くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

2014年1月 記事一覧

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場

■毎週金よう日・あさ9:45~9:50ごろ絶賛放送中!

■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

    野村邦丸アナ

 

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

 

1月のテーマは、"温かい麺料理"す。

まだまだ寒い日が続きますので、お腹の中からポカポカ暖めたい麺料理をご紹介します。

 

1月31日のお料理は・・・、『白菜ラーメン』

IMG_0798.jpg

では、〈白菜ラーメン〉の作り方です。※2人分

 

■用意するもの

 ・中華めん   2玉

 ・鶏もも肉 200グラム

 ・白菜   200グラム

 ・葱    1/2本

 ・ニラ     5本

 ・水    700cc

 ・出汁昆布   7センチ×7センチ

 ・淡口醤油  50cc

 ・酒     20cc

 ・豆板醤  小さじ1/2

 ・胡椒    適量

IMG_0815.jpg

■作り方

 1)鶏もも肉は、熱湯で霜降りにし、水で洗って水気をふきとる。

 2)白菜はざく切りにする。

 3)葱は斜め切りにし、水に放しパリッとさせる。

 4)ニラは4センチに切る。

 5)鍋に1)、2)、水700cc、出汁昆布を入れて火にかけ、

   80度くらいの温度にする。

   ※湯気が出る程度。泡がふつふつ出る程度。

 6)5)を15分~20分茹でて、鶏肉を取り出し、

   白菜をミキサーかフードプロセッサーでペーストにする。

 7)6)のペーストを汁に戻し、4)、淡口醤油、酒、豆板醤を入れて火にかける。

 8)7)が煮立ったら茹でた中華めんを入れて温める。

 9)6)で取り出した鶏肉を食べやすい大きさに切り、

   3)、7)をいっしょに器に盛る。


IMG_0808.jpg


■野崎さんからのワンポイント・アドバイス

白菜はペースト状にすると甘みが出る。最初からペースト状にしないがポイント。

低い温度で茹でること。

 


IMG_0802.jpg

■お味見くにまる

ラーメン「野崎軒」を出しましょう!

心も体も温まる一杯です。


 



なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

スープの色が濃すぎないため、食欲が増す。

鶏もも肉、白菜、ニラ、葱の素材本来の味を淡口醤油が引き出してくれている。


旬の素材の風味を生かす淡口醤油なら、創業、天正年間のヒガシマル醤油がお勧めです。


◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で10名様に、

うすくち醤油を使った料理本『うすくちしょうゆ ほんのり、うれしい。』と、

『国産大豆・小麦を使用したヒガシマル特選丸大豆うすくちしょうゆ500ml』1本を

セットにしてプレゼントします。

 

番組への感想、ご要望、ご質問などをお書き添えの上、ぜひご応募下さい!

〒105-8002

文化放送『くにまるジャパン』

ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。

IMG_0814.jpg



コチラからもご応募できます。

 

次回もお楽しみに。

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場

■毎週金よう日・あさ9:45~9:50ごろ絶賛放送中!

■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

    野村邦丸アナ

 

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

 

1月のテーマは、"温かい麺料理"です。

まだまだ寒い日が続きますので、お腹の中からポカポカ暖めたい麺料理をご紹介します。

 

1月24日のお料理は・・・、『煮染めそば』

IMG_0786.jpg 

では、〈煮染めそば〉の作り方です。※2人分

 

■用意するもの

 ・そば     2玉(冷凍でも、乾麺でもよい。)

 ・牛蒡    60グラム

 ・葱     60グラム

 ・春菊     1束

 ・分葱     2本

 ・柚子    適量

 ・水    600cc

 ・煮干し    8本

 ・出汁昆布   7センチ×7センチ

 ・淡口醤油  40cc

 ・味醂    20cc

     ※水に対して、淡口醤油が1/15、

      味醂は1/30(目安は淡口醤油の半分)

IMG_0793.jpg

■作り方

 1)牛蒡は薄く小口にスライスする。葱はざく切りにする。

 2)鍋に水、煮干し、出汁昆布と1)を入れて火にかける。

 3)2)が煮立ったら火を弱め10分火にかけ、汁と具に分ける。

 4)春菊は菜をむしり、茹でて、束ねて、5センチに切る。

 5)分葱は斜めに、細く刻んでおく。

 6)3)の具の昆布を取り除き、牛蒡と煮干しをミキサーかフードプロセッサーにかけ

   ペーストにする。

 7)6)を、汁と合わせ、淡口醤油、味醂を入れて、火にかけて温める。

   温まったら、そばを入れ温める。

 8)7)を器に盛って、春菊と葱を添えて柚子を散らす。


IMG_0743.jpg

■野崎さんからのワンポイント・アドバイス

煮てからペーストにしたほうが甘みが出て、素材をじゃましません。

汁が濃く見えて「煮染め」の感じがしませんか。

春菊の替わりにセリをいれてもいいですね。

 

 


IMG_0787.jpg

■お味見くにまる

牛蒡がペーストされて喜んでます!

初めての味わい。生命力あふれる味わいですね。

食べるだけで、体にいいと思える味です。

 

 

なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油が、味のバランスを整えてくれている。

 

旬の素材の風味を生かす淡口醤油なら、創業、天正年間のヒガシマル醤油がお勧めです。

 

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で10名様に、

うすくち醤油を使った料理本『うすくちしょうゆ ほんのり、うれしい。』と、

『国産大豆・小麦を使用したヒガシマル特選丸大豆うすくちしょうゆ500ml』1本を

セットにしてプレゼントします。

 

番組への感想、ご要望、ご質問などをお書き添えの上、ぜひご応募下さい!

