素材を触って買いたい。」
    一美キャスター「分かります!僕も、下半身が太いので太ももが入らないなんてことがあって...」
    竹田さん「私は一般的に簡単に購入できないような環境問題の専門書を買うのに利用します。以前、ぐちゃぐちゃのものが届いたことが...」

    困ったことや、被害を被ったときには消費生活センターなどに相談しましょうね!

    さきどり20180612 (3).jpg


    コメンテーター、俳優の石田純一さんが語り下ろした今日の『オピニオン』、題して「プラスチックのゴミ」です!


    カナダの先進7カ国首脳会議(G7サミット)で日本と米国が、深刻化する海のプラスチックごみを減らすための数値目標を盛り込んだ文書に署名せず、環境団体から「恥ずべきことだ」と批判が相次いだ問題をピックアップ。

    石田さんも「海に囲まれているこの日本が署名しないなんて、驚いた」と言います。プラスチックというものの脅威について改めて考え、民間レベルでしっかり取り組んでいかなければならない問題だとお話してくださいました。

    さきどり20180612 (4).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』松島茂アナウンサーは雨のあがりはじめた県営大宮公園野球場から。

    このあと、交流戦優勝争い1位 ヤクルト ・2位 西武 の直接対決が行われるということで、文化放送「ライオンズナイター」の解説を務めて下さる「兄やん」こと松沼博久さんと共にお送りしました。

    「兄やん」は「いたって公平だ」と言いつつ、ライオンズ大好き丸出しでしたね(笑)


    『ニュースパレードアネックス』 史上初の米朝首脳会談を終え、合意文書に署名。いったい何が話し合われ、何が決まったのでしょうか?

    注目のトランプ大統領の記者会見は予定よりも遅れてのスタート。ここまでに入ってきている会見内容を、まとめて吉田涙子記者が伝えてくれました。

    さきどり20180612 (5).jpg

    【今日の1曲】 Rhapsody in Blue/DA PUMP

  • 史上初の米朝首脳会談

    こんばんは。
    竹田有里です。
    (写真は、サキドリニュースパレードのコーナーでネット通販への相談が初めて店舗購入への相談を上回ったというニュースについて衝撃を受けた顔です。笑)


    今日は、世界中が注目をした史上初の米朝首脳会談が行われました。
    スペシャルコメンテーターに国際ジャーナリストの春名幹男さんにお越しいただきました。
    現地からは清水克彦P、北朝鮮情勢に詳しい慶應義塾大学の西野教授、
    7回も訪朝した写真家の初沢亜利さんに電話をつないで、今回の会談について
    報告・解説いただきました。

    米国のドナルド・トランプ大統領と北朝鮮の金正恩委員長は、シンガポール会談での共同声明に署名しました。
    共同声明の中身は以下の通り。

    (1)米国と北朝鮮は、平和と繁栄を求める両国民の希望通りに、新たな米朝関係の構築に向けて取り組む。

    (2)米国と北朝鮮は、朝鮮半島での恒久的で安定的な平和体制の構築に向け、力を合わせる。

    (3)北朝鮮は、2018年4月27日の「板門店(パンムンジョム)宣言」を再確認し、朝鮮半島の完全な非核化に向け取り組む。

    (4)米国と北朝鮮は、戦争捕虜、戦闘時行方不明兵の遺骨の回収、すでに身元が判明している分の即時引き渡しに取り組む。

    拉致問題については、トランプ大統領は「提起した」と発言。
    米朝の会談なので、拉致問題が劇的に何か変化するということにはならないでしょうが、
    トランプ大統領による問題提起がなされたことで、
    日本と北朝鮮の二国間の会談に向け、日本はすぐにでも動き出さなければならないと思います。


    さて、共同声明を見てみますと、戦争終結や「不可逆的な非核化」という表現の明記がなく、なんだか、もやもやっとした感がありますよね。

    春名さんは、「今回の会談が成功したかどうかは今後、非核化に向けたきちんとした道筋を作れるかどうか。」と指摘していました。

    これからの動きに注視していきたいです。


    明日のコメンテーターはネット通販がお好きそうな古谷経衡さん、
    サブキャスターは、ネット通販ではなく現物取引がお好きそうな永野景子さんです!(勝手な想像です。すみません...)

    お楽しみに〜!


    ***お知らせ****
    初沢亜利さんの写真展(北朝鮮2016ー2018)が、
    8月15日まで港区六本木4-8-9地下1階で開かれています。
    月〜土:17時〜27時
    日:12時〜18時
    ************

  • ゲスト:車いすバスケ 「埼玉ライオンズ」キャプテン 原田翔平さん①

    今日のゲストは、埼玉県の車いすバスケのクラブチーム 「埼玉ライオンズ」のキャプテン、原田翔平さんです。

    1990年、埼玉県生まれの原田さんは、小学5年でバスケットボールをはじめ、高校は強豪の福島県立福島工業高校に進学。

    16歳の時に脊髄腫瘍が見つかり、手術後、 麻痺が残りました。 リハビリ病院に入院中に車いすバスケに出会い、1978年に 結成されたクラブチーム「埼玉ライオンズ」で、現在キャプテンを務め、普段は、世界で愛されているクリスタルブランド「バカラ」の 日本法人「バカラパシフィック」に勤務されています。

    「埼玉西武ライオンズ」びいきの文化放送ですが、「埼玉ライオンズ」という車いすバスケのクラブチームがあったのか!と今日初めて知った方も多いかもしれませんね。

    実は一美キャスターも、昨年、初めて車いすバスケの試合を観戦した際に「ライオンズ」という名前だけで、ついつい応援してしまったと話していました。

    とにかく「バスケが大好き!」で、同じくらい車いすバスケが好きかと言われるとそうではないと素直な想いを語ってくださった原田さん。

    昔からパスとシュートが得意で、今でも決まったときにはすごく気持ちがいいし、やってて良かったなと感じるそう。

    「原田と言ったらシュート!」だったのに、「あー、シュート打てなくなっちゃったんだ...」という風に見に来てくれた人の期待を裏切りたくない気持ちが強いのだとお話してくださいました。

    来週も、原田さんに熱い想いを伺います!お楽しみに。

  • 第311回:今、この人とサキドリたい 田中眞紀子さん

    今週はスペシャルウィーク!

