くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

2020年1月 記事一覧

【五つの極】ラインナップは・・・

12時08分過ぎからお送りする「五つの極」
日替わりでお届けするラインナップは・・・


1月20日(月)『本屋さんへ行こう』...15日に発表された芥川賞・直木賞の作品と受賞者について、久々登場の初代ブック・コンシェルジュ田口久美子さんが独特の田口節で解説して頂きます。
1月21日(火)『スポーツ情熱列島』...「相撲雑誌「TSUNA」の竹内一馬編集長を迎え、大相撲初場所のここまでを総括して頂きます。
1月22日(水)『洋楽ジャパンX』...ディスクジョッキー・萩原健太さんのスペシャルな選曲でお送りします。
1月23日(木)『くにまるレポーターズ』...落語家・春風亭昇也さんの爆笑レポートをお届します。今回のお題は「落語家の一風変わったお葬式」でお送りします。
1月24日(金)『くにまるジャパン探訪』...数々の歴史的な記者会見を開いてきた外国特派員協会を訪れます。

『大森』(後編)

『くにまるジャパン探訪』では先週に引き続き、邦丸さんと舘谷春香アナが、
『大森』を訪ねた模様をお送りしました。


今回の目的地は、去年の9月にオープンしたカフェ『昔日の客』。
(※お店について、詳しくは先週放送分をご覧ください)


引き続き、現在の店主である関口直人さんに、お父様との思い出や、
古書店をカフェに衣替えするすることになった経緯などを伺いました。


44hal_20191227_9B_02811_Sony.jpg


こちらはカフェではありますが、ビールやワインなどのアルコール類も
楽しめます。


44hal_20191227_9B_02800_Sony.jpg
44hal_20191227_9B_02809_Sony.jpg


このあたりで『昔日の客』を後にした一行は、関口直人さんにご案内いただき、
近くにある古書店とバーが一緒になったお店『あんず文庫』へ!


44hal_20191227_9B_02887_Sony.jpg
44hal_20191227_9B_02914_Sony.jpg
44hal_20191227_9B_02931_Sony.jpg


せっかくの機会ですので、こちらで"修行"させていただくことに!


44hal_20191227_9B_02937_Sony.jpg


たくさんの本に囲まれながら、楽しい時間を過ごさせていただきました。


44hal_20191227_9B_02952_Sony.jpg


次回は、『外国特派員協会』にお邪魔する予定です。
お楽しみに!




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

お笑い芸人・ヒロシさん

2020年1月17日(金) 極シアター

IMG_2286.jpg

 きょうの『極シアター』は、芸人兼ソロキャンプYouTuberのヒロシさんさんをお迎えしました。

 きょうは、昨年秋に刊行された『ひとりで生きていく』から「人間関系」と「お金」にまつわるヒロシ流哲学や、購入した山林「ヒロシ山」の現状について、そして、ヒロシ流ソロキャンプの楽しみ方などについて伺いました。

 

★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

 

ヒロシ著『ひとりで生きていく』廣済堂出版から税込み価格1,430円で発売中!

 

ヒロシofficial website

ヒロシちゃんねる

ヒロシ(@hiroshidesu0214) - Twitter

 

■ヒロシさんのプロフィール

 1972年1月、熊本県のご出身です。
 大学をご卒業後、福岡で「ベイビーズ」というコンビでボケを担当され、当時はキレ芸をやっていたそうです。上京後は解散され、29歳から31歳まで食いつなぐ為、歌舞伎町でホストの職に就かれます。
 しかし、夢を諦めることが出来ずネタは書いたりしているうちに「ヒロシ」が誕生し、やがてメディアにも広がり、2004年頃に大ブレイクされました。
 現在は、芸人としてお笑い活動のほか、俳優、ラジオパーソナリテ、執筆活動など幅広い分野で活躍されています。
 また、趣味のソロキャンプ動画を自身で撮影・編集したユーチューブ番組「ヒロシちゃんねる」を開設され、登録者が60万人に迫る勢いで、根強いファンも多く、"ソロキャンプのカリスマ"と言われているとか、いないとか......。
『2019年テントサウナあたため選手権』では日本優勝を果たした、ヒロシさんです。

 

★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

『ペルー発祥のお酒「ピスコ」の人気が上昇中!』(後編)

このコーナーをradiko.jpタイムフリーで聴く

※放送終了後1週間しかお聴きになれません。

※詳しくはコチラをご覧ください。

2020年1月17日(金) デイリー「ホッと」トピックス
『ペルー発祥のお酒「ピスコ」の人気が上昇中!』(後編)


デイリー20200117.jpg


昨日に引き続き、ここ最近人気が高まっているというお酒
「ピスコ」ついてお伝えしました。


あらためまして、「ピスコ」というのはペルーの南部にあるピスコ地方発祥の
ブドウの蒸留酒のことで、色は無色透明で、アルコール度数は40度前後。
樽熟成をしないため、ぶどう品種の違いを顕著に楽しむことが出来るのが
特徴で、さわやかな風味と優しい口当たりのピスコサワーやカクテルとして
楽しむ人が多いとのこと。


欧米などと比べて日本では認知度が低かったが、おととしの春、一般社団法人
「日本ピスコ協会」が設立され、去年の春頃からピスコを広めるための活動を
本格化させたところ、ようやく日本でも人気が高まってきたそうです。


そんな「ピスコ」を楽しめるお店のひとつが、渋谷区・神宮前にある
ペルー料理店「ベポカ」。


こちらのお店では、現地出身の腕利きのシェフが手がける伝統的な
ペルー料理と一緒に、「ピスコサワー」を楽しむ方が多いのだとか。
アルコール度数は高めにも関わらず、口当たりが優しく飲みやすいため、
一度飲むとファンになる人が多いとのこと。


ちなみに、こちらのお店では、常に60種類ほどのピスコをそろえているため、
それぞれの好みに合わせた飲み方で、ストレートのほかピスコサワーや
さまざまなピスコベースのカクテルを楽しめるそうです。


また、2月の第1土曜日がピスコサワーの日(今年は2月1日)ということで、
当日はハーフサイズのピスコサワーがお店から振る舞われるのだとか!


こちらのペルー料理店「ベポカ」は、JR「原宿駅」、東京メトロ千代田線
「明治神宮前駅」、東京メトロ銀座線「外苑前駅」から、それぞれ歩いて
10分ほどの場所にあります。
営業時間など、詳しくはお店のホームページをご覧ください。

今シーズン最後のご紹介!『特大ボイル本タラバガニ脚』

今日は『特大ボイル本タラバガニ脚』をご紹介しました。
5L~6Lサイズのタラバガニの脚だから、太くてずっしり重い!
脚1本だけでも大満足の大きさです。更に、北海道のメーカーが身入りもしっかりチェック!
身がギッシリ詰まっていて、「中身がスカスカでガッカリ」ということもありません。
200117特大ボイル本タラバガニ脚.jpg
獲ってすぐ新鮮なうちに『船の上』で塩茹でし、急速冷凍しているから鮮度が違います。
身がギッシリ詰まっていて、ほんのり塩味なので何もつけなくてもおいしい!
自然解凍して、ぜひそのままお召し上がりください。


5L~6Lサイズの脚だけを詰合せて、約1.2キロでお届けします。
もっと食べたいという方は、2セット以上のご注文からは全国送料無料になります!
焼きガニやバター焼き。鍋に入れればダシも出て、シメの雑炊まで満喫できます。
プリップリのタラバを口一杯頬張ってください!
詳しくは文化放送ショッピングをご覧ください。

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!