くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

2014年3月 記事一覧

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場

■毎週金よう日・あさ9:45~9:50ごろ絶賛放送中!

■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

    野村邦丸アナ

 

毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

 

3月のテーマは、"3・2・1で作るきんぴら"です。

淡口醤油、酒、砂糖を3:2:1の割合で入れるだけで、簡単にきんぴらが作れます。

 

3月28日のお料理は・・・、『さつまいもとじゃこのきんぴら』

IMG_1204.jpg

では、〈さつまいもとじゃこのきんぴら〉の作り方です。※2人分

■用意するもの

 ・さつまいも    200グラム

 ・ちりめんじゃこ   60グラム

 ・いり白ごま   大さじ2

 ・サラダ油    小さじ1

 【合わせ調味料】

 ・淡口醤油    大さじ3(45cc)

 ・酒       大さじ2(30cc)

 ・砂糖      大さじ1( 9グラム)

IMG_1212.jpg

■作り方

 1)さつまいもは、4センチの長さに切って、1センチ角に切る。

   水にさらして、水気をきる。

 2)フライパンにサラダ油を中火で熱し、1)を炒める。

 3)さつまいもに透明感がでてきたら、淡口醤油、酒、砂糖を合わせた

   調味料とじゃこを加えて強火にし、汁気がなくなるまで手早く炒め煮にする。

 4)仕上がり際にごまを加えて絡める。


IMG_1213.jpg

■野崎さんからのワンポイント・アドバイス

ちりめんじゃこが水分を吸い過ぎると、ぶよぶよになって美味しくない。

バリエーションを増やすには、カリフラワー、ブロッコリー、ゴボウ、ネギなどと合わせてもよい。

 





IMG_1220.jpg

■お味見くにまる

じゃこの塩分とさつまいもの甘さのバランスが絶妙!

じゃことさつまいもって、こんなに合うんですね。

 




なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油、酒、砂糖を3:2:1と覚えておくだけで、いろんなバリエーションのきんぴらを作ることができます。

 

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。 

 

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で10名様に、

うすくち醤油を使った料理本『うすくちしょうゆ ほんのり、うれしい。』と、

『国産大豆・小麦を使用したヒガシマル特選丸大豆うすくちしょうゆ500ml』1本を

セットにしてプレゼントします。

 

番組への感想、ご要望、ご質問などをお書き添えの上、ぜひご応募下さい!

〒105-8002

文化放送『くにまるジャパン』

ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。

IMG_1181.jpg



コチラからもご応募できます。

 

次回もお楽しみに。

ヒガシマルうすくち道場スペシャル・その3

6D_20140314_0232.jpg

 文化放送「くにまるジャパン」で、毎週金曜の朝9時40分ごろから放送している人気コーナー「邦丸・野崎のヒガシマルうすくち道場」のスペシャル版です。

 東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

    野村邦丸アナ

    峰 由樹(タレント)


今回のテーマは「美味しく仕上げる淡口醤油の黄金比率」

その1・その2で、出汁や水に対して1/10、1/15、1/20、1/25で淡口醤油を使ったレシピを教えていただきました。

その3では、これまでのものを応用して1/7、1/30の淡口醤油を使ったレシピを教えていただきます。

まずは、1/30の淡口醤油を使ったレシピです。

70D_20140314_0254.jpg

『豆乳汁』 ※2人分

<用意するもの>

 ・小松菜      1株

 ・しいたけ     2個

 ・長ねぎ    1/2本

 ・無調整豆乳  100cc

 ・水      200cc

 ・塩        2グラム

 ・淡口醤油   小さじ1(5cc)