    SAKIDORI!では一週間「今、この人とサキドリたい~政治、サッカー、北朝鮮」と題してお送りしていきます。

    初日、コメンテーターにお迎えしたのは、元外相 田中眞紀子さん。『ニュースパレードアネックス』までお付き合いいただきました。

    sakidori-20180611 (2).jpg

    気になるニュースをサキドリする『ニュースオフサイド』

    テーマ「またしても刃物による凶行。新幹線車両内無差別殺傷事件」。

    おととい夜に発生した、東海道新幹線での殺傷事件。神奈川県警は、自称無職の小島一朗容疑者(22歳)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕。 小島容疑者は「むしゃくしゃしてやった。誰でもよかった。」と供述しています。

    まずは、神奈川県警小田原署から佐藤圭一記者がレポート。

    saki-20180611 (14).jpg

    裏口につけられた大型の警察車両で移送される小島容疑者を待つ、40人ほどの報道陣。

    警察によると、小島容疑者は自由席の乗車券で指定席に座っていたそうですが、少なくとも座席をめぐるトラブルはなかったとのこと。新幹線の車内の防犯カメラの映像を分析して捜査をすすめています。

    saki-20180611 (13).jpg

    お電話を繋いだのは、今回の事件の起きた12号車の後ろの車両に乗車していた、落語家の桂ぽんぽ娘さん。緊迫した事件発生時の模様をお話してくださいました。

    東京未来大学こども心理学部長で犯罪心理学が専門の出口保行教授は、事前に凶器を準備していることなどから計画性が高く、十分なシミュレーションの上、犯行に及んだのではと解説。社会に対する不満や敵意を通り魔的に発散するという事件が多くなってきているとも。

    新幹線での安全対策についてお話を伺ったのは、関西大学 社会安全学部の安部政治教授。

    現状、手荷物検査を人の手で行うことは、東京・名古屋・新大阪などの大量の乗車客相手には困難、鉄道警察の巡回を強化すること、また、改札にセンサーを取り付け、凶器や爆発物などをチェックできるような技術開発が必要だとお話してくださいました。


    現地・シンガポール20180611 (2).jpg

    『きょうのナマチュウ』では、いよいよ明日に迫った米朝首脳会談について、シンガポールへ中継を繋いでサキドリ!

    まず、ワシントンからはジャーナリストの笹栗実根さんが「アメリカのメディアでも連日大きく報道されているが、トランプ大統領の直感に頼る外交を専門家は危惧している。北の罠にはまってしまうのでは!?」というアメリカの見方を伝えてくれました。

    「ミーハーな意見かもしれませんけれど、変わったヘアスタイルの二人が会うことに興味がある。」と眞紀子さん。

    現代韓国政治、朝鮮半島をめぐる外交がご専門、静岡県立大学 奥薗秀樹准教授によると、非核化の問題は今回一回で解決できる話ではない、次の対話へこの流れを維持して繋げられるかが、両国のポイントとなるだろうとのこと。

    現地・シンガポールでは清水克彦デスクが取材にあたっています。

    現地・シンガポール20180611 (4).jpg

    会談が行われるカペラホテルは100メートルくらい前までは通常の雰囲気だということ、しかしながら金委員長が宿泊するセントレジスホテルの周辺はものものしい雰囲気だと今日の様子をレポートしてくれました。

    現地・シンガポール20180611 (1).jpg

    石川真キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは「袴田事件」のニュース。

    1966年に静岡県で一家4人が殺された強盗殺人事件で死刑が確定し、静岡地裁の再審開始決定で釈放された袴田巌さん(82)の即時抗告審で、東京高裁は今日、再審開始を認めない決定をしました。あわせて釈放中の袴田さんの身柄については、すぐに拘束する必要はないとしています。

    sakidori-20180611 (1).jpg

    田中眞紀子さんの今日の『オピニオン』題して「フラストレーションの原因」です。

    テニスのラファエル・ナダル選手、メジャーリーグの大谷翔平選手、将棋の藤井総太さんらの活躍を見ているとスカッとするが、こう長く続く政権のモヤモヤを見ているとやりきれない!「どうでもいいや~」となってしまいそうになる日本の政治を「病んでいる!」と喝!

    眞紀子さんの思うフラストレーションの原因を、熱く語ってくださいました。

    sakidori-20180611 (6).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』では砂山圭大郎アナウンサーが、卓球・ジャパンオープンの話題をお伝えしました。

    卓球のワールドツアー・ジャパンオープン、北九州市立総合体育館で行われ、シングルスは男子が張本智和選手、女子は伊藤美誠選手がともに初優勝を果たしています。

    世界のトップ選手が集まったこの大会。リオオリンピックチャンピオンの馬龍選手(中国)に勝っての優勝は、ものすごいことなのだと語る砂山アナ。ちなみに砂山アナの奥様は、プレイに色気のある馬龍選手の大ファンだそうです。

    sakidori-20180611 (7).jpg

    『ニュースパレードアネックス』  明日いよいよ史上初の米朝首脳会談が行われるのを前に、横田早紀江さんら家族会を救う会の皆さんが参議院会館で会見を行いました。

    トランプ大統領は「会談で日本人拉致問題を取り上げる」と安倍総理と約束をしています。

    saki-20180611 (15).jpg

    西村志野記者が取材しました。

    北朝鮮による拉致被害者の田口八重子さんで家族会代表の飯塚繁雄さんはトランプ大統領の約束を評価しつつ「はっきりと返すという約束を取り付けるのが大事。これを逃したら私たちの家族は永遠に帰って来ない」と話し、横田めぐみさんの母・早紀江さんは「北朝鮮の指導者が米国の大統領と会うのは奇跡だと思う。親の心を分かってほしい。」と訴えたということです。

    sakidori-20180611 (3).jpg


    『芸能アラカルト』 のコーナーでは、「新しい地図」の稲垣吾郎さんに放送作家でコラムニストの山田美保子さんが、最近の活動、今後のミュージカルの意気込みなど、インタビューした音声をお届けしました。

    sakidori-20180611 (5).jpg

    以前から「吾郎ちゃん推し」を公言している美保子さんもお話していましたが、稲垣さんの盛りだくさんの今後のスケジュール、嬉しいですね!

    今週末、文化放送でも特別番組が放送されます。6月16日(土)午後6時半から『編集長 稲垣吾郎 スペシャル』、1時間の生放送です。こちらもぜひお楽しみに!

  • 第310回:有給休暇を一斉に!

    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「会社全体で休む、一斉有給休暇は社員にとって有益なの?」。

    大手広告会社・電通が今日、月に1度、一斉に休業日を設ける「インプットホリデー」を試験的に導入をスタート、会社全体が休んでいます。この取り組みについて、細木美知代記者が街行く方にお話を伺うと、「仕事の分担ができていれば問題ない」、「自分のために使える時間がとれるのは嬉しい」といった好意的な声が聞かれました。一方で、「大企業はいいけど、中小企業はなかなか難しい」など、現実的なご意見も。

    実際に一斉休暇を取り入れているSCSK株式会社では、仕事の質が高まり、社員にもいい変化があったと一定の成果が出ているようです。長時間労働の問題も多く聞かれる中、今後広まっていくのか注目されます。



    20180608_2

    『きょうのナマチュウ』は、「高齢ドライバーの交通事故防止、その現状と対策は?」。

    今日、都内で行われた「高齢ドライバー交通安全セミナー」の会場から佐藤圭一記者がレポート。参加されているほとんど方は衰えは感じないという意見が聞かれる中、高齢者による事故のニュースを受けて積極的に参加されている方が多くいらっしゃいました。

    NPO法人高齢者安全運転支援研究会の岩越さんによると、「自身の運転を見直す機会を設けることが大切。ドライブレコーダーを備えることで、運転の弱点を見極めて共有してほしい」と呼びかけました。また、三井住友海上火災保険では、「GK見守るクルマの保険」というサービスを実施。逆走注意アラーム、指定区域外アラーム、見守りレポートといった内容で高齢ドライバーの安全をサポートしています。



    20180608_3

    『SAKIDORIニュースパレード』は、石川真紀キャスターが伝えたニュースは、「京都に9言語対応のホテル 大和ハウス、明日開業!」。

    日本語、英語、フランス語、イタリア語、スペイン語、オランダ語、ロシア語、中国語、韓国語の計9言語に対応したホテル「ダイワロイヤルホテルグランデ京都」が明日9日に開業します。 富裕層を意識した1泊最高約28万円のスイートルームも完備、「富裕層ターゲットならアラビア語もあるといいのでは?」と、スタジオでは早くも今後の展開も勝手に予想しました(笑)



    20180608_4

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「エコドライブをおやりなさい」。

    ガソリンの値上げが止まりません。これを受けて、荻原さんはエコドライブを推進。「具体的にはどんなことをすれば?」ということで対策を伺うと、ふんわりアクセル、車間距離を十分にとり加速減速をおさえる、アイドリングストップなど、節約方法を教えて頂きました。みなさんもぜひ試してみてください!



