くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

2017年12月 記事一覧

モノマネの帝王・コロッケさん

2017年12月29日(金) 極シアター
DSCN3588.JPG
 きょうの『極シアター』には、ものまね四天王のお一人として、ものまね界を牽引するコロッケさんをお迎えしました。
★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


第一幕では、ものまねへの目覚めと俳優・滝川広志について、第二幕では、明治座・座長後年『新春初笑いエンターテイメントSHOWコロッケ特別公演』について、そして、第三幕ではモノマネ・笑いの原点について伺いました。


■コロッケさんの情報は・・・
『新春初笑いエンターテイメントSHOWコロッケ特別公演』(明治座特設サイト)
 http://www.meijiza.co.jp/lineup/2018/01/
映画『ゆずりは』公式サイト
 http://eiga-yuzuriha.jp/
株式会社ファインステージ|芸能プロダクション
 http://fine-stage.net/
「七コロび八起き」コロッケ揚げたてブログ
 https://ameblo.jp/croket-world
Instagram
 https://www.instagram.com/crocro5656/


<コロッケさんプロフィール>
1960年、熊本市のご出身です。
日本テレビの「お笑いスター誕生!!」でデビューされ、80年代にはフジテレビの「ものまね王座決定戦」に出演、「ものまね四天王」の1人としてものまねブームを牽引されています。
現在のものまねレパートリーは300種類以上となり、ロボットバージョンやヒップホップダンスとの融合、落語にものまねを取り入れた「ものまね楽語」、さらにはオペラやオーケストラとのコラボなどエンターテイナーとして常に新境地を開拓されていらっしゃいます。
東京の明治座をはじめとした全国での座長公演でも人気を博し、海外においてもアメリカ・ラスベガスを始め全米各地、中国、韓国、オーストラリアでの公演も大成功を収めていらっしゃいます。
また、永年にわたり、ものまねタレントとして芸術文化の振興に貢献したとの功績が認められ、2014年文化庁長官表彰を受賞。さらに2016年「ものまねタレントの代名詞的な存在になり唯一の特徴をデフォルメする独特のパフォーマンスはピカソの領域にまで達した」と日本芸能大賞を受賞をされました。
芸能活動の傍ら、東日本大震災等の災害支援活動を精力的に行い、2012年防衛大臣特別感謝状を授与されている"ものまねタレント"のコロッケさんです。

『気仙沼』(Part3)

今週の『くにまるジャパン探訪』では、前々回・前回に引き続き、
邦丸さんと加納有沙さんが『気仙沼』を訪ねた模様をお送りしました。


2日目の朝食を終えた後、一行は「休暇村 気仙沼大島」の新井さんに
ご案内いただき、気仙沼大島の絶景スポット「亀山」へ。


44hal_20171210_013238.jpg
44hal_20171210_013235.jpg


ここで新井さんとはお別れし、前日の晩にお世話になった、
おなじみ幸ちゃんの「大漁丸」を再訪。


44hal_20171210_013241.jpg


前の日は見ることができなかった2階部分を拝見しました。


44hal_20171210_013239.jpg


続いて、幸ちゃんに案内してもらい、牡蠣の加工場「国宮丸」に
お邪魔し、女将さんにお話を伺ったほか、見事なまでの熟練の仕事
ぶりを拝見しました。


44hal_20171210_013244.jpg
44hal_20171210_013249.jpg
44hal_20171210_013247.jpg
44hal_20171210_013248.jpg


このあたりで気仙沼大島を後にした一行は、再びフェリーで本土へ。


44hal_20171210_013250.jpg


続いて、これまで何度も電話でご出演いただきながら、なかなかお邪魔
する機会がなかった「気仙沼フェニックスバッティングセンター」へ!


44hal_20171210_013261.jpg


こちらは、震災で息子さん以外の家族全員を亡くした千葉清英さんが、
息子さんの笑顔のためにオープンさせた場所です。


千葉さんに震災時のお話や、オープンまでの険しい道のりなどを伺った後、
邦丸さんと加納さんが実際にバッティングにチャレンジすることに!


44hal_20171210_013257.jpg
44hal_20171210_013255.jpg


このあたりで、今回の気仙沼探訪を終えました。
次回は「熱海」にお邪魔する予定です。
お楽しみに!




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

簡単調理でおいしい『<北海道・函館>ヱビスのいかめし』

年内ラストの商品は、何度食べてもおいしい『いかめし』!
《北海道・函館》『ヱビスのいかめし』をご紹介しました。
イカは、漁獲量が年々減っている国内産のスルメイカを使用。ヱビスパック
独自の製法でふっくらボイルして特製ダレに漬け込んだ後、
『ゲソ』と『ご飯』を詰めてすぐパック詰め!作りたてのおいしさを閉じ込めています。
箸で押すだけで切れるほど柔らかく、イカにもご飯にもしっかり味が染みているから、
噛むほどにジュワーッと旨みが出てくるんです!
171229いかめし.JPG
味付けもいい!プリプリに茹でたスルメイカを、昆布やカツオ、椎茸の風味を
加えた甘辛のタレに漬け込みました。これに、北海道産のご飯と蒸したもち米、
イカのゲソを詰めて、味をじっくり染み込ませています。タレの染み方が絶妙で
おいしい!中骨は丁寧に取り除いてあるので、まるごと食べられますよ!
保存は常温でOK!食べる時は、真空パックのまま湯せんで温めるだけ!
柔らかくて食べやすいので、お子さんからご年配の方にも喜ばれます。
分量は、1尾約80gの『いかめし』が2尾1パックになって、合計8パックで16尾。
詳しくは文化放送ショッピングをご覧ください。
今年もご愛顧ありがとうございました。新年は1月4日から。よろしくお願いします。

