くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

番組ブログ

4月8日 サンシャインじゃない? サンシャインじゃよ~

今週のゲストは、サンコンjr.さん。
コロナ騒ぎのおかげで「スケジュールは真っ白です。それでも僕らはこういうラジオの仕事とかがあるけれど、お世話になってるライヴハウスの方とか、本当に困っていらっしゃいます...」とのこと。
音楽ファン、そして音楽業界に携わる様々な人々の暮らしを一変させてしまったコロナウイルス。とにかく一刻も早い収束を願うばかりです。
IMG_1979.jpg
*プレイリスト*
1)サンシャインじゃない?/ウルフルズ
来月リリースされるウルフルズの新曲。
いい曲ですね~...と、西川アナもお気に入りの様子でした。
2)ミスター・サンシャイン/バーバラ・アクリン
Mr.Sunshine / Barbara Acklin
以前にもこのコーナーで紹介したバーバラ・アクリン。キラキラ輝くようなサウンドがとても楽しい1曲。
3)エイント・ノー・サンシャイン~ユー/ビル・ウィザーズ
Ain't No Sunshine~You / Bill Withers
1974年、キンシャサで行われたモハメド・アリとジョージ・フォアマンの一戦に合わせて開催されたソウル音楽の祭典がありました。ジェイムズ・ブラウンやBBキングなど豪華なメンバーが終結したイベントでしたが、これもそのイベントからの音源。20年以上たってから記録映画「When We Were The Kings」そして「Soul Power」が公開され、そのサントラに収録されています。
4)サンシャイン/スティーヴィー・ワンダー
You Are The Sunshine Of My Life/Stevie Wonder
言わずと知れた大名曲。「ホーンの入ってる、このシングル・ヴァージョン」が好きなんです」

★オープニング・ナンバー
太陽を背に受けて/ジョン・デンヴァー
「サンシャインつながりでの選曲です」(邦丸)



★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

ヴァイオリニスト・牧山純子さん

2020年4月8日(水)極シアター

極シアター、本日の10時台は、ヴァイオリニストの
牧山純子さんに電話でリモート出演していただきました。

KICJ839_「アレグリア」牧山純子JKphoto_FIX0210.jpg

才色兼備でジャズ、ポップス、クラシックとジャンルを
問わず、マルチな活動を展開する牧山純子さん。
本日4月8日、ニュープロジェクトでLAレコーディングを
行ったアルバム『アレグリア』をリリースされました。

クラシック畑で育った牧山さんがジャズと出会ったのは20代後半。
アメリカ・ボストンの名門バークリー音楽大学に入学し、
ジャズ・ヴァイオリンを学ぶのですが、米音楽界を代表する
名プロデューサーのデビット・フォスターやエアロスミスの
スティーブン・タイラーをまったく知らずに、
共演をしていたそうです(笑)。

今回は、アルバム『アレグリア』から、サンバのリズムが心地よい、
「ブリザ・デ・アレグリア」をはじめ、イーグルスの名曲
「ホテル・カリフォルニア」エレクトリックヴァイオリンが
大胆にフィーチャーされた、T‐REXのカバー
「20thセンチュリー・ボーイ」などをお届けしましたよ。


11時台、3幕のゲストは、アーティストのトミタ栞さんに
ご出演いただきました。

トミタ栞さんは、あの木村カエラさんのMCで話題を呼んだ
テレビ神奈川の音楽情報番組『saku saku』の5代目MCで、
明るく元気キャラの26歳。ご実家は岐阜県飛騨高山市にある
老舗の中華そば屋さんだそうです。

3月20日には、"J SPOTRS STADIUM2020"
野球中継テーマソングでもある、ポップナンバー
『エンドレスゲーム』が配信限定でリリースされています。

