くにまるジャパン 極 文化放送 番組サイト

毎週月曜日〜金曜日 9:00~13:00 文化放送

2015年10月 記事一覧

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場 

毎週金よう日・あさ9:45~9:50ごろ絶賛放送中!

出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

    野村邦丸アナ

 

 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

 

 10月のテーマは、『炊きおこわ』です。

 「おこわ」というと、難しいイメージがあるかもしれませんが、炊飯器で簡単に作れます。

 

 10月30日のお料理は・・・、『鮭の炊きおこわ』

higashimaru201510_005086.jpg

では、〈鮭の炊きおこわ〉の作り方です。 2人分

用意するもの

・もち米       2合

・甘塩鮭(切り身)  2枚

・炒り白胡麻  大さじ

・三つ葉      10本

※イクラ     お好みで

<炊き地>

・水       230cc

・淡口醤油     30cc

・酒        30cc

higashimaru201510_005074.jpg

作り方

1)もち米は洗って水に15分間浸し、ザルに上げて15分間おく。

2)甘塩鮭は、焼いて、ほぐしておく。

3)三つ葉は3センチの長さに切る。

4)炊飯器に、水230cc、淡口醤油30cc、酒30ccの炊き地と1)を入れ早炊きモードで炊飯する。

5)炊き上がったら、2)、3)、炒り白胡麻を入れて、5分蒸らし、混ぜ合わせる。

higashimaru201510_005079.jpgのサムネール画像

※お好みでイクラを添えれば「親子おこわ」になります。





 

higashimaru201510_005077.jpg

野崎さんからのワンポイント・アドバイス

 生鮭だと塩をしておかないとおいしくなりません。

 この時季の新米と鮭を召し上がっていただき、季節を食べる幸せを感じて欲しいと思います。

 日本人が食べるご飯という気がします。

 

higashimaru201510_005080.jpg

お味見くにまる

 甘塩の焼き鮭が香ばしいです。

 鮭も炊き込むのかと思っていましたが、これはいい。

 イクラをのせると・・・、おこわとイクラの赤が目にも美味しいです。

 これはうまいに決まってます!

 これでパーティできますね。

 

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油があれば、これまで紹介した様々なおこわを作ることができます。

 

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

 

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、新しいレシピ本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。

番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!

 

〒105-8002

文化放送『くにまるジャパン』

ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。 

higashimaru201510_005081.jpg


コチラからもご応募できます。

 

来週もお楽しみに。

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場 

毎週金よう日・あさ9:45~9:50ごろ絶賛放送中!

出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

    野村邦丸アナ

 

 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

 

 10月のテーマは、『炊きおこわ』です。

 「おこわ」というと、難しいイメージがあるかもしれませんが、炊飯器で簡単に作れます。


 10月23日のお料理は・・・、『茗荷炊きおこわ』

higashimaru201510_005085.jpg

では、〈茗荷炊きおこわ〉の作り方です。 2人分

用意するもの

・もち米    2合

・茗荷     4個

・油揚げ    1枚

<炊き地>

・水    230cc

・淡口醤油  30cc

・酒     30cc

higashimaru201510_005069.jpg

作り方

1)もち米は洗って水に15分間浸し、ザルに上げて15分間おく。

2)茗荷は小口切りにして水で洗い、水気を切る。

3)油揚げは、ごく細かく刻み、熱湯に浸して油抜きをして水気を切る。

4)炊飯器に水230cc、淡口醤油30cc、酒30ccの炊き地と、1)、3)を入れ早炊きモードで炊飯する。

5)炊き上がったら2)を入れて、5分蒸らす。

 

higashimaru201510_005071.jpg

野崎さんからのワンポイント・アドバイス

 茗荷は夏のイメージがありますが、秋茗荷というのがあって、これが今、旬なんです。

 茗荷は火を入れ過ぎないほうが美味しい。なので最後に入れます。

 シーズンが終わると、来年の夏まで茗荷はありませんので、しみじみ味わってください。

 

higashimaru201510_005070.jpg

お味見くにまる

 茗荷が主役のおこわですね。

 私(邦丸)は、このおこわが一番好きかも。

 ゆっくり、じっくり味わいたいです。

 

 

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油だから、飽きの来ない味に仕上がって、何杯でも食べられます。

 

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

 

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、新しいレシピ本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。

番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!

 

〒105-8002

文化放送『くにまるジャパン』

ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。 

higashimaru201510_005068.jpg

 

コチラからもご応募できます。

 

来週もお楽しみに。

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場 

毎週金よう日・あさ9:45~9:50ごろ絶賛放送中!

