くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

作曲家・林哲司さん

2019年10月17日(木)極シアター


10時台の『極シアター』に、作曲家・林哲司さんをお迎えします。


1972年チリ音楽祭をきっかけに、翌'73年シンガー・ソングライターとしてデビュー。
以後作曲家としての活動を中心に作品を発表。
洋楽的なポップス・センスをベースにしたメロディーやサウンドは、
いち早く海外で高い評価を得て、UKポップ・ロックグループ、ジグソーに提供した
「If I Have To Go Away」が全米チャート、UKチャートをはじめ欧米でヒット。
その後舞台を日本に移し、'80年代の音楽シーンに数々のヒット曲を送り込む。
竹内まりや「セプテンバー」、上田正樹「悲しい色やね」、杏里「悲しみがとまらない」、
杉山清貴&オメガトライブ「ふたりの夏物語」など全シングル、
稲垣潤一「思い出のビーチクラブ」など、1500曲余りの発表作品は、
今日のJ-POPの指向となりました。
また、映画「ハチ公物語」「遠き落日」「釣りバカ日誌13」やTVドラマ「人生は上々だ」
「ブランド」などの映画音楽、Jリーグ・清水エスパルス公式応援歌、国民体育大会
「NEW!! わかふじ国体」など、テーマ音楽、イベント音楽の分野においても
多数の作品を提供されています。
近年はクラシック作品や邦楽曲などに取組み、その作曲活動も多岐にわたっています。


今回は、作曲家45周年記念の林哲司さんの名曲をお届けします。




【タイムテーブル】

10:00頃 極シアター 第一幕
10:17頃 極シアター 第二幕


11時台の『極シアター』には、元オリンピック体操女子日本代表の
中村多仁子さんをお迎えします。


東海大学名誉教授。
東京オリンピック体操女子団体銅メダリスト。
1943年3月23日、新潟生まれ。女子体操選手として数々の大会に出場。
プラハ世界選手権大会団体3位、東京オリンピック団体3位、
ドルトムント世界選手権大会団体3位、段違い平行棒3位、メキシコオリンピック
団体4位。
競技生活終了後、東海大学で後進の指導にあたり、日本を代表する多くの選手を
育てるとともに、就学前の幼稚園児の身体の動きの指導やシニアに向けた健康指導を
行われています。
日本文化にも心を動かされ、1990年から地唄舞にとりくみ、劇場公演や学会の
シンポジスト活動を行いながら、「西洋的身体から東洋的身体へ」のテーマを
模索していらっしゃいます。
今回は、9月に発売された新刊『東京五輪体操メダリストが考えた! 10歳若い動きになる
シルキー体操』からお話伺います。


11:23頃 極シアター 第三幕

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!