今回は、宅配業者さんがやってくるかもしれない
トミタさんの自宅と電話をつないで、愉快なトークを
ご披露いただきましたよ。



★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★


ミュージシャン・ダンス☆マンさん

2020年4月7日(火)極シアター
P1010704.JPG
今日は、ミュージシャン・ダンス☆マンさんをお迎えしました。


ミラーボール星出身。
大好きな70~80年代のダンス・クラシックスの名曲の
素晴らしさを伝えるためアーティスト活動を開始。
原曲の"ノリ"を損なわないように英語詞の語感を大切にしながら、
オリジナルの日本語詞をつけて歌い、
サウンド面では生のグルーヴに現代のテイストを加えて、
新しいダンス・クラシックスを作り出されています。
1998年「背の高いヤツはジャマ」でデビュー。
その後、自身の活動に加え、モーニング娘。の大ヒット曲
「LOVEマシーン」他、数多くのアレンジ、楽曲の提供もされています。
P1010701.JPG
今回は、こんな時だからこそ
「子供と一緒に家で踊ろう!ダンス・ミュージック特集」』をお届けしました。
P1010702.JPG
ダンス☆マンさんの公式HPはコチラ!


11時台には、ライターのカルロス矢吹さんをお迎えしました。
P1010708.JPG
今回は「北朝鮮ポップスの世界」について伺いました。
カルロス矢吹さんの著書「北朝鮮ポップスの世界」は
1500円+税で好評発売中です。




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

スポーツライター 元永知宏さん

P1010709.JPG

1968年、愛媛県のお生まれ。
立教大学野球部4年生の時に、23年ぶりの東京六大学リーグ優勝を経験。
大学を卒業後は、ぴあ、KADOKAWAなど出版社勤務を経てフリーへ。
主な著書に「期待はずれのドラフト1位」「敗北を力に」
「レギュラーになれないきみへ」「敗者復活」「どん底」
「荒木大輔のいた1980年の甲子園」「補欠の力」「野球を裏切らない」
そして、最新刊「野球と暴力 殴らないで強豪校になるために」が
イーストプレスから1500円+税で発売中。


今日は最新刊「野球と暴力 殴らないで強豪校になるために」から
お話を伺いました。


★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

『漁師さんオススメの魚介グルメが手に入る、産直サイトが誕生!』

このコーナーをradiko.jpタイムフリーで聴く

※放送終了後1週間しかお聴きになれません。

※詳しくはコチラをご覧ください。

2020年4月7日(火) デイリー「ホッと」トピックス
『漁師さんオススメの魚介グルメが手に入る、産直サイトが誕生!』


692BFF56-7A54-401E-97B6-3364EDB0F1DD.jpeg


季節ごとに、さまざまなおいしい魚介類が獲れる日本の海。
そんななか、全国漁業協同組合連合会(JF全漁連)が、全国各地の
漁師が薦める海の幸を使った魚介グルメを、産地直送で販売する
ネット通販サイトを開設し、早くも人気となっているそうです!


『JFおさかなマルシェ ギョギョいち』と名づけられたこちらのサイトは、
全国の漁港と消費者を直接つなぎ、旬の魚介のおいしさを発信し、
国産水産物の消費拡大と魚食の推進につなげることを目的としているそうです。
ちなみに、JF全漁連が消費者向けに、直接販売するのは初めての試みとのこと。


ちなみに、『ギョギョいち』というネーミングは一般公募を行った上で、
JF全漁連の魚食普及推進委員を務める、タレントのさかなクンなどを中心に、
議論を重ねた上で決まったのだとか。


全国各地のさまざまな魚介類が取り扱われており、その一例としては、
千葉県の『金目鯛煮炙り丼』や三重県の『伊勢まだい姿つくり』、
兵庫県の『生しらす』、北海道の『本ししゃも(子持ち)』、
山口県の『とらふぐ至高の極み』などがあります。


お魚のことを知り尽くした漁師さんがオススメする商品ばかりなので、
"商品には絶対の自信がある!"と、JF全漁連では太鼓判を押しているそうです。


なお、現在は25種類ほどの商品を扱っていますが、今後徐々にラインナップを
増やしていき、令和3年度には海のない県を除いた、すべての都道府県の
魚介類を取り扱うことを目指しているとのこと。


また、サイトでは商品の販売以外にも、食材の魅力や産地の情報、
おいしい食べ方などを紹介する動画も視聴できるそうです。


扱っている商品のラインナップやお値段など、詳しくは、
JFおさかなマルシェ ギョギョいち』の公式サイトをご覧ください。

健康社会学者の河合薫さんが登場!

