くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

2017年3月 記事一覧

タケ小山さん&斉藤一美アナウンサー

2017年3月31日(金) 極シアター

来週から始まる文化放送の新番組をご紹介しました!


170331金_タケ小山trim.jpg
 平日の朝と夕方が変わります!
 4月3日(月)スタート、朝のワイド番組『The News Masters TOKYO』
 毎週月曜日~金曜日 午前7時~9時までの生放送です。
 パーソナリティは、タケ小山(小山武明)さんと小尾渚沙アナウンサー。
 詳しくは、こちら↓をご覧ください。
http://www.joqr.co.jp/topics/20170321the_news_masters_tokyo.php
 さらに!新ワイド・スタートに先立ち、明日(4月1日・土)の夜7時から「タケ小山 TOKYOクロニクル 1964‐2020」が放送されます。
 この番組を聞けば、タケ小山さんの人となりが、すべて明らかになります。


DSCN6025.JPG
 そして夕方午後3時30分からは、『ニュースワイドSAKIDORI!』
 今、国内外で何が起きているのかをビビッドに伝える報道ワイド番組です。「何が起きているか」は、SNSなどでも伝えられますが、プロの記者たちによる、現場レポートやスタジオ解説などによって、その背景や「この先」について紐解いていきます。
 特に、国会で審議されている森友問題や今後質疑が始まる共謀罪法案、あるいは北朝鮮の動向やトランプ政権の現状などは、「今」だけでなく「この先どうなるのか」も重要。「サキドリ」というタイトルにもあるように、展望を先取っていきます。
 バックを固める【自慢のコメンテーター陣】も、「専門分野しか語れない」という有識者ではなく、専門分野や得意なジャンルを持ちながらも、聴取者や制作スタッフと一緒になって今起きていることに突っ込んでいってくれる方々を厳選しました。
 パーソナリティは、斉藤一美アナウンサー。熱い語りをぜひお聴き下さい。


さらに!
 今シーズンも平日の夜は『文化放送ライオンズナイター』でお楽しみください。
 文化放送では、パ・リーグの熱戦を個性豊かな解説者・実況アナウンサーが、熱く詳しくお伝えします。
『文化放送ライオンズナイター』は、4月4日(火)スタート、毎週火曜から金曜 午後5時50分からです。
 土曜の夜は『文化放送ホームランナイター』
 巨人・ヤクルト・DeNAの在京セ・リーグ球団の試合を中心に、セ・リーグのペナントレースの熱戦をお伝えします。オフの補強に120パーセントの本気度を感じる巨人、Bクラスからの捲土重来を期すヤクルト、覚醒した筒香選手を擁するDeNA。そして去年「神ってる」強さを見せた覇者・広島の今シーズンは...?
 野球を知り尽くした豪華解説陣の話術と熱い実況、さらに「ワイドFM91.6」のクリアな音声で野球漬けの週末をお楽しみいただけます。
『文化放送ホームランナイター』は、4月8日(土)からスタート 毎週土曜・午後5時57分からです。
 なお、ナイター中継の初回は4月22日・ヤクルト対広島戦になります。


 今年10年目に突入する『ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNewsCLUB』がこの春、土曜日の午後、2時間の生放送にリニューアルします。
 2008年11月にスタートした『ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNewsCLUB』は、それまでバラエティの世界でのみ活躍していた田村淳さんが初めて挑んだ社会情報系番組。
これまで、政治家や専門家をゲストに迎え、難しいニュースや話題にも、ストレートに迫り、この10年で田村淳さんが対峙したゲストは、安倍晋三首相にはじまり、安倍昭恵夫人、田原総一朗さん、堀江貴文さん、民進党・蓮舫代表など様々。その時代を飾る面々と向き合うことで、番組も淳さんも共に成長しました。
 今回のリニューアルでは、これまで同様にゲストコーナーを中心に据えつつも、1週間のニュースについて語りつくすコーナーをはじめ、少しくだけた企画コーナーや、リスナーとのコミュニケーションを図るコーナーもプラスされます。
『ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNewsCLUB』は、4月8日(土)からリニューアルスタート、毎週土曜 午後1時~。