    20180608_5

    『SAKIDORIスポーツ』は、土井悠平アナウンサーが伝えてくれたのは、「バスケ界の逸材 田中力選手のIMGアカデミー進学会見」。

    アメリカに渡る田中選手の想いや、見送る田中選手のお母さんの期待などをお伝えしました。



    20180608_6

    『ニュースパレードアネックス』は、秋葉原無差別殺傷事件から10年。現場の様子を吉田涙子記者が取材。

    痛ましい事件から10年という節目を迎え、献花台が設けられた交差点の様子や被害にあわれた方の声もお送りしました。風化してはいけない、メディアの役割も考えさせられました。



    20180608_7

    金曜日の『世の中SAKIDORI』は、ビジネス先取り。 司法書士の根本将行さんが過払い金の関するお話をしてくださいました。

    過払い金について勘違いをされている方が多いそうで、「手続きをすると借入先から嫌がらせがあるのでは?」や、「クレジットカードが使えなくなるのでは?」と思われている方がいらっしゃるそうです。もちろんそんなことはありませんので安心してほしい、自分はどうなんだろうと思った方は気軽にお電話くださいと呼びかけました。



    【今日の1曲】 OCEAN / B'z 



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!

  • こんにちは!

    西川あやのです。
    今日は、
    会社全体で休む、一斉休暇は社員にとって有益なのか
    電通が今日行っている「インプットホリデー」について
    高齢ドライバーを対象にした交通安全セミナー
    京都に9か国語対応のホテルが開業
    バスケットボール田中力選手
    エコドライブをおやりなさい!
    秋葉原の無差別殺傷時間から10年

    などの話題をサキドリしました!
    「インプットホリデー」は月に1回、週3日休みがあるとのことですが、
    インプットするための休みという位置づけとのことで、
    こういった休みとは別に、「だらだらホリデー」や「スリーピングホリデー」もあればいいなと思いました。
    日本は、有給消化率が低いということで、
    特定の会社だけではなく、色んな企業でこんな動きが広がれば良いですね。

    来週月曜日からは文化放送スペシャルウィークです!
    金曜日はスペシャルコメンテーターに早稲田大学教授の中林美恵子さんをお迎えします。


  • 高齢ドライバー交通安全セミナー

    きょうのナマチュウは「高齢ドライバーの交通事故防止、その現状と対策は?」

    でした。

    わたしは、帝国ホテルで開催された高齢ドライバー交通安全セミナーの会場から中継です。


    65歳から86歳の100名が参加しました。

    お話を聞くと

    「加齢による運転の危険はとくに感じていない」

    とこたえる方が多くいました。

    ただ、参加者が都内在住の方なのであと5~10年で免許返納を考えているという声も。

    セミナーで強調されたのは

    「徐々に衰える運転技能は気づきにくい」

    「過信をしないこと」

    です。

    そして、セミナーで講師を務めたNPO法人高齢者安全運転支援研究会の岩越和紀理事長にもインタビュー。


    高齢者運転の現状などをお聞きしました。


    運転をするひとにとって車は
    「生活に必要なもの」

    「いきがい」

    の二面性があり


    技能をチェックするなどして自分をみつめて運転の可否を判断することが大切とお聞きしました。

    自動運転などにより、安全に長く運転できるようになるといいですよね。


    生活に必要なものであり、生きがいなんですから。

    佐藤圭一


  • 第309回:医療ジャーナリスト 伊藤隼也さんを迎えて

    木曜コメンテーター、和田秀樹さんはお休み。今日は医療ジャーナリストの伊藤隼也さんがコメンテーターを務めてくださったSAKIDORI!です。

    『ニュースオフサイド』 足立区立の中学校で行われた「性教育」が都議会で「不適切」とされた問題を受け、「中学校の性教育、何をどこまで教えればいいのか?性教育はこの先どうあるべきか?」をサキドリました。

    まずは、今回の問題の経緯を細木美知代記者が整理。問題となっている授業は3月、東京都足立区立の中学校の中学3年生

    の総合的な学習の時間に「自分の性行動を考える」と題して実施され、養護教諭らが避妊や人工妊娠中絶に関する正しい知識を説明。コンドームや緊急避妊薬などの特徴や使い方、入手方法を明記した資料も配布したということです。

    saki20180607 (8).jpg

    問題となった授業について、どういった思いのもとで行われたのかを足立区教育委員会の教育指導課長 小坂裕紀さん、問題となっている授業の作成に携わった埼玉大学教育学部 田代美江子教授にお話を伺いました。「性教育をやりたいという先生方の声があった」と授業作成の経緯を説明したうえで、今後、性教育はどうあるべきか、お話してくださいました。

    学校で性教育の授業などを行うNPO法人ピルコン 染矢明日香理事長は、「性教育はタブー視されていましたが、タブーから必要なものに代わってきている。学習指導要領にあるかないかで考えるのではなく、現状に対して何が必要か、海外の事例などから学ぶ必要がある。」と指摘。


    『きょうのナマチュウ』テーマ「高齢者が無料で健康相談!"医療カフェ"が果たす役割」。

    住人の3割が65歳以上の高齢者だという埼玉県の幸手団地。 この幸手団地の敷地内に、高齢者が無料で健康相談ができる "医療カフェ"という珍しい施設があります。

    今日はこの医療カフェ「元気スタンド・ぷりずむ」に西村志野記者が行ってきました!