【黄金比率ポイント】

●水200ccに対して、淡口醤油は5cc。およそ30分の1。

<手順>

1)小松菜は根を切り落とし、4センチの長さに切る。

  しいたけは軸を取り、長ねぎは斜め切りする。

2)鍋に湯を沸かし、1)を霜降りする。

3)別の鍋に、豆乳、水200cc、淡口醤油5ccを合わせて火にかけて

  2)を入れ、沸騰したら弱火にして1分煮る。


続いて、1/のレシピです。

70D_20140314_0270.jpg

『やりいかそうめん』 ※2人分

<用意するもの>

 ・やりいか 1枚   150グラム

 ・生わかめ       50グラム

 ・菜の花         6本

 ・出汁        150cc

  出汁の作り方は、ポットのお湯500ccをボウルに移し、

   かつおぶし5グラム強(ひとつかみ)と4センチ四方の

   出汁昆布を浸し1分間入れて濾す。

 ・淡口醤油     小さじ5(25cc)  

 ・みりん      小さじ5(25cc)

 ・削り節         2グラム

 ・わけぎ(青い部分)   1本

 ・おろししょうが  小さじ1

【黄金比率ポイント】

●出汁200ccに対して、淡口醤油は25cc。およそ7分の1。

<手順>

1)やりいかは下処理をして、胴は70度の湯に15秒浸し、

  冷水に取って水気をふく。7~8センチの長さに細切りにする。

  げそは食べやすい大きさに切り、熱湯でさっと茹でて冷水に取る。

2)菜の花は80度のお湯で2分茹で、冷水に取って水気を絞る。

  わかめは7センチの長さに切る。

3)鍋に、出汁、淡口醤油、みりん、削り節を入れて、ひと煮立ちさせ

  濾して冷ます。

4)器に1)、2)を盛り、3)作った汁をかける。

5)小口切りしたわけぎとおろししょうがをのせる。

【淡口ポイント】

 ●淡口醤油があれば、そうめんのつゆを簡単に作ることができる。


70D_20140314_0272.jpg

『玉ねぎとじゃこのサラダ』 ※2人分

<用意するもの>

 ・玉ねぎ(大きめのもの) 1/2個(150グラム)

 ・セロリ           1本

 ・ちりめんじゃこ      40グラム

 ・あさつき          4本

 ・揚げ油          適量

 ・出汁          200cc

 ・淡口醤油       大さじ2(30cc)

 ・酢          大さじ2(30cc)

 ・削り節           2グラム

 ・白いりごま      大さじ1

【黄金比率ポイント】

●出汁200ccに対して、淡口醤油は30cc。およそ7分の1。

<手順>

1)玉ねぎは半分に切って、薄くスライスする。

  セロリは筋を取って、薄くスライスして玉ねぎと合わせ、

  水に浸して水気を切る。

2)ちりめんじゃこは少なめの揚げ油でカリッと揚げ、

  ざるに上げて油を切る。

3)あさつきは小口切りにする。

4)出汁、淡口醤油、酢、削り節を鍋で合わせてひと煮立ちさせ、冷ましておく。

5)1)を器に盛り、4)の汁を濾してからかけ、

  2)、3)、白いりごま、削り節を上からふる。

【淡口ポイント】

 ●とにかく淡口醤油は万能。

  炊き込みご飯、煮物、吸い物、そばつゆ、野菜ドレッシング、なんでも作れます。

 ●どの料理も、素材本来の味を引き出してくれます。

 

■「うすくち道場・その3」では野崎洋光さんに、

1/30の淡口レシピとして、

「豆乳汁」。

 1/7の淡口レシピとして、

「やりいかそうめん」、「玉ねぎとじゃこのサラダ」を教えていただきました。


6D_20140314_0142.jpg



以上、本日は全部で12種類、淡口醤油を使って美味しく仕上がるレシピを野崎さんに教えていただきました。


 だしの風味を生かすうすくち醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので、今回のレシピのように、出来上がった料理の塩分は控えめです。健康が気になる方にもおすすめです。

IMG_1200.jpgのサムネール画像

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。 

ヒガシマルうすくち道場スペシャル・その2

6D_20140314_0230.jpg

 文化放送「くにまるジャパン」で、毎週金曜の朝9時40分ごろから放送している人気コーナー「邦丸・野崎のヒガシマルうすくち道場」のスペシャル版です。

 東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

    野村邦丸アナ

    峰 由樹(タレント)