 日曜 午前11時からは、『A&Gリクエストアワー 阿澄佳奈のキミまち!』
「アニラジ界」を牽引する文化放送が、今回スタートさせるアニメ&ゲーム番組は、声優で歌手の阿澄佳奈さんをパーソナリティーに、アニソン・ゲームソング・声優アーティストの楽曲をテーマにした、2時間リクエスト生ワイド番組は、4月9日(日)スタートです。


 日曜 午後1時からは『ミスDJリクエストパレード~8116サンデーアップ!』
お楽しみください。
「ミスDJリクエストパレード」は、1981年10月にスタートして3年半の放送にもかかわらず、日替わりで女子大生がディスクジョキーを務めるという当時では珍しいスタイルの音楽プログラムは、瞬く間に世間に"女子大生ブーム"を巻き起こし、ラジオ界に残る伝説の番組となりました。
 ディスクジョッキーは千倉真理さん。30年前、普通の大学生として受けた「第1回ミスDJコンテスト」で優勝し、番組スタートからDJを勤めた、まさに生え抜きの「ミスDJ」。当時19歳だった彼女が、今は50代。声のトーン、喋りのテンポ、そして素敵な曲を"届けたい"という気持ちは驚くほど変わりなく、なおかつ数々の人生経験を経て、人としての深みを増した"今"を感じさせるディスクジョッキーを、音楽とともにお楽しみください。
*4月9日(日)スタート、毎週日曜 午後1時からです。


 日曜の夕方は、日本一の適当男・高田純次さんと、マンガ家の浦沢直樹さんによる新番組『純次と直樹』でお楽しみください。
 今年1月21日に古希、70歳を迎えた適当男・高田純次さん。その適当ぶりは健在どころか、むしろ磨きがかかっています。大和ネクスト銀行が50代男性を対象に実施したアンケートでは、「お手本にしたいシニア有名人」の第3位にランクインするなど、「適当だけどダンディでかっこいい」人柄が多くの人に愛されています。
 そして、現在57歳の漫画家・浦沢直樹(うらさわなおき)さんは『MASTERキートン』、『MONSTER』、『20世紀少年』などの大ヒット作品を生み続けている、日本を代表するクリエイターのひとりです。
 活躍のフィールドが異なる2人の出会いは今年1月。浦沢作品の愛読者である高田純次さんの誕生日を祝うため、浦沢さんが番組にゲストとして招かれたのが最初でした。浦沢さんがサプライズで似顔絵をプレゼントするなど、初対面とは思えない息の合ったトークが展開されました。
 新番組『純次と直樹』は、トップランナー2人による「適当」で「オトナ」で、日曜夕方にゆったり、でも聴きごたえのある対談番組です。仕事にも、趣味にも、こだわりを持った「かっこいいオトナ」2人が、仕事や音楽、映画など、お互いの近況や趣味の話を自由気ままにトークします。
*4月9日(日)スタート、毎週日曜 午後5時からです。


文化放送の4月からの新番組にご期待ください!


プレゼント付!《博多・福さ屋》の『無着色・大ぶり辛子明太子の切れ子』

今日は、ご飯にもお酒にもピッタリの明太子!
《博多・福さ屋》の『無着色・大ぶり辛子明太子の切れ子』をご紹介しました。
まず、大きさ!九州・福岡の有名メーカー《福さ屋》で
一番大きいLサイズだけを詰め合わせているから、食べ応えがあって豪華!
しかも、どこが切れているのかわからないほど、ほぼ姿のままの『上切れ子』。
おいしさの秘訣は、《福さ屋》ならではの魚醤と契約農家の完熟唐辛子を使った
特製調味液。店頭ではあまり見かけない無着色で、ギフト用と同じ味付けです。
丁寧に時間をかけて漬け込んでいるから、キレのある辛味と、旨味の余韻まで
味わえるんです!皮が薄くて粒が大きく、プチプチッとした食感もたまりません。
170331邦丸さん.JPG

分量は、400gが2パックで800g。大きな明太子が10本~14本!更に今回、
《福さ屋》からのプレゼントで200g増量して、合計1キロをお届け。
プレゼント付きは、明日・土曜夕方5時半のご注文までです。
詳しくは文化放送ショッピングをご覧ください。


鰆の沢煮

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場


■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


 2017年3月のテーマは、「1/15で作る春のうすくちレシピ」です。
 温かいそばの汁が出汁に対して、1/15の淡口醤油を使います。この比率で、春にぴったりのレシピをご紹介します。