    お話を伺ったのは、「元気スタンド・ぷりずむ」を運営するNPO法人「元気スタンド」の代表 小泉圭司さん。

    西村さん20180607.jpg

    小泉さんは以前はスーパーの管理職をされていました。毎日朝から晩まで休憩用のベンチに座っているおばあちゃんに事情を聞いたところ、「行く場所がない」という答えが。

    これをきっかけに「高齢者の方が安心して過ごせるカフェを作りたい!」と思ったのだといいます。

    現在、小泉さんのカフェには、70代~80代の女性の方が多く訪れているそうです。

    また、定期的に店内で総合病院の看護師が健康相談にのる「暮らしの保健室」も好評。ちょっとしたお客さんの変化、病気の早期発見に繋がっています。

    健康といえば、今日のコメンテーター 伊藤さんは先月、健康に関するご本 『50歳からはじめる 最強の健康法(宝島社)』を出されました。

    伊藤さんご自身が実践していることを中心に、日めくりカレンダーのような健康法を!とまとめたのがこのご本。ぜひこちらもお手に取ってお読みください。

    コメンテーター・伊藤さんのご本.jpg

    今日は、医療ジャーナリストとして、伊藤さんにリスナーの皆さんから寄せられた、健康や医療に関する質問にもお答えいただきました。


    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、「警察の取り調べ 全過程の可視化は8割超」というニュースを取り上げました。

    2017年度の取り調べのうち、全過程を録音・録画したのは2618件で全体の81.9%に上った一方で、機器の操作ミスなどで可視化できなかったケースが223件にも及ぶそうです。

    医療現場の取材でも「録音・撮影していいですか?」と申し出ると、嫌な顔をされることが少なくないと伊藤さん。まだまだどの現場でも、可視化は当たり前ではなさそうですね。

    saki20180607 (2).JPG


    コメンテーター、医療ジャーナリストの伊藤隼也さんが語り下ろした 今日の『オピニオン』は「記憶は遺伝するか」。

    「マウスによる実験で記憶が遺伝していることが示された」とする、 生物学者・福岡伸一さんが書いた記事を読んでからというもの、 父や祖父が自分の年齢のときに何をしていたのか、 どういう生き方をしてきたのか興味がでてきたという伊藤さん。

    人生の岐路に立ったとき、父や祖父、祖母のことを思い出してみると何かヒントがあるかも、とお話してくださいました。

    saki20180607 (3).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』では松島茂アナウンサーが取り上げるのは「大相撲」の話題。

    西岩部屋、部屋持ち親方になって2ヵ月が過ぎた、元関脇・若の里、西岩親方 に、今の思い、部屋を興してからの新たな発見や夢などを語って頂いた声もお届け。

    saki20180607 (4).jpg

    『ニュースパレードアネックス』 今年で57回目、国内外196社35,000点のおもちゃが大集合する、国内最大規模の玩具の見本市「東京おもちゃショー」が、今日から東京ビッグサイトで始まりました。

    取材した岡田紀子記者が、昔ながらのおもちゃの驚きの進化を音声を交えて伝えてくれました。

    一般公開は9日(土)、10日(日)となります。

    saki20180607 (7).jpg

    早川茉希レポーターの『SAKIDORI最前線』では、「父の日」をサキドリして、オススメのプレゼントをご紹介!

    saki20180607 (6).JPG

    シウマイといえば!の崎陽軒さんのお弁当なのですが、気になる中身は『世の中SAKIDORI 最新 映画・本・お店情報 By早川茉希』に載せてくれていますので、こちらもチェック!

    saki20180607 (5).JPG

    【今日の1曲】 If I Only Knew (恋はメキ・メキ)/トム・ジョーンズ

  • 父の日の贈り物にいかが?

    6月の第3日曜日、17日は「父の日」ですね!


    いつも頑張っているお父さんへ、贈りものを考えている方、
    こちらのプレゼントはいかがでしょうか?
    父の日弁当パッケージ.jpg

    横浜に本社がある崎陽軒の「父の日弁当」(税込1350円)です!!!

    今年で6年目を迎えるそうですが、
    お父さんへの感謝がいっぱい詰まったお弁当なんです(*^^*)

    おかずのラインナップは、
    前菜:中華クラゲとザーサイ
    点心:崎陽軒特製シウマイ・えびシウマイ・かにシウマイ
    メイン:海老チリソース、黒酢の酢豚、チンジャオロースー、鶏のから揚げ、春雨炒め
    チャーハン、中華風鶏そぼろご飯
    以上の12種類とボリューム満点!!!!
    父の日弁当アップ.jpg

    中でも、シウマイ3種類は、通常の1.5倍の大きさになっていて
    それぞれの味わいを食べ比べることができます♪

    日頃、頑張るお父さんに向けて
    ご飯としても晩酌としても楽しめるよう、
    おつまみになるおかずと2種類のご飯を入れて
    ボリュームと食べごたえにこだわったそうです!


    スタジオ内で唯一の「お父さん」である一美さんにもプレゼントしたところ、
    エビチリからパクリ!!!
    シウマイも、魚介の旨味がしみ出てくると大満足でした!!!
    一美さんお弁当.jpg


    加納キャスターも、おいしそうなこの顔!!!!
    加納アナお弁当.jpg


    コーナー中、お箸が止まらない二人でした♪

    ちなみに「母の日弁当」も作られていたそうですが、
    女性ならではの「いろいろなおかずを数多く食べたい」というリクエストに応え、
    多彩な美味しさを詰め合わせたそうです。
    一方、「父の日弁当」は価格を100円高く設定し、
    ボリュームを重視しています。

    さて、この「父の日弁当」、
    購入には予約販売と店頭販売の2つの方法があります。
    販売期間は6月15日(金)から17日(日)までの3日間。
    店頭販売は、15日(金)に関しては神奈川エリアの一部店舗で、
    土・日曜については神奈川・東京エリアの一部店舗で販売予定です。

    店舗で売り切れてしまったり、お近くの店舗で取り扱いがない可能性もありますので、
    崎陽軒全店舗で受け取り可能な予約注文がおすすめです!


    予約注文は、お近くの崎陽軒店舗、またはお電話で★


    神奈川エリア:購入希望日の前日12時まで
    045-441-0220(崎陽軒横浜営業部)、
    東京エリア:購入希望日2日前の夜6時まで
    03-3637-8851(東京営業部)

    お父さんが喜ぶ贈りものですが
    家族みんなで楽しむのもいいかもしれませんね♪

    ちなみに、お弁当にはメッセージカードがついています!
    ・・・とご紹介したところで、一美さんがガサゴソ・・・・・・
    お弁当2.jpg


    はっ・・・(@_@;)

    メッセージカードを入れ忘れてしまいました。。
    一美さん、ごめんなさい!!!(汗)

  • 医療カフェ

    西村志野です!


    きょうは埼玉県の幸手市にある
    カフェ「元気スタンド ぷリズム」さんから
    中継しました。


    こちらのカフェ、
    幸手団地にお住まいの高齢者のみなさんが足を運び、
    食事をしたりお茶を飲んだりしながら
    会話をする、地域のみなさんに愛された空間なんです。


    そして飲食だけではなく
    無料の健康相談や、
    楽しく歌う歌声喫茶などのイベントも。


    お話を伺った、代表の
    小泉圭司さん。


    地域のお年寄りのみなさんの
    会話のきっかけづくりや
    外出のきっかけづくりをしようと
    本当にいろいろなことを
    考えていらっしゃいました。

    そして中継を終えて
    お店を出ようとすると、
    急いで走ってくる女性が!!!