今回のテーマは「美味しく仕上げる淡口醤油の黄金比率」

その2では、出汁や水に対して1/20と1/25の淡口醤油を使ったレシピを紹介していただきます。

まずは、1/20の淡口醤油を使ったレシピです。


70D_20140306_0116.jpg

『春の五目うどん』 ※2人分

<用意するもの>

 ・うどん        2玉

 ・あさり(殻つき) 300グラム

 ・ゆで筍      1/2本(60グラム)

 ・菜の花        4本

 ・うど         4センチ

 ・生わかめ      30グラム

 ・水        600cc

 ・淡口醤油    大さじ2(30cc)  

 ・酒       小さじ2(10cc)

 ・昆布         1枚(10センチ×10センチ)

 ・おろししょうが   適量

【黄金比率ポイント】

●今回は、水600ccに対して、淡口醤油は30cc。1/20となる。

<手順>

1)あさりは殻ごとこすり洗いし、鍋に水600ccと昆布を入れ、

  ゆっくりと火にかける。

2)1)のあさりの口が開いたら火を止め、汁を濾して身を殻からはずす。

3)わかめは5センチの長さに切り、筍はスライスする。

4)菜の花は、根元の硬い部分を除き、5センチの長さに切り、

  さっと茹でて冷水に取り水気を切る。

5)うどは、皮をむいて、半分に切り、水に放した後、水気を切っておく。

6)鍋に2)のあさりの汁と淡口醤油、酒、わかめ、菜の花、うどを入れて火にかける。

  煮立ったらうどんを入れて、ひと煮立ちさせる。

7)最後に、器に入れてあさりを盛り、おろししょうがを添える。

【淡口ポイント】

 汁が真っ黒にならない。淡口醤油だから、澄んでいて美しい。

 汁はさっぱりしていて、あさりの出汁がきいている。


70D_20140306_0120.jpg

『筍とわかめのそば』 ※2人分

<用意するもの>

 ・そば     2玉

 ・ゆで筍  1/4本(60グラム)

 ・生わかめ 100グラム

 ・長ねぎ  1/2本

 ・出汁   600cc

  ※出汁の作り方

   ポットのお湯600ccをボウルに移し、

   かつおぶし6グラム強(ひとつかみ)と

   4センチ四方の出汁昆布を1分間入れて濾すだけ。

 ・淡口醤油 大さじ2(30cc)

 ・味醂   大さじ1(15cc)

 ・煮干し     3本

 ・木の芽     4枚

【黄金比率ポイント】

●今回は、出汁600ccに対して、淡口醤油は30cc。1/20となる。

<手順>

1)筍は根元の硬い部分を切り、縦にスライスする。

2)わかめは5センチの長さに切る。

3)長ねぎは4等分に切って芯を抜き、3センチの長さに切る。

4)そばは茹でる。

5)煮干しを頭と内臓を取って縦半分に割く。

6)鍋に出汁、淡口醤油、1)と5)を入れて、沸騰したら弱火で5分煮る。

7)6)に、2)と4)を入れ、強火にして沸騰したら3)を入れる。

8)器に盛り、木の芽をのせる。


70D_20140306_0126.jpg

『ふきと海老の葛煮』 ※2人分

<用意するもの>

 ・ふき     100グラム

 ・海老       6尾

 ・水      300cc

 ・淡口醤油  大さじ1(15cc)  

 ・昆布       1枚(10センチ×10センチ)

 ・片栗粉   大さじ1

 ・水     大さじ2(30cc)