今週の『本屋さんへ行こう!』には、健康社会学者の河合薫さんに
お越しいただきました。


本屋20200406.JPG


河合薫さんは千葉大学教育学部をご卒業後、全日本空輸に入社。
気象予報士としてテレビ朝日系「ニュースステーション」などに
出演され、人気を博しました。


その後、東京大学大学院医学系研究科に進学され、現在に至ります。
「人の働き方は環境がつくる」をテーマに学術研究に関わるとともに、
講演や執筆活動を行っておられます。


これまでに『他人の足を引っぱる男たち』『他人をバカにしたがる男たち』
『残念な職場 53の研究が明かすヤバい真実』など、数々の本を出版されて
います。


今回は、河合さんの最新刊『定年後からの孤独入門』について
お話を伺いました。


☆『定年後からの孤独入門』
(SB新書より、税別830円にて発売中)




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

タレント・内山信二さん

2020年4月6日(月)極シアター


本日の『極シアター』には、タレント・内山信二さんをお迎えしました。


極シアター20200406.JPG


内山信二さんは1981年、東京都葛飾区のお生まれ。
5歳で芸能事務所に所属し、7歳のとき『あっぱれさんま大先生』に
生徒役で出演され、一躍、人気子役の仲間入り。
しかし、14歳で番組を卒業すると、人気が下降線に......。
その後、アルバイト生活などを経て、17歳で芸能界に復帰。
現在はタレントのほか、俳優やグルメレポーター、ラジオのMCなど、
仕事の幅を広げ、2017年には地元・葛飾区の『かつしか観光大使』
にも任命されています。
また、プライベートでは、去年の11月29日(いい肉の日)日に、
ヘアメイクの仕事をされている琴さんと結婚されました。


今回は、意外にも(!?)奥様が内山さんに対して一目惚れしたという
馴れ初めをはじめ、現在の内山家の食生活、最高月収3000万円からの
転落人生、テレビ番組で余命宣告を受けてからの生活習慣の変化、
ボートレースにハマった経緯などについて伺いました。




★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

『非常食をアレンジしたメニューを提供するカフェがオープン!』

このコーナーをradiko.jpタイムフリーで聴く

※放送終了後1週間しかお聴きになれません。

※詳しくはコチラをご覧ください。

2020年4月6日(月) デイリー「ホッと」トピックス
『非常食をアレンジしたメニューを提供するカフェがオープン!』


デイリー20200406.JPG


リスナーの皆さんのご自宅では、どのような非常食を用意されていますか?
最近では商品のバリエーションも増え、おいしさも格段に向上している非常食。
そんな非常食をアレンジした料理やドリンクなどを提供するカフェが、
東京・新宿に登場し、話題となっているそうです。

そのお店というのは、新宿マルイ本館にオープンしたカフェ
『IZAMESHI Table(イザメシテーブル)』。
 

こちらは「消費しながら備蓄する」をコンセプトにした非常食
『IZAMESHI』を手掛ける、『杉田エース』という専門商社が運営
するお店で、その『IZAMESHI』をベースに、家庭で再現しやすい
アレンジを加えたメニュー、約30種類を提供しています。


主なメニューとしては、3種類の『IZAMESHI』と、そこにご飯とサラダが
付いた『IZAMESHプレート』(税込1320円)をはじめ、スパイシーチキン
カレー(税込1078円)、『フォー風アジアンうどん』(税込935円)、
『IZAMESHIおにぎりセット』(税込935円)、『チョコレートベイクド
チーズケーキ』(税込605円)など。