    「いま中継を聴いていて会いにきたの!」


    幸手団地にお住いの方でした。
    しっかりと届いているんだなあ、と
    とてもうれしかったです。


    いつも聴いてくださっているみなさん、
    ありがとうございます。
    これからも様々な場所にお邪魔すると思います!
    どうぞよろしくお願いいたします☆

  • これからの性教育

    こんにちは、加納有沙です。

    今日のニュースオフサイドでは、
    東京都足立区の中学3年生の授業で行われた「性教育」が
    都議会などで『不適切』とされた問題を取り上げ、
    お伝えしました。


    性の話は
    日本ではどこかタブーに思われてきた背景がありますが
    いつまでもそれに囚われていてはいけないように思います。

    中学三年生ともなれば
    男女ともに身体つきが変わり、
    妊娠可能となるひとも多い年齢です。

    知識のないまま自分の性衝動に対峙し、
    インターネットがすぐそばにある環境にあるなか、
    間違った知識を元に
    望まない妊娠や悲しい傷を生み出してしまわないように
    新しい時代に見合った性教育が必要なのではないかと
    改めて思いました。

    性教育は家庭での義務?
    学校がやるべき?
    どちらでも やればいいのではないでしょうか。

    「性」に対して
    きちんと自分の意見を言えるような子どもたちが増える
    そんな未来があれば素敵だなと思うのです。

  • 第308回:梅雨入りしました。

    雨の浜松町。関東甲信地方も梅雨入りが発表されましたね。

    今日最初のコーナー『ニュースオフサイド』では、安倍政権のこれから、そして野党共闘体制の今後を大きく左右すると言われている新潟県知事選挙の終盤戦にスポットを当て、新潟に中継を繋いでお伝えしました。

    自民、公明両党が支持する海上保安庁出身の花角英世氏、野党5党が推薦する元県議の池田ちかこ氏、そして元市議会議員の安中聡氏が立候補しています。

    新潟市で取材中の竹田有里記者が、池田陣営の応援演説に駆け付けた立憲民主・枝野代表の様子、自民・二階幹事長が新潟入りし花角氏と面会する模様だということ、各候補の訴えなどをまとめてレポートしてくれました。新潟市内では、米山前知事の女性スキャンダルの一件が尾を引いてか、女性知事がいいなという声も多く聞かれたようです。

    かわって、国会からは奥山拓也キャップ。

    柏崎刈羽原発の再稼働問題などが争点の新潟県知事選、池田氏・花角氏の両候補とも原発再稼働には慎重な姿勢を示していますが、隠れた争点は「安倍政権の信任」だと言えそうだとのこと。

    投開票日は今度の日曜日、10日です。


    『きょうのナマチュウ』テーマ「人手不足の救世主?無人コンビニの可能性」。

    アマゾンが今年1月、「amazon go」の1号店をオープンし、無人コンビニに注目が集まっています。

    人手不足解消のモデルケースと言われる無人のコンビニエンスストア、どんなものなのか?日本で普及するのかサキドリしました。

    まず、スタジオで細木美知代記者が、コンビニ業界の深刻な人手不足の現状と、ローソンが今年4月から5月にかけて無人レジの実証実験を行ったことなどの国内外の動向を整理して伝えてくれました。

    サキドリ2018―0606 (1).jpg

    無人コンビニ 事業を運営している会社「600」には西村志野記者がお邪魔しました。

    お話を伺ったのは、社長の久保渓さん。

    サキドリ・無人コンビニ20180606 (1).jpg
    「600」の無人コンビニ、実際のコンビニ店内で見かける冷蔵のショーケースを3分の1くらいにしたものなんですね。利用者はこのケースに付いているタブレット端末にクレジットカードをシュッと通すと扉が開きます。あとは好きな品物を取り出すだけ。手軽です!

    社名のとおり、このショーケースには最大600種類のものが置けるのだそう。実際に渋谷や六本木のIT系の企業で利用されているとのことでした。

    商品を購入してみた西村さん、すごく嬉しそうですね(笑)

    サキドリ・無人コンビニ20180606 (2).jpgサキドリ・無人コンビニ20180606 (3).jpg

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、"適応ビジネス"のニュース。

    地球温暖化、猛暑や豪雨などの被害を減らす商品やサービスを提供する"適応ビジネス"が今、注目されています。

    長崎県の鈴田峠農園が開発したパッションフルーツの「緑のカーテン」は実を収穫できる楽しみもあり、評判だそうです。

    サキドリ2018―0606 (3).jpg

    水曜コメンテーター、マルチリンガルタレントの堀口ミイナさんが語り下ろした今日の『オピニオン』、テーマはすばり「ラテンの時代が来た!!」です。

    ミイナさんが最近注目しているのが、YouTube独自のチャンネル【Youtube Music Videos - Global Chart】。

    世界各国、色々な国の再生動画ランキングが見られるもので、ミイナさんの調べによると去年から今年にかけ、意外にも急激にスペインの楽曲のランクイン数が増えているのだそう。

    若者文化を知れるし、そこから世界のことも知れるということで、オススメしてくださいました。

    サキドリ2018―0606 (2).jpg

    『SAKIDORIスポーツ』担当は飯塚治アナウンサー。 今日のテーマは「交流戦で実現!セ・パNO.1エース対決!」。

    8日に、4年ぶり2度目となる、西武・菊池雄星投手と巨人・菅野智之投手のエース対決が実現します。

    これが日本では最期になるかも!? もちろん8日の、文化放送「ライオンズナイター」で生中継しますので、こちらもぜひお聴きください。

    サキドリ2018―0606 (5).JPG

    『ニュースパレードアネックス』気象庁は今日、近畿、東海、関東甲信の各地方が「梅雨入りしたとみられる」と発表。平年より1日~2日早く、本格的な雨の季節が始まりました。

    気象予報士の伊藤佳子記者によると、今年は「梅雨入りは早め・梅雨明けも早め・気温は高め」な傾向だそう。

    月曜から日曜にかけ、関東地方は大雨の可能性がありますので、最新の情報にもご注意ください。

    昨日から気象庁で運用が始まった新たなスパコンのすごさについても解説してくれました!

    サキドリ2018―0606 (6).jpg

    本郷赤門前クリニック院長で医学博士 吉田たかよし先生の『SAKIDORIクリニック』では、梅雨どきの風邪の対処法を教えて頂きました!

    最近ずっとだるいなぁと思ってる皆さん、梅雨時の風邪と冬の風邪ではそもそもウイルスが異なり、症状も違うんだそうです。

    梅雨どきの風邪は、胃腸がダメージを受け、下痢が止まらないなどの症状。大事なのは水分補給! 経口補水液、重症でなければスポーツドリンクでOKです。


    【今日の1曲】 雨のウェンズディ/大滝詠一

  • 梅雨の風邪

    こんにちは。 永野景子です。


    今週も『サキドリクリニック』の話題を。
    冬の風邪と、梅雨の時期の風邪は違うんだそうです。


    冬の風邪は鼻水やくしゃみが多いのに対し、梅雨の風邪は
    胃腸がダメージを受けて下痢が続くという症状が多いとのこと。
    そもそも異なるウイルスの感染症なんだそうです。


    冬のウイルスは鼻に感染しやすく、梅雨のウイルスは
    喉に感染した後、腸で増殖する。
    腸は長いので大量に増殖し、なかなか治らないということなんです。


    また、冬のウイルスは乾燥していないと感染できないのに対し、
    梅雨のウイルスは高い湿度を好むそうです!


    さらに、免疫力については
    冬は寒さで低下、梅雨は温度変化の激しさで低下するので、
    この時期は冷やしすぎも温めすぎも良くないんですねー。


    あと、梅雨のウイルス対策には水分補給だそうですよ!
    できれば体温くらいに温めたスポーツドリンクを!


    明日のサブキャスターは、
    ウイルスにも負けない加納有紗さんです!

