くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

2020年2月 記事一覧

お笑い芸人・バイきんぐの西村瑞樹さんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、お笑い芸人・バイきんぐの
西村瑞樹さんにお越しいただきました。


本屋20200217.JPG


西村瑞樹さんは1977年、広島県のお生まれ。
お笑いコンビ「バイきんぐ」にて、主にボケを担当されています。
1996年に小峠英ニさんとコンビを結成。
2012年にTBSテレビの「キングオブコント」で5代目チャンピオンに輝き、
一気にブレイクされました。
最近では趣味の一人キャンプが注目され、テレビ新広島で初の冠番組
「西村キャンプ場」がシーズン1、シーズン2を経て2019年10月から
レギュラー化。また、YOUTUBEにて『CAMP西村チャンネル』を開設、
好評配信中です。


今回は、西村瑞樹さん初のエッセイ集『ジグソーパズル』について
お話を伺いました。


☆西村瑞樹さん著書情報
『ジグソーパズル』
(ワニブックスより、税別1000円にて発売中)



★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

山田邦子さん

2020年2月17日(月)極シアター


☆☆☆スペシャルウィーク☆☆☆


本日の『極シアター』には、山田邦子さんをお迎えしました。


極シアター20200217.jpg


山田邦子さんは1960年、東京都のお生まれ。
1981年、テレビドラマ『野々村病院物語』でデビュー。
同時に『皆様右手をごらんくださいませ。一番高いのが中指でございます』の
バスガイドネタで人気を馳せます。また、同じ年に出したシングルレコード
『邦子のかわい子ぶりっ子』が大ヒットし、「ぶりっ子」という流行語まで
生みだされました。翌年には「上半期有線放送大賞」新人賞、
バラエティジャンルでは「放送演芸大賞」ホープ賞、「ゴールデンアロー賞」
芸能部門賞、「花王名人大賞」新人賞をそれぞれ受賞。


1980年年代には、バラエティ番組『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』を
はじめ、数多くの冠番組を持ち一世を風靡。
1989~1996年までNHK「好きなタレント」調査で連続1位を記録しました。
2000年には芸能生活20周年を記念して、初座長公演を上演。
現在は司会、ドラマ、執筆等でマルチにご活躍中です。


そんな山田邦子さんをお迎えし、今回は、所属事務所を移られた現在の
心境や、大ヒット番組『オレたちひょうきん族』の裏話、夏目雅子さん
など共演された役者さんたちとの思い出などを伺いました。
また、東日本大震災後のボランティア活動や、岩手県山田町を走ることが
決まった聖火ランナーへの思いなどについてもお話しいただきました。




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

人気No.1の食品!『《北海道 函館》本数の子・黄金松前漬』

今日は『《北海道 函館》本数の子・黄金松前漬』をご紹介しました。
箸で持ち上げたら折れそうなほど迫力のある大きな数の子!
ほぼ姿のままの『一本羽』がゴロゴロ入っているんです。
まさに数の子が主役の松前漬で、食卓に置くと本当にインパクトがありますよ!
松前漬に絡めた数の子も合わせるとナント約6割が数の子!数の子好きにはたまらないボリュームです。
口の中で噛んだ時の、コリコリッとした音が更においしさを引き立てます。
これが解凍するだけで食べられますよ!
IMG_0725.JPG
北海道産の風味豊かな昆布や、スルメを加えて
旨みたっぷり醤油ベースの特製調味ダレで漬け込んでいます。
大きな数の子にもしっかり味がしみていて食感もよく、磯の風味が口いっぱいに広がりますよ!
函館の一流水産メーカー《布目》が、味のしみこみと食感にこだわって
『黄金松前漬』に合う数の子を直接買い付けしているからこそのおいしさ!


