くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

2020年4月 記事一覧

元プロ野球審判員・山崎夏生さん

2020年5月11日(月)極シアター


10時台、11時台の『極シアター』には、元プロ野球審判員・山崎夏生さんをお迎えします。


山崎夏生さんは、新潟県生まれの64歳。
北海道大学文学部国文科卒業し日刊スポーツ新聞社に入社。
しかし、野球現場への夢を諦めきれずに退社され、
1982年にパシフィック野球連盟と審判員の契約を結ばれました。
1988年、一軍戦で初の球審に担い、翌年には、一軍戦の
レギュラーメンバーに昇格。
2010年に現役を引退するまで、一軍の公式戦1451試合に出場。
審判指導員を経て、現在は、「審判応援団長」として、
審判の権威向上と野球発展のために講演や執筆活動を行っていらっしゃいます。


今回は、5月13日発売予定の最新刊「全球入魂! プロ野球審判の真実」についてお聞きします。

「東スポ」の中堅エース・種井一司記者が登場!

今週の『くにまるレポーターズ』には、
「東京スポーツ」の種井一司記者が登場!


P1010795.JPG


新型コロナウイルス関連の政治、芸能ニュースなど
今回も「東スポ的」話題を幅広くお話いただきました!


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

脚本家・中園ミホさん

2020年4月30日(木)極シアター


10時台、脚本家で占い師の中園ミホさん。


P1010791.JPG


今回は、新型コロナウイルスの影響による、TVドラマ業界が現状やヒット作の裏話。
砂山アナ、舘谷アナの今後についても占って頂きました!


《プロフィール》
東京都のお生まれ。
日本大学芸術学部卒業後、広告代理店勤務、コピーライターを経て、
14歳より師事していた今村宇太子氏のもと、占い師として活動を開始されます。
その後、1988年に脚本家としてデビュー。
『For You』『Age,35 恋しくて』『やまとなでしこ』『anego』などテレビドラマを中心に
数多くの作品を執筆しご活躍。
2007年に『ハケンの品格』が放送文化基金賞と橋田賞を、13年には『はつ恋』
『Doctor-X 外科医・大門未知子』で向田邦子賞と橋田賞を受賞。
2014年はNHK連続テレビ小説『花子とアン』なども執筆されています。


11時台は、コラムニストの河崎環さん。
「キャリア女性1000人に聞いたゴールデンウィークの過ごし方」という
テーマでお話しいただきました。


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

『ヨーグルトコーヒーが日本上陸!』

このコーナーをradiko.jpタイムフリーで聴く

※放送終了後1週間しかお聴きになれません。

※詳しくはコチラをご覧ください。

2020年4月30日(木) デイリー「ホッと」トピックス
『ヨーグルトコーヒーが日本上陸!』


デイリー20200430.JPG


今日と明日の2日間は、今年あたりブレイクするかもしれないという、
注目の飲み物『ヨーグルトコーヒー』についてお伝えします。


まずは、その『ヨーグルトコーヒー』とは、どのような飲み物なのか?
日本では、まだ数少ない『ヨーグルトコーヒー』を提供するお店、
東京・目黒にあるアジア料理店『49 Asian Kitchen + Bar』の
岡崎幸子さんに伺いました。


岡崎さんによりますと、ベトナムの首都・ハノイが発祥の地で、
2010年ごろから流行しはじめ、その後、若者に人気のコーヒー
チェーン店で提供されるようになり、人気に火が付いたのだとか。
簡単に言えば、コーヒーにヨーグルトと練乳を混ぜた飲み物で、
岡崎さんのお店では、去年の夏頃から提供を始めたそうです。


ベトナム発祥の飲み物ということで、こちらのお店ではまだ日本では
流通量の少ない"ベトナム産のコーヒー豆"を使うことにこだわって
いるのだとか。


ちなみに、ベトナム産のコーヒー豆というのは、渋みは控えめで、
苦みだけではなく、ほのかに香る甘さや上品な味わいが特徴と
なっているそうです。エスプレッソのような香りと苦みがお好き
なかたは、ミルクと砂糖なしのブラックで深煎りの味わいが
楽しめるとのこと。