  • 無人コンビニ

    西村志野です。


    ついに関東地方も梅雨入り!
    憂鬱になりがちな梅雨、
    どう楽しく過ごそうか考える毎日です。


    そんななかさっそく今日は楽しい中継でした!


    ナマチュウでご紹介した
    600の「無人コンビニ」


    私の身長より少し高いくらいの高さのボックス型のもので、
    中には飲み物、食べ物、マスクまで!
    いろんなものがそろっています。


    中継でお話を伺った600の社長、久保渓さんは
    こうだったらいいな~というご自身の興味・関心や発想を
    抑えられず、作ってしまいました!と
    イキイキと話していました^^


    事務所内に置いてあるこの無人コンビニ、
    商品のラインナップも、
    考えるのが男性か女性かで
    並ぶものもかわってきて
    楽しいそうです。


    無人コンビニ1.jpg


    どんどん進化する世の中に
    置いて行かれないように必死な私ですが、
    みなさんはこんなコンビニが近くにあったら
    使ってみたいですか?^^


    今後ますます需要が高まるかもしれませんね!

  • 第307回:京都銘菓 八ツ橋が!

    『ナマチュウ』で取り上げた八ツ橋。まさかこの銘菓が今、大問題になっているなんて!このお話はまた後ほど。


    さて、最初のコーナー『ニュースオフサイド』テーマは「紀州のドン・ファンの不審な死、深まる謎」。

    和歌山の資産家 野崎幸助さんが急死してから10日あまりが経ちました。体内からは覚せい剤の成分が検出されるなど、謎も多いまま。今日は、覚せい剤や犯罪心理学の専門家の話を交えてお伝えしました。


    まず、亡くなった野崎さんと親しく、亡くなる前にもお電話で会話されたというライターの方のお話を伝えてくれたのは鈴木敏夫デスク。

    実は鈴木デスク、このライターの方と以前から交流があり、今回特別にお話を伺うことが出来たのです。

    亡くなった野崎さんのお人柄や趣向、そして家政婦の方のことなど、聞けば聞くほど、謎は深まります。

    sakidori-2018-0605 (3).JPG

    西村志野記者は、野崎さんの家政婦の方の自宅前からレポート。10名ほどの報道陣が待機していたとのこと。

    続いてお電話を繋いだのは、覚せい剤などに詳しい法科学研究センターの雨宮正欣さん。

    今回、遺体には注射痕が見当たらなかったことなどから、摂取の手段としては「経口」、そして覚せい剤は非常に強い苦みがあるため、その苦みを消せるようなビールなどに混入したのではないかなど解説。

    東京未来大学こども心理学部長で犯罪心理学が専門の出口保行教授は、「覚せい剤を殺人のために使用するのは珍しく、計画的な犯行なのではないか。また、犯行時刻は生活時間帯、見ず知らずの犯行とは考えにくく、強い怨恨・金銭事情などが絡んでいるのでは。」と見解をお話してくださいました。


    『きょうのナマチュウ』京都銘菓 八ツ橋騒動。

    八ツ橋の老舗、「井筒八ツ橋本舗」が昨日、「聖護院八ツ橋総本店」に対し、創業年を事実と異なる記載をしたとして、京都地裁に表示差し止めなどを求める訴訟を起こしました。

    いったい何が起こっているのかを、佐藤圭一記者がまとめて説明。訴えられた「聖護院八ツ橋総本店」へ取材を試みたところ、常務の稲垣英夫さんが「争点とされていることを問題と考えていない。今回の件はただただ驚いている。これまで非常に良好な関係だった。適切な対応をしていきたい。」と丁寧にお応えくださったそうです。

    sakidori-2018-0605 (4).JPG

    今回、訴訟に踏み切った「井筒八ツ橋本舗」には関真弓記者が取材。

    昨日、記者会見を行った津田佐兵衛オーナーのお孫さんにあたる、津田専務が対応して下さり、「オーナーの津田佐兵衛が今まで見て聞いてきたものから問題を提起させて頂いたので、他のものが対応するのは...個別の取材はお断りをさせて頂いています。」とのことでした。

    sakidori-2018-0605 (13).jpg

    そして、京都関連の著書を多く出されている、作家でコラムニストの入江敦彦さんにもお話を伺いました。

    今回の件、入江さんも「寝耳に水」だったそうで、京都の老舗同士の争いはよくあることなのか問うと、気持ち的にはおさまらなくてもお客様のためを思って表には出さないものだとか。「見ないようで見ている」それが京都人の気質と語ってくださいました。

    ・・・・・・お話し中に、スタジオに用意した八ツ橋を、静かに開ける石田さん。

    sakidori-2018-0605 (5).JPG

    取り上げたのは争いごとでしたが、八ツ橋は変わらず美味しい!

    八ツ橋を囲んで盛り上がるサキドリメンバーでした。

    sakidori-2018-0605 (8).JPG

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』で取り上げたのは、「出没 ぶつかり男」のニュース。

    複数の女性に悪質なタックルのように肩をわざとぶつけてくる「ぶつかり男」が、数日前から新宿駅などで出没しています。真紀さんも昨日、浜松町駅で被害に遭ったそうで、激突されて打撲した足が痛むと告白。

    他人事ではありません。皆さんもご注意ください!

    sakidori-2018-0605 (14).jpg

    火曜コメンテーターは俳優の石田純一さんです。今日の『オピニオン』、題して「権力は蜜の味」。

    神戸製鋼所のアルミ・銅製品などの品質データ改ざん事件は強制捜査となっているのに、森友文書改ざん問題はOKというこの感じに、石田さんはとても抵抗があるといいます。権力を維持し続けること、居座り続けるということの前に取り組む政治責任があるのではないか、絶大な権力を持つ者というのは自分の身を綺麗にしておかなければならないと強く批判しました。


    『SAKIDORIスポーツ』は 槙嶋範彦アナウンサーが、今日の 文化放送「ライオンズナイター」で解説を務める仁志敏久さんに、野球界の未来を担う小・中学生について伺いました。

    野球離れがをくいとめる対策として「子供に野球をやってもらうためにも、まずは大人に草野球をやってもらいたい!特に女性。お母さんたちが野球をやってもらえたらと思う!」と語った仁志さんでした。


    『ニュースパレードアネックス』 東京・上野動物園のジャイアントパンダ「シャンシャン」が来週12日に1歳を迎えるのを前に、今日から先着順に観覧ができるようになりました。 上野から帰ってきたばかりの伊藤佳子記者がレポート。

    sakidori-2018-0605 (10).JPG

    シャンシャンの魅力にすっかりハマってしまって、通い詰めている方もいらっしゃるんですね!

    これからの季節は、暑い中並ぶことにもなりそうですので、熱中症などの対策も必要かもしれません。

    sakidori-2018-0605 (9).JPG
    【おまけ】昨年、自らもシャンシャンの観覧抽選に応募し見事外れたことを、昨日のことのように思い出させられた一美キャスター、うなだれるの図。

    【今日の1曲】 サムライ/沢田研二

  • 八つ橋 創業はいつ?

