くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

2012年11月 記事一覧

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場 鯖の雑煮

 

■毎週月曜日AM9:45~50 文化放送
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)・野村邦丸

「分とく山」の野崎洋光さんに、毎週、淡口醤油を使ったおいしい料理のレシピをご紹介いただくこのコーナー。11月は、「雑煮」をテーマにお送りします。

 

11月26日に紹介するメニューは?

 

野崎  今日は、「鯖の雑煮」の作り方をお教えします。

 うすくち121126_1.JPG

〈鯖の雑煮〉2人前

(用意するもの)

・水 300cc

・淡口醤油 15cc

・酒 15cc

・昆布 5センチ×5センチ

・焼き餅 2個

・鯖の切り身 50グラム×2

・シメジ 2分の1パック

・ワカメ 30グラム

・葱 5センチ×4本

 

〈手順〉

①鯖は両面に薄塩をして20分置き、熱湯で霜降りする。

冷水に取って、水気を拭く。

②シメジはひと房ずつ分ける。葱は5センチに切り、側面に4~5

 カ所包丁目を入れる。シメジと葱を霜降りする。

③鍋に鯖、シメジ、葱と水、淡口醤油、酒、昆布を入れて中火に

 かける。

④沸騰したら火を弱め、5センチに切ったワカメを入れ、

 1分煮る。直前に餅を入れて軽く煮る。

うすくち121126_2.JPG 

※なぜ淡口醤油が良いのか?

・一般的な醤油だと味が濃すぎて飽きてしまう。

 淡口醤油はすっきり味わいに仕上がる。

 

旬の素材の風味を生かす淡口醤油なら、創業、天正年間のヒガシマル

醤油がお勧めです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で10名様に

淡口醤油を使った料理本『淡口しょうゆ ほんのり、うれしい。』と

「国産大豆・小麦を使用したヒガシマル特選丸大豆うすくちしょうゆ500ml」

1本をセットでプレゼント中です。

メッセージをお書き添えの上、ぜひご応募下さい!

〒105-8002 文化放送『くにまるジャパン』ヒガシマルうすくち道場プレゼント係

https://fofa.jp/joqr/a.p/103/ コチラからもご応募できます

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場 沢煮雑煮

■毎週月曜日AM9:4550 文化放送
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)・野村邦丸

「分とく山」の野崎洋光さんに、毎週、淡口醤油を使ったおいしい料理のレシピをご紹介いただくこのコーナー。11月は、「雑煮」をテーマにお送りします。

 

11月19日に紹介するメニューは?

 

野崎  今日は、「沢煮雑煮」の作り方をお教えします。

 

 

121119_0.JPG

〈沢煮雑煮〉2人前

(用意するもの)

・水500cc

・淡口醤油20cc

・昆布 5センチ×5センチ

 

・焼き餅2個

・豚肉 60グラム

・大根 40グラム

・人参 15グラム

・筍  40グラム

・セロリ40グラム

・牛蒡 40グラム

121119_1.JPG 

〈手順〉

①豚肉は1センチに切って、熱湯に入れて霜降りする。

 冷水に取って、水気を切る。

②大根、人参、筍はマッチ棒より太めのせん切りにして、

 ザルに入れ、熱湯の中に入れて10秒ほど霜降りする。

③セロリ、牛蒡もマッチ棒より太目のせん切りにする。

 注:セロリ、牛蒡は霜降りしない。

④鍋に大根、人参、筍、セロリ、牛蒡と水、淡口醤油、昆布を

 入れて火にかける。沸騰したら火を弱め餅を入れて1分煮て

 仕上げに胡椒をふる。

121119_2.JPG 

※なぜ淡口醤油が良いのか?

・淡口醤油が野菜、豚肉などの素材の味を生かしてくれる。

 

旬の素材の風味を生かす淡口醤油なら、創業、天正年間のヒガシマル

醤油がお勧めです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で10名様に

淡口醤油を使った料理本『淡口しょうゆ ほんのり、うれしい。』と

「国産大豆・小麦を使用したヒガシマル特選丸大豆うすくちしょうゆ500ml

1本をセットでプレゼント中です。

メッセージをお書き添えの上、ぜひご応募下さい!

