DHC Presents 神保美喜のTea Lounge

2014年1月 記事一覧

1月11日 ビューティー・ラボ & 神保美喜のひとこと

私達の体は健康であれば、体を動かしても痛みがないですし、
運動しても適度な疲れと共に爽快感があって、夜はぐっすり眠れ
ます。ですから、自分の体に特別な注意を向けませんね。
でも、何かの原因で体のバランスが崩れたたりすると、違和感や
痛みが出てきます。
人間の体は、200本以上の骨で作られているそうです。骨と骨の
繋がりの部分を関節といいます。そして、骨と関節や、それを
動かす筋肉などが協調し合って私達の体は自由に動かせるのです。
ですから、これらのどれかひとつでも障害が起きると、
色々な痛みが起きます。
足腰の関節の痛みの原因は様々ですが、体重オーバーや加齢、
食習慣などがあります。
食習慣では、筋力の維持に必要な蛋白質を多く含む肉や
大豆製品のほか、カルシウムが豊富な乳製品、ビタミンDが豊富
な魚などを積極的に食べるようにしたいですね。

=============================
私もちょっとしたことで、間接に「痛っ!」と感じる時が
あります。
見過ごしてはいけないんですね、この痛み。

神保美喜

カテゴリ:ビューティー・ラボ&おススメ商品 2014.01.18

1月18日ビューティー・ラボ DHCおすすめ商品

極らくらく
http://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=32379
極らくらく.jpg

パワーグルコサミン
http://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=32378
パワーグルコサミン.jpg

5-ロキシン
http://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=32325
5(ファイブ)-ロキシン.jpg

カテゴリ:ビューティー・ラボ&おススメ商品 2014.01.18

1月11日のビューティー・ラボ DHCおすすめ商品

節々の痛み
パワーグルコサミン
http://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=32378
パワーグルコサミン.jpg


極らくらく
http://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=32379
極らくらく.jpg

コンドロイチン
http://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=32306

コンドロイチン.jpg

カテゴリ:ビューティー・ラボ&おススメ商品 2014.01.18

1月のプレゼントはこちら

プレゼントのお知らせです。
神保美喜がセレクトした【DHC商品】を抽選で5名の方にプレゼント致します。

今月セレクトしたのは、「コツプレミアムCBP(シー・ビー・ピー)」です。

CBPとは、牛乳や母乳に含まれる希少な"天然たんぱく"のことで、
骨に欠かせない栄養素・カルシウムの定着を助ける、DHCが独自に配合した新成分です。

新しく骨を作り出す力は、加齢とともに低下していきます。
骨の健康を考えると、毎日6~60mgのCBPを取るのが理想とされていますが、
これを牛乳で取ろうとすると6mgでも4リットル、60mgなら40リットルもの牛乳を飲まなくてはなりません。

この「コツプレミアムCBP」は、1日たった一粒で、牛乳40リットル分のCBPを補給できる、
まさに"プレミアム"なサプリメント。もろさが気になる中高年の女性の方に、特におすすめです。

今月は、この「コツプレミアムCBP」を5名様にプレゼント致します。

プレゼントご希望の方は、お葉書またはメールをお送りください。
葉書の宛先は、〒105-8002 文化放送
「DHCプレゼンツ 神保美喜のティーラウンジ」の係まで。
メールの方は、番組HP(ホームページ)からどうぞ。

カテゴリ:ビューティー・ラボ&おススメ商品 2014.01.11

1月4日のビューティー・ラボ & 神保美喜のひとこと

美容、健康に役立つ情報をお届けする『ビューティ・ラボ』。
今週は、「きちんと冷え対策しましょう」です。

女性の多くが悩まされるのが「冷え」。
一般的に、男性に比べて筋肉の少ない女性は、熱を生み出しにく
く、冷えやすいと言われています。

「冷え」は単に「寒い」と言うだけでなく、頭痛や肩こり、免疫
力の低下、肌荒れの原因にもなりますし、冷えによる血行不良は、
肌の「くすみ」にも繋がりますから、きちんとケアする事が大切
です。

一刻も早く体を温めたい時は、入浴、そうお風呂が一番です。
お湯には、湯冷めを防いだり、温もり(ぬくもり)を長続きさせる入浴剤を
使うのも効果的です。
又、蕪(かぶ)、かぼちゃ、生姜、韮(にら)、にんにく、味噌など、食事は体を
温めやすい材料を使いましょう。

「冷え」は、万病の元。
いつものことだからと我慢しないで、冷え対策を大切に。
=============================
私も、「冷え」には気を付けています。
毎日の「冷え」対策、工夫しましょうね。

神保美喜

カテゴリ:ビューティー・ラボ&おススメ商品 2014.01.04

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
バックナンバー
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年