くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

2018年12月 記事一覧

味もボリュームも満足!『《祇おん江口》三段重おせち「葵」』

今日は『《祇おん江口》三段重おせち「葵」』をご紹介しました。
《祇おん江口》は、名店『京都吉兆』で修業を積んだ江口貴博大将が祇園で開業した京料理店。
今回のおせちは、その江口大将監修でこだわりがいっぱい!
まず目を引くのは、真っ赤なイセエビ。お正月にふさわしく、豪華さが違う!
マダガスカル産のイセエビで、お雑煮やお吸物にすればお祝いの席にピッタリですよ。
おせちに欠かせない数の子や田作りをはじめ、黒豆は国産の大粒で程良い甘さ。
『きんとん』は贅沢に徳島県産鳴門芋を使用!この他、合鴨スモーク、鰊の昆布巻、
柚子が香る『鰆の柚庵焼』、噴火湾産小粒帆立の松前漬、牛タン入りボロニアソーセージに
焼き海老、「寿」の文字が入った高野豆腐などなど、
ここでは言い尽くせないほど和洋バラエティ豊かな全41品!
男性も女性もお子さんも喜ぶ料理が、3段の重箱にぎっしり詰まっています。
181212おせち「葵」.jpg
重箱の大きさも魅力!約19.5センチ角の重箱3段にきれいに盛り付けて、
冷凍便でお届け。あとはお正月の前に解凍するだけ!
自宅で一つ一つ作ったら時間も手間もかかりますが、今日のおせちなら《祇おん江口》ならではの
おもてなしの心で仕上げてあって、どれも納得のおいしさ。食卓も華やかに!
この味付けや盛り付けの美しさは家庭では出せませんよ!
料理の説明やお正月の豆知識、イセエビの食べ方案内に、祝い箸も3膳付きます。
全41品、約3人前でお届け。全国送料無料!ご注文は明後日・金曜夜6時まで。
お届けは、29日(土)または30日(日)で承ります。
詳しくは文化放送ショッピングをご覧ください。

手相芸人・島田秀平さん

2018年12月25日(火) 極シアター


10時、11時台の『極シアター』には、手相芸人の島田秀平さんをお迎えします!
1977年、長野県のお生まれ。
芸人活動の傍ら2002年に知り合った「原宿の母」に占いの才能を見いだされ
修行を重ねられて2008年には「代々木の甥」を襲名。
芸人さんならではのユーモアあふれる「島田流手相術」を完成させます。
また「エロ線」「ギャンブル線」「不思議ちゃん線」など、
誰でもわかりやすいネーミングが話題となり大人気に。
これまでに多くの人を鑑定し、現在も手相の研究を重ねていらっしゃいます。
また、手相のほかパワースポットや都市伝説、開運法などにも詳しいことでも知られています。
今回も、当番組、そして出演者陣の2019年について伺います。




【タイムテーブル】

10:05頃 極シアター 第一幕
10:35頃 極シアター 第二幕
11:20頃 極シアター 第三幕

清水直行さん

k20181211m.jpg
1975年、京都府出身。99年にドラフト2位で千葉ロッテに入団。
先発に転向した2002年に14勝を挙げると、
そこから5年連続の二桁勝利をマークし、エースとして活躍。
2005年には31年ぶりの日本一にも貢献。
その後横浜ベイスターズに移籍するも、左ひざを痛め、怪我が原因で引退。
通算成績は105勝100敗、防御率4.16。
現役引退後はニュージーランドに渡られ、野球連盟ゼネラルマネージャー補佐、
ニュージーランド代表統括コーチを務め帰国。
今年は千葉ロッテーマリーンズの1軍投手コーチとして日本での指導者生活をスタート。


今日は、今年のシーズンの振り返り、そして投手コーチとしての1年間の感想、
来シーズンへの意気込みなどを伺いました。
清水直行さんは来シーズンは2軍の投手コーチをお務めになるそうです。