出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

    野村邦丸アナ

 

 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

 

 10月のテーマは、『炊きおこわ』です。

 「おこわ」というと、難しいイメージがあるかもしれませんが、炊飯器で簡単に作れます。

 

 10月16日のお料理は・・・、『じゃこと大豆のおこわ』

higashimaru201510_005084.jpg

では、〈じゃこと大豆のおこわ〉の作り方です。 2人分

用意するもの

・もち米    2合

・大豆    60グラム

・じゃこ   40グラム(ちりめんじゃこ)

・胡椒    少々

<炊き地>

・水    230cc

・淡口醤油  30cc

・酒     30cc

higashimaru201510_005063.jpg

作り方

1)もち米は洗って水に15分間浸し、ザルに上げて15分間おく。

2)大豆はフライパンで焼き目がつく程度まで炒る。

3)炊飯器に、水230cc、淡口醤油30cc、酒30ccの炊き地と1)、2)を入れ早炊きモードで炊飯する。

4)炊き上がったら、じゃこを入れて、5分蒸らし、胡椒を入れて混ぜる。

 

higashimaru201510_005066.jpg

野崎さんからのワンポイント・アドバイス

 大豆を炒る時は、油は使いません。炒れば火が通るので、炊いていくとちょうどよい食感になります。

 この組合せは、バランスの良い健康食品ですね。

 お米そのものが美味しさを持っているので、無理やり出汁を入れなくてもいいんです。

 こんなに簡単におこわが作れます。作らない手はありません。

 




higashimaru201510_005065.jpg

お味見くにまる

 じゃこの香りがいいですね。

 大豆の歯ごたえがあって、おこわの弾力で楽しい食感です。

 




 

※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油だから、味がすっきり仕上がります。

 

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

  

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、新しいレシピ本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。

番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!

 

〒105-8002

文化放送『くにまるジャパン』

ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。 

higashimaru201510_005062.jpg

  

コチラからもご応募できます。

 

来週もお楽しみに。

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場 

毎週金よう日・あさ9:45~9:50ごろ絶賛放送中!

出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

    野村邦丸アナ

 

 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

 

 10月のテーマは、『炊きおこわ』です。

 「おこわ」というと、難しいイメージがあるかもしれませんが、炊飯器で簡単に作れます。

 

 10月9日のお料理は・・・、『牛肉ごぼう炊きおこわ』

higashimaru201510_005083.jpg

では、〈牛肉ごぼう炊きおこわ〉の作り方です。 2人分

用意するもの

・もち米    2合

・牛肉   100グラム

・ごぼう   40グラム(20センチ)

・生姜    20グラム

・分葱     2本 

<炊き地>

・水    230cc

・淡口醤油  30cc

・酒     50cc

higashimaru201510_005057.jpg

作り方

1)もち米は洗って水に15分間浸し、ザルに上げて15分間おく。

2)生姜は繊切りにして水に放し、水気を切る。

3)ごぼうは薄く小口切りにして水で洗い、水気を切る。

4)分葱の青い部分を斜めに薄く切って水に放し、水気を切る。

5)牛肉は5センチに切り、熱湯で霜降りをして水で洗い、水気を切る。

6)鍋に牛肉、2)、水230cc、淡口醤油30cc、酒50ccの炊き地を入れて火にかけ、ひと煮立ちしたらザルに上げて、具と汁を分けて、冷ます。

7)炊飯器に、1)、3)と6)の汁を入れ早炊きモードで炊飯する。

8)炊き上がったら、6)で分けた生姜入り牛肉と分葱をのせ、5分蒸らす。

 

higashimaru201510_005060.jpg

野崎さんからのワンポイント・アドバイス

 はじめから牛肉を入れて炊き込むと肉が固くなります。

 先週の「きのこ炊きおこわ」に比べて水分が多いのは、予め牛肉を煮ておくので、その際に蒸発する分を補っておくからです。

 生姜がなければ紅しょうがをのせてもいいです。

 炊きおこわだから味がつけられ、余分なものを入れなくてもおいしく仕上がります。

 



 

higashimaru201510_005058.jpg

お味見くにまる

 牛丼の香りがする。

 これは、秋の運動会で、ごちそうになります!