    きょうのナマチュウは聖護院八ツ橋総本店の1689年創業が事実と異なるとして井筒八ツ橋本舗が訴えを起こした問題についてでした。

    井筒側は創業年の根拠なしとしていまして、記載差し止めと600万円の損害賠償を求めています。

    一方の、聖護院側に電話でお話を聞いたんですが、

    創業年が問題と思ったことはないとのこと。

    井筒とのこれまでの関係は良好ともお聞きしました。


    また、本家西尾八つ橋というメーカーも1689年創業としているんですが、こちらではお話を聞くことができず。


    この問題どうなるのでしょうか。


    八つ橋おいしいですよね。


    初めて食べたのは小学校です。

    9個上の姉が修学旅行のお土産に買ってきてくれました。

    なんだこのもちもちとした触感で独特な風味は!

    美味しく感じた記憶があります。


    それ以来八つ橋好きです。

    私も中学と高校の修学旅行が奈良京都だったので

    ホテルの部屋に一人一個の八つ橋がおいてあったことにテンションあがりました。

    もちろんお土産にも八つ橋を。


    私は、京都のお土産と言ったら八つ橋です。

    創業年は気にしません!

    佐藤圭一

  • ぶつかり男にご注意を!

    こんばんは。

    竹田有里です。

    今日のニュースパレードでは、数日前からJR新宿駅などで出没している「ぶつかり男」について
    取り上げました。

    構内ですれ違いざまに女性にわざとぶつかる動きをする男性を写した動画が、ネット上で話題になっていて、Twitterでは「ぶつかり男」などと呼ばれ、JR東日本は迷惑行為として注意を呼び掛けています。
    動画では、 黒いリュックを背負った男性が、30秒ほどの間に複数回に女性にぶつかっています。
    すれ違いざまに、自分から肩をぶつけているように見えます。

    このニュースパレードでお伝えいただいている石川真紀キャスターも
    昨日、浜松町駅で、ものすごい勢いで男性にぶつかられ、体を飛ばされ怪我をされました。

    私も、東京駅で先日、腕を振りながら小走りで前方から向かってきた男性にぶつかられました。
    怪我はしませんでしたが、肩に強い衝撃を受け、「ダァン」と鈍い音がしました。
    私は前を見ていたので、「あ、何か来る!」と察知したものの、混雑していて避けることもできず、
    なにも対応できないまま、攻撃を受けるしかありませんでした。

    SAKIDORIの番組最後で、リスナーの方よりいただいたメールでは、
    男性にぶつかられて大怪我をした知人女性が、翌年、お亡くなりになったというコメントをいただきました。胸騒ぎが治りませんでした。

    なににイラついているのか、どうしてこんなことをするのか、
    本当に許せません!


    ぶつかり男の模倣犯が増えないことを祈るばかりですが、
    皆さんも注意してください!


    ※写真は、今日のナマチュウでお伝えした八ツ橋騒動について。八ツ橋の美味しさを語っているところです!八ツ橋の創業年云々よりも、京都を代表する美味しい菓子の味を2社がこれからも提供し続けて欲しいと思います。


    明日のサブキャスターは、京都弁もお上手な永野景子さんどすえ。

    お楽しみに〜

  • ゲスト:写真家 清水一二さん

    第1火曜日の『応援!ユニバーサルスポーツ』は、写真家の清水一二さんのご登場です。
    今日は、車いすバスケと車いすフェンシングをピックアップ!

    まずは、車いすバスケ。

    先月19日、20日、 府中市の「武蔵野の森総合スポーツプラザ」で行われた天皇杯の振り返りから。宮城MAXが10連覇を果たしたこの大会ですが、運営面で清水さんが感じた改善点についてもお話してくださいました。

    6月8日(金)・9日(土)・10日(日)には同じく府中市の「武蔵野の森総合スポーツ センター」で、『三菱電機ワールドチャレンジカップ 2018』が 行われます。こちらは8月のドイツ世界選手権を前にした、車いすバスケの男子日本代表 の国際強化試合です。
    日本はもちろん、ドイツ、オーストラリア、カナダの強豪国が参加するということで、世界の強さ、日本に足りないところなどを間近で見られるチャンス!

    『三菱電機ワールドチャレンジカップ 2018』

    ユニバ20180605 (2).jpg

    続いて、車いすフェンシング。

    こちらも6月9日(土)・10日(日)と、福岡県の田川市総合体育館で『2018年度 全日本車いすフェンシング選手権大会』が開催されます。

    実は田川市は、2020年の東京パラリンピックでドイツの車いすフェンシング代表の事前合宿地の誘致に成功しているんです。清水さんはこちらの大会の取材に行かれるとのこと。

    ■『2018年度 全日本車いすフェンシング選手権大会』

  • 第306回:12日の米朝首脳会談に向けて

    今日のSAKIDORI!は、『ニュースオフサイド』、『きょうのナマチュウ』両コーナーで、シンガポールでの開催が決まった米朝首脳会談についてお伝えしました。

    まず、清水克彦デスクが先週から今日までの動きを、ワシントン在住のジャーナリスト 笹栗実根さんのレポートを交えて整理。笹栗さんによると、アメリカ国民からは、北への強い非核化の意思を弱めたトランプ大統領に対して批判的な声が上がっているとか。

    清水デスクは来週、会談の取材にシンガポールへと旅立ちます!今は準備の真っ最中。

    サキドリ20180604画像 (3).JPG

    お電話を繋いだのは、慶應義塾大学 磯崎敦仁准教授。北朝鮮、アメリカともに開催するだけで結果は「成功」、「大成功」しかないものの、アメリカの本来の目的である完全な非核化をねばれるのか、やや不安が出てきた印象だとお話してくださいました。

    アメリカの現代政治と外交がご専門の前嶋和弘教授は、上智大学 総合グローバル学部でゼミ中ということで、西村志野記者がお邪魔しました。

    ゼミ生の皆さんも、米朝首脳会談へそれぞれの見方を持っているようでしたね。

    大学潜入!しのちゃん.jpg

    最後に、米朝だけでなく韓国政府関係者までもが現地入りした首脳会談の地・シンガポールはどのような様子なのでしょうか?

    吉田涙子記者が、シンガポール在住のクロスマーケティングアジアのアカウントスーパーバイザー 堀川なつ美さんにお話を伺ったところ、当日になったら分からないがまだ今のところ大きく騒がれてはいないそうです。

    サキドリ20180604画像 (2).JPG

    石川真紀キャスターの『SAKIDORIニュースパレード』では、「紀州のドン・ファン」と呼ばれた和歌山県の資産家、野崎幸助さんが変死した事件の最新情報を、和歌山放送の寺門秀介アナウンサーに繋いでお伝えしました。

    今日までに東京都内の関係者宅を家宅捜索。まだ今のところ、その捜索を受けての発表の類はないということでした。

    サキドリ20180604画像 (6).JPG

    月曜コメンテーター、政治学者の姜尚中さんが語り下ろした今日の『オピニオン』。

    テーマは「ブロマンス~男同士の精神的絆」。【ブロマンス】とは【ブラザー】と【ロマンス】を足した言葉で、性的な関わりはないが同性同士の絆が強く、お互いに興味を持つというような意味。

    中止になりかけたものの、開催が決定となった米朝首脳会談を前に、きわめて演劇的なこれまでの流れから、アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金総書記の関係性に【ブロマンス】を感じるとお話してくださいました。

    サキドリ20180604画像 (4).JPG

    『SAKIDORIスポーツ』は砂山圭大郎アナウンサーが取り上げたのは、ボルダリング!