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


毎年人気!『理由ありボイルタラバガニ足』

今日は『理由ありボイルタラバガニ足』をご紹介しました。
大きなタラバガニの足だから、太くてずっしり重い!これが食卓にあったら、とっても豪華。
メーカーが身入りをしっかりチェックしているので、「スカスカでガッカリ」
という心配もありません。1本1本が太くて豪快にかぶりつきたくなる!
ご家族はもちろん、お友達との食事会などで出したら喜ばれますよ。
ラバガニの価格が高騰している中、これだけ大きいとお値段がグンと跳ね上がりますが、
『無選別』だからお買得!グラム調整のため、足を1本減らしたり追加したりしますが、
見た目より味という方にぜひおすすめ。食べる時は切ってしまうので、
ご家庭で召し上がるには十分ですよ!
181211理由ありタラバガニ足.jpg
ロシア産で鮮度もいい!獲ってすぐ、新鮮なうちに船の上で塩茹で・急速冷凍しているから、
旨みたっぷり。ほんのり塩味もちょうどいい!解凍するだけで食べられるので、
食事の支度もラクラク。そのまま食べるのはもちろん、焼きガニや、
殻ごと鍋に入れればダシも出て、シメの雑炊まで満喫できます。
太くて身がギッシリ、プリップリのタラバガニをご家族で味わってください!
ジューシーなタラバのおいしさが口の中に広がりますよ。
お届けは1キロ!更にお得な2キロセットもご用意しました。
しかも、関東地区の送料は無料!年末年始、ご家族や親せきとたっぷり召し上がってください。
詳しくは文化放送ショッピングをご覧ください。

『新宿2丁目に足湯カフェがオープン!』

このコーナーをradiko.jpタイムフリーで聴く

※放送終了後1週間しかお聴きになれません。

※詳しくはコチラをご覧ください。

2018年12月11日(火) デイリー「ホッと」トピックス
『新宿2丁目に足湯カフェがオープン!』


k20181211k.jpg


その名も「どん浴」と名付けられたこちらの足湯カフェ。
ちなみに、店名にはお互いのことを貪欲(どんよく)に聞けるように、
との願いが込められているのだとか。


運営するのは、飲食店を営む長村(ながむら)さと子さん(35)と、
その飲食店で知り合った友人である大路(おおじ)香里さん(33)、
泉けいさん(31)の3名。3人ともLGBTの当事者。


お店を開こうと思ったのは、居場所の重要性を体感してきたから。
大路さんは中学時代、自分のセクシュアリティーに違和感を覚え始め、
大学時代に男性と交際したが恋愛感情を抱けずに続かなかった。
そんななか、胸の内を語れる仲間を求めて東北から上京。その後、同じ境遇の
人たちが集まる会に参加して、居場所の重要性を確信したという。


開店の資金集めにはインターネットで寄付を募るクラウドファンディングを活用。
およそ2カ月で全国124人から171万円が集まった。


マンションの一室を改装し、足湯とハンモックを設置。足湯の上部にテーブルを
付け、湯に浸かりながら飲食もできる。湯はろ過装置で消毒、殺菌するなど
衛生面にも配慮。脱ぎにくいタイツなどでもぬらさず足湯に入れるように、
上から履くビニールソックス(100円)も用意しているのだとか。


足湯の利用は790円(60分、ソフトドリンク飲み放題)。
営業時間は午後2時~よる11時まで。水、木、金曜は午前11時半から
ランチ営業も行い、ローストビーフ丼などを提供。夜はバーに変わり、
お酒を飲みながら足湯につかることもできる。火曜定休。
今後は、トークショーやDJイベントなども行う予定とのこと。


ちなみに、昼から営業しているのは、一人で悩む学生さんなども来やすいように、
との思いからなのだとか。


詳しくは「足湯カフェ&バー どん浴」のホームページをご覧ください。

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!