 ヒガシマルの淡口醤油をまとった、薄化粧のもち米。秋の紅葉狩りの世界観があります。

 淡口醤油を使うことで、牛肉やごぼうの出汁が見事に引き出されています。

 

 


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油が、牛肉、生姜、ごぼうなどの味を引き出してくれます。

 

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

 

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、新しいレシピ本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。

番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!

 

〒105-8002

文化放送『くにまるジャパン』

ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。 

higashimaru201510_005056.jpg

 

 コチラからもご応募できます。

 

来週もお楽しみに。

くにまる・野崎のヒガシマルうすくち道場 

毎週金よう日・あさ9:45~9:50ごろ絶賛放送中!

出演 野崎洋光さん(分とく山総料理長)

    野村邦丸アナ

 

 毎週、東京・広尾の和食のお店「分とく山」の野崎洋光さんに、ヒガシマルの淡口醤油と「旬の食材」を使って色と味を生かしたおいしい料理のレシピをご紹介していただいています。

 

 10月のテーマは、『炊きおこわ』です。

 「おこわ」というと、難しいイメージがあるかもしれませんが、炊飯器で簡単に作れます。

 

 10月2日のお料理は・・・、『きのこ炊きおこわ』

higashimaru201510_005082.jpg

では、〈きのこ炊きおこわ〉の作り方です。 2人分

用意するもの

・もち米    2合

・しめじ   60グラム(1/2パック)

・舞茸    60グラム(1/2パック)

・えのき茸  60グラム(1/2袋)

・椎茸    40グラム(3枚)

・三つ葉    6本

<炊き地>

・水    230cc

・淡口醤油  30cc

・酒     30cc

higashimaru201510_005054.jpg

作り方

1)もち米は洗って水に15分間浸し、ザルに上げて15分間おく。

2)しめじと舞茸は石づきを切り落とし、手でほぐす。

3)えのき茸は石づきを切り落として半分に切り、ほぐしておく。

4)椎茸は軸を切り、5つくらいに切る。

5)2)〜4)をすべて、ザルに入れて熱湯に浸し、霜降りして、水気を切る。

6)炊飯器に、水230cc、淡口醤油30cc、酒30ccの炊き地と1)と5)を入れ、早炊きモードで炊飯する。炊き上がったら3㎝の長さに切った三つ葉を入れて5分蒸らす。

 

higashimaru201510_005051.jpg

野崎さんからのワンポイント・アドバイス

 蒸したおこわより気持ち柔らかくなりますが、香りがいいですね。

 昆布も鰹節も入れてませんが、冷めてもおいしくいただけますので、ハイキングのお供にもどうぞ。

 淡口醤油が旨味のもとになっているのはもちろん、きのこも旨味の元になっているんです。

 うるち米を使うときは、水を300ccにする。もち米は火が通りやすいので、水の量を少なめにします。

 お酒を入れない場合は、水260cc、淡口醤油30ccでもOK

 

higashimaru201510_005055.jpg

お味見くにまる

 これ、「おこわ」ですよ!

 「おこわ」といえば、買うものというイメージがありましたが、こんなに簡単にできるなんて。

 昆布も鰹節も使っていませんが、いい味してますね〜。きのこからこんなにいい出汁が出てるんですね。

 

 


※なぜ淡口醤油が良いのでしょうか?

淡口醤油だから、炊いたご飯の色が美しく仕上がります。

 

だしの風味を生かす淡口醤油は、少しの量でしっかり美味しく仕上がりますので出来上がったお料理の塩分は控えめです。

淡口醤油なら、400年続く伝統の醤油造り、淡口醤油のトップメーカー、ヒガシマル醤油がおすすめです。

 

◆◆◆ヒガシマル醤油から素敵なプレゼント!◆◆◆

『ヒガシマルうすくち道場』をお聴きの皆様から毎月抽選で15名様に、国内産の大豆・小麦・米を100%使用し開栓後、常温で90日間鮮度を保つフレッシュボトルの『超特選丸大豆うすくち吟旬芳醇』と、新しいレシピ本『分とく山 野崎洋光さん直伝、おうち和食、ヒガシマル淡口しょうゆでつくる100レシピ』をセットにしてプレゼントします。

番組のご感想やうすくち醤油を使ったオリジナル料理など、たくさんのメッセージをお待ちしています!

 

〒105-8002

文化放送『くにまるジャパン』

ヒガシマルうすくち道場プレゼントの係まで。 

higashimaru201510_005053.jpg

 

コチラからもご応募できます。

 

来週もお楽しみに。

  • 1
radiko.jp 文化放送を今すぐ聴く!