『IZAMESHIシリーズ』は、とにかく味や見た目にこだわっているため、
言われなければ非常食だとは気づかないようなメニューばかりとのこと。


また、「家」をテーマにしているという店内は、明るく開放的で居心地の
良い空間が広がっているのだとか。


さらに、こちらでは、飲食スペース以外に販売コーナーも用意されており、
カフェで使用されている『IZAMESHIシリーズ』をはじめ、さまざまな防災
グッズなども扱っているそうです。


こちらの『IZAMESHI Table』は、新宿駅・新宿三丁目駅から地下道で直結
している『新宿マルイ本館』の5階にあります。営業時間は、午前11時から
午後9時まで。お休みは『新宿マルイ本館』の休館日に準じています。
詳しくは、『IZAMESHI Table』のホームページをご覧ください。

【五つの極】ラインナップは・・・

12時08分過ぎからお送りする「五つの極」
日替わりでお届けするラインナップは・・・


4月6日(月)『本屋さんへ行こう』...健康社会学者の河合薫さんを迎えて最新刊「定年後からの孤独入門」についてお話を伺う。700人以上のインタビューで浮き彫りになった定年世代の本音やこれからの生き方とは?
7日(火)『スポーツ情熱列島』...元・球児で、現在はスポーツライターとして御活躍中の元永知宏さんをお迎えします。元永知宏さんの最新刊『野球と暴力 殴らないで強豪校になるために』はからあってはならない、スポーツと暴力の関係についてお話を伺います。
8日(水)『洋楽ジャパンX』...ウルフルズのドラマー・サンコンjr.さんのスペシャルな選曲でお送りします。
9日(木)『くにまるレポーターズ』...「立ち上がる人びと」。今回は「ブルーインパルスのホーム・航空自衛隊松島基地のある街、宮城県東松島」を取材した様子をレポートします。
10日(金)『くにまるジャパン探訪』...昨年末取材に伺った東京・上野の旅館「水月ホテル鴎外荘」が新型コロナウイルスの影響で五月末に閉館とニュースで報じられました。おかみとして切り盛りしてきた中村みさ子さんに閉館を決めるまでの経緯や、邸宅を守っていくという今後の活動についてお話を伺います。




どうぞお楽しみに!

俳優・甲本雅裕さん

2020年4月3日(金) 極シアター

IMG_2743.jpg

 きょうの『極シアター』は、「東京サンシャインボーイズ」や「踊る大捜査線」などの活躍で知られる名バイプレイヤー・甲本雅裕さんをお迎えしました。

 きょうは、俳優になるきっかっけから、近日公開、初主演を務める映画「高津川」について伺いました。

 

★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

 

映画「高津川」オフィシャルサイト

 

甲本雅裕 - ALPHA AGENCY

 

■甲本雅裕さんのプロフィール

 1965年、岡山県のご出身です。
 1989年、東京サンシャインボーイズに入団。在籍中、三谷幸喜さん作・演出の「12人の優しい日本人」、「ラヂオの時間」、「ショーマストゴーオン」など全作品に出演されました。
 1995年、劇団が充電期間に突入後は、活躍の場をテレビ、映画、舞台と広げられ、なかでも1988年より放送の「踊る大捜査線」シリーズでは、2012年までのTVドラマ・劇場版のほぼ全作品に出演して、多くの方に知られるようになりました。
 様々な作品で、「悪」を演じれば内に秘めた狂気を、「善」を演じれば観ているものもつられてしまう印象的な笑顔を、日常の中に存在するリアルな表現でドラマに深みを与えています。
 2010年に公開した、藤沢周平原作の映画「花のあと」では、主人公の許嫁役として内に秘める深い愛情を見事に演じ、藤沢周平さんのご遺族からもこの役は甲本しかいなかったと絶賛されました。
 これまでに出演された主な作品は、「踊る大捜査線」シリーズのほか、「RAILWAYS -49歳で電車の運転士になった男の物語-」「はやぶさ」や、テレビドラマ「下町ロケット」「カーネーション」などに出演され、三谷作品はもちろん、日本のドラマ、映画に欠かせない名バイプレーヤー、甲本雅裕さんです。

 

★☆★☆★本編はこちらからお聴きいただけます♪(放送後一週間以内)★☆★☆★

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!