 ・木の芽     適量

【黄金比率ポイント】

●水300ccに対して、淡口醤油は15cc。1/20となる。

<手順>

1)ふきは鍋に入る大きさに切り、多めの塩をまぶして板ずりし、

  熱湯で3分茹でる。

  冷水に取ったら水の中で皮をむき、5センチの長さに切る。

2)海老は殻つきのまま、背わたを取り、熱湯でさっと霜ふりをする。

3)鍋にふき、海老と水300cc、淡口醤油15cc、

  昆布を入れて、火にかける。

4)沸騰したら海老と昆布を引き上げ、海老は殻をむく。

5)鍋の煮汁が半分程度になるまで煮詰め、海老を戻し入れ、

  片栗粉と水でとろみをつける。

6)器に盛り、木の芽をのせる。


続いて、1/25の淡口醤油を使ったレシピです。

70D_20140314_0244.jpg

『ニラのかき玉汁』 ※2人分

<用意するもの>

 ・ニラ       6本

 ・卵        1個

 ・片栗粉   小さじ1

 ・水     小さじ1

 ・出汁     300cc

  ※出汁は、『筍とわかめのそば』を参照してください。

 ・淡口醤油  大さじ1弱(12cc)

 ・酒     小さじ1(5cc)

【黄金比率ポイント】

●出汁300ccに対して、淡口醤油は12cc。25分の1。

<手順>

1)ニラは3センチの長さに切り、卵は割りほぐす。

2)鍋に出汁、淡口醤油、酒とニラを入れて火にかける。

  沸騰したら水溶き片栗粉を入れてかき混ぜる。

3)卵を回し入れ、箸でゆっくりかき混ぜ、

  卵がふんわりしてきたら火を止める。

【淡口ポイント】

 ●もちろん、汁が濁っておらず美しい。

 ●何杯でも飲める飽きない味です。


70D_20140314_0252.jpg

『ふきと京がんもの淡汁』 ※2人分

<用意するもの>

 ・ふき      1本

 ・京がんも    4個

 ・出汁    400cc

  ※出汁は、『筍とわかめのそば』を参照してください。

 ・淡口醤油  大さじ1(15cc)

 ・味醂    小さじ1(5cc)

【黄金比率ポイント】

●出汁400ccに対して、淡口醤油は15cc。およそ25分の1。

<手順>

1)ふきは鍋に入る大きさに切り、多めの塩をまぶして板ずりし、

  熱湯で3分茹でる。

  冷水に取り、水のなかで皮をむき4センチの長さに切る。

2)京がんもは熱湯に浸し、油抜きする。

3)出汁、淡口醤油、みりんと2)を鍋に入れ、火にかける。

  沸騰したら弱火にして、3分煮る。

  1)を入れて1分煮る。

 

 

■「うすくち道場・その2」では野崎洋光さんに、

1/20の淡口レシピとして、

「春の五目うどん」、「筍とわかめのそば」、「ふきと海老の葛煮」

 1/25分の淡口レシピとして、

「ニラのかき玉汁」、「ふきと京がんもの淡汁」を教えていただきました。

 

 だしの風味を生かすうすくち醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので、今回のレシピのように、出来上がった料理の塩分は控えめです。健康が気になる方にもおすすめです。

IMG_1200.jpgのサムネール画像

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。 


<うすくち道場スペシャル・その3へ続く・・・>

ヒガシマルうすくち道場スペシャル・その1

6D_20140314_0228.jpg

 文化放送「くにまるジャパン」で、毎週金曜の朝9時40分ごろから放送している人気コーナー「邦丸・野崎のヒガシマルうすくち道場」のスペシャル版です。

 東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

    野村邦丸アナ

    峰 由樹(タレント)


今回のテーマは「美味しく仕上げる淡口醤油の黄金比率」

 まずは、出汁や水に対して1/10の淡口醤油を使ったレシピをご紹介です。


70D_20140306_0062.jpg

『山菜炊き込みごはん』 ※3合

<用意するもの>

 ・米         3合

 ・油揚げ       1枚

 ・ぜんまい(水煮) 60グラム

 ・こごみ      40グラム

 ・わらび (水煮) 40グラム

 ・筍       150グラム(茹でたものでもよい)