500g入りのパックが2袋・合計1キロでお届けします。
2セット以上のまとめ買いなら、全国送料無料です!
地元北海道でも売れている人気の商品!
ご飯にもお酒にも合うので、ご家族皆さんで召し上がってください。
詳しくは文化放送ショッピングをご覧ください。

『群馬を「かるた県」にしよう!』

このコーナーをradiko.jpタイムフリーで聴く

※放送終了後1週間しかお聴きになれません。

※詳しくはコチラをご覧ください。

2020年2月17日(月) デイリー「ホッと」トピックス
『群馬を「かるた県」にしよう!』


デイリー20200217.jpg


日本全国いろいろな種類の「かるた」がありますが、そのなかでも有名な
「かるた」のひとつに、群馬県の「上毛かるた」があります。
群馬県民なら知らない人はいないとも言われる「上毛かるた」を、
もっと多くの人に親しんでもらおうと今、「群馬県を"かるた県に
しよう"という取り組みが密かに進行しているそうです。

あらためて「上毛かるた」というのは、1947年(昭和22年)に発行された
群馬を代表する郷土かるたで、群馬県の名所旧跡や群馬出身の偉人などが
札に描かれています。


そんな「上毛かるた」を、もっと全国的に盛り上げようと活動しているのが、
東京都内で上毛かるたの全国大会などを開催している、一般社団法人「KING
OF JMK」。「JMK」は、もちろん「上毛かるた」の略。
こちらの「KING OF JMK」では、これまで「上毛かるた」の全国大会を開催して
きたほか、スマホ向けゲーム「札(ふだ)ッシュ!! 上毛かるたGO!」などを
考案し、その魅力を発信してきました。


そんななか、「KING OF JMK」では先日、「JMK オンラインサロン~群馬県を
『かるた県』にする秘密の計画~」という、会員制交流型オンラインサロンを
開設。こちらのオンラインサロンは、フェイスブック上で会員同士が交流できる
非公開のコミュニティで、月額770円を払えば、どなたでも参加できます。


参加者のみなさんは、自らやりたいことを企画して提案してみたり、誰かが
持ち寄った企画に乗っかってみたりと、それぞれ「上毛かるた」を盛り上げる
ための活動を展開。また、定期的にオフ会なども開催し、会員同士の交流を
深めているのだとか。


ちなみに、現時点では、少子高齢化により「上毛かるた」を教えるお年寄りや、
遊ぶ子どもたちが減っていることから、「上毛かるたをいつでも見学・体験
できる場所を作ろう」といったアイデアなどが出ているそうです。


こちらの「JMK オンラインサロン~群馬県を『かるた県』にする秘密の計画~」
に興味を持たれたかたは、運営している一般社団法人「KING OF JMK」のホーム
ページをご覧ください。登録方法なども詳しく掲載されています。

【五つの極】ラインナップは・・・

12時08分過ぎからお送りする「五つの極」
日替わりでお届けするラインナップは・・・


2月17日(月)『本屋さんへ行こう』...笑いコンビ・バイきんぐ西村瑞樹さんが登場。「バイきんぐ」のじゃないほう芸人、西村さんの最初で最後の初エッセイです。 出版社は、こんな風に考えているそうです。はっきり言って、売れる期待は全然していません。ただ、キャンプだけではない、西村さんの"無駄な才能"を楽しんでいただけると幸いです! 有益な情報はほとんどないですが、読むとほんの少しだけ元気がでます。どんなトークになりますか、お楽しみに!
2月18日(火)『スポーツ情熱列島』...「満塁男」こと、野球解説者の駒田徳広さんをお迎えします。2016年から去年までの4シーズン、独立リーグ、高知ファイティングドッグスを、率いて戦ってきたお話し、そして各球団のキャンプ取材をしてきた報告をして頂きます。
2月19日(水)『洋楽ジャパンX』..."よっちゃん"こと、野村義男さんのスペシャルな選曲でお送りいたします。
2月20日(木)『くにまるレポーターズ』...落語家・桂三四郎の爆笑レポートをお送り致します。
2月21日(金)『くにまるジャパン探訪』...見どころを迎えた「せたがや梅まつり」を訪れた様子をお届けします。

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!