    (スタジオの壁には突起物がないのですが、ボルダリングを表現してくれた砂山アナ。)

    サキドリ20180604画像 (7).JPG

    あらためて、ボルダリングとはどういうスポーツなのかを説明。5mくらいの壁に突起物があって、その突起物の並びは「課題」といって、その時にならないと分かりません。その突起物をたどり、トップ(1番上)をとれば完登ということになります。

    昨日まで八王子で行われていたボルダリングのW杯、観客はなんと3000人も集まる人気!女子の野口啓代が優勝を果たし、W杯3連勝で通算21勝目を挙げています。

    サキドリ20180604画像 (1).JPG


    『ニュースパレードアネックス』 森友学園をめぐる決裁文書改ざん問題について、財務省は今日、内部調査の結果と職員らの処分を発表し、20人を懲戒や厳重注意などで処分。この問題の幕引きを計りたい政府・自民党ですが、思惑通りに進むのか?

    国会から、山本カオリ記者がレポートしてくれました。


    放送作家でコラムニスト、そして女優としても活躍!!山田美保子さんの『芸能アラカルト』では、「新しい地図」のメンバー、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんのそれぞれの今と今後について語って頂きました。

    先週末に草なぎさんの舞台「バリーターク」を観劇し、香取さんがアート作品を出展している帝国ホテルプラザで開催中の「NAKAMA de ART」も鑑賞してきたという、彼らの大ファンでもある一美キャスター。

    文化放送と言えば稲垣さんですが、8月3日から京都劇場にて上演されるミュージカルで主演を務めるそうです。こちらも楽しみですね!

    芸能サキドリ20180604.JPG

    【今日の1曲】 風になりたい/THE BOOM

  • 上智大学にお邪魔しました!

    西村志野です。


    きょうは
    ナマチュウのコーナーで
    上智大学の前嶋ゼミにお邪魔して
    中継しました。


    向かって私の右隣、前嶋和弘教授と、
    ゼミ生の皆さんと。


    15:15~始まったゼミの時間、
    中継までの間、
    実は私も一緒に授業を受けさせていただきました!


    みなさん、
    卒論に向けて
    研究したいテーマを見つけて発表していたんですが、


    円になって話し合うみなさんは
    本当に熱心で・・・
    しっかりと勉強されていて
    すごいなあと思いながら見つめる私。


    そして中には就活真っ最中の学生さんも。
    勉強したいことや
    やりたいことに向かって真っすぐな学生のみなさんは
    キラキラしていたなあ。


    上智大学にお邪魔したことは
    これまでほとんどなかったんですが、
    教室までの行き帰り、
    キャンパスのなかを歩きながら
    学生時代が懐かしくなりました。


    フレッシュな真っすぐな気持ちを分けてくれた
    上智大学の前嶋ゼミのみなさん、
    ありがとうございました!!

  • こんにちは!

    西川あやのです。
    今日は、
    統合型リゾート施設整備法案の行方
    東京都の受動喫煙防止条例
    入社3年目で管理職を目指す女性は35%
    2020年東京オリンピック、マラソンコース決定
    福田康夫元総理大臣「公文書管理」

    などについてサキドリしました!
    今週末の土日は、暑くなりそうですね~
    梅雨入り前の夏日になりそうなんだそうです。
    最近は、土曜日の朝に寝具の洗濯などをしているので、
    土曜日の快晴は嬉しいです。

    来週月曜日のサブキャスターは私の中の「上司にしたいランキング」第一位の
    水谷加奈さんです!

  • 第305回:6月が始まりました。

    5月27日が荻原博子さんのお誕生日ということで、オンエア前にお祝いしました。


    気になるニュースを先取りする『ニュースオフサイド』、今日のテーマは「総合型リゾート施設整備法案の行方やいかに?」。

    カジノを含む総合型リゾート施設整備法案、いわゆるIR法案について。成長戦略として推奨したい安倍総理ですが、ギャンブル依存症問題を考える会代表の田中紀子さんにお話を伺うと、依存症問題の整備が進む前に協議されている点を懸念、来週にも強行採決されるのではという動きに抵抗感を示しました。

    また、細木美知代記者は、海外からの観光客に「日本にカジノができたら行ってみたいか」をインタビュー。楽しそうだからできたら行ってみたいという賛成意見、たくさん使ってしまって怖いから行きたくないという反対意見など様々な声が聞かれました。また、カジノがなくても日本の魅力はたくさんあるから来るという意見も!



    20180601_2

    『きょうのナマチュウ』は、「受動喫煙防止条例で東京のタバコ事情はどう変わる?」。

    政府が提出している健康増進法改正案より厳しい内容となっている都の条例、今日から全面禁煙を発表した「串カツ田中」からお話を伺いつつ、「やはりお酒とタバコは切り離せない!」と悲鳴をあげているバーの経営者の声をお伝えしました。



    20180601_3

    『SAKIDORIニュースパレード』は、石川真紀キャスターが伝えたニュースは、「"管理職目指す"女性は35%、男性79%、入社3年目で調査」。

    女性は入社後に年々減少する傾向にあり、仕事と家庭の両立の難しさや、女性管理職が職場に少ないことが背景にあるとみられます。「文化放送もそのうち女性社長が...」の話題に、「それなら加奈さんだね!」と発言する荻原さん(笑)



    20180601_4

    経済ジャーナリストの荻原博子さんが語りおろす『きょうのオピニオン』は、「得する免許返納をおやりなさい」。

    高齢者による交通事故が後を絶ちません。そんな中、今回、荻原さんが免許を返納したら受けられるお得なサービスをご紹介。詳しくは警視庁のサイトから見られるので、ぜひチェックしてみてください。



    20180601_5

    『SAKIDORIスポーツ』は、高橋将市アナウンサーが伝えるのは、「2020東京オリンピック、マラソンコース決定!」。

    高橋尚子さんによると、ポイントは3つ! 「東京の名所が巡れて飽きがこない」、「周回コースではないため、ストレスレス」、「リズムに乗りやすい」が挙げられます。最後に2つの坂があるため、ラストまで何が起こるかわからないとのこと。



    『ニュースパレードアネックス』は、福田元総理の記者会見を取材した吉田涙 記者がレポート。

    そして、金曜日の『世の中SAKIDORI』は、ビジネス先取り。 舘谷春香アナウンサーが、有楽町駅前の東京交通会館で開催中、「第53回世界の貨幣・切手・テレホンカードまつり」の会場からお届け。毎年2回開催して、今年で27年目に入ったこのイベント、全46店舗が参加しています。

    様々な貨幣、切手、テレホンカードが販売されていますが、一番高い商品とは・・・?

    20180601_6

    舘谷アナウンサーが持っているこちら・・・ではなく・・・



    20180601_7

    こちら! なんと1900万円!!! 


    他にも専門家による無料鑑定など、いろんなコーナーが充実。入場は無料で、明後日3日まで開催中です。



    【今日の1曲】 闘う戦士たちへ愛を込めて / サザンオールスターズ



    今週もお聞き頂き、ありがとうございました!

TOPへ
radiko