 ・水       450cc

 ・淡口醤油   大さじ3(45cc)

 ・酒      大さじ3(45cc)

【黄金比率ポイント】

●水450ccに対して、淡口醤油45cc、酒45cc、つまり、水、淡口醤油、酒の比率は10:1:1となる。

<手順>

 1)米は洗って、水に15分浸してからざるに上げて、15分おく。

 2)ぜんまいとわらびは3センチの長さに切り、

   こごみはさっと茹でて3センチの長さに切る。

 3)筍はあく抜きして、薄く切る。

 4)油揚げは熱湯をかけて油抜きし、細かく刻む。

 5)土鍋に水、淡口醤油、酒と1)の米、2)のぜんまい、4)油揚げを入れ、

   蓋をして強火で7分煮る。

   沸騰したら蓋を開けて、さっとかき混ぜてからふたをして

   弱めの中火にし、7分火にかける。

   さらに弱火にして7分火にかける。

 6)米肌が見えてきたら、2)のこごみとわらびを入れてごく弱火にし、

   5分火にかける。

   火を止めて5分蒸らしたら、完成。

淡口ポイント

 ●山菜ごはんの色が美しい。

 ●淡口醤油だと筍などの旬の素材の色と香りをそのまま感じられます。



70D_20140306_0082.jpg

『かれいの山菜あんかけ』 ※2人分

<用意するもの>

 ・かれい(切り身) 4切れ(各40グラム)

  (※骨のないものがよい)

 ・山菜     100グラム

  (※こごみ、ぜんまい、わらび、ゆで筍など)

 ・三つ葉     10本

 ・出汁     200cc

  ※出汁の作り方は、ポットのお湯500ccをボウルに移し、

   かつおぶし5グラム強(ひとつかみ)と4センチ四方の出汁昆布を浸し

   1分間入れて濾す。

 ・淡口醤油    20cc  

 ・みりん     20cc

 ・小麦粉     適量

 ・片栗粉   大さじ1

 ・水     大さじ2(水溶き片栗粉用)

【黄金比率ポイント】

●出汁200ccに対して、淡口醤油20cc、みりん20cc、つまり、出汁、淡口醤油、みりんの比率は10:1:1となる。

<手順>

1)かれいは小麦粉をまぶし、180度の油で揚げる。

2)鍋に出汁200cc、淡口醤油20cc、みりん20ccを合わせる。

  そこに食べやすく切った山菜を入れて、火にかける。

3)沸騰したら3センチの長さに切った三つ葉を加え、水溶き片栗粉でとろみをつける。

4)1)を器に盛り、熱々の3)をかけて出来上がり。


続いて、出汁や水に対して1/15の淡口醤油を使ったレシピをご紹介です。

70D_20140306_0088.jpg

『筍と油揚げの煮物』 ※2人分

<用意するもの>

 ・筍        2本

 ・油揚げ      2枚

 ・生わかめ    80グラム

 ・木の芽     適量

 ・出汁     600cc

 ・淡口醤油    40cc  

 ・みりん   大さじ1(15cc)

【黄金比率ポイント】

●出汁600ccに対して、淡口醤油は40cc、つまり、出汁の1/15となる。

<手順>

1)筍は皮をむき、根元の硬い部分と穂先の部分を切り落とし縦半分に切る。

  さらに4等分に切って、大根おろしの汁でアクを抜き、

  熱湯でさっと茹でてざるに上げる。

2)油揚げは熱湯をかけて油抜きして半分に切り、さらに斜めに切って三角形にする。

3)鍋に筍と出汁、淡口醤油、みりんを入れて火にかけ、

  沸騰したら弱火にして5分煮てから油揚げを加えて5分煮る。

4)3)に5センチの長さに切ったわかめを加え温める。

5)器に盛り、木の芽をのせる。

【淡口ポイント】

 ●淡口醤油だから、すっきりした味わいに仕上がる。


70D_20140306_0110.jpg

『さわらとうどの雑炊』 ※2人分

<用意するもの>

 ・さわら(切り身) 4切れ(各20グラム)