『嗅覚をテーマにしたイベントを開催中!』(後編)

このコーナーをradiko.jpタイムフリーで聴く

※放送終了後1週間しかお聴きになれません。

※詳しくはコチラをご覧ください。

2017年12月29日(金) デイリー「ホッと」トピックス
『嗅覚をテーマにしたイベントを開催中!』(後編)


デイリー20171229.jpg


昨日に引き続き、現在、東京都江東区青海にある『日本科学未来館』で
開催中の企画展『匂わずにはいられない!~奥深き嗅覚の世界~』に
お邪魔した模様をお届けしました。


あらためまして、こちらの企画展では近年の研究によってわかってきた
成果の中から、鼻が「匂い物質」をいかに捉えるのかと、脳が匂いを
いかに感じ、感情にどう影響を与えるのかという2つの視点から奥深い
嗅覚の世界が紹介されています。


展示は5つのコーナーで構成されており、実際にさまざまな匂いをかぎ
ながら、匂いが鼻に捉えられ、感情や脳に影響を与える仕組みが紹介
され、嗅覚の不思議を体感することができます。


昨日は2つ目のコーナーまでお届けしましたので、今日は3つ目から。
こちらのテーマは、[レッスン2]「匂いは感情をゆさぶる」。
私たちがなんとなく感じている匂いが、脳や感情に働きかけることが、
近年わかってきたということで、こちらの展示では、その中から2つの
成果を紹介。


1つは「匂いと愛」。匂いを頼りに母マウスが赤ちゃんを運ぶなど、
赤ちゃんが発する匂いが、マウスの子育てでは重要な役割を果たすの
だとか。ヒトでも同じとは限りませんが、未就学児の父母を対象とした
アンケート調査によると、赤ちゃんの頭の匂いに愛着をもつ人が多い
ことがわかっているそうです。


もう1つは「悪臭を、かいでみよ!・・・そっとね」。
イソ吉草酸という匂い物質は、汗や靴下の悪臭に含まれており、
この匂い物質をかぐと、ストレスを示すα-アミラーゼという物質が
だ液にあらわれる。ところが、イソ吉草酸にバニラの匂い物質
「バニリン」を加えるとチョコレートのような心地よい匂いに変化し、
ストレスが軽減されることがわかったのだとか。


この他、鼻を休憩させるコーナー(自分の手首の匂いをかぐことで
鼻をリセットさせるなど)や、匂いを言葉で表現するというコーナー
なども用意されています。


こちらの企画展『匂わずにはいられない!~奥深き嗅覚の世界~』は、
日本科学未来館の3階「メディアラボ」にて、来年5月21日まで開催。 
開館時間は午前10時から夕方5時まで。毎週火曜日と年末年始は休館。
日本科学未来館へは、ゆりかもめ「船の科学館駅」または「テレコム
センター駅」から、歩いて5分ほど。


なお、イベントの詳細などにつきましては、『日本科学未来館』の
ホームページをご覧ください。

ごぼう炊きおこわ

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場
■毎週金よう日・あさ9:45〜9:50ごろ絶賛放送中!
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)
    野村邦丸アナ


★☆本編は、放送後一週間以内であればこちら(radikoタイムフリー)からお聴きいただけます♪☆★


 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。


 2017年12月のテーマは、「おこわ」です。
 淡口醤油と酒、それぞれ水の1/9を合わせてもち米を炊くことで、簡単においしいおこわが作れるレシピをご紹介します。


 12月29日のお料理は・・・、『ごぼう炊きおこわ』
44hal_20171129_013107.jpg
では、〈ごぼう炊きおこわ〉の作り方です。※2合
■用意するもの
・もち米        2合(300グラム)
・ごぼう       60グラム(1本の半分)
・白滝        50グラム(1/4パック)
・鶏ひき肉     100グラム
・三つ葉       10本
・胡椒         少々
<炊き汁>
・水        280cc
・淡口醤油      30cc(大さじ2)
・酒         30cc(大さじ2)
44hal_20171129_013125.jpg
■作り方
1)もち米は洗って15分水に浸け、15分ザルに上げて水気を切る。
2)縦半分のごぼうを4センチの斜め切りにして水でサッと洗う。
3)白滝は3センチの長さに切り、熱湯で1分茹で、その中に鶏ひき肉を入れ、サッと湯通ししてザルに取り、水気を切る。
4)水、淡口醤油、酒を合わせ炊き汁をつくる。
5)炊飯器に、もち米、ごぼう、白滝、鶏ひき肉を入れて炊き汁を注ぎ、普通炊きで炊く。
6)炊き上がりに、3センチの長さに切った三つ葉と胡椒を入れて蒸らし、器に盛る。


44hal_20171129_013127.jpg■野崎さんからのワンポイント・アドバイス
白滝が入っているのは、口離れが良くなるためです。
私のレシピは、どれも調味料の種類が少ないです。
淡口醤油1本で、たいていの料理はおいしく作れるんですから、使わない手はないんですよ。


44hal_20171129_013126.jpg■お味見くにまる
ごぼうは香りも良いです。
ごぼうのしゃきしゃき感がたまりませんね。
おこわがおもちみたいにならないように、白滝がほぐしてくれているんですね。


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?
淡口醤油があれば、いろいろなおこわを作ることができます。


だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。
淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。



◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆
『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、くにまるジャパンで野崎洋光さんがこれまで紹介してきた100点以上の淡口しょうゆのレシピを一冊にまとめた本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。
番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!
44hal_20171129_013124.jpg<宛て先>
〒105−8002
文化放送『くにまるジャパン・極』
ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。
コチラからもご応募できます。


来週もお楽しみに。

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!