 3月31日のお料理は・・・、『鰆の沢煮』
44hal_20170216_010222.jpg
では、〈鰆の沢煮〉の作り方です。 ※2人分
■用意するもの
・鰆     30グラム×4切れ
・筍     30グラム
・人参    15グラム
・牛蒡    30グラム
・胡椒    少々
・セロリ   30グラム
・三つ葉    4本
・長葱    10グラム
・水    300cc
・淡口醤油  20cc
・味醂    10cc
・出汁昆布   5センチ×5センチ
44hal_20170216_010247.jpg
■作り方
1)鰆に塩をして20分置き、熱湯で霜降りして冷水に取り水気を拭いておく。
2)筍、人参、牛蒡を4センチの長さに切ってから千切りにし、さっと茹でておく。(※大きめのマッチ棒くらいの大きさ。)
3)セロリ、長葱も千切りにしておく。
4)三つ葉は4センチの長さに切る。
5)鍋に水300cc、淡口醤油20cc、味醂10cc、出汁昆布と鰆を入れ火にかける。
6)ひと煮立ちしたら、鰆を取りだし、弱火で筍、人参、牛蒡を入れ2分煮て、鰆を戻す。
7)セロリ、三つ葉、葱を入れ、もうひと煮立ちしたら器に盛り、胡椒を振り仕上げる。(※残った昆布は食べてもOK)


44hal_20170216_010246.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
甘いのは、野菜の甘さです。
煮すぎないのが大事です。




44hal_20170216_010245.jpg■お味見くにまる
具だくさんですねー。
出汁が甘い!
魚がふわふわ。
ご飯進みそうですね。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
出汁(※水の場合も)に対し、1/15の淡口醤油で、いろんなバリエーションの料理を作ることができます。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
44hal_20170216_010244.jpg<宛て先>
〒105−8002
文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。
来週もお楽しみに。


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★

『上野』

今週の『くにまるジャパン探訪』では、邦丸さんと加納有沙さんが、
『上野』を訪ねた模様をお送りしました。


まずは、東京を代表するお花見スポットのひとつ「上野公園」へ。
取材当日は、まだまだ一分咲きにも満たないような状況でしたが、
早くもお花見を楽しまれている方が、たくさんいらっしゃいました。


44hal_20170331_010928.jpg
44hal_20170331_010954.jpg


続いて、ジャパン探訪一行は不忍池のほとりへと移動。
「台東区立下町風俗資料館」にお邪魔しました。


44hal_20170331_010953.jpg
44hal_20170331_010929.jpg


研究員の本田さんにご案内いただき館内へと入っていくと、昔ながらの
おもちゃがたくさん並ぶコーナーを発見。童心に返り、遊んでみました。


44hal_20170331_010932.jpg
44hal_20170331_010933.jpg


その他にも、浅草オペラの大スター・田谷力三さんが実際に使用していた
衣装や当時の舞台写真、更には戦時中に関する品もいろいろと展示されて
いました。


44hal_20170331_010934.jpg
44hal_20170331_010938.jpg


続いては、ドラマに出てくるような「お茶の間」や「銭湯の入口」など、
懐かしい下町風景を体験することに。


こちらでは、実際に使われていた銭湯の番台をはじめ、当時の体重計や
トースターなどに、直接ふれることができます。


44hal_20170331_010942.jpg
44hal_20170331_010943.jpg
44hal_20170331_010944.jpg
44hal_20170331_010945.jpg
44hal_20170331_010940.jpg


次回は、この続きからお届けします。
お楽しみに!



★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


「東スポ」の若きエース・種井一司記者が登場!

『くにまるレポーターズ』には「東京スポーツ」の種井一司記者が登場!


レポーターズ170330.jpg


今回は、一連の「森友学園・籠池氏」の問題をはじめ、「小池都知事」
「金正男氏殺害事件」などについてお話しいただきました。


★種井記者渾身の競馬予想!
 この番組では「種井の裏を張れ」でおなじみの種井記者の競馬予想。
 今週末に行われるGⅠ「大阪杯」の本命として「ミッキーロケット」を
 挙げていました。種井記者に乗るか、それともこれまでのセオリー通り、
 裏を張るのかは皆さんの判断にお任せします。



★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!