〒105-8002 文化放送『くにまるジャパン』ヒガシマルうすくち道場プレゼント係

https://fofa.jp/joqr/a.p/103/ コチラからもご応募できます

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場 おろし雑煮

■毎週月曜日AM9:4550 文化放送
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)・野村邦丸

「分とく山」の野崎洋光さんに、毎週、淡口醤油を使ったおいしい料理のレシピをご紹介いただくこのコーナー。11月は、「雑煮」をテーマにお送りします。

 

11月12日に紹介するメニューは?

 

野崎  今日は、大根おろしを使った「おろし雑煮」の作り方をお教えします。

 

121112_0.JPG

〈おろし雑煮〉2人前

(用意するもの)

・水 150グラム

・淡口醤油 20cc

・焼き餅 2個

・大根おろし 150グラム

・長葱 2分の1本(60グラム)

・沢庵 60グラム

121112_1.JPG 

〈手順〉

①沢庵は小口に切り、水の中でもんで塩気が残るくらいに塩分を

 抜き、水気を絞る。

②長葱は斜めにスライスする

③鍋に大根おろし、水、沢庵、葱を入れて火にかける。

 沸騰したら、淡口醤油と焼き餅を入れて出来上がり。


〈補足〉

•ご飯にかけてもおいしいし、うどんなどの麺を入れてもおいしくなる。

•淡口醤油を最後に入れるのは、風合いを逃がさないため。

121112_2.JPG 

※なぜ淡口醤油が良いのか?

・淡口醤油が程よい旨味をもっているので、味のバランスが良い。

 

旬の素材の風味を生かす淡口醤油なら、創業、天正年間のヒガシマル

醤油がお勧めです。

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で10名様に

淡口醤油を使った料理本『淡口しょうゆ ほんのり、うれしい。』と

「国産大豆・小麦を使用したヒガシマル特選丸大豆うすくちしょうゆ500ml

1本をセットでプレゼント中です。

メッセージをお書き添えの上、ぜひご応募下さい!

〒105-8002 文化放送『くにまるジャパン』ヒガシマルうすくち道場プレゼント係

https://fofa.jp/joqr/a.p/103/ コチラからもご応募できます

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場 清汁(すまし)雑煮

■毎週月曜日AM9:4550 文化放送
■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)・野村邦丸

「分とく山」の野崎洋光さんに、毎週、淡口醤油を使ったおいしい料理のレシピをご紹介いただくこのコーナー。11月は、「雑煮」をテーマにお送りします。

 

11月5日に紹介するメニューは?

 

野崎  今日は、シンプルなお雑煮の「清汁(すまし)雑煮」の作り方をお教えします。

121105_0.JPG 

〈清汁(すまし)雑煮〉(2人前)

(用意するもの)

・煮干し 10グラム

・昆布 7センチ×7センチ

・水 500cc

・淡口醤油 20cc

・酒 20cc

 

・焼き餅4個

・かまぼこ2分の1個

・椎茸 2個

・三つ葉6本

・ゆず

 

〈手順〉

①ボウルに水500ccを入れて、その中に煮干し10グラム、

 昆布7センチ×7センチを浸し、3時間以上置いておく。

 (前日から浸しておいてもOK)

②かまぼこは1センチ強に切る。

 椎茸は軸を取り、熱湯の中に入れて、霜降りする。

③水、煮干し、昆布の入った汁を濾す。

 濾した汁と椎茸、かまぼこを入れて火にかける。

 沸騰したら淡口醤油20ccと酒20ccを入れて、

 さらに焼き餅と4センチに切った三つ葉を入れる。

④器に盛り、柚子を添えたら出来上がり。

 

121105_1.JPG

※なぜ淡口醤油が良いのか?

・一般的な醤油だと色が濃くて見た目が美しくない。

 淡口醤油だからきれいな色で食欲も増す。

 

旬の素材の風味を生かす淡口醤油なら、創業、天正年間のヒガシマル

醤油がお勧めです。

 

121105_3.JPG

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で10名様に

淡口醤油を使った料理本『淡口しょうゆ ほんのり、うれしい。』と

「国産大豆・小麦を使用したヒガシマル特選丸大豆うすくちしょうゆ500ml

1本をセットでプレゼント中です。

メッセージをお書き添えの上、ぜひご応募下さい!

〒105-8002 文化放送『くにまるジャパン』ヒガシマルうすくち道場プレゼント係

https://fofa.jp/joqr/a.p/103/ コチラからもご応募できます

  • 1
radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!