 ・うど       5センチ

 ・しいたけ     2個

 ・温かいご飯  150グラム

 ・水      500cc

 ・淡口醤油  大さじ2(30cc)

 ・三つ葉      6本

 ・胡椒      適量

【黄金比率ポイント】

●水500ccに対して、淡口醤油は30cc、水のおよそ1/15になる。

<手順>

1)さわらの両面に薄く塩をまぶして30分おき、 

  熱湯で霜降りしてから冷水に取って洗い、水気を切る。

2)うどは皮をむいて縦半分に切り、さらに横半分に切る。

3)しいたけは軸をとり、小口に切る。

4)鍋に温かいご飯、水、淡口醤油、1)、2)、3)を入れて火にかけ、

  沸騰したら弱火にして2分煮る。

5)最後に3センチの長さに切った三つ葉を散らし、胡椒をふる。

 

「うすくち道場・その1」では野崎洋光さんに、

 1/10の淡口レシピとして、

「山菜炊き込みごはん」と「かれいの山菜あんかけ」

 1/15分の淡口レシピとして、

「筍と油揚げの煮物」と「さわらとうどの雑炊」を教えていただきました。


 だしの風味を生かすうすくち醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので、今回のレシピのように、出来上がった料理の塩分は控えめです。健康が気になる方にもおすすめです。

IMG_1200.jpgのサムネール画像

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。 


<うすくち道場スペシャル・その2へ続く・・・>

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場

■毎週金よう日・あさ9:45~9:50ごろ絶賛放送中!

■出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

    野村邦丸アナ


毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

 

3月のテーマは、"3・2・1で作るきんぴら"です。

淡口醤油、酒、砂糖を3:2:1の割合で入れるだけで、簡単にきんぴらが作れます。

 

3月14日のお料理は・・・、『セロリとれんこんのきんぴら』

IMG_1155.jpg 

では、〈セロリとれんこんのきんぴら〉の作り方です。※2人分

■用意するもの

 ・セロリ    150グラム

 ・れんこん   200グラム

  ※セロリ、れんこんは皮をむいた状態で

 ・ごま油   大さじ1

 ・赤唐辛子     2本

 ・長ねぎ      適量(青い部分)

 ・白ごま      適量

 【合わせ調味料】

 ・淡口醤油  大さじ3(45cc)

 ・酒     大さじ2(30cc)

 ・砂糖    大さじ1( 9グラム)

IMG_1167.jpg

■作り方

 1)セロリは薄く皮をむき、4センチくらいの短冊切りにする。

 2)れんこんは皮をむいて、縦半分に割り、薄切りにする。

 3)ごま油で1)と2)、赤唐辛子を強火で炒め、

   れんこんに透明感がでてきたら、

   淡口醤油、酒、砂糖を合わせた調味料を煮絡める。

 4)3)にねぎを入れてさらに炒める。

 5)仕上げに白ごまをふって出来上がり。


IMG_1178.jpg

■野崎さんからのワンポイント・アドバイス

れんこんに、ほんのり色がついているくらいがオススメ。







IMG_1174.jpg

■お味見くにまる

歯ごたえが美味しい!

セロリが苦手なんですけど、セロリって美味しんですね。





なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油だから、黒くないきれいな色が出せて、味のバランスを整えてくれます。

 

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。 

 

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で10名様に、

うすくち醤油を使った料理本『うすくちしょうゆ ほんのり、うれしい。』と、

『国産大豆・小麦を使用したヒガシマル特選丸大豆うすくちしょうゆ500ml』1本を

セットにしてプレゼントします。

 

番組への感想、ご要望、ご質問などをお書き添えの上、ぜひご応募下さい!

〒105-8002

文化放送『くにまるジャパン』

ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。

IMG_1161.jpg

 


コチラからもご応募できます。

 

次回もお楽しみに。

radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!