また、岡崎さんに「どんな食べ物に合いますか?」と伺ったところ、
「パンや洋食などのほか、スパイシーなエスニック料理にもオススメ!」
とのことでした。


ただ、今は不要不急の外出を自粛しなければいけない時期なので、
なかなかお店には行けません。そこで、家でも『ヨーグルトコーヒー』を
楽しむことができるレシピを教えていただきましたので、その模様は
明日お届けします。お楽しみに!

4月29日 時代はテレワーク、音楽はテレフォン・ソング

今週のゲストは、萩原健太さん。
諸般の事情により、ご自宅からskypeでの出演となりました。
「このご時世、改めて電話の良さを見直してみるのもいいですね。
 固定電話しかなかった時代は、電話を小道具に使ったラヴソングが、
 本当にたくさんあったんです」
IMG_20200401_122528-thumb-480xauto-59240.jpg
(写真は前回ご出演時のものです)
*プレイリスト*
1)二人のホット・ライン/シルヴァーズ
The Sylvers / Hot Line
*70年代に活躍したシルヴァーズ家の兄弟姉妹グループ。
 10人きょうだいのうち最大9人が参加、この時は8人。
 76年~77年、全米5位の大ヒット。リリーズがカヴァー。
「彼女との間にホットラインを引くので誰も邪魔しないでね、
 CIAもよろしくね、みたいなくっだらない曲です!」(健太さん)
「昔、吉祥寺のディスコで、横田ベースの女の子たちが来たとき、
 この歌がかかると、みんなでラインダンスを踊ったんですよ。
 宝塚みたいに」(邦丸さん)
「邦丸さんも踊ったの?」(健太さん)
「そのころはまだ体が動いたので...(笑)」

2)テレフォン・ライン/エレクトリック・ライト・オーケストラ
ELO / Telephone Line
✳1977年、全米7位。ELOの代表作の一つ。
 オープニングはアメリカの実際の電話の音をムーグで再現。
「もうフラれちゃった彼女の声を聴きたくて電話をかけたけど、
 全然出てくれない...という未練の歌です」

3)恋のビーチウッド/ザ・マーヴェレッツ
The Marvelettes / Beechwood 4-5789
*モータウンのガールズ・グループ。62年に全米17位を記録。
 マーヴィン・ゲイが作者の一人。後にカーペンターズがカヴァー。
「私をダンスに連れてってくれるなら、ここに電話してね」という歌。
アメリカの電話機には番号にアルファベットが割り当てられている、
Beechwood 4-5789 といった場合は、最初の2文字、BとEに当てはまる番号をそこに入れるので、
この場合は234-5789になる、といった役に立つ豆知識も教えていただきました!

4)634―5789/ウィルソン・ピケット
Wilson Pickett / 634-5789 (Soulsville U.S.A.)
*1966年、全米13位、R&Bチャート1位のヒット。
 作者はエディ・フロイドとスティーヴ・クロッパー。
「寂しかったらここに電話してくれ...って、
 それにしても電話番号をそのまま歌にしちゃうのもすごいですよね。
 文野ちゃんは電話なんか使うことある?」
「ありますよ...でも着信履歴は親がほとんどですけど」
「ああ、年寄りは電話だよね、やっぱり」

★オープニング・ナンバー
タッチ・ミー/ドアーズ
「ラヴ・ソングがテーマということで」
「電話の歌が思い浮かばなくて、じゃあ、電話じゃなくてじかにタッチして、ということで選んでみました」
「邦丸さん、前にキャロル・ダグラスの「恋の診断書」をかけましたよね。あれも最初電話じゃないですか」
「よく覚えてますね! そう、あの歌、前にかけたような気がして...」



★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!