〒105-8002

文化放送『くにまるジャパン』

ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。

IMG_0720.jpg

 

コチラからもご応募できます。

 

次回もお楽しみに。

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場

■毎週金よう日・あさ9:45~9:50ごろ絶賛放送中!

■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

    野村邦丸アナ

 

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

 

1月のテーマは、"温かい麺料理"です。

まだまだ寒い日が続きますので、お腹の中からポカポカ暖めたい麺料理をご紹介します。

 

1月17日のお料理は・・・、『大根うどん』

IMG_0772.jpg

では、〈大根うどん〉の作り方です。※2人分

 

■用意するもの

 ・うどん    2玉(冷凍でも、乾麺でもよい。)

 ・大根   200グラム

 ・しめじ  1/2パック

 ・葱    1/2本

 ・煮干し    8本

 ・出汁昆布   7センチ×7センチ

 ・水    600cc

 ・淡口醤油  40cc

 ・酒     20cc

IMG_0778.jpg 

■作り方

 1)大根は皮をむき、1センチ角に切る。

 2)しめじは石突きを取り、房を分けて熱湯で霜降りする。

 3)葱は小口切りにして、水に放し水気を切る。

 4)鍋に水600ccと煮干し、出汁昆布、大根を入れて火にかける。

 5)4)が煮立ったら、火を弱め10分煮て、

   大根が柔らかくなったら汁と大根に分ける。

 6)5)の大根をミキサーかフードプロセッサーでペーストにする。

 7)5)の汁の中に6)と2)を入れて火にかける。

 8)7)が煮立ったら淡口醤油と酒を入れて味付けし、

   茹でたうどんを入れ温める。

 9)8)器に盛り、3)を添える。

 

IMG_0768.jpg

 

■野崎さんからのワンポイント・アドバイス

なぜ、出汁を使わないのか。大根の甘みが出しになる。しめじ、煮干し、淡口醤油も出汁になる。

大根をすりおろさないのは、この方法のほうが甘み出て美味しくなる。おろすと水っぽくなってしまう。

 

IMG_0777.jpg

■お味見くにまる

大根の甘みがうまい!

淡口醤油だけで十分です!

 

 

なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

汁の色が濃くなく、見た目が美しい。

汁がさっぱりしていて、飽きが来ない味に仕上がっている。

 

旬の素材の風味を生かす淡口醤油なら、創業、天正年間のヒガシマル醤油がお勧めです。

 

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で10名様に、

うすくち醤油を使った料理本『うすくちしょうゆ ほんのり、うれしい。』と、

『国産大豆・小麦を使用したヒガシマル特選丸大豆うすくちしょうゆ500ml』1本を

セットにしてプレゼントします。

 

番組への感想、ご要望、ご質問などをお書き添えの上、ぜひご応募下さい!

〒105-8002

文化放送『くにまるジャパン』

ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。

IMG_0780.jpg




コチラからもご応募できます。

 

次回もお楽しみに。

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場 <若布うどん>

■毎週金よう日・あさ9:45~9:50ごろ絶賛放送中!

■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

    野村邦丸アナ

 

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

 

1月のテーマは、"温かい麺料理"です。

まだまだ寒い日が続きますので、お腹の中からポカポカ暖めたい麺料理をご紹介します。

 

1月10日のお料理は・・・、『若布うどん』

IMG_0750.jpg

では、〈若布うどん〉の作り方です。※2人分

 

■用意するもの

 ・うどん    2玉(冷凍でも、乾麺でもよい。)

 ・若布    50グラム

 ・椎茸     2個

 ・葱    1/2本

 ・柚子    少々

 ・出汁   600cc

     ※出汁の作り方は、ポットのお湯600ccをボウルに移し、

      かつおぶし6グラム強(ひとつかみ)と4センチ四方の

      出汁昆布を1分間入れて濾すだけ。

 ・淡口醤油  35cc

 ・酒     15cc

 ・煮干し    3本

     ※ポイントは、出汁に対して淡口醤油が1/17。

IMG_0759.jpg 

■作り方

 1)椎茸は軸を取り、熱湯で霜降りする。

 2)若布は5センチに切る。

 3)葱は1センチに斜め切りにする。

 4)鍋に出汁、淡口醤油、酒と1)、2)、3)を入れて火にかける。

 5)4)が沸騰したら、戻しておいたうどんを入れ、

   沸騰したら丼に盛り、柚子を散らす。

 

IMG_0747.jpg


■野崎さんからのワンポイント・アドバイス

油が浮かないのがいいでしょ。若布も出汁になるんです。



IMG_0753.jpg

■お味見くにまる

出汁の香りがすごい。

ほんのすこしのゆずですが、香りが何倍にも美味しくさせています。

 

 

なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

うどんの汁が澄んでいて美しい。椎茸、若布、葱の味も引き出しています。

 

旬の素材の風味を生かす淡口醤油なら、創業、天正年間のヒガシマル醤油がお勧めです。

 

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で10名様に、

うすくち醤油を使った料理本『うすくちしょうゆ ほんのり、うれしい。』と、

国産大豆・小麦を使用したヒガシマル特選丸大豆うすくちしょうゆ500ml』1本を

セットにしてプレゼントします。

 

番組への感想、ご要望、ご質問などをお書き添えの上、ぜひご応募下さい!

〒105-8002

文化放送『くにまるジャパン』

ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。 

IMG_0763.jpg


コチラからもご応募できます。

 

次回もお楽しみに。

  • 1
radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!